あけましておめでとうございます

 平成28年元旦。
 寒さも厳しくなく、穏やかな良い天気のお正月になりました。今年もこの天気の様に穏やかな1年であります様に・・・

 次年度区役所が進める事業に“災害に強いまちづくり”があり、発生が懸念されている南海トラフ大地震を念頭に、南区全学区において避難所運営訓練か宿泊型訓練を実施する様に呼び掛けています。

 丁度良いタイミングです、昨年は防災コンテストに応募して様々な団体・人と意見を交わし、要援護者を対象としたe防災マップを作成しましたが、この機会に学区内のより多くの人達への周知や、大規模訓練を通じてこのマップの機能検証・改善など防災活動のレベルアップを図りたいと考えます。

 今年も桜学区の皆様のご理解とご協力を頂いて、防災・スポーツ・文化・福祉等様々な行事を通じて地域の交流が進みますように願いを掛け参拝しました。

 それでは初詣にご案内します・・・



H28初詣

 古墳上にある鳥栖八剱社境内から見た初日の出です。今年は良い天気に恵まれ境内から見る初日は神々しいまでに輝き、幻想的な雰囲気の中新しい年の到来を告げています。



H28初詣 (2)

 鳥栖神明社の正面です。狛犬前に飾られた門松・鳥居に掲げられた国旗等お正月用に飾られた中を初詣の人が訪れています。



H28初詣 (3)

 善男善女が参拝に訪れました。この時間は御賽銭を入れお参りするだけではありません。神主さんからお祓いを受け、玉串奉奠が許されるなど非常に中身の濃い参拝となりました。御利益が沢山ありそうです。(-_-;)



H28初詣 (4)

 参拝者は神主さんから玉串を頂き、すぐ前の本殿に向かい玉串を奉奠し二礼・二拍手・一礼、地域の氏神様だから出来る親しみを込めたお参りとなりました。



H28初詣 (5)

 こちらは鳥栖八剱社です。鳥居には国旗と門松が飾られています。



H28初詣 (6)

 狛犬の前を通り二の鳥居をくぐり拝殿に集う参拝者の人達です。最近ではお昼から車の運転をされる方も多いので、氏子さんは運転をされる方や子供には暖かい甘酒を振舞っています。



H28初詣 (7)

 こちらも初詣の人達は神主さんから玉串を頂き本殿へお参りをしています。
 神社にはお正月の朝特有の雅な雰囲気が漂っています。少し平安時代までタイムトリップした気分で古墳上の神社を訪問しましたが、参拝を終えた頃境内から見る初日が非常に美しく輝いていました。

 今年も「まいにち、修造」までは出来ませんが、積極的に交流を図っていきますので、よろしくお願いします。

平成27年桜学区の行事を振り返って/9月~12月

 それでは9月~12月の活動と、年間を通して行った活動をご紹介します。



H27学区行事下 (1)

 9月21~23日はコミセン運営委員会がコミセンにおいて第2回文化祭を開催しました。今回は地域の昭和10年代の歴史写真展と、桜小学校から発掘された弥生時代の土器を特別展示しました。



H27学区行事下 (2)

 9月27日には子ども会が町別合作画コンクールを実施しました。物語を聞いた後に情景をイメージして、みんなで協力して1枚の大きな絵を完成させました。優秀作品は南区コンクールに出展します。



H27学区行事下 (3)

 10月18日は体育委員会が学区大運動会を開催しました。今年の目玉は防災リレーと消防団が行った観客向けの防災訓練でした。



H27学区行事下 (4)

 11月29日は消防団が若い親子を対象に救急救命訓練・初期消火訓練を実施しました。6町内づつ3回行って全18町内が訓練を受けました。



H27学区行事下 (5)

 12月6日には子ども会が天白川河川敷において駅伝大会を開催しました。体育委員会・ソフトボールクラブの協力を得て町別対抗リレーで行いました。1町内8名の選手がタスキをつなぎました。



 ここからは通年で活動した行事について紹介します・・・

H27学区行事下 (7)

 南区社会福祉協議会が進める平成27年度地域支えあい事業に応募して、おたっしゃかねプロジェクトを立ち上げ、地域の高齢者・障害者への対策として全町内を対象に、南区北部いきいき支援センターの協力で4回の介護・支援講習の後に学区全域を使って徘徊者おかえり模擬訓練を行いました。



H2712チラシ

 また地域の要援護者見守り活動をバックアップするため、学区はコミセンに高齢者相談窓口の開設とボラコーディネーターの配置を行い、地域に高齢者支援ボランティア団体を立ち上げました。

 これらの福祉活動をより進めるために、防災科学技術研究所が進める6回防災コンテストに応募して、地域支えあい事業と連携して災害時要援護者支援の問題に取り組みました。



H27学区行事下 (6)

 民生委員会はボランティアの協力を得て毎月第3火曜日に、鳥栖神明社社務所において高齢者サロン「さくらカフェ」を開催しました。写真は12月のクリスマス会の様子です。



H27学区行事下 (8)

 民生委員会は奇数月の第1月曜日に桜コミセンにおいて、独居高齢者に対してふれあいランチサービスを開催しました。9月のランチ会にはご近所の方の好意で、オカリナ吹奏クラブ「ナルミーモ」さんの素晴らしい演奏を聴かせて頂きました。



H27学区行事下 (11)

 民生主任児童委員はボランティアの協力を得て毎月第4木曜日に、0~3歳児と育児ママを対象とした子育てサロン「チェリークラブ」を開催しました。



H27学区行事下 (9)

 防犯・交通安全委員会の下校班は30名体制で毎日学校から自宅付近まで送届け、桜小学校の1年生の下校の安全を図りました。



H27学区行事下 (10)

 桜小PTAは毎日通学路の交差点において登校児童に交通安全の指導を行いました。毎月0の日には学区各団体長も加わり交通安全指導を行いました。



H27学区行事下 (12)

 春・夏・秋・年末に開催する各団体や町内の行事の際には、防犯パトロール隊が出動し生活安全キャンペーンを行いました。

 以上学区連絡協議会の今年の主な行事概要を紹介しました。過ぎてみると早いものであっという間の1年間でした。地域の皆様、学区各団体の皆様、ご理解とご協力本当に有難うございました。これから寒さも厳しくなりますので御自愛ください。

 良いお年を・・・

平成27年桜学区の行事を振り返って/1月~8月

 今年もあと残り僅かとなりました。
 桜学区連絡協議会はスポーツ・文化・生活安全・交通安全・青少年育成・防災・高齢者福祉等各方面において地域の皆さんのご理解とご協力を得て多くの行事を開催して地域の交流を図って来ました。
 来年も更に地域の活性化を目指して活動して参りますのでご協力をお願いします。

 それでは想い出のアルバムをどうぞ・・・




01.jpg

 1月11日は学区連絡協議会が成人式を挙行しました。今年は女性23名、男性27名と多くの新成人が式に参加しました。



02.jpg

 2月7日には緑のまちづくり会が笠寺公園において、桜・春日野小学校の新一年生を招いて桜の植樹式を行いました。自分で植えた桜の木が成長する様に、子供達も成長して地域に誇りを持ってほしいと願い企画しました。



05.jpg

 5月10日には子ども会が桜田中学校においてキックベースボールを開催しました。学区のソフトボールチームが審判などを協力しました。



03.jpg

 5月24日には体育委員会が桜小学校において町別対抗のグランドゴルフ・インデアカ大会を開催しました。写真はインデアカ大会の様子です。審判など専門的な所は学区インデアカクラブが協力しました。



04.jpg

 同じく5月24日こちらはグランドゴルフ大会の様子で、写真は始球式を行う学区顧問の藤沢市会議長です。運営や道具などは学区グランドゴルフクラブが協力しました。



06.jpg

 6月6日は町美化委員会がクリーンキャンペーンを行い、全町内が参加して学区内の雑草取りや清掃を行いました。



07.jpg

 6月8日は青少年育成協議会が、桜小学校の児童にオアシス運動を展開し、全団体長が参加して登校児童に挨拶と声掛けを行いました。



08.jpg

 7月18、19日は子供会・青少年育成協議会が桜小学校と桜田中学校において、親子ラジオ体操を開催しました。



09.jpg

 7月20日は母親交通教室が南警察署の協力を得て高齢者・子供自転車教室を開催し、夏休み前の子供と交通事故の増えている高齢者を対象に交通安全活動を行いました。



10.jpg

 8月23日には防災安心まちづくり委員会がコミセンにおいて、学区消防団・南消防署の協力を得て第1回家庭の防災教室を開催しました。本教室は年度内に6町内づつ計3回行って全18町内の公民会長・自主防災会長・民生委員が受講します。

 同委員会は災害時要援護者を日常から見守り支援するために、第6回防災コンテストに応募して活動を行っています。



11.jpg

 8月30日は子供会・青少年育成協議会が子供座禅会を開催しました。芋粥作りの場所や食事・座禅会後のアトラクションは成道寺さんの協力により行いました。

 明日は今年度後半の行事を紹介します。

平成27年度 桜学区研修旅行

 11月15日(日)、16日(月)桜学区連絡協議会は、防災に関する知見を得るためと学区各団体の親睦を図るために研修旅行を開催しました。

 桜学区の心配事は東側に隣接する天白川の氾濫や集中豪雨による内水氾濫です。そのため天竜川の災害についてその歴史や実施されてきた治水対策事業及び地域が出来る防災対策について参考とするため、天竜川総合学習館の講習を聴講して、現地の見学を行いました。

 我々が訪問した施設は「かわらんべ」と呼ばれる防災施設であり天竜川総合学習館です。その名前の由来をお聞きしたら、この地域の方言では、「カッパ」のことをかわらんべと呼んでいるようです。

 「かわらんべ」は、「川路・龍江・竜丘地区 治水対策事業」によって安全性が飛躍的に向上した大堤防上に建設された「天竜川防災拠点」です。

 かわらんべは防災拠点としての機能を有すると共に、「カッパのように川に親しみ川を知り、洪水や水難から身を守る知識や、自然環境に目を向けてもらいたい」との願いを込めて、各種の天竜川を学ぶ講座を開催して川の楽しさを学ぶ体験学習を開催しています。     (かわらんべホームページより)

それでは講習会場へご案内・・・



H2711学区研修 (2)

 講習室では井上館長の説明によりビデオにより過去の大災害が紹介され、それを克服した治水事業の様子が紹介されました。



H2711学区研修 (3)

 館内では昭和36年6月の豪雨により土砂崩れや河川氾濫により壊滅的な被害が発生したた36災害始め災害の歴史が生々しいパネルで紹介されていました。



H2711学区研修会

 講習が終了し、「かわらんべ」の屋上へ上がって河川改修の状況を見学しました。全面盛土方式で造成された様子を観察しました。また河川カメラも設置されリアルタイムで河川の状況をモニターしているそうです。



H2711学区研修 (4)

 地上へ降りると“三六災最高水位標”が建っていました。刻まれた浸水位線は背丈のはるか上、恐るべき高さでした。



H2711学区研修 (5)

 「かわらんべ」の前で記念写真を撮り、井上館長に来お礼を述べ、次の目的地「岡谷蚕糸博物館」(シルクファクト)へ向かいました。



H2711学区研修 (6)

 ここは(株)宮坂製糸所、博物館ロビーで説明役の館員から説明を聞きます。



H2711学区研修 (7)

 日本の製糸業のあゆみとして、横浜開港から富岡製糸場の創業、糸都岡谷の発展に至るまで特集展示いたします。また、これまでの調査に基づき、製糸業に従事するために岡谷に集まった工女さんの仕事や生活についての展示も行います。      (岡谷蚕糸博物館ホームページより)

 明治5年創業当時の官営富岡製糸場で稼動し、唯一残されているフランス式繰糸機や、武居代次郎が開発した諏訪式繰糸機など、日本を世界一の生糸生産国にした製糸機械類を江戸時代から昭和期まで時代をたどりながら展示します。            (岡谷蚕糸博物館ホームページより)

 今、ちょうど放映中のNHK大河ドラマ”花燃ゆ”の時代にタイムスリップしたようです。



H2711学区研修 (8)

 また工場では、実際の紬作業を見ることが出来ます。繭を温めほぐし糸を取り出しています。素早い手の動きで次々と繭をほぐし機械にかけています。・・・そろそろ我々の頭も温泉で温め、ほぐす必要があるかもしれません。

平成27年お正月/桜学区連絡協議会

 あけましておめでとうございます

 昨年中は学区の様々な行事にご協力頂きましてありがとうございました。



H27正月 (4)

 初日の出・・・といきたいのですが、生憎の曇り空で初日が見えません。止むを得ずここらへんであろうと思われる位置に、太陽を描いてしまいました。 <(_ _)>スミマセン (鳥栖八剱社から東方を撮影)



H27正月 (1)

 午前6時30分から鳥栖神明社で、元旦祭の式典が執り行われました。



H27正月 (2)

 こちらは正月の装いが整った午前7時頃の鳥栖八剱社の様子です。



H27正月 (3)

 鳥栖八剱社では、小雪が舞う中に集まった人々が元旦祭の後、続々と年の初めの願いを込めて参拝しました。



H27正月 (5)

 参拝者はお参りが住んだ後はお神酒を頂きますが、八剱社ではお酒の飲めない人や子供さん(例によって写っているのは中高年、たしか一人二人の子供さんもお見かけしましたが・・・)には、氏子さん達から暖かい甘酒が振舞われ、年始の挨拶や話の輪が出来ていました。「大晦日の紅白は賑やかで知らない歌手ばかりだった・・・」相当お歳の様です。<(`^´)>

 鳥栖神明社では、参拝者に焚火で焼いた焼き芋が振舞われていました。また小学生の子どもにはお菓子も振舞われていました。 \(^o^)/ さすが地元の氏神様、何となく御利益が濃い感じがしました。(-_-;)

 桜学区連絡協議会は、本年も皆様のご協力を頂きながら、地域の安全・安心活動や文化の発信、地域交流の活性化を進めて参りますので宜しくお願い申し上げます。
最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター