今年の植樹祭は宇宙桜!

 2月3日(日)午前10時から鶴里公園において桜学区・春日野学区緑のまちづくり会は第10回目の植樹祭を行いました。

 今年の植樹祭は2008年11月にスペースシャトル・エンデバー号に乗って宇宙へ旅立ち、帰還した種から発芽した“宇宙桜”を子供達に植樹してもらいました!

 それでは会場へご案内・・・



H3102植樹祭 (1)

 これが宇宙桜の前に建てられた高札で、”2008年11月にスペースシャトル・エンデバー号に乗って宇宙へ旅立ち、国際宇宙ステーション「きぼう」に8か月間保管され、2009年7月に宇宙飛行士若田光一さんと共に地球へ帰還した種から生まれた宇宙桜の直系子孫です”と、プロフィールが記載されています。



H3102植樹祭 (2)

 緑のまちづくり会員が式典の準備を進めていますが、どうもこちらの方が気になるようです。笠寺常唱寺さんからのお供え「土佐宇宙酒」、こちらも宇宙旅行した高知県産の酵母菌と酒米の種から作った米で作られたお酒だそうです。



H3102植樹祭 (3)

 植樹祭の開始時間が近くなり南土木事務所職員や緑のまちづくり会員・両学区の関係者が会場に集まって来ました。



H3102植樹祭 (4)

 南土木事務所中山所長は緑のまちづくり会の活動に感謝され、素晴らしい桜を頂きこの鶴里公園を将来も地域の人に楽しんで頂ける様な公園に整備しますと挨拶されました。



H3102植樹祭 (5)

 この桜を寄付された常唱寺の住職は、宇宙桜の生まれが樹齢二千年の薄墨桜であること、選ばれて宇宙へ出発し無事帰還した種子を発芽させたものと生い立ちを説明。

 東北の災害地を末永く長く災害から守ろうと植樹されました。この地も年魚潟と呼ばれる古い土地で、やはり永く守ってくれる桜となるはずですと挨拶されました。



H3102植樹祭 (6)

 両学区顧問の藤沢市会議員は、自分達の住む町を桜で美しくしようとの思いから出発した緑のまちづくり会の活動を紹介し、樹齢千年の桜の様に末永く子供達の健全な成長と地域の発展を願いますと挨拶されました。



H3102植樹祭 (7)

 今年は桜小学校と春日野小学校へ今年入学する7名の子供が桜の苗木の植樹を行います。全員が並んで司会の春日野学区戸谷副会長から紹介されました。



H3102植樹祭 (8)

 植樹が始まりました。まず桜にかける砂をスコップですくってみましたが、初めての為か上手くすくえませんので緑のまちづくり会の人が方法を教えました。



H3102植樹祭 (9)

 するとどうでしょう、子供達のスコップ捌きはみるみる上達してご覧の様に皆で上手く協力し揃って砂をかけ始めました。



H3102植樹祭 (10)

 慣れてきたらこっちのものと子供達は次から次へと砂をすくい桜の根元へかけ、用意した砂は瞬く間に桜の根元に撒かれてしまいました。

 皆さんから拍手を頂き無事植樹を終了することが出来ました。この桜が子供達と共に健やかに成長し、百年・千年と美しく咲き続けることを願います。

桜の植樹・剪定作業

 1月27日(日)午前9時から鯛取通(東海橋線)において緑のまちづくり会と桜・春日野消防団は桜の植樹と剪定を行いました。

 鯛取通の桜並木は、緑のまちづくり会により主に老木化した街路樹を毎年桜へ植替えを行って来ましたが、今年は笠寺の常唱寺から依頼されている宇宙桜(神代桜)についても浦里公園へ植樹を行うことになりました。

 宇宙桜は若田光一宇宙飛行士とともにスペースシャトル・エンデバーで宇宙に旅立ち、国際宇宙ステーション「きぼう」に8ヶ月半滞在し地球へ帰還後、各地に戻った桜の種子のごく一部が発芽して「宇宙桜」となったものです。

 それでは現場へご案内・・・



H3101植樹作業 (1)

 午前9時にレストランまるはち駐車場へ集合した緑のまちづくり会員と消防団は、事務局加藤さんから本日の活動要領の説明を受けました。



H3101植樹作業 (2)

 南土木事務所中山所長のご挨拶の後に、会の樹医坂口さんが桜の植樹の注意点を説明しています。穴の掘り方や大きさ・深さから施肥・水やりに至るまで細かく説明されました。



H3101植樹作業 (3)

 いよいよ植樹へ出発します。トラックに桜の若木を積み植樹場所へ運びます。今年の木は昨年よりずいぶん大きく育っているようです。



H3101植樹作業 (4)

 植樹場所へやって来ました。植える穴は直径・深さとも人数に任せて先程の樹医さんの説明より一回り大きく掘り、後は木が車道側に倒れない様に調整しながら植えました。



H3101植樹作業 (5)

 若木を支える支柱の打ち込みです。皆さん70歳前後の高齢者ですが、この年代の人はハンマーなどの道具の扱いが上手く、まるで若い人が行う様に打ち込んでいきました。



H3101植樹作業 (6)

 支柱が固定したら桜の幹を養生しシュロ縄でしっかりと支柱に固定し、記念のネームプレートを取り付けたら終了です。



H3101植樹作業 (7)

 一方歩道側に張り出した枝についても剪定しました。前もって通行(自転車も)に支障しそうな枝に赤テープを巻いて印がつけてありますので、切断し切り口には防腐剤を塗っておきました。



H3101植樹作業 (8)

 これが今日剪定した枝と除去した古い支柱です。印の付いた木の枝をのこぎりと剪定鋏で切断しましたが、終わってみればかなりの量となりました。



H3101植樹作業a

 1本だけぽつんと寂しそうに植樹されたのは、例の宇宙桜です。種類は神代桜だそうですが、何といっても宇宙旅行の経験があります。宇宙の様に無限とはいきませんが、十分なスペースを与えられ春には花を咲かせてくれるでしょう。

 お昼までに9本の桜すべての植樹が終わりました。今迄の植樹活動により鯛取通の街路樹も昔の様にほとんど桜に代わりました。桜学区の名前の通り春には桜が咲き誇って欲しいものです。

 来月は桜小学校と春日野小学校へ今年入学する新1年生を招いて、子供の健やかな成長を願い桜植樹式を行います。


  桜植樹式式典要領

 日時 2月3日(日)午前10時
 場所 鶴里公園
 参加 南土木事務所、桜・春日野小学校新1年生・保護者、緑のまちづくり会。

第11回 植樹祭と桜の植樹ボランティア募集

 緑のまちづくり会はかつてのさくら村を桜の名所にしたいと、今年も鯛取通と笠寺公園において植樹を行いますので、植樹をお手伝い頂ける植樹ボランティアを募集します。

 また今年は桜小学校と春日野小学校の新1年生により、鶴里公園において第11回 植樹祭を行います。

 それでは行事の案内をします・・・

 

H31植樹祭 (1)

 写真は昨年実施した植樹作業の状況です。今年の桜の植込み作業は下記の要領で実施します。

 日時:1月27日(日)午前9時に集合し12時頃まで作業。
 集合場所:レストランまるはち東駐車場。
 植樹:鯛取通の歩道に10本、鶴里公園と笠寺公園に各1本を植樹。
 参加:両学区緑のまちづくり会(公民会長・団地位長・消防団)



H31植樹祭 (2)

 写真は昨年の様子です。植樹作業をお手伝い頂ける人でスコップ・ツルハシのある方は持参して頂けると助かります。



H31植樹祭 (3)

 写真は昨年の子供達が参加した式典後の植樹の様子です。今年の植樹祭は下記要領により開催します。

 日時:2月3日(日)午前10時 式典開始、荒天は2月10日(日)に順延。
 場所:鶴里公園(公園内東側)
 出席:桜小学校・春日野小学校の新1年生3名づつと保護者。
    南土木事務所関係者・公民会長・団体長・消防団等。



H31植樹祭 (4)

 植樹は桜小学校と春日野小学校の新1年生3名づつ(1名欠席)により行いますので、各学区の子供会は新1年生を3名づつ推薦して下さい。

 両日とも寒くなることが予想されますので、参加する人は暖かい服装でお願いします。

桜コミセン花壇の管理

 桜コミセンには東側と北側(玄関側)に花壇がありますが、1年を通して綺麗な花が咲き続けています。

 これは元桜消防団長及び南区消防団連合会長を務められ、定年で退任後は緑のまちづくり会で活動する柿田さんが管理を行っているおかげです。

 それでは現場へご案内・・・



H3012コミセン花壇 (1)

 コミセン東側花壇の南端には10月に植えたダイアンサスが花を咲かせています。



H3012コミセン花壇 (2)

 ダイアンサスの隣には白色・紫色・黄色のビオラの花が咲いています。



H3012コミセン花壇 (3)

 ノースポールはまだ開花していませんが咲き出すと長い期間咲き続けますので楽しみです。



H3012コミセン花壇 (4)

 倍賞千恵子さんの歌声が聞こえて来そうな可憐な花、忘レナグサは来春に小さな青い花が咲くのが楽しみです。



H3012コミセン花壇 (5)

 サクラソウは桜学区の花、この時期に白・薄いピンク・濃いピンク色の花を賑やかに咲かせています。冬の寂しくなる時期にピッタリです。



H3012コミセン花壇 (6)

 柿田さんは緑のまちづくり会のメンバーとしてこのコミセンの花壇の管理をしています。夏は早朝から水やりや花摘みを行い、季節毎の花の植替えを行って1年中綺麗な花を咲かせて頂いています。

 花壇には名札をつけ桜小学校の児童が花の名前が覚えられるようにと気を配っています。

 また桜本町交差点の花壇の植替えや除草や清掃にも積極的に参加して町美化活動を行っています。

桜本町1交差点花壇のメンテナンス

 12月2日(日)午前8時から桜・春日野学区緑のまちづくり会と桜田中学園芸部が協働で桜本町1交差点花壇のメンテナンスを行いました。

 3年程前から花苗を頂いているうちに桜田中学園芸部と緑のまちづくり会の交流が深まり、今年も緑のまちづくり会の呼び掛けに園芸部員13名が協働で花壇周辺の清掃と花の増し植えを行いました。

 それでは現場へご案内・・・



H3012桜田中花壇植替え (1)

 男子生徒の一部が先に花壇に到着したので、まず交差点北東花壇から攻めることになりました。ここは”桜学区の顔”で綺麗にしなければ・・・、生徒たちは全員で歩道に散っている銀杏の落ち葉の清掃を始めました。



H3012桜田中花壇植替え (2)

 清掃中に植込み道具が到着しましたので、生徒は緑のまちづくり会員と一緒に花壇に咲いている桜学区の花”さくら草”の奥に春日野学区の花”パンジー(ビオラ)”を1列植えました。



H3012桜田中花壇植替え (3)

 ここは交差点北西花壇です。生徒たちはさくら草の後ろにビオラを植えています。「 まちを美しく 私たちが育てた苗を植えました 桜田中学園芸部 」の立札も頑張れと作業を見守っています。



H3012桜田中花壇植替え (4)

 同じ北西花壇の状況です。生徒たちは1列に並んで苗を植えています。緑のまちづくり会員が植付後に花に与える水の準備をしています。



H3012桜田中花壇植替え (5)

 交差点南東花壇では園芸部の加藤顧問が植込みを指示していますが、繁殖した笹に遮られ植える場所に苦慮しているようです。



H3012桜田中花壇植替え (6)

 止むを得ず笹の少ない西側エリアに増し植えを行いたっぷりの水を与えました。笹に負けずに沢山の花を咲かせて下さい。



H3012桜田中花壇植替え (7)

 南西花壇へやって来ました。たくさん生えた雑草と落葉を除去してパンジーを増し植えしました。花が咲き賑やかになれば名鉄桜駅から地下鉄桜本町駅へ向かう通勤者等通行する人の心を癒してくれるでしょう。



H3012桜田中花壇植替え (8)

 ここは落ち葉が歩道一杯に散っていたため担当者全員で清掃を行いスッキリとさせました。



H3012桜田中花壇植替え (9)

 全ての作業が終わったので参加した桜田中学園芸部・顧問と緑のまちづくり会及び特別会員の犬1匹が記念写真を撮りました。

 皆さんお疲れ様でした。これでこの桜本町交差点を行きかう人の心を癒すことが出来そうです。来年も一緒に花壇の植替え・メンテナンス作業をしましょう。


最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター