桜小学校の入学式

 4月6日(金)怪しい空模様となりました。雨よ降るなと願いながら午前10時から桜小学校の入学式が開催されました。

 今年の新入学児童は全部で59名、2クラス編成となりました。

 それでは会場へご案内・・・



H3004桜小入学式 (1)

 入学式当日の正門の様子です。自慢の正門の桜の木(右側)は残念ながら新入学児を待つことなくすっかり葉桜となってしまいましたので、前のお宅の八重桜(左側)を入れてみました。



H3004桜小入学式 (2)

 拍手に包まれて会場の体育館へ新入児童が入場してきました。先日の卒業式の児童と比べると小っちゃくて可愛いですね。



H3004桜小入学式 (3)

 羽根田校長先生は毎日元気に学校へ来るための3つのお話しをします。まず風邪をひかない様に手洗いうがいをして下さい。2つ目はお友達を大切にしましょう。3つ目は挨拶をしっかりできるようになって下さいとお話しされました。

 校長先生は最後に挨拶をしっかりできる人!と質問。「ハイ!」と元気な答えが返って来ました。\(^o^)/



H3004桜小入学式 (4)

 植谷PTA会長さんは新入生の入学を祝った後に、学校には大きな運動場・プールや大きな図書室があり、運動会や遠足など楽しいことがいっぱいあります。それから優しい先生やお兄さんがいっぱいいますので小学校を楽しんで下さいと挨拶されました。



H3004桜小入学式 (5)

 桜学区連絡協議会森川会長は新入児童に小学校が楽しくなる魔法の言葉を贈りました。あ:挨拶ははっきり、い:一生懸命勉強する、う:運動も頑張ろう、え:笑顔を忘れずに、お:お友達と仲良く。

 この”あ・い・う・え・お”を忘れずに過ごせば学校生活が楽しくなります。我々地域も子供会を中心に多くの行事を開催し、ご家庭と学校と力を合わせて新1年生の成長を応援しますと挨拶されました。



H3004桜小入学式 (6)

 新1年生の担任の先生が紹介されました。1組・2組の前に立ちました。皆早く顔を憶え仲良く勉強して下さいね。



H3004桜小入学式 (7)

 入学式が終わり小さな1年生は再び拍手に送られて会場を後にしました。幸い雨が降ることなく済みました。

 新1年生には優しい先生方の指導や良きお友達とふれあい、桜小学校の6年間で体も心も大きく育ってほしいと願いました。


第78回 桜小学校卒業式

 3月20日(火)生憎の雨天となりました。午前9時30分より桜小学校は、第78回 卒業式を挙行しました。

 今年の卒業生は40名、人数は少し寂しいですが、卒業生は元気一杯に式に臨み将来の夢を語りました。

 それでは会場へご案内・・・



H3003桜小卒業式 (1)

 雨に濡れる正門の卒業式の看板と国旗です、式に出席する保護者の方が校内へ入っていかれます。



H3003桜小卒業式 (2)

 会場に詰め掛けた在校生・保護者や来賓の方の温かい拍手に包まれ、担任の先生に先導され卒業生が入場してきました。




H3003桜小卒業式 (3)

 羽根田校長先生から卒業生の代表に卒業証書が授与されました。



H3003桜小卒業式 (4)

 卒業生は卒業証書を授与された後に会場へ振り返り、在校生や保護者に向かい今描いている自分の夢を大きな声で語りました。



H3003桜小卒業式 (5)

 その後も卒業生全員に校長先生から卒業証書が手渡されました。そして全員が大きな声で自分の夢を夢を語りました。



H3003桜小卒業式 (6)

 羽根田校長先生は、皆さんに卒業証書をお渡しした。入学以来明るく楽しく意欲的に学校生活を送り、辛いことにも素晴らしい友との出会いで乗り越え、家族の支えや自らの努力により今があります。

 皆さんは歴史と伝統ある桜小学校の立派に卒業生となった。大きな節目である今日に私から”3つの大切にしてほしいこと”を皆さんに伝えます。
 一番目は出会い:今後ある更に大きな出会いを大切にして、自分の財産となる様前向きに生きて欲しい。
 二番目は笑顔:笑顔は相手の人に対する架け橋となる。
 三番目は感謝の気持:今まで頑張れたのは誰のお蔭か素直な気持ちになって考えて欲しい。
 有難うの気持ちを持ち続けることが自分の人生を豊かにすると式辞を述べられました。



H3003桜小卒業式 (7)

 桜小PTA植谷会長は、保護者へ子供の卒業へお祝いとPTA活動への協力を感謝お礼を述べた後に、卒業生は学校の各種の行事・修学旅行等により沢山の想い出を作ってきた。卒業してもつながりを作ってほしい。

 校長始め教職員や子供会・トワイ・下校ボランティアなど支えてくれた地域の皆さんへお礼を述べられ、卒業生の成長と活躍を祈りますと祝辞を述べられました。



H3003桜小卒業式 (8)

 学区連絡協議会森川会長は、皆さんは6年前大きなランドセルを背負って入学したが、今ではすっかり小さく見えるほど体が大きくなりました。

 私達地域の人は子供会・体育委員や町内会が、近所同士の子供が同じ目標をめざし力を合わせ体と心が強くなるスポーツや、全学年の交流を育む坐禅会・祭等を開催してきました。

 これには地域の多くの人が係わっていまが、特にお母さんは仕事や家事などで忙しい中、皆さんが楽しく活動できるように準備に大変苦労されましたので、今日を機会に感謝をして下さいと祝辞を述べられました。



H3003桜小卒業式 (9)

 卒業生が在校生の方を振り向き別れの言葉を交わしました。修学旅行での素晴らしい想い出や、全力を尽くした運動会などの学校行事等から心を一つにする大切さを学んだ。

 在校生の皆さんと一緒に頑張った部活など、皆さんと過ごした日々は私達の宝物となったと感謝の想いを伝え、これが最後になるであろう卒業生と在校生が一緒に小野先生のピアノ伴奏により校歌を合唱しました。

 続いて先生のピアノ伴奏により「♪水平線に浮かぶ夕日は君の心優しく・・・」と元気に合唱しました。



H3003桜小卒業式 (10)

 在校生からも在学中の相談やお世話になった挑戦する勇気を貰いこんなに大きくなりました。ここまで育てて頂き有難うございましたと返答しました。

 今私たちの目の前にある未来への大きな扉、努力を惜しまず桜小学校で学んだことに誇りを持ち僕達、私達は旅立ちます。「♪白いの光の中に 山並みは萌えて はるかな空の果てまでも 君は飛び立つ・・・」”旅立ちの日”の歌で返しました。



H3003桜小卒業式 (11)

 卒業生は在校生との別れを惜しんだ後、静かに会場を去っていきました。

第66回 桜田中学校卒業式

 3月6日(火)午前9時20分より第66回桜田中学校卒業式が開催され、桜田中学校区である桜学区・菊住学区・春日野学区の3学区連絡協議会関係者が出席しましたので紹介します。

 本日は昨夜までの風雨も収まり、桜田中学生の門出にふさわしい素晴らしい晴天となりました。

 それでは会場へご案内・・・



H3003桜田中卒業式 (12)

 桜田中学校正門には国旗と卒業式の看板が掲げられ、綺麗に清掃されて卒業生の登校を待っています。



H3003桜田中卒業式 (11)

 職員室前の廊下には先生方手作りのメッセージボードが掲げられ、“卒業おめでとう”と暖かく祝福しています。



H3003桜田中卒業式 (1)

 会場となっている体育館へ、先生・在校生や保護者が贈る盛大な拍手に包まれ卒業生が入場してきました。



H3003桜田中卒業式 (2)

 国歌の斉唱後に卒業証書の授与が行われ、松浦校長先生から卒業生代表に卒業証書が授与されました。




 H3003桜田中卒業式 (3)

 続いて卒業生全員へ卒業証書の授与が行われ、校長先生から卒業生一人づつに卒業証書が授与されました。



H3003桜田中卒業式 (4)

 松浦校長先生は式辞で、保護者へ子供の成長を祝った後に、子供達は卒業後もこの地域で生活するので暖かく見守りをお願いしますと述べられました。

 また卒業生が桜田中で過ごした3年間を振り返り、一番頑張ったこと、印象に残った行事や活動を思い出し、仲間と共に励んだ練習や諦めない心ときずなを築けたことは皆さんの大きな財産ですと述べられました。



H3003桜田中卒業式 (6)

 在校生代表は、先輩が校内行事では気迫あふれる練習や大きな声で応援し、全員で喜び仲間を称える等熱い思いと団結力が伝わってきました。

 学校生活に慣れない私たちに優しい声掛けや、時に厳しく指導して頂いたのでこの様に成長できました。

 残る私たちは桜田中学校の伝統を引き継ぎ一段と素晴らしいものにしたい、私たちも後輩に尊敬されるよう頑張りますと卒業生の門出を祝いました。



H3003桜田中卒業式 (7)

 卒業生代表は、素晴らしい卒業式を開催して頂きありがとうございます。私達の心には数えきれないほどの沢山の想い出が、昨日のことの様に思い出されます。

 校内の行事では多くの生徒の協力を得ることが出来、植樹・美化運動では地域の方々と活動して貴重な経験になりました。協力して頂いた人に感謝の気持ちで一杯です。

 私たちは今日で桜田中学校を卒業し新しい生活が始まります。私達の前には何本もの道があると思いますが、後ろを振り向かず進む道は自分自身で切り開きたいと、先生や在校生にお礼と覚悟を述べました。



H3003桜田中卒業式 (8)

 在校生から送別の歌「流れゆく雲を見つめて」を合唱して、卒業生へ在校中のお礼と新生活の前途を祝いました。



H3003桜田中卒業式 (9)

 卒業生からも卒業の歌「旅立ちの日に」を合唱しました。どの歌も素晴らしい歌声で会場が包まれました。




H3003桜田中卒業式 (10)

 卒業生と在校生が一緒に歌うのは恐らく最後となるであろう校歌「♪ あゆちの海の跡どころ 田鶴の姿は 絶えぬれど・・・」を精一杯斉唱して別れを惜しみました。

 最後に卒業生から一緒に送った中学校生活や、今日の式典に対して感謝の気持ちを込め「あなたへ ~旅立ちに寄せるメッセージ~」を歌い卒業式は閉会となりました。

 厳粛な雰囲気のうちに進められた見事な式典、参加した卒業生や在校生の凛とした所作に大人へ向かう成長を感じました。卒業生の新しい生活に幸多かれと願います。

 桜田中学生、おめでとうございます。

桜小学校土曜学習プログラム 第7回


 2月17日(土)午前10時から桜小学校体育館において、名古屋市教育委員会主催の第7回土曜学習プログラムが開催されました。

 土曜学習プログラムは名古屋市教育委員会が主催して行う体験学習で、今年度7回の体験学習が開催されます。今回は最終回となる第7回学習プログラムで“音を伝える科学体験学習”です。

 糸電話や波を感じる活動を通して、音がどの様に伝わって行くのか体験しながら学びます。

 それでは会場へご案内・・・



H3002土曜学習P (1)

 体験学習の前に本日のプログラムを実施する講師・支援学生と桜学区のコーディネーターが進め方や注意点について打合せを行いました。



H3002土曜学習P (2)

 本日の体験学習を指導する名古屋女子大学文学部児童教育学科吉川直志准教授は、今日の体験学習をサポートしてくれる学生を紹介し、音を伝える科学体験学習が始まりました。



H3002土曜学習P (3)

 子供達はアルミ箔を使って音の振動を体験し、音が空気の振動であることを学びました。



H3002土曜学習P (4)

 本日のメインテーマである糸電話の製作を指導しています。竹串で紙コップの底に穴を開け糸を通したら糸の端にビーズを固定して糸をピンと張れば、お友達の声が良聞こえるでしょう。



H3002土曜学習P (5)

 声を聞いた子は更にピーマン・トマト・鉛筆・ばね・ハサミ等に糸を貼付け電話になるか試して下さい。写真はアルミ箔を介して声を伝えています。



H3002土曜学習P (6)

 次は糸の代わりに風船を使って糸・・・いや、風船電話を作っています。子供達は風船電話で会話したり、2組をつなげて電話したりといろいろ試しています。

 吉川先生は子供達にどうして声が伝わるのか、何が音を伝えているのかな。風船のゴム?中の空気・・・なんだろうとクイズを出しました。



H3002土曜学習P (7)

 次は空気中を音が伝わる様子を体現しました。音には横波と 縦波が有ります。皆で横波と縦波を起こしてみよう・・・と、大勢が並んで音の波を作りました。



H3002土曜学習P (8)

 最後は大きな風船が登場しました。風船に沢山の糸電話を貼付け、どの様に聞こえるかを実験しました。

 細長い風船や大きな丸い風船を使って、色々な電話を作り友達同士電話連絡をしました。あちこちで風船の割れる大きな音に驚きながら、楽しい時間は過ぎて行きました。

 子供達は風船やピーマンやトマト、金網やアルミ箔等なんでも音を伝え会話できることを体験し、特に風船には時間を忘れるほど大盛り上がりとなりました。



H3002土曜学習P (9)

 体験学習が終わり参加者全員で記念撮影に収まりました。今日の体験学習では色々な材料で電話を作りました。音の伝わり方を学び身近な科学に興味を持ってほしいものです。

 ご指導頂いた吉川先生、体験学習をサポートして頂いた名古屋女子大学の学生さん本当にありがとうございました。

交通指導感謝の会

 2月16日(金)午前8時30分から桜小学校が主催して、交通指導感謝の会が開催され、交通安全関係者が招待を受け出席しましたので紹介します。

 招待を受けたのは、交差点に立ち登下校児の交通安全指導を行っている交通指導員の高田さん、1年生の下校を毎日学校から自宅付近まで送届ける活動をしている学区防犯委員会今枝会長、南警察署交通課徳留さん、なごや子供応援委員会スクールポリス小屋口さんと桜学区連絡協議会森川会長の5名です。

 それでは会場へご案内・・・



H3002交通指導感謝の会 (1)

 桜小学校体育館中央に児童が桜のトンネルを作ってくれました。招待者はここを通り会場舞台へと進みます。ここでは一足先に桜が咲き華やかな雰囲気で良いですね。



H3002交通指導感謝の会 (2)

 羽根田校長先生が招待者の活動に感謝された後、1年生や低学年児に“感謝”の意味が解るかな?と今日の交通感謝の会について優しく児童に説明しました。



H3002交通指導感謝の会a

 児童会会長さんが(写真○内)児童を代表して、自分達を守ってくれる日頃の交通指導活動についてお礼を述べました。



H3002交通指導感謝の会 (4)

 招待者は花束の贈呈を受けました。可愛い子たちが5人の招待者へ日頃の交通安全活動に感謝をこめ花束を贈呈しました。



H3002交通指導感謝の会 (5)

 森川学区会長は挨拶で、皆さんは家から道路へ飛び出さない、道路を歩くときは端を通り広がらない、特に自転車は危険なので交通ルールを守り安全運転を心掛けて下さいとお話しされました。



H3002交通指導感謝の会 (6)

 南警察署交通課徳留さんは小学生が交通事故に遭う怖い現状を話され、皆さんも交通マナーを守り、自分の身は自分で守るようにして下さいとお話しされました。



H3002交通指導感謝の会 (7)

 交通指導員高田さんは、“は・ひ・ふ・へ・ほ”の約束を知っていますかと児童に語りかけ、皆で大きな声で、は:走らない、ひ:広がらない、ふ:ふざけない、へ:変な人に付いて行かない、ほ:歩道を歩くを確認しました。

 その後に得意のマジックにより何も入っていない紙袋から色々なものを取りだし、最後に青・黄・赤の信号色ハンカチを出しました。始めてみる1年生は驚き、上級生ほど何故だろうとネタ探しをしたようです。



H3002交通指導感謝の会 (8)

 感謝の会は無事終了し再び児童代表が作った桜のアーチをくぐって退場し、子供達と楽しいひと時を過ごしました。子供達が今日の約束を胸に痛ましい交通事故に遭わないことを願います。

プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター