第44回愛知県小学生ハンドボール大会/桜ジュニアクラブ

 2月11日(日)第44回愛知県小学生ハンドボール大会の決勝トーナメントが、愛知県ハンドボール協会の主催により緑スポーツセンターで開催され、出場する桜ジュニアラブの応援に行ってきました。

 大会は県下から男子A、女子A、男子B、女子Bの4ブロックに分けられ合計53チームが参加し、1月から予選リーグが始まり、5日間で112試合の熱戦が繰り広げられました。試合は10分3ゲームの合計点制で行われました。

 桜ジュニアは予選Aブロック“あ”リーグに出場し、4戦全勝として1位で決勝トーナメントへ進出しました。

 それでは大会会場へご案内・・・



H3002ハンド大会 (1)

 会場には選手の保護者や学区連絡協議会会長・体育委員会長等関係者が応援に集まりました。「桜学区がんばれ」の応援旗もつけられ気合が入りました。



H3002ハンド大会 (2)

 試合開始前に橋本監督から戦術の確認や試合場の注意が選手たちに伝えられました。もうすぐ試合開始です、見ている方が緊張しました。



H3002ハンド大会 (4)

 相手は“い”リーグを1位突破した尾北チームで強敵です。桜ジュニアは「ここはあゆちの 海の岸 平和な村のあとという・・・」、桜小学校の校歌を歌いコートに入りました。笛が鳴って試合が始まりました。



H3002ハンド大会 (5)

 最初の得点は尾北チーム、試合が始まってすぐに3-3ディフェンスフォーメーションのスキを突かれ、ロングパスを通され中央からシュートを決められました。



H3002ハンド大会 (6)

 桜ジュニアも負けずに反撃しました。相手の1-5ディフェンスフォーメーションの堅い守備体型を、エースが中央からドリブルで相手のディフェンスをものともせずに力強いシュートを決めました。



H3002ハンド大会 (3)

 試合の合間に橋本監督が相手の攻め方に対する注意点を伝達しています。運動量が少し落ちているので頑張って相手のマークをする様に伝えたかもしれません。



H3002ハンド大会 (7)

 相手もかなり強敵でディフェンスの薄い右コーナーへバウンドパスを通され、ゴール右隅から難しいシュートを決められてしまいました。<(`^´)>



H3002ハンド大会 (8)

 ゴール前の密集した状態からパスを受けドリブルで切り込んでシュートを決めました。一進一退の攻防が続きました。

 試合結果は1ゲーム:5-4、2ゲーム:5-4とリードしましたが、最終ゲーム:2-7と反撃を許し、惜しくも12-15で準決勝への進出を阻まれました。<(`^´)>

 桜ジュニアチームは橋本監督の熱心な指導と選手の強くなりたいという気持ちがかみ合い、再結成後1年足らずで県下の有力チームになったようです。

 6年生はこの春にハンドボールの強豪桜田中学校に進学しますので、今迄の経験を生かし中学校でも活躍してほしいものです。

第5回かつおカップに参戦/桜ジュニアクラブ

 12月2日と3日に桜ジュニアクラブは高知県ハンドボール協会が主催して高知市で行われた小学生ハンドボール大会「第5回 かつおカップ」に参戦しました。

 男子大会は四国・中国地方等から愛媛、呉、薪小、川島、大住小、徳島、境港、新居浜、長尾、明石、メイプル、キタイ、香川町、安芸高田、今治、くろしお、高知、貝塚と愛知県から桜ジュニア、尾北の20チームが参加しました。

 女子大会参加チームは愛媛、薪小、境港、新居浜、メイプル、香川町、安芸高田、高知の8チームが参加しました。

 大会日程は12月2日(土)午前中に交流戦を行い、午後1時から12分1ゲームとする予選リーグ戦を行い、3日(日)に“かつおカップトーナメント戦”を行いました。

 ハンドボールチーム“桜ジュニアクラブ”にとって第3回大会以来の四国遠征となり子供達は旅行の楽しみと試合の緊張の両方を味わうことが出来たようです。

 本ブログに掲載の写真は「かつおカップ」ホームページから関係分を抜粋して掲載させて頂きました。

 それでは会場へご案内・・・



H2912ハンドかつおカップ (1)

 試合会場となる高知市くろしおアリーナです。



H2912ハンドかつおカップ (3)

 試合前のアップですが、快調にシュート練習を行いました。相手がいなければこんなもんですが、相手がいる試合ではどうなることでしょう。



H2912ハンドかつおカップ (4)

 開会式が近づいて全選手団がアリーナ内に集合し入場行進を待っています。



H2912ハンドかつおカップ (5)

 大会旗を先頭に入場行進が始まりました。愛知県から出場した尾北チームと桜ジュニアクラブも胸を張って行進しました。



H2912ハンドかつおカップ (6)

 出場選手代表により選手宣誓が行われ、試合の緊張が高まって来ました。



H2912ハンドかつおカップ (9)

 予選リーグが始まりました。橋本監督から「みんな楽しんでプレーをしよう」と指示が出ましたが、相手が強そうです、果して楽しめたのでしょうか。



H2912ハンドかつおカップ (8)

 リーグ戦1戦目の新居浜には8-5で勝利し余勢をかって薪小チームへ挑みましたが、総合力に勝る薪小チームに6-9で敗れてしまいました。



H2912かつおカップa (1)

 続くリーグ戦も強豪の薪小・安芸高田に敗れてしまいました。<(`^´)>



H2912かつおカップa (2)

 翌12月3日(日)は“かつおカップ”トーナメント戦です。昨日の敗戦が影響した訳ではありませんが、5-9で1回戦に敗れてしまいました。

 それでも初の遠征試合で1つの勝星を手にし、四国・中国・近畿のチームと交流でき、貴重な経験をすることが出来ました。



H2912ハンドかつおカップ (10)

 橋本監督始め選手の皆さんお疲れ様でした。今回の経験を基に練習を重ね成長して下さい。

桜ジュニアクラブが第3位!/小学生ハンドボール大会

 11月5日(日)桜学区地域スポーツクラブに所属するハンドボールクラブ「桜ジュニアクラブ」が出場した、岐阜県笠松総合体育館で行われた第15回笠松カップ小学生ハンドボール大会において第3位!となりました。

 当クラブは運営・継続が困難になっていましたが、昨年同じ地域スポーツクラブの桜ソフトボールチームの前キャプテン橋本さんが新監督を引き受け、今年6月に桜学区地域スポーツクラブへ加入し活動を再スタートして、子供達は充実した環境のもと桜小学校を拠点に日頃厳しい練習を続けていました。

 新監督の熱血指導により子供達は楽しみながらも目覚ましい成長を遂げています。(本クラブの再スタートは当ブログのカテゴリ桜学区地域スポーツクラブで紹介しています)

 それでは大会会場へご案内・・・



H2911ハンド大会 (2)

 過去の大会はベスト8まで進出した実績がありますが、再スタート1年目も3位以上(出来れば優勝を)と高い目標を掲げて大会に臨みました。

 予選リーグの結果です。予選はA・B・C3組が各組総当たりリーグ戦を行います。桜チームはチームワークの良さと猛練習の成果もあり予選C組を2連勝で1位通過し決勝トーナメントへ進出しました。



H2911ハンド大会 (1)

 予選リーグ戦の勢いをそのままに、決勝トーナメントは初戦に勝利しましたが、準決勝で惜しくも1点差で負けてしまいました。(写真左のトーナメント図)

 しかし気持ちを切らさず強い気持ちをもって3位決定戦(写真右のトーナメント図)に臨み、2連勝して見事に3位となりました。\(^o^)/



H2911ハンド大会 (5)

 熱戦の後に3位の表彰を受ける桜ジュニアクラブです。



H2911ハンド大会 (4)

 選手一同喜びの3位記念写真です。1年目で3位に入賞し自信とやる気がわいてきたようで頼もしいですね。(写真前列右から3人目が橋本監督)



H2911ハンド大会a

 応援の保護者も加わり記念撮影を行いました。「やったー!」応援のお母さん方も力が入った様です\(^o^)/。

 チームは次の大会である12月2日・3日に、高知県で開催される”第5回カツオカップ”に出場予定です。良い成績を収められるようにチーム一丸となって頑張ります。

 桜学区や南区は中学校では桜田中学校、高校では桜台高校、社会人では大同特殊鋼と強豪チームがあり、ハンドボールに関心が高い地域です。

 桜ジュニアクラブは今後も頑張って活動しますので、桜学区の皆さん応援を宜しくお願いします。


ハンドボール桜ジュニアクラブ/桜地域スポーツクラブ

 桜学区で個人スポーツクラブとして活動しているハンドボールクラブを、桜地域スポーツクラブに登録しました。

 当クラブは8年ほど前から学区内のスポーツ愛好者により活動をしていましたが、資金・人材等の不足から近年は運営・継続が困難になっていました。

 昨年に新しい指導者が見つかりクラブ継続の目途が立ったのと、子供達からもハンドをやりたいとの声があったので、桜学区体育委員会鈴木会長は、名古屋市の地域ジュニアスポーツクラブ育成事業に応募して、行政の支援を得て新しくハンドボールチーム桜ジュニアクラブの立上げを図りました。

 今日の練習日にジュニアスポーツクラブ育成事業の助成金により購入した新品の備品を桜ジュニアクラブへ贈呈すると共に、桜学区は活動助成金を贈呈しクラブの運営を支援することにしました。

 それでは練習会場へご案内・・・



H2906ハンドチーム (1)

 彼らが練習で使っていたボールです。表面はすっかり摩耗して毛羽立ち、片手で保持することが出来ない位変質しています。((+_+))



H2906ハンドチーム (2)

 クラブの設立資金で購入したボールとボール収納ケースです。ボールの感触など今迄のボールと全く異なり、片手で楽に扱うことが出来ます。\(^o^)/



H2906ハンド登録

 桜学区体育委員会鈴木会長は、行政始め各所から支援を頂いて道具を購入し、大切に使うことをクラブ員に周知するため贈呈式を挙行し、学区連絡協議会森川会長が代表して目録をキャプテンに手渡しました。



H2906ハンドチーム (4)

 新しく購入した道具を中心に、気鋭の指導者橋本監督(写真後列中央)とクラブ員が記念撮影を行いました。(^_^)v



H2906ハンドチーム (6)

 真新しいボールを使って早速練習を開始しました。まず対人パス練習ですが、ボールが手にフィットする為、つい力を入れたパスを出す等、子供達は新しいボールの感触を楽しんでいました。



H2906ハンドチーム (5)

 次はシュート練習です。監督さんから次々に出るパスに合わせ走り込んでシュートします。ここでもボールをしっかり握って鋭いシュートが打てたようです。

 本クラブ員は現在8名。毎週土・日曜日の午後1時30分~5時まで桜小学校体育館で練習しています。クラブ員を募集していますのでハンドボールを体験したい子供さん(小4~6年生)は是非見に来て下さい。入部を希望する子は体育館で橋本監督に申し込んで下さい。

 クラブは今月18日に行われる大会に向けて一生懸命練習を行っています。こちらの方もぜひ応援をお願いします。

 また桜学区にある桜田中学校は現在ハンドボールの強豪校、昔全国レベルであった桜台高校、実業団の強豪大同特殊鋼や女子のHC名古屋(前身はブラザー工業)などの名門チームが近くにあり、ハンドボールの環境が整っています。

 まずこのクラブでの経験を生かし、強豪桜田中学校でもハンドボールを続けて欲しいですね。
最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター