南区コミュニティ交流会

 12月7日(木)午後2時より南区役所講堂において、南区役所の主催により講師に名古屋市市民経済局地域振興部地域振興課のコミュニティサポーターを招き、「町内活動の担い手」について各学区の代表者を集め交流会が開催されました。

 「町内活動の担い手」は各学区が抱える基本的な問題で、解決の道を探ろうと学区の委員長さんや公民会長さん等が集まりグループワークを行いました。

 それでは会場へご案内・・・



H2912コミュニティ交流会 (1)

 南区役所地域力推進室高野室長の挨拶です。今日は地域の困りごとについて意見交換や提案をお願いします。



H2912コミュニティ交流会 (2)

 名古屋市市民経済局地域振興部地域振興課のコミュニティサポーターの西村さん(写真右端)が本日の交流会の流れや、社会の現状を説明し交流会がスタートしました。

 まず事前に行った町内活動の担い手アンケート1)区政協力委員をどの様に決めていますか、2)各種団体長をどの様に決めていますか、3)三役をどの様に決めていますかについての結果をまとめた資料を頂き、課題解決の基礎として各地域の実情について意見交換を行いました。



H2912コミュニティ交流会 (4)

 参加者はコミュニティサポータの指示により、グループワークを行う為に進行役を決め、出席者が自己紹介を行いタイムキーパーや筆記役を務めることになりました。自己紹介は一人30秒で行うことになりました。



H2912コミュニティ交流会 (3)

 グループワークは模造紙を区切り、1)これまで取り組んできたこと、2)取組から分かったことについて各人が思ったことを付箋紙に描き込みました。記入した付箋紙は提案対象や部門により分類して貼り付けました。



H2912コミュニティ交流会 (5)

 概ね意見が出尽くした頃、次の一手は?・・・改善の方法等を導くため、書き出した類似の意見を纏めたり、分類・整理を行い発表準備のグループ協議を行いました。



H2912コミュニティ交流会 (6)

 意見発表の時間が迫りましたが、地域間の歴史や活動方法・状況が異なり、発表の為のとりまとめに苦労しているようです。



H2912コミュニティ交流会 (7)

 発表が始まりましたが、地域内問題の多様化や複雑化により本日の短い時間では整理しきれない場合が目立ち、なかなか次の一手が打てないようです。<(`^´)>

 本日の交流会は他地域の担当者と一緒に問題解決を考えることにより、自地域内では知ることのできない活動法や仕組みを知ることが出来、非常に参考になりました。

 本日得られた知識を基に他学区との交流を進め、自地域に還元して出来る事項から改善を図っていきたいと考えました。

平成29年度 学区役員研修会

 11月14日(火)残念ながら雨が降っています。南区学区連絡協議会は会員の研修と交流を図るため、各学区の運営に主体的に係わる役員の研修会を実施し、参加しましたので紹介します。

 各学区から会長・副会長・会計・主要団体長等、70名が参加して奈良市防災センター及び世界遺産薬師寺を巡り、防災講習・体験と日本の歴史に触れてきました。

 それではご一緒にどうぞ・・・



H2911南区研修旅行 (1)

 最初に訪れたのは奈良市防災センター。1階は各種の防災体験コーナー、2階は視聴覚室や研修室、3階は消防指令センター・災害対策作戦室、4階は多目的室・備蓄倉庫となっています。



H2911南区研修旅行 (2)

 まずは初期消火の体験コーナー、女性スタッフの説明を聞いて消火器を使った初期消火訓練をしました。スタッフは我々をただの高齢者と思っていたかもしれません、手際よく消火器を操作する様子に感動したようです。



H2911南区研修旅行 (3)

 煙避難体験ゾーンです。この部屋は細い廊下が複雑に繋がっており迷路の様で、照明が完全に落ちた場合は恐怖感を感じられそうです。



H2911南区研修旅行 (4)

 台風体験コーナーへ行きました。ここでも我々年寄りに加減したのか、奈良市には巨大台風が通らないのか、風速25mまでを体験しました。



H2911南区研修旅行 (5)

  地震体験コーナーです。ここでの体験も最大震度5強まで、我々を心配してくれるのはありがたいですが、これ位の揺れがあると避難所を開設しなければと体験でき参考になりました。



H2911南区研修旅行 (6)

 奈良市の防災体制がジオラマで紹介されていました。手前のボタンを押すと各種の防災施設等が点灯し、場所が解るようになっていました。


 ここから世界遺産「法相宗大本山 薬師寺」へ移動します・・・



H2911南区研修旅行 (8)

 昼食後に世界遺産「薬師寺」へ移動しました。南門から入ると立派な金堂が眼前に広がりました。(写真は大講堂側から南を望む)右側の金堂の後ろに隠れているのが西塔、左側の国宝の東塔は現在解体修理中で仮設建屋の中です。

 金堂には本尊である国宝の薬師三尊像(中央に薬師如来・右に日光菩薩・左に月光菩薩)が圧倒的なお姿で安置されていました。(写真撮影はNG)



H2911南区研修旅行 (10)

 華麗な三重塔の西塔です。東塔が現在修理中で姿を見ることが出来ませんので、西塔を見て東塔の姿に思いをはせました。



H2911南区研修旅行 (7)

 金堂を拝観し奥へ進むと多くの学僧が参集して経典を講讃した伽藍最大の建造物である大講堂があります。大講堂の本尊には弥勒三尊像が安置されています。      薬師寺案内パンフより抜粋



H2911南区研修旅行 (9)

 薬師寺の一番奥にある玄奘三蔵院伽藍中央の玄奘搭は法相宗の始祖・玄奘三蔵のご頂骨を真身舎利として泰安し須弥檀には玄奘三蔵訳経像をお祀りしています。      薬師寺案内パンフより抜粋

 今回の研修会では各学区の行事などの情報交換や役員間の交流を行い、地域の活性化や交流に活動する人達が集まり親睦を深めました。

第49回 名古屋市区政協力委員大会

 11月8日(水)午後2時から日本特殊陶業市民会館・フォレストホールにおいて第49回 名古屋市区政協力委員大会が開催され、出席しましたので紹介します。

 昭和43年6月1日に発足した名古屋市区政協力委員制度は、市民の自治意識の高揚を図りつつ理解と協力のもとに行政の円滑な運営を目的としています。

 本大会は長年在職された委員を表彰すると共に職務の研さんを行い、地域社会の福祉向上に寄与しようとするものです。

 それでは会場へご案内・・・



H2911区政協力委員大会 (1)

 最初に「人口減少社会における区政協力委員の役割 ~ 地域のつながりは、今後こそ重要」と題して四日市大学岩崎恭典学長が講演されました。

 講演は日本の人口ピークに立ち会ってしまった私たちの責務、人口増加時代からの脱却を、混迷の時代に踏ん切りを、地域で仕事をする為にと古代から人口の推移・統計等を基にお話しされました。



 H2911区政協力委員大会 (2)

 講演後に守山区の寺田議長が、1.災害に強いまちづくり・2.快適でうるおいと活気のある生活環境づくりの促進・3.安全で安心して暮らせるまちづくりの推進・4.安全で快適な道路環境整備促進・5.調和のとれた都市交通網の整備促進・6.コミュニティ活動の振興について区政協力委員活動の重要性と市民生活の向上を願い大会決議を行いました。



H2911区政協力委員大会 (3)

 第二部では最初に物故者に黙とうをささげた後に、河村市長が東京・大阪にはイメージする歌があるが、名古屋には無い?あるのは広い道と白い街でイメージがわかない、何とかしなければと思いを述べられた後に

 ・・・表彰者の皆様、長年のご活躍に感謝します・・・サンキューベリーマッチと挨拶されました。



H2911区政協力委員大会 (4)

 区政協力委員議長協議会の大野議長は、地域社会の果たす役割が増え様々な課題が出ています。交通安全・生活安全・防災など我々と行政が一体となって問題の解決を図らなければなりませんと挨拶されました。



H2911区政協力委員大会 (5)

 表彰式に移りました。まず学区区政協力委員会委員長の20年以上1名・15年以上2名・10年以上3名・5年以上42名の代表が壇上へ上がり在職者表彰が行われました。



H2911区政協力委員大会 (6)

 続いて区政協力委員兼災害対策委員の表彰です。40年以上在職!1名・35年以上在職4名・30年以上2名・25年以上10名・20年以上9名・15年以上85名・10年以上57名・5年以上429名の代表が壇上へ上がり在職者表彰が行われました。



H2911区政協力委員大会 (7)

 表彰者に対して名古屋市会渡辺議長が、少子高齢化が進んでいること、地域の絆が希薄化している今こそ皆さんの経験を生かして地域の活性化をお願いしますと祝辞を述べられました。



H2911区政協力委員大会 (8)

 最後に瑞穂区の伊藤委員長が本会や来賓の皆さんへ謝辞を述べ閉会しました。

「みんなでつくる お化け屋敷」の準備

 11月4日(土)日本ガイシスポーツプラザ第3競技場において、区民まつりの目玉企画「みんなでつくる お化け屋敷」の会場設営を行いました。

 会場設営は18学区を午前と午後に別け、間取りの設営とお化けの設置を競技場一杯に展開しましたので紹介します。

 それでは会場へご案内・・・



H2911お化け屋敷準備 (1)

 道路工事中や安全対策ではありません。経費節減の為工事用仮設材のトラ柵ネットがお化け屋敷の建設材料、みんなで協力してお化け屋敷を作っています。



H2911お化け屋敷準備 (2)

 お化け屋敷や巨大迷路の通路となる床にクッション材を配置しています。連結部の切り込みの形が合わず皆さん苦労しながら連結したようです。



H2911お化け屋敷準備 (3)

 お化け屋敷の間取りが出来た頃、区役所職員がこれから各学区共お化け屋敷の製作に入って下さい・・・と、全員が集まり今後の作業要領に聞き入っています。



H2911お化け屋敷準備 (4)

 各学区が担当するエリアの遮光シート張を行っています。会場を暗くして恐怖を演出するのに重要な作業で、光の漏れを防ぐため1mmの誤差も許されません?・・・慎重に貼り付けを行っています。



H2911お化け屋敷準備 (6)

 桜学区担当エリアの作業状況です。9月の桜学区文化祭で披露したミニお化け屋敷が小学生に笑われた苦い経験を踏まえて、今回は桜学区史上最高かも知れない恐怖を注入しました。

 桜学区に与えられたテーマは「古代人の亡霊」、太古の昔へタイムスリップし埴輪のお化けを並べました。子供達が作ったものですが再び笑われる訳にはいかない・・・



H2911お化け屋敷準備 (7)

 照明を落して怖さを確認しました。学区のこだわりは“定番の血を一滴も使わずに恐怖を演出する”、血しぶきに代り笹を使って恐怖を演出しています。・・・突然笹の葉が揺れたら驚くでしょう フフフ・・・。



H2911お化け屋敷準備 (8)

 隣のエリアのお化けたちは、血しぶきに彩られ凄惨な状況となっています。・・・しかしお化けの出来栄えは我が方より良いようだ。<(`^´)>



H2911お化け屋敷準備 (9)

 文字通り血塗られた妖怪が立っています。あの世で血糊を衣装のデザインとした、ファッションショーでもしているのでしょう。



H2911お化け屋敷準備 (10)

 こちらはあの世から南区役所域の電車の様です。出血多量で意識もうろうとしている運転手、無事に区役所へたどり着くことが出来るのでしょうか。



H2911お化け屋敷準備 (11)

 壁一面に血塗られた手形が溢れています。作品に血液型でも描いていれば、手形の持ち主の性格判断が出来たかもしれません。



H2911お化け屋敷準備 (5)

 明治学区を中心とした人たちにより巨大迷路の方も着々と準備が進んでいるようです。毎年夏祭りで披露しているこの迷路、果して何分でゴールにたどり着くことが出来るのでしょうか。

 これ以上紹介するとネタバレになってしまいますのでこの先はNG。明日11月5日(日)午前10時から日本ガイシスポーツプラザ第3競技場を使って開催される「南区区民まつり」の代表的なイベントとして皆様にお披露目します。

 ・・・ぜひ見に来て下さい。

平成28年度 交通安全部会/南区安心安全で快適なまちづくり協議会

 2月8日(水)午前10時から区役所大会議室において、南区安心安全で快適なまちづくり協議会のうち交通安全部会が開催され、会議に出席しましたので紹介します。

 南区安心安全で快適なまちづくり協議会は、安心・安全で快適な環境に関する地域の身近な課題について、区民・事業者及び行政がそれぞれの役割のもと協働して、解決に向けた取り組みを進めています。

 南区安心安全で快適なまちづくり協議会は、1)安全なまちづくり部会、2)交通安全部会、3)快適なまちづくり部会、4)防災安心まちづくり部会、5)青少年部会の5部会に分かれ、それぞれ具体的な施策を検討し、活動しています。

 それでは交通安全部会の会議室へご案内・・・



H2902交通安全部会 (1)

 交通安全部会のメンバーは、部会長の交通安全協会南支部大山支部長、副部会長の南警察署交通課木村課長と部会員の明治・伝馬・桜・菊住・春日野学区区政協力委員長、老人クラブ会長、母親交通教室会長、交通関係業界会長、南土木事務所長、市交通局鳴尾営業所長で南区役所地域力推進室が事務局を務めます。



H2902交通安全部会 (3)

 大山部会長は、昨年あと一歩で年間交通事故死0を達成できなかったので、皆さんの活動を通じ今年こそ達成目指して新たにスタートしましょうと挨拶されました。

 木村副部会長は交通事故撲滅キャンペーンを如何に広く知って頂くかということが重要で、昨年は時の人ピコ太郎を入れたキャンペーンを展開し、メディアに乗って広い範囲の人に知って頂くことが出来た。。



H2902交通安全部会 (2)

 事務局から議題は1)平成28年度事業報告(案)と2)平成29年度事業計画(案)について説明があり審議を行いました。

 昨年に行った交通安全部会の事業について説明がありました。また県警察より交通安全大使を委嘱されたMiooが2年連続でMVPとなり表彰された報告もありました。(^_^)v

 “新たなゼロ伝説のスタート“ではH27年12月11日からH28年12月16日まで続いた南区交通事故死0が370日間続きましたが、未だに達成できていない年間交通事故死0を目指し再スタートします。

 来年度の事業計画(案)と活動方針が事務局から説明されました。
 1) 交通安全スリーS運動の展開し、安全な行動の定着化を図ります。
 2) 関係機関が連携し交通安全運動・交通事故死ゼロの日活動を推進します。
 3) 高齢者や子供の交通事故防止のため、安全運転意識の高揚を図ります。
 4) 自転車の安全利用を促進します。

 本日提示された議案は部会で審議の結果賛同を得ましたので、3月17日に開催される幹事会へ議案として提出します。
最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター