福祉授業/桜小学校

 11月29日(木)午前9時40分から桜小学校視聴覚室において、南区社会福祉協議会が小学校5年生を対象に“発達障害について”福祉授業を行いました。

 丁度、南区社会福祉協議会が中心となり第4次南区地域福祉活動計画を進めており、活動グループ(Bグループ「絆プロジェクト南」)の方針の一つに“子供主体の地域の福祉教育”があります。

 公募委員として第4次南区地域福祉活動計画のBグループに参加し活動する桜学区森川会長が参考にしたいと、桜小学校で実施される福祉教育の実際を見学しましたので紹介します。


 それでは会場へご案内・・・



H3011福祉授業 (1)

 担任の先生は出席した5年生全員44名(1・2組)に対して、発達障害とはどの様なものかを理解するためにまず講師のお話を聴いて、その後に障害の疑似体験をしてどうしたら相手に意思が伝わりお友達になれるか考えて下さいと授業の進め方を説明しました。



H3011福祉授業 (2)

 桜学区森川会長は子供達へ、今日の授業から障害のある児(人)へ意思を伝える方法を学び、相手の不自由さを理解し優しく付き合う方法を考え実践して下さいと挨拶されました。



H3011福祉授業 (3)

 今日の講師は自らも障害を持つ子の親で、障害者の社会参加を働きかけ活発に活動している“南区手をつなぐ育成会会長の濱田さん」です。

 濱田講師は「絵本:十人十色なカエルの子」から障害って知っている?皆さんはどんなことを勉強してきたの?と問いかけ、人は多様で色々な人がいて障害者と健常者の境はあいまいであることを伝えました。



H3011福祉授業 (4)

 発達障害についてのお話が済むと1組と2組の教室へ戻り疑似体験授業を行いました。

 1)言葉で伝える難しさ。
 白紙に“リンゴ”を書いて下さい。濱田さんの問題です。皆、スイスイとリンゴの絵を描き始めました。上手くかけていますので誰が見てもリンゴと解りました。
 次に“ボール”を書いて下さい。皆少し困りました。ボール・・・野球・サッカー・テニス・ラグビー、どのボールを描けばいいんだろう?
 最後は“ちょっと”ええっ、ちょっとって何をどう描けば良いのだろう?みんなの描いたものを見たら、紙の隅に点・小さなお菓子・・・ああ、何を書けばよいのか<(`^´)>、
 かなり具体的に伝えないと相手に伝わらない。言葉のみで伝えることの難しさを学びました。

 2)ペットボトルの飲み口を使って狭い視野を体験。
 上半分に切断したペットボトルをのぞきましたが飲み口から見える景色は狭く、教室にいる先生が面白いお面を付けてもみんな気が付きません。
 障がい者は周りが見えにくく気が付ないことが多い体験をしました。

 3)この風景を見て何が印象に残ったの?
 1枚の写真には広い道路が写っており、横断歩道橋や通行中の車やお店が写っています。写真を見て気になるものを聞きました。
 横断歩道橋・通行中の赤い自動車・赤信号・コンビニの看板・歩道花壇の花・・・色々な答えが返って来ました。人により興味のあるものが違うことを体験しました。



H3011福祉授業a

 4)簡単にできそうなことが出来ない。
 先生と手を挙げた児童で軍手3枚を重ねて付け、給食エプロンを着てボタンを掛けました。なかなかすぐにできません。焦っていると「早くして!」と「ゆっくりでいいよ」の声掛けがありました。
 「早くして!」では増々焦りイラッとしました。伝える言葉にも気配りが必要です。



H3011福祉授業 (8)

 5)最後は紙に描いてある図形を言葉だけで伝える。
2人が向き合い相手に見えない様に描かれた図形を説明しました。易しく伝えているつもりでも相手になかなか理解されず全然違った図になりました。言葉だけで伝える難しさや大変さを学びました。


 皆さんの周りには発達障害を始め色々な障害を持った子がいるかもしれませんが、今日の授業で疑似体験を通じて伝える大変さを学んだので、人は十人十色でみんな違うということを理解し偏見を持たずに良い所を見つけてお友達になって下さい。

桜小学校作品展

 11月16日(金)午後4時~7時、17日(土)午後1時30分~4時まで桜小学校体育館において、作品展“いこう!さくらワンダーランド”が開催され、案内を頂き観賞してきましたので紹介します。

 作品展は壁面を使って学年テーマに沿った平面作品の絵画展示と、床を使った立体工作品展示が有りました。どちらもなかなかの力作が揃っていましたが、立体作品を主に紹介します。

 それでは会場へご案内・・・



H3011桜小作品展 (2)

 学校の正門には“平成30年度 作品展”の看板が立てかけられ、保護者や学区の住民が観賞に訪れるのを待っています。



H3011桜小作品展 (3)

 会場の2階体育館前のホールにはクリスマスツリーをモチーフとした“ようこそ作品展”のウェルカムアートが飾られていました。文字が立体的に作られなかなかの出来栄えです。(先生の作品かも・・・)



H3011桜小作品展a

 会場へ入ると正面に箱が崩れそうで危なっかしい“いこう!さくらワンダーランド”のモニュメントが出迎えてくれました。(これは児童の作品でしょう)



H3011桜小作品展 (4)

 会場へ入ると直ぐに1年生の立体作品が展示されていました。“はこでつくったよ”の看板が立てられ箱をくっつけ色々な動物が作られていました。箱を上手く利用して表現されています。

 壁面には平面作品“ふねにのって”のテーマにそって個人の絵画が展示されていました。



H3011桜小作品展 (5)

 2年生の立体作品のテーマは“ともだちハウス”、小石など小さな友達が喜ぶ家が作られていました。皆お家のどこにいるのか探して下さいね。

 平面作品のテーマは“ひみつのたまご”、どんなものが生まれてくると楽しいかを考えて描いてあります。



H3011桜小作品展b_

 3年生の立体作品のテーマは“ようこそ私達の未来都市へ”、暗闇に幻想的な未来のまちが広がっています。

 平面作品は“名作絵本の世界”、日本に昔から読み継がれている絵本を表現しました。



H3011桜小作品展 (7)

 4年生の立体作品のテーマは“森のげいじゅつ家”、枝や葉、木の実などを組み合わせて森の世界をつくりました。

 平面作品は”ほって・すって・みつけて”、森にすむ未来の生き物を木版画で表しました。



H3011桜小作品展 (8)

 5年生の立体作品のテーマは“くねくね糸のこパズル”、電動糸鋸切りを使ってパズルを作りました。上手く組立が出来るかな?

 平面作品は“刷り重ねて表そう”、物語を読んで心が動いた場面を一版多色版画で表現しました。



H3011桜小作品展 (1)

 6年生の作品のテーマは“12年後の私”、24歳となった私の姿を粘土細工で表現しました。こだわりのポーズをとっています。

 平面作品は“墨で表す”、共に過ごしてきた大切なものを一筆一筆、思いを込めて書きました。



特別支援級_convert_20181124145226

 すみれ・さくら組は共同作品で色々な材料を使って楽しいお祭が表現されていました。かなり細かい部分まで観察が行き届き上手く作られています。

 作品展は絵画系の平面作品と工作品の立体作品が作られていました。テーマに沿って各人の個性溢れる作品が並んでいました。特に6年生の12年後の私の人物像は良く作られ、こんなことを考えているのかとたのしくなりました。

第4回 土曜学習プログラム ヒップホップダンス体験学習

 11月10日(土)午前10時から桜小学校体育館において、市教育委員会が主催する第4回土曜学習プログラム“ヒップホップダンス体験学習”が行われました。

 今日の講師は春日井市を拠点に活躍するD-highダンスサークルの皆さん。ヒップホップダンス等を楽しく解り易く指導して頂けます。

 参加の児童は講師のお姉さんの良く通る元気な声と親切な指導に魅せられ、知らない間にダンスに引き込まれステップを踏んでいるようです。

 それでは会場へご案内・・・



H3011土曜学習P (1)

 本日の体験学習を担当する桜学区コーディネーターの細川さんが、集まった講師・サポーターやスタッフに自己紹介と本日の学習の流れを説明しました。



H3011土曜学習P (2)

 講師をお願いするD-highダンスサークルのメンバーから体験学習の進め方や内容について説明がありました。子供達静かに聞いてね。



H3011土曜学習P (5)

 早速ウオーミングアップに入りましたが子供達は柔らかいですね。スタッフの皆さんも子供達と一緒に手足を動かし体をほぐそうとしましたが ・・・

 このポーズはムリ。グキ・ゴリ・ミシと齢を取った体は悲鳴を上げ早くもギブアップの状態になりました。



H3011土曜学習P (6)

 休憩が終わると“ダンス体験講座”で振付を一から教えて頂きました。先生は初め音楽を入れず各パートを区切って解り易く振付したので子供達は簡単に覚えて行きました。(凄い!)

 次に音楽を掛けダンスを踊りましたが、またまた子供達の超能力に驚かされました。いくつもの振りと順序をちゃんと覚えており、我々高齢者の予想をはるかに超えています。



H3011土曜学習a

 2度目の休憩を取った後、いよいよミニ発表会が行われました。1番手は1年生グループの発表です。

 遠慮したり臆する子供はいません!我先にステージへ上がりました。大音量の「♪ ワイ・エム・シー・エー・・・」が流れ子供達はスタートの伏せた状態から格好良く立ち上がりダンスを始めました。



H3011土曜学習P (8)

 2年生グループの発表です。音楽にノリノリで踊っています。さっきまで床を転がっていた子が立派なダンサーに変身しました。(^O^)



H3011土曜学習a

 3年生グループも負けじと踊っています。元気に飛び跳ね別人の様に踊り楽しんでいます。振付の時に迷っていた子が信じられない位はつらつと踊っています。



H3011土曜学習P (10)

 4年生グループのダンスは見事でした。外す子がいなく全員がキレのあるダンスを披露しました。高学年ともなると見栄えが良いダンスを踊るものです。

 この後に5年生、6年生が上級生の貫録を示し素晴らしいダンスを披露しました。



H3011土曜学習P (3)

 体験学習が終わるとアンケート記入が待っています。子供達が急に元気が無くなり床へ寝転んで考え込んでいます。感じたままを書いてね。



H3011土曜学習P (4)

 最後に全員で記念撮影をしました。ダンスの楽しさを教えてくれたD-highダンスサークルのみなさん楽しい時間を有難うございました。


  次回土曜学習プログラムの予定

 日時 平成31年1月19日(土)午前10時
 場所 桜小学校体育館
 内容 食育体験学習、バター作りと食育体験


ミオーが桜小学校にやってきた

 10月30日(火)は・・・ミオー(3・0)の日という訳ではありませんが、午前7時30分頃ミオーが桜小学校へやって来ました。今日は“0”の日、交通安全を願い東門で児童を迎えます。

 ミオーは南区のイメージキャラクター。南区制100周年記念事業のマスコットとして誕生し、南区(Mi)100周年の100を合せてMi00と名付けられました。南区の花「ひまわり」をモチーフとした、花の妖精の子どもです。

 それでは会場へご案内・・・



H3010ミオー (1)

 ミオーは警察帽をかぶり”交通安全大使”のタスキを付けサプライズで東門で登校してくる児童に声掛けを行いました。最初に登校してきた児童はミオーを見たとたん恥ずかしがり足早に校内へ消えました。



H3010ミオー (2)

 そろそろ登校してくる児童が増えてきました。大勢になると児童も勇気が出るらしくミオーの周りに集まってあれこれ観察しています。南区母親交通教室室長の山田さんも来校され児童をミオーの方へ招き入れています。



H3010ミオーa

 ミオーが東門から出ると数人の女の子が寄って来ました。顔中をペタペタと触りいろいろ話しかけてきました。



H3010ミオー (4)

 南警察署のお巡りさんも来校し、子供達に“おはよう”と声掛けを行っています。子供達も元気な声で挨拶を返しました。



H3010ミオー (5)

 今日は児童会のお兄さん・お姉さんも門の前に並んで、登校してくる児童に挨拶と交通安全を呼び掛けていました。



H3010ミオー (6)

 その頃学区内の主要交差点では母親交通教室のお母さんや公民会長さん達が出て、“0の日”交通安全啓発活動を行っていました。今日は爽やかな天気で交通当番も快適です。



H3010ミオー (7)

 こちらの交差点でも朝は名鉄本線の踏切で渋滞が発生し、この歩道まで伸びていましたので車の間を縫って歩道を渡る歩行者に注意して通行人の保護と啓発を行いました。

第3回 土曜学習プログラム 伝統産業体験学習

 9月8日(土)午前10時から桜小学校体育館において、市教育委員会が主催する第3回土曜学習プログラム“伝統産業体験学習”が行われました。

 今日の体験学習は国の伝統工芸品にも指定されている名古屋市の伝統産業「有松絞」を教えて頂けます。\(^o^)/

 それでは会場へご案内・・・



H3009 土曜学習P (1)

 体験学習に先立って社会教育主事の工藤さんが講師や学生サポーター及び学区スタッフを集め、本日の進め方や注意点について打合せを行いました。



H3009 土曜学習P (2)

 いつもの様に10時ぎりぎりになると子供達が大勢やって来て、受付で本日染色するコットンバッグを受け取りました。持ち主が解る様に名前を記入するタグが付いています。



H3009 土曜学習P (3)

 本日の講師を務める「有松プロジェクト委員会」の濱島正継さんが本日の学習内容について、子供達に解り易く説明しました。

 有松工芸 濱忠有限会社の濱島さんは400年以上も歴史が続く有松・鳴海絞を現代に受け継ぎイベントや学校にも出向き老若男女問わず有松絞りの技法を伝えています。今日は“特若”男女に伝えて頂けそうです。




H3009 土曜学習P (4)

 早速染め方の説明をしました。コットンを折りたたんだ後に割り箸2本でコットンを挟み割り箸の両端を輪ゴムできつく縛りました。これでどんな模様が出来るかな。



H3009 土曜学習P (5)

 染め上りの完成品を見せました。縛った布から信じられない位綺麗な模様が浮かび上がり、子供達は信じられないといった顔をして作品を見ています。



H3009 土曜学習P (6)

 今日の有松絞体験に使用する道具です。「割り箸、スーパーボール、楊枝、輪ゴム、ビニールひも」どの家庭にもあるものばかりです。



H3009 土曜学習P (7)

 一連の作業の流れを先生からお聞きした後、子供達は思い思いの方法で作品つくりに取り掛かりました。先生のような素晴らしい作品を作りたいと子供達の目が輝いて一生懸命作業しています。



H3009 土曜学習P (8)

 この子は割り箸、スーパーボール、楊枝全部を使って作ろうと構想を練っていました。果してどんな作品が出来上がるのかな。



H3009 土曜学習P (9)

 布を絞り終わった後に子供達は思い思いに完成予想図を描いています。イメージ通りのものが出来るかな。



H3009 土曜学習P (10)

 体育館外のベランダでは講師が指導して、子供達は生まれて初めての染色に挑戦しました。染料の入った鍋に布を入れまんべんなく染まる様に撹拌しています。自分の手や服まで染めないようにね。



H3009 土曜学習P (13)

 染めた作品が乾くまでの間に体育館内では「有松絞について」のDVDを鑑賞して有松絞の歴史についても勉強しました。



H3009 土曜学習P (14)

 本日の参加者60名は自分で作った世界に1つしかない自慢のオリジナル作品の有松絞「トートバッグ」を受取り、楽しかった体験を思い出しながら全員で記念撮影しました。


  次回土曜学習プログラムの予定

 日時 11月10日(土)午前10時
 場所 桜小学校体育館
 内容 ヒップホップダンス

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター