第3回 桜小学校土曜学習プログラム

 9月9日(土)爽やかな日となりました。午前10時から桜小学校体育館において、第3回土曜学習プログラムが開催され、コーディネーターとして桜学区から体育委員会鈴木会長さん他4名が参加しましたので紹介します。

 土曜学習プログラムは名古屋市教育委員会が主催する体験型の生涯学習事業で、学校の体育館を会場とした新しい生涯学習の形として開催されました。

 それでは会場へご案内・・・



H2909土曜プログラム (1)

 今回の出席者も約100名と相変わらず人気の学習プログラム。本プログラムのコーディネーターを務める桜学区の鈴木さんが、今回のプログラム概要について説明しました。



H2909土曜プログラム (2)

 今回は名古屋女子大学文学部児童教育学科の小椋郁夫准教授が、1)化石のレプリカづくり、2)光のたまごづくり、3)動物の足あとクイズ、4)ほう葉を使った飛行機づくりなど、いろいろな”かがくあそび”を体験しますと学習内容を説明しました。



H2909土曜プログラム (5)

 さっそく4グループに分かれ体験学習が始まります。このグループはアンモナイト・三葉虫等古生代の生物化石のレプリカに色を塗っています。♥



H2909土曜プログラム (8)

 あれあれ、赤色・青色・黄色やなかにはグラデーションの入った随分カラフルなアンモナイトになっているようです。柔軟過ぎる発想によるものかもしれませんが、こんなものがうようよしていたらどうなったでしょう?



H2909土曜プログラム (6)

 ここは”光の卵”づくり、ゴールド・シルバーの薄い金属シートを丸めて、半透明のシートを張った牛乳パックに入れ、光の反射により美しいグラデーション模様を見ることが出来ます。



 H2909土曜プログラム (9)

 金属箔を丸め円筒形にしたものに赤・青・黄色等の透明シートをセロテープで貼り付けますが、小学低学年にはなかなか難しい作業の様です。

 しかし完成させ明るい空に照らせば、金属箔の反射や色によって美しいたまご型の模様が浮かび上がりました。♪



H2909土曜プログラム (4)

 こっちは動物の足跡を見てその動物を当てるクイズです。5本指や二つに分かれた肉球等、足跡から動物を当てるのはなかなかできません。<(`^´)>



H2909土曜プログラム (3)

 ここは網で捕まえたじゃこ等の小魚類をトレーに山ほど入れ、タコやイカの赤ちゃんを捜してビニール袋に入れるゲーム。沢山のじゃこから箸を使って探し出します。



H2909土曜プログラム (7)

 お宝はタツノオトシゴらしいのですが、簡単には見つかりません。海と魚の臭いが漂う中を一生懸命に探しています。お持ち帰りは珍しいものだけです。沢山持って帰りお家で食べてはいけませんよ。



H2909土曜プログラム (10)

 最後は、大きなほう葉を使った飛行機作りに挑戦。材料費はタダですが、水に付け癖を直して乾燥させる手間は大変の様です。先生の話では川に向かってスーッと飛んでいく・・・はずですが。



H2909土曜プログラム (11)

 飛ばしては葉をちぎり羽根を調整したりしましたが、一向にスーッと飛んでくれません。ちぎった葉のゴミばかり増えて行きましたが、なかなか難しい作業となりました。



H2909土曜プログラム (12)

 学習プログラムが終了後に講師・サポーターと参加児童全員で写真を撮りました。今日のプログラムは非常に楽しかったようで、各ブースで時間ぎりぎりまで挑戦し、楽しい顔が沢山並びました。

 次回の第4回 学習プログラムは11月12日(土)。「桜学区の防災体験学習」と題して学区の実施している防災訓練を基本に、次代を担う小学生が災害からの生き残り方を体験することにより、地区防災計画の継承を図ることとします。

祝 桜小学校 市民スポーツ祭小学校野球大会優勝!

 第59回市民スポーツ祭は8月27日に熱戦の幕を閉じましたが、桜小学校野球部が、市民スポーツ祭の小学生軟式野球大会に参加して、素晴らしい成績を収めましたので紹介します。

 第59回目となる市民スポーツ祭は、区対抗となる9種目を始め全36種目を開催して、市民のスポーツ振興と体位・体力の向上を図ることを目的として毎年この時期に開催されています。

 それでは会場へご案内・・・



H2908スポーツ祭 (7)

 小学生の軟式野球大会は8月24日に決勝が行われ、桜小学校が優勝! 決勝は1点を争う大接戦でした。決勝は先制点を許す展開となりましたが、すぐに反撃し2回に逆転しました。

 しかし4回に再び逆転され白熱のシーソーゲームとなりましたが、皆が諦めない強い気持ちで戦った結果、最終回に逆転して優勝することが出来ました。\(^o^)/



H2908スポーツ祭 (10)

 これが桜小学校が優勝した試合組合せと結果です。3回戦 桜小8-2貴船小、準々 桜小3-0桶狭間小、準決勝 桜小8-7笠寺小、決勝 桜小8-7有松小でした。応援に夢中になり、試合中の写真がありません。



 ここからは中日少年野球大会の模様です・・・

 桜小学校は市民スポーツ祭の出場に先立ち、第61回中日少年野球大会・ポッカサッポロ杯名古屋市大会に出場しましたが、Dブロックで2位となる等、近年チームの強化が進んでいる様です。



H2908スポーツ祭 (8)

 中日少年野球大会名古屋市大会のDブロックの組合せです。A~Hの8ブロックに分かれ1ブロック30チーム前後で合計約240チームが出場しました。

 7月8日~7月23日は中日少年野球大会名古屋市大会が開催され、善戦しましたがDブロック2位で県大会の出場はなりませんでしたが、連戦が回避でき市民スポーツ祭には良かったかもしれません。



H2908スポーツ祭 (4)

 両チームが並んで試合前の挨拶を交わしました。(以下の写真は中日少年野球や、他の練習試合などから掲載しました)



H2908スポーツ祭 (5)

 力投する桜小学校の左腕投手です。コースを投げ分け打者を上手く押えます。



H2908スポーツ祭 (2)

 こちらも熱い投球を行った右腕投手です。強気の投球でどんどん投げ込んで相手を押えて行きます。



H2908スポーツ祭 (3)

 守備陣形を指示するチームの要となる捕手です。元気よく声を出して強肩で盗塁を許しません。



H2908スポーツ祭 (6)

 好球必打、鋭いバットスィングを見せる桜小の選手です。打線を引っ張り攻撃の中心となります。



H2908スポーツ祭 (1)

 3塁へスライディングし闘志あふれるプレーで勝利を引き寄せます。積極的な走塁でチームを元気づけます。



 ビッグニュース! 中日少年野球大会の優勝記事

 インターネットを検索していたところ凄い資料を発見しました。61回の歴史を誇る中日少年野球大会の小学校の部の第1回優勝校は、何と桜小学校!!(^_^)v



H2908スポーツ祭 (9)

 昭和32年に始まった本大会の優勝第1号で、先輩方が築いた歴史に改めて驚きました。実はこの年、中学校の部では桜田中学校も決勝に進み、中京中学に敗れはしましたが、堂々の準優勝でした。

 歴史を振り返ると大会こそ違いますが、桜小学校は名古屋市大会では今回が61年ぶりの優勝ということになりました。おめでとうございました。野球部の児童は思い出に残る素晴らしい夏休みとなったようです。\(^o^)/

桜小学校土曜学習プログラム打合せ(第1回)

日時 平成29年7月11日(火)午前10時~11時30分
場所 桜コミセン 2階会議室
出席 南区役所総務課防災担当中野主査、南消防署予防課桜学区担当 藤井消防司令補
   桜小土曜学習プログラム細川コーディネーター、桜消防団藤井(団長代理)、
   学区連絡協議会森川会長

 土曜学習プログラムは名古屋市教育委員会が主催する生涯学習事業で、今年度は桜小学校が委託を受け体育館を利用して、毎回専門の講師により体験学習を行っています。

 学習プログラムは今年度も全7回計画されており、このうち11月18日(土)に行う第4回体験学習を桜学区で担当することになり、学習内容の充実を図るため支援を頂ける行政機関の担当者と準備会議を行いました。

 体験学習会の目的は「桜学区の防災体験学習」と題して学区の実施している防災訓練を基本に、次代を担う小学生が災害からの生き残り方を体験することにより、地区防災計画の継承を図ることとしました。

 今回は第1回会議として関係者へ学習プログラム全体の概要について説明し、児童が楽しく学べる体験学習案を提案して頂き、可否について検討しました。



H2907第1回打合

1.学習プログラム当日の流れについて。
 1)ブリーフミーティング(当日の参加スタッフ)。
 2)参加児童の当日受付(この場でグループ割りを行う)。
 3)各種の防災体験学習。
 4)学習終了の挨拶。
 5)参加児童はアンケートを作成。
 6)学年別に帰宅。

2.体験学習各ブースの実施内容の提案と検討について。
 火災から逃げよう。(会場に来た児童から煙道体験をして受付する)
 1)地震体験・こんな揺れが起こったらどうする。(起震車で地震体験・
   防災クイズ)
 2)ケガをしてしまったときどうする?応急手当の方法を学ぼう!
  (応急手当の方法を学びます。)
 3)ケガをしている人を見つけたら・・・どうしたらいいか対応方法を学ぼう。
  (負傷者の搬送方法を学ぶ)
 4)僕たち私たちが手伝えることとは?(身体障害の体験)
 5)避難所にはどんなものがあるの?足りない場合はどうするの?
  (新聞紙でスリッパづくり、ごみ袋でカッパづくり、チラシで食器づくりなど)
 検討の結果、上記5案について具体案の作成を進めることになりました。

3.プログラム内容は参加児童の自主性に重点を置き、以下の要領で行う。
 1)学習は1年生~6年生の6~8名程度を1グループとして行う。
 2)グループ内でリーダーを決め、リーダーの指揮で自主的に行動する。
  (行動要領は講師・支援者がアシストする)
 3)各ブースを15~20分位でローテーションして、全ブースを体験させる。

4.今後の進め方
 1)本日提案のあった各プログラムの内容を検討し具体的にまとめ、問題点の
  提起と改善を図る。
 2)障害者など福祉分野で南区社会福祉協議会や北部いきいき支援センター等
  に働きかける。

第2回 桜小学校土曜学習プログラム

 7月8日(土)ものすごく暑い日となりました。午前10時から桜小学校体育館において、平成29年第2回土曜学習プログラムが開催され、コーディネーターとして桜学区からコミセン管理人細川さん他4名が参加しましたので紹介します。

 土曜学習プログラムは名古屋市教育委員会が主催する生涯学習事業で、学校を会場とした新しい生涯学習の形として開催されました。

 新しいはずです!全て6歳~12歳のフレッシュな児童が参加して、この暑さに負けずに元気に体験学習を行いました。(ただ桜学区のコーディネーターさん達にはリフレッシュが必要かも・・・)(-_-;)

 それでは学習会場へご案内・・・



H2907第2回土曜学習 (1)

 今回のメンバーが揃ったところで事前ミーティング、今回の講習をお願いする藤田保健衛生大学医学部飯塚准教授と学生さん、運営をサポートする名古屋女子大学の学生さんが集まり、事前ミーティングを行いました。



H2907第2回土曜学習 (2)

 今回のコーディネーターを務める桜コミセン管理人の細川さんが、参加の児童達に今日のプログラムの概要を説明しました。



H2907第2回土曜学習 (3)

 本日の講師をお願いしている飯塚准教授が、助っ人となる学生さんをバックに学習内容を説明しています。今回の体験学習は“命の大切さ体験学習”、准教授のお話にざわついていた会場が静かになりました。



H2907第2回土曜学習 (4)

 体験学習の児童達は5~6名のグループに分かれ、スクリーンに映し出されるビデオに合わせ胸骨圧迫による心肺蘇生について学びました。

 飯塚准教授はこの様な場面に遭遇したら子供だけでは命を救うことはできない、街中なら大人を呼び学校なら先生を早く呼んでと、子供達だけで行動しない様に繰り返し注意を呼びかけました。



H2907第2回土曜学習 (5)

 胸骨圧迫を正確に行うため、学習ビデオから流れるリズムに合わせ、児童が代わる代わる骨圧迫を行い、応援者が手拍子を送り励まします。しかし一人で作業を続けるのは大変、暑さも加わり子供達は汗だくになり、早く応援者を呼ぶことの大切さを身をもって体験しました。((+_+))



H2907第2回土曜学習 (6)

 次は赤ちゃんです!皆さんもあと20年位したらお父さん・お母さんになるかもしれません。少し早いですが万一の事故に備え赤ちゃんの救命処置についても知っておいて下さい。・・・ビデオのお母さんが指2本で胸骨圧迫をしています。



H2907第2回土曜学習 (7)

 この子は非常に上手く胸骨圧迫をしています。いつかお母さんになってもご家族は安心していられるかもしれません。(*^^)v



H2907第2回土曜学習 (8)

 胸骨圧迫の次はAEDを使った心肺蘇生を行いました。倒れている人の意識が無ければ周りの人に大きな声で119番通報とAED探しを依頼します。・・・学生さんが児童達にAEDについて説明をしています。



H2907第2回土曜学習 (9)

 こちらでは学生さんが人体模型エプロンをしてクイズを出しています。この学生さん講習前に子供達に小腸を引張り出され、肺や心臓をいじられひどい目にあっていますが、めげずにクイズ「一生の間に心臓は何回位脈を打つのでしょうか?」難しい問題ですが手が上がりました。3000万回・3億回・30億回・・・答えは30億回!誰?病気ですぐ死んだら3000万回と答えた人は<(`^´)>



H2907第2回土曜学習 (10)

 楽しい時間はあっという間に過ぎて行きました。最後に全員で集合写真を撮り、講師にお礼を言って終了しました。子供達は楽しく心肺蘇生による命の大切さを学んだようです。

 万一この様な場面に遭遇したら、この学習を思い出し勇気をもって行動してほしいと思いました。飯塚准教授始め学生の皆さん暑い中、本当にありがとうございました。

名古屋土曜学習プログラム 第1回

 6月24日(土)午前10時から桜小学校体育館において、平成29年第1回土曜学習プログラムが開催され、コーディネーターとして桜学区から体育委員会鈴木会長他5名が参加しましたので紹介します。

 土曜学習プログラムは名古屋市教育委員会が主催する生涯学習事業で、小学生を対象に毎回専門の講師と支援する学生により体験学習を行い、今年度中に7回実施されます。

 今回は1年生~6年生の78名が“伝統文化体験学習”として生糸を作る基になる養蚕について学び、”まゆ玉”を使った人形を作る体験をします。

 それでは学習会場へご案内・・・



H2906土曜学習 (1)

 コーディネーターの鈴木さん(写真右端)が、今日の体験学習の概要とタイムスケジュールを説明しました。また指導をして頂く愛知学泉短期大学 生活デザイン総合学科 山本 豊教授と、課題毎に作り方の説明を行う学生さんが自己紹介を行いました。



H2906土曜学習 (2)

 最初に山本教授(写真左端)は、体験学習の材料となるまゆ玉が出来るまで学生の1ヶ月に渡った養蚕体験、道の駅での”まゆ玉”人形の販売や、地域の小学校での体験学習についてお話をされました。



H2906土曜学習 (3)

 次に学生さんたちが、山本ゼミの本文である生活デザイン総合学科の作品発表の場であるファッションショー等を上映しました。子供達は学生さん達の本来の活動を見て感心し、今日の学習の主役”まゆ玉”が出来るまでを映像で学習しました。



H2906土曜学習 (4)

 子供達は学習が終わるとこれから”まゆ玉”を使って作る、うし・うさぎ・ひよこ・かえる の4グループに分かれ、学生さんの説明と指導を受けて製作します。



H2906土曜学習 (5)

 かえる製作グループの状況です。子供達は緑色に着色されたまゆに穴を開け、フェルト製の目玉をカットして取付ますが、細かいところが上手くカットできずに指導を受けています。<(`^´)>



H2906土曜学習 (6)

 ひよこ製作グループです。説明役の学生さんがパネルに貼った手順書を説明しています。子供達は頭では理解できているようですが、手先がいうことを利かないようです。(+_+)



H2906土曜学習 (7)

 一番人気のうさぎ製作グループです。子供達はピンクのうさぎの長い耳の取付に手を焼き、学生さんの指導を受けピンセットであれこれと挑戦しているようです。(>_<)



H2906土曜学習 (8)

 うし製作グループです。このグループに限らず児童達の一番の苦手は、ボンドを使った接着作業。どうした訳か肝心な所へ着かず、付いてはいけないところへたっぷりとボンドを付けたようです。(T_T)



H2906土曜学習 (9)

 こちらではデコレーション用の予備のフェルト布を用意しています。児童のスイッチが入ったらしく、布を貰っては課題に無い過大なデコレーションを”まゆ”玉人形に盛り付けていきました。



H2906土曜学習 (11)

 出来上がった”まゆ玉”人形の一例で”ひよこ”のはずですが、手順書から飛び出してかなりオーバーデコレーションとなっています。傘を差しているものから着せ替え人形まで・・・、出来栄えを別にすれば子供達の柔軟な発想は際限なく広がりました。



H2906土曜学習a

 製作を終え自分で作った”まゆ玉”人形を指に付け全員が記念撮影しました。
皆で指導頂いた山本教授と学生さんへお礼を言って、アンケートに回答して本日の体験学習が終了しました。

 最後になりましたが、教材の繭について学生たちに養蚕を指導したり、餌となる桑の植生を進めるNPOのマルベリークラブ中部の藤澤代表理事、井上理事。受付け業務から”まゆ玉”人形の製作指導まで、サポートして頂いた名古屋女子大学の学生さんに感謝します。おかげで子供達は楽しい体験学習をすることが出来ました。

 NPOマルベリークラブ中部は、休耕田畑に桑を植生し、桑資源の活用により山間地域における流動性を高めるため、染、織、紙漉き、繭、里山の資源等を活用し、日常生活の衣・食・住に関連する品を製作し、次世代に桑資源と里山の文化を継承することを目的とし活動している団体です。 
                  NPOマルベリークラブ中部ホームページより抜粋


    次回の土曜プログラム

  日時 7月8日(土)午前10時
  場所 桜小学校 体育館
  内容 命の大切さ体験学習
  参加 事前申し込みをして下さい。参加費は無料です。
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター