再び桜学区の桜並木の現状

 4月になりました。地域の桜も満開となりましたが、あいにく天気がはっきりしません。午後より雨風とも強くなりそうで花も散り始めていますので、本当は太陽に照らされ元気に輝く桜を撮りたかったのですが意を決して今朝撮ってきました。<(_ _)>

 この地域は名前のごとく街路樹は見事な桜並木となっていましたが、1994年地下鉄桜通線の工事により街路樹は維持管理の容易なナンキンハゼに植え替えられ地域の特徴が消えてしまいました。

 しかし桜並木の復活を望む地域からの声により“緑のまちづくり会”が生まれ、以来毎年桜の木を植樹して桜並木の復活を目指し活動してきました。

 緑のまちづくり会はかつて言われていた”「さくら村」復活”に向け、地域の人の寄付やボランティア活動により鯛取通を中心に桜の植樹を続けており、今年全ての街路樹を桜とすることができました。\(^o^)/

 それでは現場へご案内・・・



北西交差点桜

 桜本町1交差点北西花壇の桜の木です。見事に満開になりました。今朝天気が回復したので撮り直しました。、今年も多くの花を咲かせてくれました。



2桜本町北東花壇

 こちらは桜本町1交差点北東花壇です。桜学区の顔として桜の花と競争するように花壇の花たちも満開できれいな花を咲かせています。



3桜本町南西花壇

 ここは桜本町1交差点南西花壇です。数年前に2本の桜を植えましたが、立派に育って多くの花を咲かせています。



南東交差点ヤマザクラ

 桜本町1交差点南東花壇には大きなヤマザクラの木を中心に丁度見ごろとなったデイジーと、春日野学区の花パンジーが咲き誇っています。



5桜本町1交差点

 桜本町1交差点から名鉄本線の踏切を望みます。朝の通勤時間帯は踏切の閉まる時間が長く渋滞しますが、ドライバーの方は焦らずに電車待ちの間にも桜を見て心を静めて下さい。



鯛取通桜並木

 これぞ桜学区!桜本町1交差点から鯛取通を東に歩きますと満開となった桜並木を見ることができます。結構車の通る通りですが御覧の様に歩道部は桜のトンネルとなり行きかう人の目を楽しませています。



桜小学校正門の桜

 途中で北に少し入りますと桜小学校があります。正門にはかなり年代物の桜が、登校してくる児童を迎えています。何とか入学式まで花を残して新入児童を迎えてほしいですね。



8コミセン玄関

 桜小学校正門のすぐ前にある桜コミセンへ寄りましたが閉まっていました。コロナウィルス拡散防止のために休館中です。先日までは4月末までとなっていましたが、ウィルス拡散の終息が見えないため、4月末から5月末まで休館が延長になりました。

 折悪しく町内役員の改選期で引継業務が必要となりますので、この場合に限り出席者の体調チェックや窓を開け換気を行い、席の間隔を開け・手や手すりの消毒をしたうえで利用可能とするようです。


桜学区の桜並木の現状

 3月28日(土)3月も残り少なくなりました。地域の桜もコロナウィルス感染を警戒してか花の咲き始めを控えていたようですが、この暖かさで少しづつ咲き始めました。

 現在5分咲ほどで残念ながら賑やかさに欠けていますが、早く満開となりコロナウィルスを吹き飛ばしてほしいものです。

 それでは現場へご案内・・・



1桜本町交差点北西

 桜本町1交差点北西花壇の桜の木です。この辺りで一番見事な花を咲かせますが、今のところ5分咲き程度でまだ存在感を発揮していません。



桜本町北東花壇

 こちらは桜本町1交差点北東花壇です。桜の花より足元の花壇の花たちが一足早く満開できれいな花を咲かせています。



3鯛取通桜並木

 鯛取通の桜並木ですがまだ5分咲き程度で迫力に欠けています。早く満開となり見事な桜並木を見せてほしいですね。



桜小正門古桜

 桜小学校正門には名前の通り桜の木が植えられています。この桜は随分高齢化していますのでそんなに無理して早く咲かなくても、ゆっくりと入学式に合わせ咲いてほしいです。

 コロナウィルス拡散防止の影響で人の心が暗くなり、学区も様々な行事を中止ししているので、地域交流が少なくなり地域全体の元気が低下しているようです。桜の満開と共にウィルスが消滅し、地域に賑わいと元気が戻ることを願います。


学区の花壇の状況/緑のまちづくり会

 3月9日(月)良く晴れ非常に暖かい天気となりました。新型コロナウィルス感染拡大防止の面から学区の様々な行事を停止しており<(`^´)>、ブログでご紹介できる行事がありませんので、せめて元気に咲いている花壇を紹介します。

 学区の行事を中止しているため、止む無く学区の花壇を紹介しています。早くウィルス感染拡大が収まり、行事の紹介がしたいですね。

 それでは現場へご案内・・・



1北東花壇

 桜本町1交差点北東の花壇の状況です。ここは学区の顔と位置づけ緑のまちづくり会が桜田中学校園芸部と協働で学区の花“さくら草”を始めいろいろな花を植えています。御覧の様に冬から春への花が見ごろとなりました。



2南東花壇

 交差点南東花壇の様子です。こちらは春日野学区に位置しますので、春日野学区の花”パンジー”と共にこの季節に咲く雛菊の花を植えており、良く咲いています。



3南西花壇

 同じく南西花壇の様子です。こちらも春日野学区にありますので学区の花”パンジー”と季節の花雛菊を植えており、良く咲いています。

 桜本町1交差点の花壇は今年も桜田中学校園芸部と協働作業を行い、季節の花の植え替えを行って1年中美しい花を咲かせ、道行く人の心を和ませたいですね。



4コミセン東側花壇

 ここは桜コミセンの東側の花壇。ノースポールやストックなどが良く咲いています。緑のまちづくり会の柿田さんが手入れをしていますが、小学校の前にあるため、児童に解り易いように花の名前の札を立てています。



5コミセン北東花壇

 こちらはコミセン玄関横の花壇です。ここは学区の花“さくら草”が植えられており、白色と紫色の花をよく咲かせています。



6コミセン玄関

 最後はコミセンの玄関の様子です。新型コロナ感染拡大防止のためとりあえず3月末まで休館中です。その後は状況を確認しながら開館する予定です。

 利用者にご不便をおかけしますが、現状をご理解の上ご協力をお願いします。

第12回 植樹祭/緑のまちづくり会

 2月2日(日)風も穏やかで暖かい日となりました。午前10時から緑のまちづくり会は笠寺公園において第12回植樹祭を開催しました。

 これはかつてのさくら村を桜の名所としたいと、街路樹や公園に桜の植樹やメンテナンスを行っている緑のまちづくり会が子供たちの成長を願い開催しました。

 それでは会場へご案内・・・



1開会

 暖かい陽が注ぐ笠寺公園において、桜小学校と春日野小学校に今年新入学する子供が立派に成長することを願い植樹式を行いました。写真は式典司会を行う緑のまちづくり会成田副会長です。



2藤沢議員

 緑のまちづくり会森川会長の挨拶(写真がありません)に続き、来賓としてお招きした両学区の顧問を務める藤沢市会議員は、両学区の子供たちが仲良く暮らしこの桜の木の様に立派に成長し、美しい花を咲かせますようにと祝辞を述べました。



3春日野小

 植樹はまず春日野小学校に今年入学する子供たちが、記念樹の傍らに盛った砂をスコップで樹木にかけることにより行いました。



4春日野小

 最初だけ砂のかけ方やスコップの使い方を大人の方に教えて頂いた後、子供たちだけで協力し合って上手く砂をかけることができたようです。



5桜小

 次は桜小学校へ新入学する子供達の番です。スコップの使い方や砂のかけ方等は春日野の子供たちの作業を見て覚えましたので、子供達だけで上手く砂をかけています。



6桜小

 なかなか良い手つき腰つきで砂をかけています。樹木の根元は両学区の子供たちの作業により砂で上手く盛ることができたようです。



7整列

 無事植樹を終えた子供達は記念樹の前に整列して、式典に参加した見学の保護者や両学区連絡協議会・消防団員から拍手が送られました。



8ご褒美

 最後に植樹した子供全員に植樹記念品が渡され式典は終了しました。本日は良く晴れ風もなく冬としてかなり暖かい日となりましたので植樹作業は快適な環境で行うことができました。

 参加した子供達は今日の植樹を良い思い出としてください。また植樹した桜の木に負けないように健康で逞しく成長して下さい。

桜神明社へ桜の植樹/緑のまちづくり会

 1月26日(日)朝から小雨が降っていますので、雨の上がるのを待って午後1時から緑のまちづくり会は桜の植樹作業を行いました。

 今回は桜学区と春日野学区の消防団と緑のまちづく会のメンバーが協力して、桜神明社の境内に8本の桜を植樹しました。

 それでは現場へご案内・・・



桜神明社入り口

 桜神明社へやってきました。桜神明社は名鉄桜駅のすぐそばにありますが本殿奥へは入ったことがなく、今回桜の植樹で奥が思いのほか広く小さな古墳や堀の跡があるのに初めて気が付きました。



鳥居脇に穴掘り

 今回は8本の桜を植える計画ですが、2本は本殿南側の入り口近く、残り6本は奥の古墳の周りに植樹することになり、まず入り口近くの鳥居脇に1本目を植えるために穴を掘っています。



鳥居脇植樹

 掘った穴の深さや径が適正かチェックし、穴に肥料を入れ苗木を立て土を埋め戻しました。その歳周りに土手を作り水を張りました。この後に支え材を立て苗木を縄で固定すれば完成です。



南へ植樹

 境内の一番南の端にも苗木を立て支え材の支柱を打ち込んでいます。水平材を釘で止め苗木を縄で固定していきます。



苗木を奥へ移動

 次に神社奥へ6本の苗木を植えるために苗木や材料をリヤカーに乗せ、狭い道を女性会員が植える場所まで運びました。



奥へ穴掘り

 神社奥の東寄りに植樹用の穴を掘っています。皆さんご高齢の割にはパワフルに穴掘りしていますが、明後日あたりは筋肉痛を我慢しなければならないかもしれません。



奥へ植樹

 穴掘りが終わり肥料を入れたら苗木をまっすぐに立てていきます。見学者が多く作業をする方は周りからの無責任な指示があり大変そうです。



苗木固定

 最後の仕上げは支柱と苗木を縄で固定して完了です。縄の結び方がよくわからず苦労しているようですが、何とか固定できたようです。まあとりあえず2時間ほどの作業で無事に?8本の植樹を終えることができました。(やれやれ・・・)

 これで将来”桜神明社”には名前のごとく桜が咲き誇り、地域のシンボルとして住民に愛され続けることと考えます。


   緑のまちづくり会植樹祭の予定

 日時 2月2日(日)午前10時 雨天の場合は2月9日(日)に順延
 場所 笠寺公園東側の芝生広場
 内容 桜小と春日野小新1年生による桜植樹の式典

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター