第4回 桜学区文化祭

 9月24・25日(日・月)爽やかな秋晴れとなりました。桜学区連絡協議会は24日午前9時30分より桜コミセンにおいて第4回桜学区文化祭を開催しました。

 今年の文化祭は昨年から展示を開始した近隣福祉施設に加え、新たに桜小トワイライトスクール児童の作品を展示することにしました。

 それでは文化祭会場へご案内・・・



H2909文化祭 (6)

 文化祭の看板は玄関扉ガラスに赤色文字で「桜学区文化祭」を縦にデザインしました。またウェルカムボードには”さくらカフェ”の営業を案内して、美術サロンの雰囲気で作品鑑賞をして頂くことが出来ます。♪



H2909文化祭 (1)

 1階和室にて開会セレモニーを行いました。学区森川会長の開会挨拶後に、来賓の学区担当職員福永主幹(写真)は、福祉施設やトワイライトなど幅広い団体の出展もあり、文化祭を通して地域の親睦が深まることを期待しますと述べられました。



H2909文化祭 (2)

 続いて学区顧問の藤沢市会議員より、今年は私の作品(生花)を出展できませんでしたが、工夫を凝らした文化祭を楽しみにしていますと挨拶されました。



H2909文化祭 (4)

 1階和室には南区社会福祉協議会にお願いした、福祉施設のなごみの家やアペロスコーレさん等の合作画や書を展示しました。

 ここは予想通り(高齢者)サロン状態となり、皆さんゆったりとお茶とおしゃべりしながら作品の鑑賞をしているようです。♥


 
H2909文化祭 (5)

 今年の市民スポーツ祭小学生軟式野球大会に優勝した桜小学校の優勝旗と優勝杯を展示したところ、凄いことですが意外に知られてなく、何事かと珍しそうに優勝旗や優勝杯を見ていました。



H2909文化祭 (7)

 2階会場は絵画・写真・絵手紙・手芸を中心に展示しました。各所で友達同士が作品の観賞会や講評会を開いていました。



H2909文化祭 (3)

 今回の出展作品のうち最大規模を誇る水車型紙芝居です。押しボタンを押すとモーターの力で回転して場面が変わる様に工夫されていますが、何しろデリケートな超大型立体作品でうっかり触れると壊れそうです。



H2909文化祭 (8)

 “学区と子供達の係わり”と題して、学区子供会・青少年育成協議会・下校パトロール班等の各団体が子供達の成長や安全に係わる活動を写真で紹介しました。



H2909文化祭 (9)

 桜小トワイライトスクールの子供達が自分達の出展した紙工作品・絵手紙・塗り絵などを観賞に訪れ、歓声を上げていました。



H2909文化祭 (10)

 子供達は文化祭目玉のミニお化け屋敷へ入り埴輪のお化けと対面しましたが、誰も怖がらないのでお化けとしてプライドが傷つきました、区民まつりでは更に怖さをアップして夜トイレに行けなくなる程にしなければなりません。(>_<)

ひまわり横丁6周年 お客様感謝祭

 ひまわり横丁は南区役所1階ロビーで行われている、障害のある方達による平日の授産製品販売コーナー。毎日店舗が変わり各事業所の個性を生かした製品を展示販売しています。

 今年はひまわり横丁の6周年にあたり、イオンモール新瑞橋の1階セントラルコートにおいて、ソレイユ・ニコニコハウス鶴里・ぼーたん・to-be・るっくコーポレーションの5事業者が参加して賑やかにお客様感謝祭が開催されましたので紹介します。

 それでは会場へご案内・・・



H2909ひまわり横丁 (1)

 感謝祭の開催です。浅井南区長がひまわり横丁は南区役所1階ロビーで営業しています。皆様のご愛顧に支えられ、6周年を迎えることが出来ましたと挨拶されました。



H2909ひまわり横丁a

 会場には無料のドリンク・お菓子コーナーも設けられ、美味しいお茶とお菓子が振舞われていました。おやおやミオーも応援に来ているようです。



H2909ひまわり横丁 (2)

 各事業所の代表の方がステージに上がり、自分達の日頃の活動や製品への思いを述べられました。



H2909ひまわり横丁 (4)

 展示販売が始まりました。写真は区役所で毎週木曜日に出店する「るっくコーポレーション」、縫製品・チャリティーブックの販売を行っています。



H2909ひまわり横丁 (7)

 写真は区役所で毎週月・金曜日に出店する「ニコニコハウス」、パン・ラスク・縫製品を販売しています。

 また区役所で毎週火曜日に出店する「ソレイユ(株)」は、惣菜・加工品・焼き菓子・手芸品・衣類などを販売していました。


H2909ひまわり横丁 (3)

 写真は区役所で毎週水曜日に出店する「ぼーたん」焼き菓子・ジャム等を作り販売しています。毎月第3火曜日には桜学区の共生サロン「さくらカフェ」でも販売しています。

 また区役所で毎週木曜日に出店する「to-be」は、刺子・さをり製品を販売していました。



H2909ひまわり横丁 (5)

 ソレイユによるアフリカ音楽・ダンスや「ユンタ会」による踊りなどが披露されました。参加者へ様々な手作り感たっぷりの楽器が配られ、太鼓などに合わせ打ち鳴らし会場が一体となってライブ会場になったようです。

 マンドリンのお化けのような珍しい楽器が取り上げられ、これは何で作られているのでしょうか?クイズとなったようです。1人目の参加者からヒョウタンとズバリ正解が・・・。クイズにならないようでした。<(`^´)>



H2909ひまわり横丁 (6)

 公演最後は盆・・・いや、アフリカ踊り、会場から10人位が参加しました。フリは簡単に手と足を動かすのみで参加の皆さんはすぐに慣れ、太鼓の音に導かれて賑やかに踊りの列が出来ました。

 ひまわり横丁がこの先10年・20年と皆様にご愛顧を頂いて成長していくことを願います。

第47回ラフマン会コンペ

 9月14日(木)桜学区と菊住学区有志で構成するラフマン会は、ウッドフレンズ森林公園ゴルフ場東コースにて第47回コンペを開催しました。

 ラフマン会名の由来は、“ラフを渡り歩く人”⇒フェアウェイにボールを運べない人⇒上手くない人を意味し、25年位前に学区スポーツ振興の為?桜ソフトボールクラブのメンバーが始めたコンペです。

 あの頃はみな若くゴールデンウィーク・お盆・お正月と仕事の休みの日に開催していましたが、今や会員もすっかり高齢化して、サンデー毎日となり、連休にこだわる必要がありません。

 それではコンペの会場へご案内・・・



H2909ラフマン会 (3)

 ティーショットを打ちましたが、ボールはスライスして予定通り左のラフに行ったようです。



H2909ラフマン会 (4)

 ここからがラフマン会会員の面目躍如、こういったライは今迄山ほど経験し慣れています。むしろフェアウェイからのショットより上手くいく場合もあります。(-_-;)



H2909ラフマン会 (1)

 この方のバンカーショットも見て下さい、バンカーもラフにあるので、このような場所は得意です。自信あふれるショットにより難なく脱出しました。



H2909ラフマン会 (2)

 フェアウェイセンター(距離は足りませんが)にボールを運んだようです。珍しいことで、大喜びでセカンドショットを打ちました。まだグリーンに前の組がいますが、届くはずもありませんので安心してショットしたようです。



H2909ラフマン会 (5)

 18ホールの熱戦が終了し、地元へ帰り表彰式とパーティーを開催しました。優勝はグロス101、HC25のネット76で高見さん(写真右)が初優勝を飾られました。(^_^)v トロフィーを渡すのは前回優勝の宇野さん(写真左)。



H2909ラフマン会 (6)

 この会場はご近所の寿司屋さん、高齢者ふれあいランチではなくれっきとしたラフマン会のパーティーです。参加した4名の女性以外はご覧の通り、ゴルフが終われば勇壮なゴルフ談義、皆さん年に似合わず元気でしょう。

 今回から皆様のご健康を考慮して無理しないようにし70歳以上の方のゴールドティーからのティーショットを可能としました。ホワイトティーからショットする人が激減しましたが、スコア―には大きな影響がなかったようです。

 今後もスコア―に一喜一憂することなく、地域高齢者のスポーツ交流会として続けて行きます。次回は11月下旬に開催されるようです、ゴルフに励んで健康に注意してこの先も長く参加をお願いします。

日本三景~天橋立・知恵の文殊堂・智恩寺の旅

 9月10日(日)桜学区顧問藤沢市会議員後援会の日帰り旅行会が開催され、地域の後援者と共に元伊勢籠(この)神社へ参拝し天橋立の股のぞきと、智恩寺へも参拝して天橋立を散策してきました。

 今年の初詣は大雪、いつぞやは台風と何かと雨にたたられた雨男藤沢先生の旅行会も、最近は晴男・晴女を自認する参加の皆さんのおかげで、まあまあの天気に恵まれています。

 今回は京都北部にある天橋立へのバス旅行。参加者は圧倒的に高齢女性優位となっていますが、身だしなみを整え、化粧(女性のみ)して皆さんとお話に花が咲けば、アレの予防にもなります。

 それでは旅行へご案内・・・



H2909藤沢旅行

 天橋立の絶景スポット傘松公園の案内板です。籠(この)神社からリフト乗り場、レストラン・土産物売り場、股のぞき台や瓦投げなど沢山のポイントが説明されています。



H2909藤沢旅行 (1)

 やって来ました元伊勢籠(この)神社の立派な本殿です。ご本殿は伊勢神宮と同じ「唯一神明造り」です。

 この本殿前に鎮座する狛犬二頭は鎌倉時代の名作として重要文化財に指定されているそうです。



H2909藤沢旅行 (2)

 籠(この)神社を参拝してしばらく歩き、ケーブルカーかリフトに乗り、股のぞきで有名な傘松公園を目指しました。



H2909藤沢旅行a (2)

 これが天橋立の股のぞき、こちらからの絶景スポットは「昇龍観」と呼ばれ、まるで龍が天へ昇るかのような眺めとなります。

 中日ドラゴンズも一度ここへ来て皆で眺めていたら、チームの成績も変わったかもしれません。



H2909藤沢旅行c

 傘松公園からバスで移動し、反対側の竜の頭にあたる”三人寄れば文殊の知恵”でおなじみ智恩寺へやって来ました。威圧感のある山門には大きな提灯が吊り下げられていました。



H2909藤沢旅行 (9)

 日本三文殊のひとつで通称切戸(又は九世戸)の文殊堂として知られている文殊菩薩の霊場です。

 智恵を授かる文殊さんとして有名で、もっと早く来るべきでした。



H2909藤沢旅行 (8)

 山門を入るとやや小ぶりな多宝塔が建てられています。この多宝塔は室町時代中期に立てられ、国の重要文化財に指定されていますが、その前や本堂の前に何故か狛犬が置かれています。

 ここは神社ではなくお寺、だんだん区別がつかなくなりました。<(`^´)>



H2909藤沢旅行 (6)

 最後は文殊と天橋立を結ぶ廻旋橋(かいせんきょう)を渡り、天橋立内を散策しました。この橋は大きな船を通すために、中心部を軸に回転する可動橋です。

 今日は天候に恵まれ、日本の歴史に触れ楽しい旅行となりました。

幻の卓球クラブの七夕まつり

 7月4日(火)台風3号が近づいているとの予報ですが、雨風は強くなりません。桜学区幻の卓球クラブのメンバーは雨ニモマケズ カゼニモマケズ 卓球に親しんでいます。

 もうすぐ七夕、次回の活動日は過ぎてしまいますので、メンバーの皆さんは今日、七夕のお祝いをしました。

 それでは会場へ・・・



H2907卓球 (2)

 学区にもほとんど知れ渡っていない秘密の・・・いや、幻のクラブ。学区卓球会のレジェンドというか、こよなく卓球を愛する人が集まり支えあい活動をしていますが、一人でも支えが外れたら全てコケて本当に幻となってしまうかもしれません。

 今日は前回の宿題となっていた七夕の短冊に願い事を書いて笹の枝に吊り下げます。「張本君に勝ちたい」無理難題が並びます。同じ14歳の将棋の藤井4段と共に世間の注目を浴びているようです。注目されない我々とは一回り(60年)も違う。



H2907卓球 (1)

 願い事が書けたらバランス良くぶら下げます。短冊には強くなりたいではなく、長くやりたい健康でありますようにと・・・切実な思いが並びます。

 陰になっていますが、ラケットを新調して絶好調のあの人、今迄の不調がうその様な素早いラリーが続きます。本人曰くやはりラケットとラバーに原因があったようです。(-_-;)



H2907卓球 (3)

 時間と共に願い事はどんどん増えて、笹が短冊で埋め尽くされそうです。今日は童心に帰って七夕を楽しみました。もう少ししたら老人に帰って美味しいビールで乾杯が待っています。

 この人ハエ叩き打法など酷評を受けていましたが、彼女の前陣からの速い攻めはまさに美宇・美誠ちゃんのよう、今クラブ内では最新の卓球として尊敬されているようです。



H2907卓球 (4)

 短冊で満艦飾状態となった笹、願い事は増えるばかり、だんだん度胸がついてきて何でもありの願いとなりそうです。今日は久し振りの飲み会、卓球のことは忘れて大いに盛り上がりましょう。
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター