喫茶サロン「さくらカフェ」2月号/民生児童委員+ボランティア

 2月20日(火)今日は昨日と比べると少し暖かい日となりました。午前9時30分から民生児童委員とボランティアさんは鳥栖神明社社務所においてサロン「さくらカフェ」を開催しました。

 もうすぐお雛様、来月では手遅れになりますので、今月は雛祭り特別サービスとして全ての飲物に特製甘酒をサービスしました。

 それでは会場へご案内・・・



H3002さくらカフェ (1)

 朝は風が弱いのでピンクの「さくらカフェ」のノボリが風になびくことなく颯爽と立っています。



H3002さくらカフェ (2)

 本日のプレゼントは全員に特製甘酒と希望者に雛人形(お内裏様とお雛様)の折紙を進呈しました。



H3002さくらカフェ (8)

 これが本日のメニュー、コーヒーまたは抹茶に特製甘酒(紙コップの中)が付きます。美味しいですよ。写真中央手前が本日の折紙プレゼントの雛人形、折って顔を書き入れるとこの様になります。



H3002さくらカフェ (3)

 時間が経つと風が出ててくると予想して、民生委員さんは屋根なしのテントを設置して風よけシートを取り付けました。



H3002さくらカフェ (4)

 オープンカフェでは何故か高齢男性と比較的若目の女性がコーヒーを飲んでいます。共生型のカフェの面目躍如です。



H3002さくらカフェ (5)

 カフェ入口ではお雛様特別セール、50円寄付して頂くと暖かそうなシーツ1枚がお持ち帰り頂けます。早速人だかりが出来ました。



H3002さくらカフェ (6)

 店内はいつもの様に高齢者一色、足の踏み場もありません。皆さん我が家の茶の間感覚で談笑をされています。



H3002さくらカフェ (7)

 今日は少し早めに南区社会福祉協議会の中島さん(写真中央)が訪問してきました。運営状況の確認ですが、コーヒーと特製甘酒で手心を加えて頂く下心はありません。

 南保健所の山田保健師も到着して新年度から開設を計画しているスマイル体操みなみ+いきいき100歳体操教室 桜会場について打合せを行いました。(写真がありません)


 来月のさくらカフェの営業日

   営業日時   3月20日(火) 午前9時30分から11時30分まで
   営業場所   鳥栖神明社 社務所
   お客対象   子育て世代親子から高齢者
   提供飲料   ホットコーヒー、ホットティー、抹茶、ミルク、ジュース
   飲料料金   全て100円


認知症予防カフェ「桜おたっしゃかねサロン」2月号

 2月18日(日)学区の高齢者支援ボランティア桜おたっしゃかねクラブは、桜コミセンにおいて認知症予防カフェ「桜おたっしゃかねサロン」を開催しました。

 今日はかなり寒く風が強く吹く日となりました。風は冷たく高齢者には厳しい天候となりました、学区の高齢者のご来店はあるのでしょうか。

 それではサロンへご案内・・・



H3002おたっしゃかねサロン (1)

 桜コミセンに「桜おたっしゃかねサロン」の黄色いノボリ旗が翻りました。強い風にめくれあがっています。



H3002おたっしゃかねサロン (2)

 最近だんだん来店時間が早くなってきましたので、サロンスタッフも早めに準備を完了し、お客さんを待っています。



H3002おたっしゃかねサロン (3)

 やはり寒さの影響か開店時間を15分ほど過ぎましたが、来店者数の伸びは鈍いようです。



H3002おたっしゃかねサロン (4)

 今日のサロンのメニューは開店30分を談笑タイム、その後はスマイル体操を行い、体と心がほぐれたら歌声喫茶で合唱をしました、最後にもう1度スマイル体操を行って閉店としました。

 寒さに負けるなとスマイル体操に挑戦、音楽に合わせ手足を動かします。笠寺観音へお参りポーズをとって最後はえいやっ・・・と手を挙げ締めました。



H3002おたっしゃかねサロン (6)

 スマイル体操で体と気持ちがほぐれた後、サロンは歌声喫茶に変身しました。「♪ 夕焼け こやけの 赤とんぼ・・・」皆さん合唱するたびに10年ほど若返ってあの頃を思い出しているようです。



H3002おたっしゃかねサロン (5)

 歌声喫茶は選りすぐりの合唱7曲、皆さん気持ちはすっかり40年前、「♪ あした 浜辺を さまよえば・・・」回想法の効果か皆さんの表情があの頃に戻っているようです。



H3002おたっしゃかねサロン (8)

 最後に忘れない様にもう一度スマイル体操、歌声喫茶効果か皆さんの体が若くなった様に良く動いているようです。


   来月のおたっしゃかねサロン
  日時 3月18日(日)午後1時
  場所 桜コミュニティセンター
  内容 スマイル体操、鳥栖神明社・八剱社の記録ビデオ、歌声喫茶

桜小学校土曜学習プログラム 第7回


 2月17日(土)午前10時から桜小学校体育館において、名古屋市教育委員会主催の第7回土曜学習プログラムが開催されました。

 土曜学習プログラムは名古屋市教育委員会が主催して行う体験学習で、今年度7回の体験学習が開催されます。今回は最終回となる第7回学習プログラムで“音を伝える科学体験学習”です。

 糸電話や波を感じる活動を通して、音がどの様に伝わって行くのか体験しながら学びます。

 それでは会場へご案内・・・



H3002土曜学習P (1)

 体験学習の前に本日のプログラムを実施する講師・支援学生と桜学区のコーディネーターが進め方や注意点について打合せを行いました。



H3002土曜学習P (2)

 本日の体験学習を指導する名古屋女子大学文学部児童教育学科吉川直志准教授は、今日の体験学習をサポートしてくれる学生を紹介し、音を伝える科学体験学習が始まりました。



H3002土曜学習P (3)

 子供達はアルミ箔を使って音の振動を体験し、音が空気の振動であることを学びました。



H3002土曜学習P (4)

 本日のメインテーマである糸電話の製作を指導しています。竹串で紙コップの底に穴を開け糸を通したら糸の端にビーズを固定して糸をピンと張れば、お友達の声が良聞こえるでしょう。



H3002土曜学習P (5)

 声を聞いた子は更にピーマン・トマト・鉛筆・ばね・ハサミ等に糸を貼付け電話になるか試して下さい。写真はアルミ箔を介して声を伝えています。



H3002土曜学習P (6)

 次は糸の代わりに風船を使って糸・・・いや、風船電話を作っています。子供達は風船電話で会話したり、2組をつなげて電話したりといろいろ試しています。

 吉川先生は子供達にどうして声が伝わるのか、何が音を伝えているのかな。風船のゴム?中の空気・・・なんだろうとクイズを出しました。



H3002土曜学習P (7)

 次は空気中を音が伝わる様子を体現しました。音には横波と 縦波が有ります。皆で横波と縦波を起こしてみよう・・・と、大勢が並んで音の波を作りました。



H3002土曜学習P (8)

 最後は大きな風船が登場しました。風船に沢山の糸電話を貼付け、どの様に聞こえるかを実験しました。

 細長い風船や大きな丸い風船を使って、色々な電話を作り友達同士電話連絡をしました。あちこちで風船の割れる大きな音に驚きながら、楽しい時間は過ぎて行きました。

 子供達は風船やピーマンやトマト、金網やアルミ箔等なんでも音を伝え会話できることを体験し、特に風船には時間を忘れるほど大盛り上がりとなりました。



H3002土曜学習P (9)

 体験学習が終わり参加者全員で記念撮影に収まりました。今日の体験学習では色々な材料で電話を作りました。音の伝わり方を学び身近な科学に興味を持ってほしいものです。

 ご指導頂いた吉川先生、体験学習をサポートして頂いた名古屋女子大学の学生さん本当にありがとうございました。

1年生の下校送届け活動 2月

 2月16日(金)今日は比較的暖かい日となりました。下校送届け本日担当のボランティアさん6名は、コミセン前に集合し桜小学校へ向かいました。

 今日も下校班は1年生の下校を学校から自宅近くまで送届けますが朝、桜小学校主催の“交通指導感謝の会”があり、交通指導員の高田さんからの宿題が出来ているか確認します。

 それでは現場へご案内・・・



H3002下校送届け (1)

 授業の終わった1年生は、職員室前に掲示した下校グループを示す6枚のカラーシートの前に集合してきました。ボランティア6名も配置に付きました。



H3002下校送届け (2)

 全員が集まったところで、まずトワイライトスクールへ出席する児童が体育館へ移動しました。



H3002下校送届け (3)

 小学校より西側に住む児童が、正門から下校送届けボランティアさんに付き添われ下校を始めました。



H3002下校送届け (4)

 小学校より東側へ帰る児童達は下校送届けボランティアさんに付き添われ東門から自宅へ向かいます。



H3002下校送届け (5)

 小学校北側の道路を横断します。この道路は学区中央を東西に縦断しており、道幅はそれほど広くないのですが、自動車の通行がやや多くボランティアさんは、左右両側の安全を確認しながら児童を横断させています。



H3002下校送届け (6)

 1年生の児童達は道路にある色々なものに興味を持ち遊ぶため、下校の列が伸びてしまいます。ボランティアさんは後ろの子供に声掛けして列に戻る様に促します。



H3002下校送届け (7)

 このグループは人数が多いのでおしゃべりが多くなかなか前へ進みません。みんな今日の朝交通指導員さんに言われた“は・ひ・ふ・へ・ほ”の約束を憶えているかな。



H3002下校送届け (8)

 送届ける子供も残り少なくなりました。この子を道の向こうへ送り、残る子供をこの先のお宅まで送届ければ今日の任務は完了。

 子供達の成長は早く、この1年で体が大きくなり活発になりました。比例して下校の列も長くなりがちになりますので、は:走らない、ひ:広がらないに注意しなければなりません。<(`^´)>

交通指導感謝の会

 2月16日(金)午前8時30分から桜小学校が主催して、交通指導感謝の会が開催され、交通安全関係者が招待を受け出席しましたので紹介します。

 招待を受けたのは、交差点に立ち登下校児の交通安全指導を行っている交通指導員の高田さん、1年生の下校を毎日学校から自宅付近まで送届ける活動をしている学区防犯委員会今枝会長、南警察署交通課徳留さん、なごや子供応援委員会スクールポリス小屋口さんと桜学区連絡協議会森川会長の5名です。

 それでは会場へご案内・・・



H3002交通指導感謝の会 (1)

 桜小学校体育館中央に児童が桜のトンネルを作ってくれました。招待者はここを通り会場舞台へと進みます。ここでは一足先に桜が咲き華やかな雰囲気で良いですね。



H3002交通指導感謝の会 (2)

 羽根田校長先生が招待者の活動に感謝された後、1年生や低学年児に“感謝”の意味が解るかな?と今日の交通感謝の会について優しく児童に説明しました。



H3002交通指導感謝の会a

 児童会会長さんが(写真○内)児童を代表して、自分達を守ってくれる日頃の交通指導活動についてお礼を述べました。



H3002交通指導感謝の会 (4)

 招待者は花束の贈呈を受けました。可愛い子たちが5人の招待者へ日頃の交通安全活動に感謝をこめ花束を贈呈しました。



H3002交通指導感謝の会 (5)

 森川学区会長は挨拶で、皆さんは家から道路へ飛び出さない、道路を歩くときは端を通り広がらない、特に自転車は危険なので交通ルールを守り安全運転を心掛けて下さいとお話しされました。



H3002交通指導感謝の会 (6)

 南警察署交通課徳留さんは小学生が交通事故に遭う怖い現状を話され、皆さんも交通マナーを守り、自分の身は自分で守るようにして下さいとお話しされました。



H3002交通指導感謝の会 (7)

 交通指導員高田さんは、“は・ひ・ふ・へ・ほ”の約束を知っていますかと児童に語りかけ、皆で大きな声で、は:走らない、ひ:広がらない、ふ:ふざけない、へ:変な人に付いて行かない、ほ:歩道を歩くを確認しました。

 その後に得意のマジックにより何も入っていない紙袋から色々なものを取りだし、最後に青・黄・赤の信号色ハンカチを出しました。始めてみる1年生は驚き、上級生ほど何故だろうとネタ探しをしたようです。



H3002交通指導感謝の会 (8)

 感謝の会は無事終了し再び児童代表が作った桜のアーチをくぐって退場し、子供達と楽しいひと時を過ごしました。子供達が今日の約束を胸に痛ましい交通事故に遭わないことを願います。

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター