サロン「さくらカフェ」8月号/民生児童委員+ボランティア

 8月21日(火)台風の影響か朝早くに本格的な雨が降りました。午前9時から民生児童委員とボランティアさんは鳥栖神明社社務所において共生サロン「さくらカフェ」を開催しました。

 今日の天気は雨のち晴れと不安定で風もやや強く、高齢者の来店を心配しましたが、開店する頃から雨が降ることはなくいつものお客で賑わいホッとしました(*^^)v。

 それでは会場へご案内・・・



H3008さくらカフェ (1)

 早朝の雨の為オープンカフェのテントを張るか迷いましたが、その後の空模様から雨はないと確信しテントを張りました。少し涼しくなり元気になったピンク色のサロンのノボリ旗が来店者を待っています。



H3008さくらカフェ (2)

 今月も来店者へ特別販売(在庫一掃セールや店じまいセールではありません)。干支の猪・牛・馬・龍・蛇・酉の信楽焼を先着6名様へ300円で販売しますのでお早めにどうぞ。



H3008さくらカフェ (3)

 サロンの東側では予想外の太陽光によりただでさえ暑い台所への陽を遮るために、男性民生委員さんが急遽スダレの取付を行いました。



H3008さくらカフェ (4)

 開店前のミーティング状況です。皆さんも熱中症に注意して下さい。今日は先月に広報した8月の特別サービスとして全ての飲料にアイスクリームを付けて下さい。



H3008さくらカフェ (5)

 これが今月の抹茶メニュー、前列左から和菓子・抹茶・特製アイスクリームです。ホットコーヒー・アイスコーヒーにも付きますよ。抹茶の後ろは今月の折紙「南区の花“ひまわり”」です、是非折って下さい。



H3008さくらカフェ (6)

 オープンカフェも夏休みの為かお孫さんを連れお祖母ちゃんが来店してくれました。可愛いですね“ひまわり”の折紙を楽しんでいってください。



H3008さくらカフェ (7)

 店内では“ぼーたん”さんが移動販売を行っています。“移動販売とくし丸”さんの様にはいきませんが店内を回りお菓子の販売を行いました。ここでもお孫さんがお菓子のおねだりをするかもしれません。



H3008さくらカフェ (8)

 オープンカフェにも多くのお客がくつろいでいます。車椅子のこの方は店内までと店内がバリアフリーとなっていませんのでこのオープンカフェでくつろいで頂きました。<(_ _)>



H3008さくらカフェ (9)

 いつもの時間に新婚超ほやほやの南区社会福祉協議会の中島さん(8月11日に結婚式を挙げたばかり)がサロンを訪ねて来ましたので、さくらカフェを代表して吉田さんから結婚お祝いを贈呈しました。アチッ!手に触れたらやけどしそうに熱かったようです。

 ♥♥♥ 中島さんご結婚おめでとうございます 末永くお幸せに ♥♥♥


    次回のさくらカフェの営業日

  営業日時   9月18日(火) 午前9時から11時30分まで
  営業場所   鳥栖神明社 社務所
  お客対象   子育て世代親子から高齢者
  提供飲料   ホット&アイスコーヒー、ティー、抹茶、ミルク
  飲料料金   全て100円

名古屋まつりの神輿作り 2/学区子ども会

 8月19日(日)朝夕が少し過ごしやすくなりました。午前9時から昨日に続いて学区子ども会は名古屋まつりに登場する子供神輿作りを行いました。

 今日は神輿の材料加工などの下拵えが終わりましたので、いよいよ組立を行うことになりました。

 それでは会場へご案内・・・



H3008子供神輿2 (2)

 指導して頂く協力委員(以後先生と呼びます)の伊藤さんは仲間とお神輿の土台を作り、飾り物との取り合いを確認しています。取付・取り外しをする肝心なところですので、注意深く調整しています。



H3008子供神輿2 (1)

 子供達は教えて頂いた通りの濃度になる様に手洗い場で糊を溶いています。濃すぎず薄すぎず塗り易い濃度にしなければ、この後の貼付け作業が上手く行きません。



H3008子供神輿2 (3)

 神輿の飾り物が土台から外されブルーシート上に置かれましたので紙を貼って形を作る作業に入ります。子供達は先生から糊の塗り方や貼り方についての要領や注意事項を聞いています。



H3008子供神輿2 (4)

 いよいよ骨組みに紙を貼付けます。先生の指導で最初の子供は貼付に挑戦しましたが、一人で貼るには若干不安の様ですが何とか上手く貼ることが出来ました。



H3008子供神輿2 (5)

 一度貼ってしまえば後は順応力の高い子供達のもの、次から次へとペタペタと貼り付けて行き、だんだんと飾り物の姿が現れてきました。



H3008子供神輿2 (6)

 慣れて来たのか子供達は紙に糊を塗っては枠に貼るという作業を、ブルーシートを糊だらけにしながらもスムーズに行っています。



H3008子供神輿2 (7)

 こちらはもう一つの部品の製作状況です。何やら意味不明な形が出来つつあります、果してこれは何になるのでしょう?



H3008子供神輿2 (8)

 かなり形が見えてきました。これから何に変身するのか楽しみです。まだ皆さんにお知らせする訳にはいきません。ナ・イ・シ・ョ

 このお神輿はお披露目と担ぐ練習を兼ね、学区の運動会で登場する予定です。どんなものが登場?・・・それだけは秘密、まだこの場で明かすことはできません。こうご期待を!

 ・・・しかし、子供会では名古屋まつりに参加するお神輿と、南区区民まつりに登場するお化け屋敷の製作が重なり、大変なことになっています。どーやって2つのプロジェクトをやり通すのか <(`^´)>

寺崎町公民会の防災講習会

 8月18日(土)午後7時から町内にある永勝寺において寺崎町公民会は組長・役員合同会議を行い、引き続いて桜消防団の指導により防災講習会を開催しました。

 寺崎町は前公民会長が消防団に所属していた関係上防災活動に熱心で、今迄にも学区で取り決めた一時集合場所を利用した避難訓練等を活発に行って来ました。

 それでは会場へご案内・・・



H3008寺崎防災講習 (1)

 永勝寺の本堂をお借りして寺崎町公民会の組長・役員会議を行いました。この時期ですので議題は学区の大運動会・寺崎町祭礼・敬老の日等秋の行事を審議し、この機会を利用して桜消防団に依頼して防災講習会を実施しました。



H3008寺崎防災講習 (2)

 講習内容は桜消防団が主催する在宅避難に対応する学区防災教室に準じ、災害伝言ダイヤル171と簡易トイレの利用法について消防団員が講師となり行いました。

 学区が行っている家庭の防災教室は会場などの関係上1町内に6名程度しか参加できず、多くの人に周知するには限界がありましたので、町内の組長・役員27名が揃う組長・役員合同会議後に実施することにしました。




H3008寺崎防災講習b

 まず災害伝言ダイヤル171の利用法について藤井前公民会長より概要説明した後に、消防団員から携帯電話を使った操作法について丁寧に説明がありました。



H3008寺崎防災講習 (5)

 次は在宅避難の場合に下水設備が地震により損傷してトイレが使用不能になったときに備え、市販の凝固剤を使って排せつ物を処理する方法について説明しました。



H3008寺崎防災講習 (6)

 ペットボトルへ尿に見立てた水を入れ、粉末の凝固剤を入れると短時間でゲル状に固まり、この様に容器を傾けても水はこぼれません。実際の利用法はトイレにゴミ収集袋を2枚重ねて敷いて、凝固剤を入れ使用後にゲル状に固まった上の袋を取出し可燃ごみとして出して下さい。(災害時だけですよ)

名古屋まつりの神輿作り/学区子供会

 8月18日(土)朝夕が少し過ごしやすくなり、午前9時から学区子ども会は桜小学校グランドにおいて名古屋まつりに出場する子供神輿作りを行いました。

 名古屋まつりに出場する神輿は、南区では小学校区で持ち回りで製作し担ぐことになっており、今年は桜学区の担当となりましたので、子供会は夏休みに子供を集め、皆でお神輿作りを行いました。

 それでは会場へご案内・・・



H3008子供神輿作り (1)

 子供達はお神輿作りを指導して頂く子供会協力委員の伊藤さん親子から、作業の要領や注意点を聞いて怪我をしない様に作業を始めました。



H3008子供神輿a

 伊藤さんは孟宗竹を用意してお神輿の作り物(秘密です)の骨組みとなる竹枠を作っています。リング状の竹割器を使って1本の竹を6分割します。子供達は珍しそうに竹が6分割される様子に見入っています。



H3008子供神輿作り (3)

 6分割した竹は中に残った節を残さない様に金槌で取り除きます。子供達が怪我をしない様に慎重に取り除いています。



H3008子供神輿作り (4)

 節を取り除いた竹は更に半分に断ち割り骨組みを作るのに適当な太さにします。ここまでは危険な作業が続きますので、伊藤さんが行いました。



H3008子供神輿作り (5)

 ここからは子供達の出番です。竹の骨組にガストーチを当て曲げて行きます。初めて体験する子供が多く珍しさも手伝ってどんどん曲げて行きました。



H3008子供神輿作り (7)

 子供達が竹細工を行っている間に指導の伊藤さん親子は神輿の土台作りを始めています。あまり重くならなく丈夫なように・・・。



H3008子供神輿作り (8)

 子供達はこの体験が面白い様で竹細工は順調に進んでいるようです。すっかり作業に慣れ竹を更に小さく曲げて行きます。自分達で作った神輿を担ぐ日を夢見ているかもしれません。



H3008子供神輿

 沢山の竹の加工が進みお母さん方が片付けしています。今日の作業はここまでで明日この続きを行います。子供達の共同作業でどんなものが完成して名古屋まつり会場を練り歩くのか楽しみです。

 ところでどんなお神輿になるの?・・・それは子供会の最高機密、お披露目するまで絶対に教えません。(^_^)v

第4次南区地域福祉活動計画 第2回 Bグループ検討会議

 8月16日(木)午後3時から、区役所5階ボランティアルームにおいて、第4次南区地域福祉活動計画のBグループ検討会議(第2回)が開催され、出席しましたので紹介します。

 第4次南区地域福祉活動計画は、南区における地域福祉活動を計画的に推進することを目的として、平成31年~35年度に実施すべき計画の策定を行います。

 活動は取り組むテーマによりAグループ:地域を知る、Bグループ:連携の仕組みづくり、Cグループ:情報発信の仕組みつくりの3グループにより計画の策定を行います。

 それでは会場へご案内・・・



H3008福祉活動計画 (2)

 会議に先立ち久し振りなので委員の皆さんが順に近況報告として1分スピーチを行いました。アイスブレークどころか活動の貧弱な小生はカチカチに凍り付いてしまいました。<(`^´)>

 次に30年度の会議日程の調整を行いましたが、各方面で活躍する忙しい皆さんの調整を取るのは大変な作業。取りあえず11月分までの分を何とかまとめることが出来たようです



H3008福祉活動計画 (3)

 前回の会議「南区の5年後にこうなっていたらいいな」は、“地域”、“防災”、“高齢者・障害者”、“子供”、“広報”、“その他”のジャンルに分類し課題や目標についてまとめましたので、今回はその資料を基に検討を行いました。

 福祉は非常に間口が広く活動がイメージしにくいので認知度を高め、地域の福祉活動に参加してくれる方法(人集め)について検討しました。

 少しだけなら手伝っても良いが、組織に入るには抵抗がある人には、ボランティア体験の機会を増やしてチョコボラとして活動を始めて頂く。

 学校や地域と連携し福祉について学ぶ機会を設け、子供を対象に福祉への理解と関心を高めたり、福祉活動を具体化して実施し易くする工夫が必要。

 南区社会福祉協議会が設置を進めてきた“ここばりスポット”をボランティア支援として有効活用が出来ないか。
 例えばボランティア活動に対しポイントを付与し(ボランティア券(割引券)を発給)“ここばりスポットの店(喫茶店等)”で使用できるようにすれば、加入して頂いた店へのアフターフォローとボランティアへの支援が出来る。

 認知度を高め活動を解り易くする為、Bグループの活動のネーミングを「”絆”プロジェクトみなみ」として活動しては。

 福祉単独では現在のところ認知度が低く活動を広めにくいので、防災活動に関連させながら進めては。

 委員の皆さんから様々な意見が出されました。次回以降は本日の提案について具体化するための方法や課題の解決法について検討することになります。

 A・B・C各グループのテーマ検討が進んだ時点で情報共有の会議を開催して全体としての計画策定を行う。グループ間の連絡・調整は南区社会福祉協議会が行う。


  次回のワーキンググループ会議の日程は以下の通りです。

 日時:9月26日(水)午後3時30分
 場所:南区社会福祉協議会ボランティアルーム
 出席:Bグループ委員
 
最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター