幻の卓球クラブの七夕まつり

 7月4日(火)台風3号が近づいているとの予報ですが、雨風は強くなりません。桜学区幻の卓球クラブのメンバーは雨ニモマケズ カゼニモマケズ 卓球に親しんでいます。

 もうすぐ七夕、次回の活動日は過ぎてしまいますので、メンバーの皆さんは今日、七夕のお祝いをしました。

 それでは会場へ・・・



H2907卓球 (2)

 学区にもほとんど知れ渡っていない秘密の・・・いや、幻のクラブ。学区卓球会のレジェンドというか、こよなく卓球を愛する人が集まり支えあい活動をしていますが、一人でも支えが外れたら全てコケて本当に幻となってしまうかもしれません。

 今日は前回の宿題となっていた七夕の短冊に願い事を書いて笹の枝に吊り下げます。「張本君に勝ちたい」無理難題が並びます。同じ14歳の将棋の藤井4段と共に世間の注目を浴びているようです。注目されない我々とは一回り(60年)も違う。



H2907卓球 (1)

 願い事が書けたらバランス良くぶら下げます。短冊には強くなりたいではなく、長くやりたい健康でありますようにと・・・切実な思いが並びます。

 陰になっていますが、ラケットを新調して絶好調のあの人、今迄の不調がうその様な素早いラリーが続きます。本人曰くやはりラケットとラバーに原因があったようです。(-_-;)



H2907卓球 (3)

 時間と共に願い事はどんどん増えて、笹が短冊で埋め尽くされそうです。今日は童心に帰って七夕を楽しみました。もう少ししたら老人に帰って美味しいビールで乾杯が待っています。

 この人ハエ叩き打法など酷評を受けていましたが、彼女の前陣からの速い攻めはまさに美宇・美誠ちゃんのよう、今クラブ内では最新の卓球として尊敬されているようです。



H2907卓球 (4)

 短冊で満艦飾状態となった笹、願い事は増えるばかり、だんだん度胸がついてきて何でもありの願いとなりそうです。今日は久し振りの飲み会、卓球のことは忘れて大いに盛り上がりましょう。

かつてここからここから見えた風景 ~新屋敷プール~

 3月27日(月)桜学区の東側を南北に貫通する中井緑道に、戦前ここにあった新屋敷プールを示す案内看板が完成し、除幕式を行いました。

 現在の桜学区の辺りは新屋敷村とよばれ、新屋敷プールはかつてこの場所に存在しましたが、現在その面影は全くなく、地元でも忘れ去られ幻のプールとなっていました。

 このプールは八事下池付近を水源として大江川に注ぐ灌漑用水を、鯛取通あたりに堰を設け水を貯め、プールとして子供から大人まで親しまれていましたが、周囲の宅地化による灌漑の不要や水質悪化により用水路は昭和55年~62年にかけ暗渠化され、中井緑道として散歩の楽しめる緑の道へと変身し、当時の面影は全く無くなっていました。

 それでは除幕式会場へご案内・・・



H2903新屋敷プール (1)

 区役所と地域の関係者が集まりささやかな除幕式を挙行しました。南区役所区政部近藤部長が「かつてここに新屋敷プールがあったことを地域の皆さんに知って頂きたい」と挨拶されました。



H2903新屋敷プール (2)

 これからこの案内看板の除幕を行います。左に桜学区森川会長、石川副会長、岡田鶴田1南公民会長が綱を持ち、右側に案内板に掲載の写真を提供した伴野さん、南区役所近藤区政部長、脇本地域力推進室長が並び準備が整いました。 (^_^)v(^_^)v(^_^)v



H2903新屋敷プール (3)

 皆で紅白の紐を引くと真新しい案内看板が現れました。この場所は中井緑道を散歩する人が良く通るところなので、きっとプールの存在に驚きながら目にとめてくれることと思います。



H2903新屋敷プール (4)

 除幕後に写真提供者で現在菊住学区にお住まいの伴野さんは、かつてこの地に住んでいた記憶が甦り、当時が思い出された様で次から次へと当時のお話をされ、楽しく交流をさせて頂きました。 (^_^)v



H2903新屋敷プール

 これが昭和14年に撮影された新屋敷プールの航空写真で、右側○内の黒く上下(南北)に伸びた場所が新屋敷プールです。(桜小学校30周年記念誌より転載)



H2903新屋敷プール (5)
 
 昭和12年頃の新屋敷プールの状況です。写真は鯛取通側から北西方向に撮られたようで、桜田中学(昭和27年開校)はまだなく、1件の住宅(二宮邸)と左後方に鳥栖八剱社と思われる森が写っています。(桜小学校開校50周年記念誌より転載)

 本プールは途中の橋を越え遠くまで続くかなり広いプールで、地域の大勢の人がプールを楽しんでいた様子がうかがえます。



H2903新屋敷プールa

 地域の皆さん、緑道を散歩の折には”かつてここからここから見えた風景”として、こんなに大きなプールがあり、ここが地域の人たちの楽しみの場であったことを知って下さい。

天白川清掃アクティビティ/名南ライオンズクラブ

 3月12日風も弱く暖かい日となりました。天白川両岸の300人以上が参加して名南ライオンズクラブの活動に協力して午前9時30分より清掃活動を行いました。桜学区からも60名が参加して天白川堤防の清掃活動を行いました。

 今年から桜学区の集合場所が地域の中江公園となりました。野並橋から平子橋までの学区範囲の堤防清掃が出来ることになり、皆さん張り切っています。平子橋までの堤防を清掃してから反転し、赤坪公園まで移動して他の協力者と合流します。

 それでは清掃現場へご案内・・・



H2903天白川清掃 (1)

 9時15分に桜学区の協力者は中江公園に集合して、名南ライオンズの担当者から清掃道具の貸与やごみ袋を頂いて、注意事項を聞いています。



H2903天白川清掃 (2)

 清掃活動を開始しました。早速堤防を降りて捨てられていたり、風などで飛ばされたゴミの回収に着手しました。



H2903天白川清掃 (3)

 桜学区は公民会長・各団体長・消防団と子供会の子供達が参加しています。子供達は堤防法面の草が深く危ないので、道路上から届く範囲を清掃し、他の皆さんもゴミを収集しながら北の平子橋へ向かいます。



H2903天白川清掃 (4)

 草が生茂るこの場所は消防団の出番です。草に埋もれたゴミを捜し回収しています。チクチクする種子が服や手袋について大変です。



H2903天白川清掃 (5)

 ここから折り返してゴミを収集しながら南へ向かい赤坪公園を目指します。先に見えるのは野並橋です。



H2903天白川清掃 (6)

 野並橋下の擁壁の水抜き穴にもコーヒー等の空缶が詰め込まれていました。発見した子供がこんなところにも捨てられているとゴミバサミを使って取りだしています。



H2903天白川清掃 (7)

 ゴミの収集を終えて集合場所の赤坪公園に到着すると、給水車が来ており冷たい水道水を御馳走になりました。♥



H2903天白川清掃 (8)

 名南ライオンズクラブ代表者の挨拶です。平成18年に活動を始め堤防がきれいになったのでごみを捨てる人が減り、当初の1/3まで減りました。



H2903天白川清掃 (9)

 南区浅井区長の挨拶です。皆様方のご協力により堤防がきれいになり川も喜んでいます。



H2903天白川清掃 (10)

 今年のゴミの回収量は会長さんの挨拶にもあった様に少なくなりましたが、まだこの量を回収することが出来ました。今日は学区の子供達も貴重な体験をしたようです。この体験を生かし家や公園・道路等の清々美化に関心を持って頂きたいですね。

幻の卓球クラブの雛祭り

 2月28日(火)午後3時からが学区内の某所で“幻の卓球クラブ”(高齢者)は、来月最初のクラブの活動日が7日となってしまうので、前倒して雛祭りのお祝いを行いました。

 といっても女の子がいませんので、気持ちだけ無理やり70年前までタイムトラベルして、今日参加の熟女をお祝いする男性など高齢ばかりの大人の雛祭りとなりました。・・・早い話が懇親会 (-_-;)

 それでは会場へご案内・・・



H2902卓球クラブ (1)

 午後3時から5時までは東京を目指して一生懸命卓球の練習を行いました。メンバーの中には最近こっそり笠寺の福祉会館で行われている高齢者卓球クラブに参加して、腕を磨いている人もいるようです。



H2902卓球クラブ (2)

 午後5時になりました・・・。卓球台にはお内裏様とお姫様と3人官女が並び後ろの屏風には何と8人ばやしがずらりと並びました。手にする楽器は横笛・鼓から、なんとオカリナ・マリンバ・トランペット・エレキギター果てはカラオケマイクまで・・・



H2902卓球クラブ (3)

 内裏雛と三人官女は3D折紙、今月開催した高齢者サロン「さくらカフェ」の雛祭りサービス折紙雛人形と一緒になってしまいましたが、こちらのものは学区もう一人の工作名人の作、お菓子を供えてお祝いしました。



H2902卓球クラブ (4)

 我々中高年にはお菓子よりビールが合ってます。皆さんで当クラブオーナーT氏の菜園で取れた野菜をつまみに、グラス(湯呑茶碗)を重ね中高年の健康を意識した野菜中心のヘルシーな飲み会となっていますが、話題は足腰の痛みや痛風・目のかすみ。 <(`^´)>



H2902卓球クラブ (5)

 宴が盛り上がったところで気分を変え屏風に書かれた雛祭りの歌を合唱しました。「♪ あかりをつけましょ ぼんぼりに お花をあげましょ 桃の花・・・」あれから40年、歌声喫茶・・・いや、歌声スナックとなったようです。・・・若返りました。 (*^^)v

 この屏風は工作名人H氏の作、学区の認知症予防カフェを始めとして、文化祭やクラブオーナーが行っている福祉施設の慰問にも活躍するそうです。

 このメンバーがいつまでも健康で卓球や家庭菜園を楽しみ、地域で楽しく暮らし続けることを願います。

豊川稲荷初詣/藤沢会

 1月15日(日)明け方前から降り続いた雪が積もる中、桜学区顧問をお願いしている藤沢市会議員の後援会は豊川稲荷初詣を実施し、学区の会員と各地域の会員が参加しました。

 当日は凄い雪、雨男を自認する先生にまた一つ勲章が。雨男・台風男そして今回の雪男、行いは良いはずなのに天は何故こんなにも試練を与えるのか。

 それでは初詣のバスへご案内、寒いですから暖かい服装で・・・


 H2901初詣

 8時過ぎにバスが集合場所に到着しました。凄い雪です。先生は昨日から心配で眠れぬ夜を過ごしたかもしれません。
 しかし有難いことです、会員はこれしきの雪ではへこたれません。風邪で体調を崩した1人以外は雪を理由にした不参加は皆無でした。・・・この年代の人(高齢者です)は逞しい。(^_^)v



H2901初詣a (1)

 バスは市内を抜け東名高速道路に出ましたが、ご覧ください降雪もあって1台も車が見当たりません!バスは東名高速道路を独り占めしながら一路豊川稲荷を目指しました。



H2901初詣a (2)

 これから総門をくぐり豊川稲荷に初詣の参拝をします。この参道や門前町商店街はまだお正月の賑わいを残していました。天気もこの時だけは雲の合間から太陽が顔を出し、我々に少しだけ暖かい日差しをプレゼントしてくれました。



H2901初詣a (3)

 ここが豊川稲荷本殿です。巨大な提灯が下がり、多くの善男善女が参拝に訪れていました。
 豊川稲荷は狐を祀り鳥居もありますが、神社ではないようで「豐川閣 妙嚴寺」、山号を圓福山とする曹洞宗の寺院です。



H2901初詣a (4)

 本殿右手を奥へ進み1000体以上の狐の石像を祀った“霊狐塚”をお参りしました。ここは一面狐の海!入口の岩の隙間にコインを見つけたら上手く取りだすとお金持ちになるといわれ探しましたが見つかりませんでした。<(`^´)>



H2901初詣a (5)

 ここは文字通り豊川稲荷の一番奥に位置する“奥の院”、文化11年建立。もと本殿の拝殿であったのを昭和5年の改築に際して奥の院拝殿としました。(ホームページより)



H2901初詣a (6)

 豊川稲荷の参拝を終え昼食の為、蒲郡オレンジパークへ向かいましたが、まるでスキー場へ行くような感じとなりました。(p_-)



H2901初詣a (7)

 昼食を終え近くの苺農園でイチゴ狩りを楽しみました・・・が、何せ昼食後とあって苺を沢山食べることが出来ません。気持ちを量より質に切り替え大きめの苺を主にゲットしました。(-_-;)



H2901初詣a (9)

 次は蒲郡のラグーナテンボス訪問です。ここは今までと打って変わって青空が広がりました。しかし時間が無いのと寒いので大観覧車は諦め、買い物に集中しました。(大観覧車は言い訳です)



H2901初詣a (8)

 ファッションとかグッズの店には目もくれず、時間とお金が許す限りおさかな市場で御土産を買いあさりました。

 雪から晴まで大変動の天気の初詣となりましたが、過去から雨・風・台風なんでもありの旅行は参加者も慣れており、皆さん気にせず親睦を図ることが出来ました。逆に帰りの道は混み具合も少なく、雪も解けてバスは快調に走り、予定時間通りに帰ることが出来ました。\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター