第52回 南区老人福祉大会

 9月12日(水)午後1時から南区役所講堂においてなごやかクラブ南、南区役所、南区社会福祉協議会が主催して第52回 南区老人福祉大会が開催されました。

 なごやかクラブ南は、南区老人クラブ連合会の愛称です。概ね60歳以上の方からなる地域の自主組織、町内の方が集まって1つのクラブを作り、趣味の活動や健康つくり等多種多様な活動を通じて仲間作りを行っています。

 本日は大勢の高齢者が集まり、式典を行い来賓からの挨拶や桜台高校生徒からのマフラー贈呈、保育園児からのプレゼント及び熟年の技が光る歌や踊りのアトラクションが開催されました。

 それでは会場へご案内・・・



H3009老人福祉大会 (1)

 式典が始まりました。開会の言葉があり「君が代」を斉唱した後に物故者に対し黙とうを捧げました。この後に主催者の刀根南区老人クラブ連合会長から老人会の活動について挨拶があり、来賓の祝辞と続きました。



H3009老人福祉大会 (2)

 河野南区長は桜台高校と葵ライオンズクラブによる心温まる行事への感謝と、皆さん方に元気になって頂くために南シニア大集合のイベントを行い、様々な企画を用意していますので是非ご来場くださいと広報を兼ねた祝辞を述べられました。



H3009老人福祉大会 (3)

 桜台高校ファッション文化科の生徒による独居高齢者へマフラーの贈呈を行いました。この事業は昭和51年から始まった南区独自の世代間交流事業となっています。(^_^)v

 最初は端布を利用したポーチをつくり贈呈していましたが、名古屋葵ライオンズクラブからマフラー布を寄付して頂くようになってからは、生徒の手作りマフラーへ進化し今年も120本ものマフラーを製作し寄贈しました。

 ご高齢者は生徒が作った心のこもったマフラーを直接首にかけてもらい、体と共に心の中まで暖まり冬を過ごすことが出来ます。


H3009老人福祉大会 (4)

 河野南区長より長年マフラー生地を寄贈してきた名古屋葵ライオンズクラブに感謝状が贈呈されました。

 感謝状の贈呈後に名古屋葵ライオンズクラブの山本さんは、我々ライオンズクラブは奉仕することをモットーとして、障害者団体のイベント等を支援する等様々な活動をしています。

 おんたけ休暇村へ行き植樹活動を行いました。植樹による落葉のサイクルで御岳の土が改善し名古屋へ美味しい水をもたらすことを信じ活動しましたと挨拶されました。



H3009老人福祉大会 (5)

 また河野南区長より長年マフラーを作り続ける素晴らしい伝統を継承している桜台高校家庭クラブにも感謝状が贈呈されました。



H3009老人福祉大会 (6)

 箱舟保育園児が会場に乱入し参加した高齢者へ次から次へとプレゼントを贈りました。可愛い子供からのプレゼントを受取り会場が明るくなりました。



H3009老人福祉大会 (9)

 アトラクションの最初は先程高齢者にプレゼントした桜学区にある”箱舟保育園”の園児24名によるダンス!「スマイル音頭」「ダンシングヒーロー」と若い人(子供も)のダンス曲が掛り、子供達は力一杯踊りました。\(^o^)/



H3009老人福祉大会 (7)

 「南の島のハメハメハ大王」の合唱葉は”呼続ゆうゆう歌クラブ”の皆さん、大編成の合唱は迫力満点、熟年者が歌う若々しい声で会場を魅了しました。



H3009老人福祉大会 (8)

 リズム体操「もりのくまさん」を踊るのは”なごやかクラブ南”女性リーダーの皆さん。自信が有るのでしょうお面でお顔を隠しません、美人揃いのこのグループは楽しそうな体操を披露しました。

 今日は名古屋市高齢化率No.1!の南区高齢者のパワーを存分に発揮した大会となりました。皆さんいつまでも健康で元気に活動して下さい。

 尚この大会始め趣味の作品展などの高齢者行事は赤い羽根共同募金から配分金を受けて、高齢者が生き生きと過ごすための活動として行っています。

趣味の作品展/なごやかクラブ南

 2月22日(水)南区役所講堂において、第15回趣味の作品展が開催され、桜学区の老人クラブからも出展があり観賞してきましたので紹介します。

 作品展は2月21日~2月23日まで南区役所、南区社会福祉協議会、南区老人クラブ連合会が主催して開催され、各学区で活動する老人クラブ会員の素晴らしい作品が展示されています。

 それでは会場へご案内・・・



H2902作品展 (1)

 展覧会の入口には第15回趣味の作品展の看板が設置され、受付担当者が来場者へ案内書を渡していました。



H2902作品展 (2)

 入口を進んだ先のコーナーは絵画などに加え仏像の彫刻が展示され、彫刻は木製で細部まで見事に表現されています。



H2902作品展 (3)

 入口左のコーナーは絵画や写真と共にユーモラスな木彫りの像や、ガラスケースに入ったマスコット人形が多く展示されいています。



H2902作品展 (4)

 会場中央列のコーナーは季節感たっぷりの風景写真や絵画等と共に、セーターなどの達者な編み物が展示されています。



H2902作品展 (5)

 窓側のコーナーではヒョウタンの飾り物を中心に手芸、工作品など多彩な展示がされています。またお茶がサービスされ作品を鑑賞しながら、ゆっくりお茶出来るコーナーも設けられていました。



H2902作品展 (6)

桜学区老人クラブの展示作品は会場奥のコーナー、立体的な刺しゅう・切り絵や絵画・ポーチ・扇子・置物等、見応えのある多彩な工作品が多く展示されています。

 この会場の高齢者の作品の出来栄えには正直驚きました。作品制作中は齢を忘れ青年になって目が輝き制作に熱中していたことでしょう。

 展示作品からは若さと元気さが伝わってきます。制作活動は若さを保つ秘訣かも、今後もお元気で観賞する人に元気を与える作品を制作して下さい。

第50回 南区老人福祉大会/南区老人クラブ連合会

 9月14日(水)午後1時から、南区役所講堂において第50回南区老人福祉大会が開催され、学区の老人会役員や出演者を激励の為、大会に出席しましたので紹介します。

 南区老人福祉大会は“なごやかクラブ南”(南区老人クラブ連合会)が、共同募金の配分金を受けて南区役所・南区社会福祉協議会と共同主催して毎年開催しています。

 今回は第50回の記念大会で、区役所講堂の広い会場内を埋め尽くした参加者高齢者のパワーを感じました。

 それでは会場へご案内・・・



H2809老人大会 (2)

 南区老人クラブ連合会副会長の開会挨拶、君が代斉唱、物故者への黙とうへと式典が続きました。写真は主催者の浅井南区長の挨拶です。長い伝統を持った福祉大会開催に敬意を表します。

 本日はマフラーの贈呈、可愛い子供の演奏や高齢者によるカラオケ・演舞等、また特別出演のハミングバーズによる懐かしい唱歌など盛りだくさんのアトラクションを用意しましたので楽しんで下さい。



H2809老人大会 (3)

 来賓の相原南区区政協力委員協議会議長の挨拶です。元気に行動される高齢者へ励ましと、高齢者サロン等地域の高齢者福祉活動状況を述べられました。



H2809老人大会 (5)

 桜台高校生が作った手作りマフラーを高齢者に直接掛け渡す贈呈式です。ファッション文化科の生徒が作った暖かいマフラーを、区内に住む独居高齢者に贈呈する世代間交流事業となっています。



H2809老人大会 (6)

 贈呈が終了した後に、浅井区長からマフラーを手作りした桜台高校の生徒とマフラーの材料代を寄付した葵ライオンズクラブへ、感謝状が贈呈されました。



H2809老人大会プレゼント

 突然沢山のチビッ子が会場に入って来ました。手に何か小さなものを持って皆さんに手渡ししているようです・・・。

 プレゼントです!可愛くそこに居るだけで癒される白水保育園の園児達からのプレゼントに会場のご高齢者はメロメロになっているようです。



H2809老人大会 (7)

 式典が終了するといよいよアトラクションの開始です。トップは白水保育園児の鼓笛隊によるサウンドオブミュージック、可愛い女の子による♪を持ってのダンス、最後にはボンボンに持ち替えミオーダンスを披露してくれました。



H2809老人大会 (8)

 桜学区からは「桜寿会」の自称専属歌手で御年88歳の藤堂さん、今年発売になったばかりの、孫より若い三山ひろしの新曲「四万十川」をたっぷりの声量で聴かせてくれました。

 感心するのはいくつになっても新曲に挑戦し、見事にものにして皆さんに聴かせています。カラオケの他にも少し前まではソフトボール、最近はグランドゴルフから切り絵などにも挑戦し、文武両刀の健康高齢者です。

第13回 趣味の作品展/南区老人クラブ

 3月3日(火)今日はひなまつり、女の子が健やかに育つよう願いを込めてお祝いをする日・・・ですが、健やかに育ち過ぎた人たちが、若かった“あの頃”を思い出し、南区役所の講堂において「第13回趣味の作品展」が開催されました。

 桜学区から、桜台クラブ、南部鶴友会、桜寿クラブ、北部鶴友会、中江若葉会の5団体のメンバーが手芸・書・絵画の素晴らしい作品を出展しました。

 会場ではお茶が振舞われ、何とお土産の手芸品の巾着袋が来場者にもれなく贈呈されました。

 それでは作品展会場へご案内・・・



H2703老人文化祭 (1)

 会場入り口近くの作品には妙齢の解説者が、妙齢の見学者へ解説?を行っていました。



H2703老人文化祭 (2)

 ここは人気スポット、大勢の人が見学に訪れていました。この若々しく見える人が軽妙な解説をする絵は裸婦・・・ではなく、机上に並ぶ長ーい絵、北海道の風景がたくさん書き込まれていました。絵のタイトルも「青春18切符の旅」と更に若さにあふれていました。



H2703老人文化祭 (3)

 ここは桜学区の出展コーナー、少し寂しいのか会場の高齢者がサクラとして人数を水増し?して、賑やかさを演出しました。桜学区にサクラが咲いたようです。



H2703老人文化祭 (4)

 しかし作品の出来栄えは見事です、可愛いサンタやセンスの良いパッチワーク等、何れも“齢”を感じさせない若々しい作品です。



H2703老人文化祭 (5)

 おやおや、元桜老人会会長のO氏が美熟女へ何やら言い寄っているようです。ダメですよ、こんなところで口説いては、えっ人形を見ているのですか。



H2703老人文化祭 (6)

 作品には長い人生経験が溶け込んでいます。会場には南区中の元気老人が鑑賞に訪れていて、高齢者が持つ独特の落着いた雰囲気(線香のにおいとは違います)が漂っています。


作品展は下記の日程で開催されていますので是非ご鑑賞を・・・

3月3日(火)午前9時~午後4時30分
3月4日(水)午前9時~午後4時30分
3月5日(木)午前9時~12時


第48回 南区老人福祉大会へ出席

 9月17日(水)午後1時から南区役所講堂において、南区老人クラブ連合会、南区役所、南区社会福祉協議会が主催して、第48回 南区老人福祉大会が開催され出席しましたので紹介します。

 この大会は“人とつながる 未来へつながる”と題した高齢者の応援大会で、各学区から元気高齢者が日頃鍛錬した踊り、演奏、歌を披露します。

 式典は第1部が、開会の言葉、君が代斉唱、黙とう、主催者挨拶、来賓祝辞、マフラー贈呈式、保育園児からのプレゼント贈呈、閉会の言葉と続きます。

 第2部がアトラクションで、道徳保育園児や各学区の代表者による楽器演奏、カラオケ、民謡踊り、詩吟、舞踊、フラダンス等が演じられました。

 それでは会場へご案内・・・



H26老人大会 (1)

 区役所2階講堂に沢山の老人会関係者・参加者が集まりました。間もなく開演となります。



H26老人大会 (2)

 杉山老人会連合会長の挨拶です。会長は老人会の活動と会員数の現状について説明されました。



H26老人大会 (3)

 横田南区長は高齢化社会における老人会の活動、桜台高校生のマフラー贈呈、保育園児のプレゼントなど世代間の交流や、最後に防災について話されました。



H26老人大会 (4)

 桜台高校ファッション文化科の生徒によるマフラー贈呈式です。この事業は昭和51年に始まり今年で39回目を迎えます。

 生徒たちは最初、端切れから高齢者用ポーチを制作していましたが、名古屋葵ライオンズクラブから生地の提供を受けて手作りでマフラーを制作しています。

 今年は120本ものマフラーを制作して、区内に住む一人暮らしの高齢者の方々へ贈っています。



H26老人大会 (5)

 さて、式典が終了してアトラクションとなりました・・・

 トップバッターは「道徳保育園」の園児による遊戯・歌「こども竜神まつり」「地球のうた」です。遊戯は一糸乱れない動きでよく練習されていました。最後に龍が舞って終了!歌の方も皆大きな声が出て元気一杯歌っていました。

 最後に園児達と一緒に「故郷」を歌いました。参加した人はお歳も忘れ園児達と合唱「兎追いし かの山・・・」、はるか昔にタイムスリップ。



H26老人大会 (6)

 アトラクションは各学区の芸能自慢の個人・グループが熱演を繰り広げました。この演技は園児達が生まれるよりずーっと前からやっているので、負けるわけにはいきません!思わず三味線・唄にも力が入ります。



H26老人大会 (7)

 こちらは優雅なフラダンス「アロハオエ」、優雅な踊りは、この距離で楽しむものかもしれません。若々しく可愛い衣装が揺れて・・・これ以上近寄るのは止めときます。



H26老人大会 (8)

 今度は新舞踊「江差情歌」、シックな紫のお召し物で踊りも良く揃っています。さすが十分に年期の入った踊りで、色気を感じます。・・・最近視力が弱った高齢者には、見間違えがあっかもしれませんが。



H26老人大会 (10)

 カラオケのトリは桜学区の元気86歳の藤堂さん。緑のスーツに白のズボン・靴も決まって歌手の様です。(一時代前の・・・)

 本日の歌「峠越え」、声量、声のハリ、メロディーの正確さは他を圧倒しています。80の峠を越えた筈ですが、目を閉じて聴けば50の上り坂!まだまだ峠は先だと唄っているようです。

 藤堂さんは若い時から野球一筋、桜ソフトボールクラブの立上に係わり、桜の怪物とも評され、今日の主催者のお話にもありました様に「男性の平均年齢が80歳を超えましたけれど、大切なのは健康年齢」、86歳にして脳味噌と足腰健康、桜の誇りとして増々のご活躍を祈念します。
最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター