今度は八重桜の出番です

 4月15日(月)良く晴れましたが寒い北風が吹いています。鯛取通(東西)の桜並木の満開から1週間、今度は環状線(南北)の八重桜の出番となりました。

 学区を南北に縦断する環状線の桜本町1から新郊通3まで400mの歩道には八重桜が植えられており、鯛取通のソメイヨシノと比べ開花時期が少し遅いので連続してやや濃いピンクの花が満開になりました。

 それでは現場へご案内・・・



H3104環状腺の八重桜 (1)

 交差点北西花壇のソメイヨシノの花が散った桜本町1交差点の花壇をスタートし、八重桜を見ながら西側歩道を北へ歩いて行きます。葉桜となったソメイヨシノは見せられませんので満開の花壇の花をご覧ください。



H3104八重桜a

 交差点からすぐ北側の薬局から地下鉄桜本町駅の出入り口あたりが良く咲いて、道行く人を楽しませているようです。



H3104環状腺の八重桜 (3)

 更に300m程北へ歩くと、駅の駐輪場出入り口へ到着しました。今年は気のせいか樹勢が弱く花の付も悪いようで心配です。



H3104環状腺の八重桜 (4)

 桜本町1交差点北東にある花壇の主役もソメイヨシノから草花に替りました。これから東側歩道を北へ向かい八重桜を見物します。



H3104環状腺の八重桜 (5)

 交差点から最初の八重桜の木ですが少し傾いているようです。樹勢も弱くなったようで少し心配ですね。



H3104環状腺の八重桜 (6)

 更に200m程北へ歩き桜交番の前あたりに来ました。桜交番は老朽化により建て替え工事中で完成が近ずいています。



H3104環状腺の八重桜 (7)

 これが新しくなった桜交番です!地域のシンボル桜に合わせ看板代りに桜の花が咲き乱れる粋な外観となっています。駐車スペースも前面に用意され利便性が高い交番となったようです。


桜並木が満開となりました

 4月7日(日)暖かい日が続き、はっきりしなかった桜並木の桜もやっと満開時期が訪れたようです。1年間で1週間限りの至福の景気が楽しめます。

 鯛取通(東海通)の桜並木は地下鉄桜通り線の工事で少なくなりましたが、地元の声に応え緑のまちづくり会が毎年植樹して昔の様な桜並木の復旧を目指して来ました。

 今年になり鯛取通の街路樹を全て桜に植え替えることが出来、昔の様に1kmに渡り復活した桜並木が満開の花を咲かせています。

 それでは現場へご案内・・・



H3104桜並木b (1)

 交差点北東角花壇に植えた桜の木です。ここは桜学区の顔、この花壇に桜の木を2歩に植え、歩道の舗装を痛めていた2本の銀杏を撤去して頂いたお蔭でスッキリとした表情になりました。



H3104桜並木b (2)

 交差点北西花壇の大きな桜の木です。この木は元から植えられていた古木でかなり高齢ですが、今年も沢山の花を咲かせています。(^_^)v



H3104桜並木b (3)

 交差点南西花壇の桜の木です。ここには数年前に2本の桜を植えましたがやっと見事な花を咲かせるまでになりました。



H3104桜並木b (4)

 交差点南東花壇の桜の木ですが、この花壇のみ山桜の古木が植えられています。山桜は開花が遅くソメイヨシノの満開に間に合うかと心配しましたが、何とか間に合い美しい花を咲かせています。



H3104桜並木b (5)

 鯛取通北側の歩道を東へ少し行くと新旧の桜が見事に咲き誇り、華やかなピンクの帯が野並橋手前まで1kmほどずっと続いています。



H3104桜並木b (6)

 ここから西側の桜本町交差点方面を見てもやはり見事な桜並木が名鉄本線まで続いています。\(^o^)/



H3104桜並木b (7)

 鯛取通を更に東へ地下鉄鶴里駅まで来ると、この辺りは最近植えた若い桜が多くなり貫禄はありませんが軽快に花を咲かせています。10年後くらいが楽しみです。



H3104桜並木b (8)

 鯛取通の南側の歩道の桜並木です。通行人も見事な桜を見上げ気持ちよさそうに歩いています。



H3104桜並木b (9)

 統一地方選挙の投票所となっている桜小学校まで来ました。ここの桜もかなり高齢で早くも花吹雪が始まっていました。”サクラ散る”は嫌ですね。あと3日で入学式です新入学児童の為にも何とか花を残してほしいですね。



H3104桜田中学校

 最後は学区の東側に位置する桜田中学校にやって来ました。ここの玄関にもかなり年代を感じさせる桜が花を咲かせています。

 近年高齢化が進み危険防止の為外科手術を行って延命を図っていますが年々小さくなっていきます。しかし精一杯枝を伸ばし満開の花を咲かせています。ガンバレ!

桜並木の満開はいつ?

 3月31日(日)少し風が強く寒くなりました。なかなか満開にならない学区内の桜並木の状況を見に行ってきました。

 風が強く花が飛ばされることを心配しましたが、まだ咲き始めで大丈夫の様です。まだ三分咲き?程度で見頃にはもう少し時間が掛りそうです。

 それでは現場へご案内・・・



H3103桜並木 (3)

 桜本町1交差点北東花壇の桜の様子です。桜田中学校園芸部の生徒達と一緒に植えた花壇の花は満開となっていますが、2本の桜はこれからといったところです。



H3103桜並木 (4)

 同じ交差点花壇にある桜の中で、一番高齢で大きな北西花壇の桜もまだ上の方は花が咲ききっておらず見頃には少し早そうです。


H3103桜並木 (1)

 同じく南西花壇の状況です。ここにも2本の桜を植えましたが、あと2~3日後位に満開が期待できそうです。



H3103桜並木 (2)

 南東花壇の桜はヤマザクラ、昔からここの花壇ににあります。開花時期が遅くソメイヨシノの開花が終わってからおもむろに開花してきますのでまだ蕾~咲き始め状態です。それまでは花壇の花達が超満開でカバーしているようです。



H3103桜並木 (5)

 桜本町1交差点から東へ伸びる鯛取通(東海橋線)の桜並木です。緑のまちづくり会が地下鉄工事で少なくなった桜の植樹を進め、地名の様に今年全ての街路樹を桜にすることが出来ました。

 まだ三分咲きですが満開時には素晴らしい桜並木となりますので、またご紹介したいと思います。



H3103桜並木a

 最後は桜小学校正門の桜です。創立時からあるような古木ですが毎年綺麗な花を咲かせています。あと少しで満開になりますが、今年は入学式が遅く花は残すことが出来ないかも・・・。

 桜さんご高齢のところご無理をお願いしますが、入学児童の為にも何とか花を残して下さい。

 桜が満開になると学区中が賑やかな雰囲気に包まれます。皆さんそれまで楽しみに待っていましょう。

お花見会/緑のまちづくり会

 3月24日(日)暖かかった金曜日までと異なり、花冷えを実感する日となりました。正午から緑のまちづくり会は笠寺公園において恒例のお花見会を開催しました。

 桜通線の開通を機に鯛取通の桜並木がナンキンハゼに変わってしまい、従来の桜並木を懐かしがる声が多く聞かれ、緑のまちづくり会を結成し地域の方と力を合わせ桜並木の再生に取組み、10年を経て地名のごとく“桜”並木の復活を果たすことが出来ました。

 今日はそのお祝いではありませんが、日頃桜の世話に活動している人が集まり、桜の晴れ姿を鑑賞しました。(お酒と共に)

 それでは会場へご案内・・・



H3103お花見会 (1)

 ここが本日のお花見会場です。公園で唯一満開(近く)になっている枝垂桜の下で行うことになりました。

 この木以外の桜(ソメイヨシノ)はまだ蕾、お蔭でお花見は我々グループ以外は誰もいません。



H3103お花見会 (2)

 会場のすぐ南にある“きんさん桜”です。エドヒガンサクラであるきんさん桜は、ソメイヨシノより開花が早く品の良い花を咲かせていました。



H3103お花見会 (3)

 参加者が会場に集まって来ました。座るのがつらい人(高齢者)にはビールケースと板で椅子を作れば膝に優しくなります。あとは机を並べ会場準備はOKです。



H3103お花見会 (5)

 「桜並木の復活に感謝」の看板が立てられ、鯛取通の桜並木の復活を目標に活動してきましたが、今年ついにナンキンハゼを全て桜に植え替えることが出来ました。(ToT)/~~~



H3103お花見会 (6)

 春日野学区成田委員長(後ろ姿で申し訳ありません)の音頭により乾杯を行い、お花見会が始まりました。



H3103お花見会 (4)

 参加者には緑のまちづくり会の広報紙“さくら村便り”が配られ、皆さんビールを片手に見ています。

 なになに、今年の第10回桜植樹祭は宇宙桜!笠寺公園に日本三大桜(の子供)が植えられた等ホットなニュースが載っています。



H3103お花見会 (7)

 こうしてロングにするとあらためて咲いている桜はこの枝垂桜1本ということが解ります。

 春日野学区の宝、元衆議院議員塚本先生をお招きして、まだ花見客も少なく落ち着いた雰囲気でお花見会をすることが出来ました。



H3103お花見会 (8)

 お花見会が終了し参加者が記念撮影を行いました。また来年も元気にお花見会が出来ます様に・・・

今年の植樹祭は宇宙桜!

 2月3日(日)午前10時から鶴里公園において桜学区・春日野学区緑のまちづくり会は第10回目の植樹祭を行いました。

 今年の植樹祭は2008年11月にスペースシャトル・エンデバー号に乗って宇宙へ旅立ち、帰還した種から発芽した“宇宙桜”を子供達に植樹してもらいました!

 それでは会場へご案内・・・



H3102植樹祭 (1)

 これが宇宙桜の前に建てられた高札で、”2008年11月にスペースシャトル・エンデバー号に乗って宇宙へ旅立ち、国際宇宙ステーション「きぼう」に8か月間保管され、2009年7月に宇宙飛行士若田光一さんと共に地球へ帰還した種から生まれた宇宙桜の直系子孫です”と、プロフィールが記載されています。



H3102植樹祭 (2)

 緑のまちづくり会員が式典の準備を進めていますが、どうもこちらの方が気になるようです。笠寺常唱寺さんからのお供え「土佐宇宙酒」、こちらも宇宙旅行した高知県産の酵母菌と酒米の種から作った米で作られたお酒だそうです。



H3102植樹祭 (3)

 植樹祭の開始時間が近くなり南土木事務所職員や緑のまちづくり会員・両学区の関係者が会場に集まって来ました。



H3102植樹祭 (4)

 南土木事務所中山所長は緑のまちづくり会の活動に感謝され、素晴らしい桜を頂きこの鶴里公園を将来も地域の人に楽しんで頂ける様な公園に整備しますと挨拶されました。



H3102植樹祭 (5)

 この桜を寄付された常唱寺の住職は、宇宙桜の生まれが樹齢二千年の薄墨桜であること、選ばれて宇宙へ出発し無事帰還した種子を発芽させたものと生い立ちを説明。

 東北の災害地を末永く長く災害から守ろうと植樹されました。この地も年魚潟と呼ばれる古い土地で、やはり永く守ってくれる桜となるはずですと挨拶されました。



H3102植樹祭 (6)

 両学区顧問の藤沢市会議員は、自分達の住む町を桜で美しくしようとの思いから出発した緑のまちづくり会の活動を紹介し、樹齢千年の桜の様に末永く子供達の健全な成長と地域の発展を願いますと挨拶されました。



H3102植樹祭 (7)

 今年は桜小学校と春日野小学校へ今年入学する7名の子供が桜の苗木の植樹を行います。全員が並んで司会の春日野学区戸谷副会長から紹介されました。



H3102植樹祭 (8)

 植樹が始まりました。まず桜にかける砂をスコップですくってみましたが、初めての為か上手くすくえませんので緑のまちづくり会の人が方法を教えました。



H3102植樹祭 (9)

 するとどうでしょう、子供達のスコップ捌きはみるみる上達してご覧の様に皆で上手く協力し揃って砂をかけ始めました。



H3102植樹祭 (10)

 慣れてきたらこっちのものと子供達は次から次へと砂をすくい桜の根元へかけ、用意した砂は瞬く間に桜の根元に撒かれてしまいました。

 皆さんから拍手を頂き無事植樹を終了することが出来ました。この桜が子供達と共に健やかに成長し、百年・千年と美しく咲き続けることを願います。

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター