狂犬病予防接種/南保健所

 4月12日(水)少し風がありますが良く晴れ暖かい日となりました。午前10時から南保健所は桜コミセン駐車場において、狂犬病の予防接種を行いました。

 学区保健委員会から加藤会長はじめ数名が、予防接種の確認などに参加しましたので紹介します。

 それでは会場へご案内・・・



H2904狂犬病予防接種 (1)

 午前9時30分頃からコミセン駐車場に保健所のスタッフが到着して会場の準備を始めました。



H2904狂犬病予防接種 (3)

 受付場所(写真右側)や接種場所(左側)の準備が整い、先生や受付スタッフさんも配置に付きました。



H2904狂犬病予防接種 (2)

 本日予防接種の第1号犬が到着しました。この犬はこれから我身に降りかかる出来事をまだ知っていないようで、盛んに愛嬌を振りまいています。



H2904狂犬病予防接種 (4)

 まもなく沢山の人・・・いや、犬が会場にやって来て、受付を行っていますが、前回も来ている犬は少し警戒しているようです。



H2904狂犬病予防接種 (5)

 受付が済むと予防接種へ進みますが、この犬(3匹のうち一番右)たちはただならぬ雰囲気を察し、少し腰が引けているようです。



H2904狂犬病予防接種 (6)

 運命の接種台です。先生は犬を押えて下さいというが早いか、あっという間にに接種が完了しました。先生の早業によりあっという間に接種完了し、犬も何があったのかとあっけにとられているようです。

 飼い主の皆さん、これで安心して愛犬と暮らすことが出来ます。愛犬は飼い主さんを毎日の散歩に連れ出し健康にしてくれるとか、落ち込んだときは癒してくれたりと、色々な面で飼い主さんをサポートしてくれることでしょう。

 愛犬をこれからも大切にして一緒に楽しい生活を送って下さい。

桜学区 健康教室 2016/南保健所

 11月21日(月)午前10時から桜コミセンにおいて南保健所が主催して、桜学区 健康教室 2016が開催されました。

 今回の対象者は学区の保健環境委員の皆さんです。日頃から地域の廃品回収に活動されている皆さんも多くの方が高齢となっています。

 いつまでもお元気で地域活動に参加して頂くために、健康寿命を延ばすべく保健師より健康講座と、「ロコモティブシンドローム予防」について健康体操を行いました。

 それでは会場へご案内・・・



H2811健康体操 (1)

 学区保健環境委員会の加藤会長が開会の挨拶を行いました。右は山田保健師、予防課傳能さん、体操講師の日比野先生です。



H2811健康体操 (2)

 南保健所予防課の傳能さんが本日の教室の目的について説明されました。



H2811健康体操 (3)

 南保健所桜学区担当の山田保健師が、高齢者の健康寿命を延ばす様々な工夫についてお話しされました。



H2811健康体操 (5)

 講座が済むと日比野恵子先生による「ロコモティブシンドローム予防について」の体操が始まりました。

 先生は気持ちをリラックスさせる癒しの音楽を掛けながら、体全体を各部位毎に健康にする体操を行いました。特に腰・膝など傷みやすい箇所は無理をしない様に何度も注意しながら体操を進めました。



H2811健康体操 (6)

 手足の筋肉を働かせる方法とリラックスさせる方法、目の筋肉が弱くなると視野が狭くなり事故のもととなります。呼吸法も大切です息の吸い方・吐き方や姿勢を正しく保つ方法、姿勢が悪くなると後ろから見たとき(前からは自信が無い?)に老けて見えます。

 足の筋力の維持は大切です、ちょっとした段差につまづいたりしない様に筋力アップを図って下さい。

 今日の教室は高齢化が進む学区保健環境委員さんに非常に為になった様で、この先も元気に活動して頂けそうです。日比野先生元気体操を教えて頂きありがとうございました。

狂犬病の予防注射/保健環境委員会

 4月20日(水)午前10時から桜コミセン駐車場において、南保健所による狂犬病予防注射が行われました。注射には桜学区保健環境委員会加藤会長が立会しましたので紹介します。

 狂犬病予防法の定めにより生後90日を経過した犬については、30日以内の登録(生涯1回)と毎年1回の狂犬病予防注射が義務づけられています。今日は58匹の犬に予防接種が行われました。

 登録の証明となる鑑札と、予防注射が済んだことの証明である注射済票は、必ず犬の首輪などにつけてください

 それでは狂犬病予防注射会場へご案内・・・



H2804狂犬病予防接種 (1)

 午前9時30分になり保健所の担当者や獣医のグループが到着し、会場造りを始めました。
結構いろいろな道具があるものです。



H2804狂犬病予防接種 (3)

 準備が整ったところで、飼い主が愛犬を連れてやってきましたが・・・、いつもの散歩と思いおとなしくついてきた犬がどうやらいつもと違う雰囲気を察知したようです。「注射は嫌だ!」と逃げようとする犬を飼い主が必死で連れ戻そうとしています。



H2804狂犬病予防接種 (4)

 この犬は最後の抵抗、危険を察知して飼い主の足の間から必死の逃亡を図っているようです。「頼むからこのまま帰して!」真剣な表情で訴えているようです。



H2804狂犬病予防接種 (2)

 こちらは観念したのか非常に落ち着いて台上で注射を受けています。ホラ何も痛くないだろう。「ハイ」と返事をしたように見えました。先生は「どこも悪いところはないかい」と言いつつ電光石火の早業で注射しました。犬の方もキョトンとしている間に終わりです。



H2804狂犬病予防接種 (5)

 この犬は凄い心臓の持ち主かもしれません。何と尾を振って会場へ入って来ました。普通の犬は匂いや会場独特の空気を読んで警戒しますが、この犬には全くそんな素振りはありません。大丈夫?



H2804狂犬病予防接種 (6)

 小さな女の子がお母さんの力を借りることなく愛犬の入ったバスケットを持ってきました。なかなかの力持ちです。犬もおとなしくバスケットに入ったまま注射をして頂いたようです。



H2804狂犬病予防接種 (7)

 この犬は優等生か、模範的な態度でおとなしく注射を受けています。このような犬ばかりだと早く終えることが出来るのですが・・・

 こうして見ていると犬にもいろいろな性格があり、その表情態度を明確に見てとることが出来ます。会場の雰囲気を察知して行きたがらない犬、帰り出す犬や尻尾を丸めて怯える犬等、大多数の犬は人間と同じ注射嫌いが良く解ります。

 また注射後の態度も微笑ましいものがあります。一刻も早く会場を離れたいのか飼い主を引張り走り去ろうとする犬、ホッとして尻尾を振る犬など様々な表情が読み取れます。

 愛犬家の皆さんこの子(犬?)達と一緒に楽しい生活を送って下さい。

平成27年度消費者懇談会

 2月15日(月)寒が戻り寒くなったこの日、保健所が行う食品衛生講習会が桜コミセンで行われました。保健所が行う?学区への行事は今まで狂犬病の予防注射以外はお馴染みの無かった・・・ですが、食の安全に対する取り組みで、南区で今回が13回目ということです。

 いや待てよ、そういえば高齢者元気教室(今年度で終了?)や高齢者サロン・子育てサロンへたまに保健師さんが来ていたっけ、失礼しました。<(_ _)>

 冬に発生するノロウィルスによる食中毒の多発や、廃棄した食品が再び台所へ戻ってくる等、怪奇現象が起きている最近の食品への対策として、消費者が賢くならなければなりません。

 それでは講習会会場へご案内・・・



H2802食品懇談会 (1)

 学区の人達の食品安全への期待は高く、子供の受験のラストスパートなど何かと忙しい合間を縫ってお母さん方(お婆さんも)が講習会に参加しました。



H2802食品懇談会 (2)

 桜学区森川委員長は、最近食品に関する驚くようなことが起きています、この機会に食品安全への関心を高め、家族を守る方法を得て下さいと挨拶されました。



H2802食品懇談会 (3)

 名古屋市食品国民健康保険組合の刀根支部長は、この機会に食中毒についての現状と正しい知識を得て下さい。また消費期限と賞味期限についても理解をお願いしますと挨拶されました。



H2802食品懇談会 (4)

 「知って防ごう食中毒」と題して南保健所生活環境課食品獣疫担当の横井主査が、食中毒の発生状況や食中毒の原因となる主な細菌・ウィルスの特徴、食中毒を防ぐ方法について解り易く講義を行いました。



H2802食品懇談会 (5)

 学区顧問の藤沢市会議長も参加され、食品の安全について参加者へ注意を呼びかけました。

 本日の懇談会へ参加した皆さんは講習会より得た知識を生かして食中毒の予防などに十分注意をお願いします。

狂犬病の予防注射/南保健所

 4月13日(月)今日はあいにくの雨模様。午前10時から桜コミセン駐車場において、南保健所による狂犬病予防注射が行われました。注射には桜学区保健委員加藤会長と清水さんが立会しましたので紹介します。

 生後91日以上の犬には登録(生涯1回)と毎年1回(4月〜6月)の狂犬病予防注射が義務づけられています。
 登録の証明となる鑑札と、予防注射が済んだことの証明である注射済票は、必ず犬の首輪などにつけてください。

 猫にはこれが無いので愛猫家の皆さんは、ご近所の獣医さんへ行って三種混合予防注射や、浮気性の猫には望まないのなら不妊・去勢処置を行って、ご近所の迷惑とならない様に楽しいペットライフを過ごして下さい。

 それでは狂犬病予防注射会場へご案内・・・



H27狂犬病 (1)

 雨の中午前9時30分になり保健所の担当者や予防注射の実施グループが到着し、会場造りを始めました。



H27狂犬病 (2)

 準備が整ったところで、全員集合し朝礼。てきぱきとそれぞれ仕事内容の確認を行いました。加藤会長と清水さんが様子を見守っています。(写真左端の二人)



H27狂犬病 (3)

 10時きっかりに第1号のお客がやって来ました。元公民会長の〇〇さんです。犬も観念した様子で、無駄な抵抗を行いません。飼い主によく似て優しく良くできた犬です。



H27狂犬病 (4)

 この犬はあっちへ行くのが嫌の様です。あのTVコマーシャルの白い犬の様に言葉がしゃべれたら、「ワシはちょっと用が出来た、帰らなければならないので、また今度来よう」といったかもしれません。



H27狂犬病 (5)

 同じように「痛たたたたっ、なんでこんな目に会わなければならないのだ」、こんなこともいいかねませんが、そんなことはありません、注射はあっという間に終わってしまいました。痛くも痒くもありませんでした」お父さんしっかりして下さいよ。

 コミセンの駐車場が、犬の“注射場”とは、シャレにもなりませんが、可愛く良くなついた犬ばかりです。愛犬家の皆さんどうぞ大切に育てて下さい。
 保健所の関係者の皆さん、雨の中をご苦労様でした。
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター