平成28年度 交通安全部会/南区安心安全で快適なまちづくり協議会

 2月8日(水)午前10時から区役所大会議室において、南区安心安全で快適なまちづくり協議会のうち交通安全部会が開催され、会議に出席しましたので紹介します。

 南区安心安全で快適なまちづくり協議会は、安心・安全で快適な環境に関する地域の身近な課題について、区民・事業者及び行政がそれぞれの役割のもと協働して、解決に向けた取り組みを進めています。

 南区安心安全で快適なまちづくり協議会は、1)安全なまちづくり部会、2)交通安全部会、3)快適なまちづくり部会、4)防災安心まちづくり部会、5)青少年部会の5部会に分かれ、それぞれ具体的な施策を検討し、活動しています。

 それでは交通安全部会の会議室へご案内・・・



H2902交通安全部会 (1)

 交通安全部会のメンバーは、部会長の交通安全協会南支部大山支部長、副部会長の南警察署交通課木村課長と部会員の明治・伝馬・桜・菊住・春日野学区区政協力委員長、老人クラブ会長、母親交通教室会長、交通関係業界会長、南土木事務所長、市交通局鳴尾営業所長で南区役所地域力推進室が事務局を務めます。



H2902交通安全部会 (3)

 大山部会長は、昨年あと一歩で年間交通事故死0を達成できなかったので、皆さんの活動を通じ今年こそ達成目指して新たにスタートしましょうと挨拶されました。

 木村副部会長は交通事故撲滅キャンペーンを如何に広く知って頂くかということが重要で、昨年は時の人ピコ太郎を入れたキャンペーンを展開し、メディアに乗って広い範囲の人に知って頂くことが出来た。。



H2902交通安全部会 (2)

 事務局から議題は1)平成28年度事業報告(案)と2)平成29年度事業計画(案)について説明があり審議を行いました。

 昨年に行った交通安全部会の事業について説明がありました。また県警察より交通安全大使を委嘱されたMiooが2年連続でMVPとなり表彰された報告もありました。(^_^)v

 “新たなゼロ伝説のスタート“ではH27年12月11日からH28年12月16日まで続いた南区交通事故死0が370日間続きましたが、未だに達成できていない年間交通事故死0を目指し再スタートします。

 来年度の事業計画(案)と活動方針が事務局から説明されました。
 1) 交通安全スリーS運動の展開し、安全な行動の定着化を図ります。
 2) 関係機関が連携し交通安全運動・交通事故死ゼロの日活動を推進します。
 3) 高齢者や子供の交通事故防止のため、安全運転意識の高揚を図ります。
 4) 自転車の安全利用を促進します。

 本日提示された議案は部会で審議の結果賛同を得ましたので、3月17日に開催される幹事会へ議案として提出します。

浅見吉郎氏 旭日単光章受賞記念祝賀会

 2月2日(木)午後6時30分よりANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋の7階「ザ・グランコート」において、名古屋市区政協力委員議長協議会浅見吉郎前議長の旭日単光章受賞を祝う祝賀会が開催され、在職中にお世話になった行政関係者や南区区政協力委員長と共に出席しましたので紹介します。

 また浅見氏は昭和61年より笠寺学区連絡協議会会長として地域福祉の向上や地域社会の形成に尽力され、平成28年まで30年間に渡り名古屋市区政協力委員を務められました。 

 氏は平成16年から南区区政協力委員協議会議長、平成26年から名古屋市区政協力委員議長協議会議長の要職を務められ名古屋の地域コミュニティ発展に尽くされてきました。

 それでは会場へご案内・・・



H2902受賞記念 (1)

 祝賀会会場となった金山のANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋です。



H2902受賞記念 (3)

 会場内です。このテーブルは在職中にお世話になった左から南区役所西村元区長、南区役所吉川区民福祉部長、南区役所浅井区長、近藤区政部長、写真はありませんが南区役所山口総務課長、脇本地域力推進室長が出席されています。



H2902受賞記念 (9)

 このテーブルは左から本日の祝賀会発起人代表の笠寺学区連絡協議会石川会長、星崎学区連絡協議会荒川会長、後任の南区区政協力委員協議会相原議長、南区区政協力委員協議会寺倉副議長です。中央で談笑しているのは藤沢市会議員です。



H2902受賞記念 (2)

 このテーブルは、左から柴田学区連絡協議会柴田会長、大生学区連絡協議会伊藤和仁会長、浅見前議長を支えた南区区政協力委員協議会伊藤前副議長です。



H2902受賞記念 (4)

 このテーブルは、左から菊住学区連絡協議会近藤会長、春日野学区連絡協議会成田会長、笠東学区連絡協議会小菅会長と、写真はありませんが豊田学区連絡協議会大橋会長、伝馬学区連絡協議会渡邊会長、明治学区連絡協議会喜多村会長、桜学区連絡協議会森川会長が出席しています。



H2902受賞記念a (1)

 祝賀会発起人代表の笠寺学区連絡協議会石川会長が、改めて浅見前議長ご夫妻の業績やプロフィールを紹介しました。



H2902受賞記念 (12)

 名古屋市河村市長の挨拶です。浅見前議長の業績を称えられ、奥様へも女優のWさん似と評されサンキューベリーマッチで締められました。



H2902受賞記念 (7)

 南区役所浅井区長の挨拶です。浅見前議長の長年にわたる区政協力委員協議会議長としての活動に感謝されました。この後に元衆議院議員塚本先生や市会横井市会議員の挨拶がありました。



H2902受賞記念a (2)

 お孫さんからの花束の贈呈に、浅見前議長ご夫妻の表情が緩みました。



H2902受賞記念 (10)

 またお孫さんが所属する名古屋少年少女ビッグバンドのメンバーがお祝いに駆けつけ演奏を行いました。名古屋少年少女ビッグバンドは中高生で構成するジュニアジャズバンド、大勢の元気な演奏で会場を盛り上げてくれました。



H2902受賞記念a (3)

 名古屋市長・副市長・名古屋市各局・区役所などの行政関係者、南区選出の国会議員、県会議員、市会議員等の公職者、区政協力委員、地元公民会や御親戚など100名を越す祝賀会も華やかに進み、宴の終わりに浅見前議長がお礼の挨拶を述べられました。



H2902受賞記念 (11)

 祝賀会の締めは名古屋市危機管理局横田局長(前南区長)の音頭により万歳を三唱してお開きとなりました。



H2902受賞記念 (5)

 旭日単光章と賞状及び授章者の集合写真です。旭日単光章は、旭日章の6種のうち第六等に位置する勲章。旭日小綬章と共に、各分野における顕著な功績のあった者へ授与されます。

 浅見前議長さん受章おめでとうございました。この先もお体に気をつけられご指導をよろしくお願いします。

南区区政協力委員長研修会

 12月14日(水)、15日(木)南区区政協力委員協議会は、南区の課題とリスク対策のため、全学区の区政協力委員長が参加し、高齢者福祉関係と避難行動計画関係について関係施設を訪問し研修会を実施しました。

 14日は大阪の高齢者疑似体験施設ATCエイジレスセンターを訪問し、最新の介護用品の機能紹介と実際に最新介護用品を体験しました。

 15日は和歌山県広川町の稲むら火の館・津波防災センターを訪問して、濱口梧陵氏の防災精神や人命尊重の精神を学びました。

 それでは研修会にご案内・・・



H2812委員長研修会 (1)

 最初に訪問したのは日本最大規模の健康・福祉・介護関連の常設展示場のATCエイジレスセンターです。大型の商業施設の入ったATCビルITM棟の11階にあり、交通アクセスは大阪地下鉄やニュートラムのトレードセンター駅前と非常に便利です。



H2812委員長研修会 (2)

 この車椅子は電動で非常に軽い力で動かすことが出来ます。今、スロープで操作体験を行っていますが、本当に操作し易くまた数々の安全装置が付いて、初心者でも少し操作の説明を聞けば楽に安全に動かすことが出来ました。参加の委員長さん達もあと数年先にはお世話になるかもしれませんので、真剣に学習しているようです。(-_-;)



H2812委員長研修会 (3)

 介護用ベッドもここに展示された最新型は介護者の立場に立ち様々な便利機能や安全機能が付加されており、介護者が快適に(勿論被介護者も)利用することが出来ます。


H2812委員長研修会 (4)

 こちらのトイレは可搬式、部屋において使用が出来ます。排泄物は固型剤を投入して固め、ボタン一つでビニール袋を密閉して可燃ゴミに出すことが出来ます。



H2812委員長研修会 (5)

 車椅子の体験コースです。コースの道には段差がありここを進みドアを開いて住居内に入り、狭い廊下を壁にぶつからずに通り、スロープの上り下りを行うという車椅子に取り苦手なコースが作られており、皆さんは苦労しながら車椅子の操作を体験をしましたが、そんなに遠くない時期に利用しなければならない人もいるかもしれませんので、全員が体験しました。



H2812委員長研修会a

 入浴介助は家庭では大変な作業です。体を拭くだけでなく入浴させてあげたいのですが、浴槽へ入れるだけでも重労働となり事故のもととなります。この入浴介助リフトは既設の浴槽に簡単に設置出来、安全に入浴させることが出来るようです。参加の委員長さんも実際にリフトに乗り入浴を体験しました。(^_^)v



H2812委員長研修会 (8)

 翌日15日は和歌山県広川町へ移動して、防災研修として「稲むらの火の館」(濱口梧陵記念館と津波防災教育センター)を訪問しました。記念館は濱口家から寄贈された住居が保存・利用され氏の活動の足跡や、その後の防災活動及び地域の復興まで行った氏の偉大な功績が紹介されていました。



H2812委員長研修会 (9)

 隣接する津波防災教育センターではパネルや映像により地震・津波への防災教育が行われているようで、この日も小学生が社会見学として訪問していました。



H2812委員長研修会 (11)

 崎山館長が濱口梧陵氏の行動(津波から住人を救うための避難指揮と、夜間に稲わら(稲むら)を燃やし避難場所を知らせた行動やその後地域の復興事業まで行った氏の偉大な業績を紹介していました。

 館長は平成27年に天皇陛下ご夫妻や皇太子殿下が本記念館をご訪問された際に、氏の業績や津波避難対策をご説明申し上げられています。



H2812委員長研修会 (10)

 南区防災訓練時に見たものより二回りは大きな津波発生装置です。装置の長い水槽は片側に陸地と住居があり、十数メートル先にある津波発生装置から過去の地震などの色々な大きさの津波が発生出来る様になっています。

 津波を最大にして発生させたところ、もの凄い迫力で津波が陸地に駆けあがり大きな水しぶきが上がりました。凄い破壊力です。


H2812委員長研修会 (12)

 これは津波ハザードマップの立体模型です。安政地震・昭和南海地震による津波浸水範囲やこれから想定される東海・南海・東南海連動地震による浸水範囲が、ボタンにより光の帯で示されるようになっています。



H2812委員長研修会 (7)

 濱口記念館の研修を終え記念撮影を行いました。これから名古屋へ帰ります。
各学区委員長の皆さんお疲れ様でした。今日の研修で得た知識を地元へ帰り福祉や防災活動に役立てたいと思います。

第32回南区区民まつり

 11月20日(日)午前10時より日本ガイシスポーツプラザにおいて、南区区民まつり実行委員会が主催して、第32回南区区民まつりを開催しました。

 今年の南区区民まつりは従来と大きく模様替えを行いました。目玉は新企画「呪いの黒ひまわり館」と呼ばれる市内最大級かも知れない手作りお化け屋敷、他にも観客参加型のイベントを沢山盛りこみました。

 また屋外開催して雨にたたられていたフリーマーケットは「ひまわりフリーマーケット」として、全て第2競技場屋内に移し、天気に関係なく開催出来る様にしました。

 それでは区民まつり会場へご案内・・・



H2811区民まつり (12)

 祭の開催に際し、浅井南区長が開会宣言を行い、相原区政協力委員協議会議長が皆で力を合わせ区民参加型のまつりを開催することが出来ましたと主宰者挨拶されました。

 来賓として河村名古屋市長が有松絞のネクタイを自慢しながら開催をお祝いされました。



H2811区民まつり (1)

 幼稚園児が鼓笛演奏・ハンドベル演奏・よさこい踊りなど可愛い演奏を聴かせてくれました。続いて和太鼓や小学生の金管バンド演奏等が行われ見事な練習の成果を披露しました。



H2811区民まつりa

 観客参加型のゲーム「運命のMioo♥Maooゲーム」が行われています。出題された問題の回答を、正解と思うMiooとMaooのエリアに移動するゲームです。



H2811区民まつり (3)

第2競技場に設けられた「ひまわりフリーマーケット」ですが日用雑貨から衣類まで多くの店が出店して、非常に多くの来館者で賑わっていました。



H2811区民まつりb

 メイン会場となったガイシホールのアリーナ内は、「ひまわりメッセ」として第2競技場から押し出された行政関係、福祉関係団体、学校、ボランティア団体などが25のブースを設置して活動を紹介しています。



H2811区民まつりc (1)

 パフォーマンスエリアでは学区対抗なわとび大会が行われています。競技は南区18学区を6学区づつに分け、2人1組で計5組が各30秒間に何回跳んだかを競いました。



H2811区民まつり (2)

 午前10時30分から新企画のお化け屋敷「呪いの黒ひまわり館」が始まりました。よく人気店で見る最後尾の看板が出て1時間待ちと大盛況となり、会場づくりの苦労が吹き飛びました。

 会場内では子供から大人までが幽霊に化け来場者を怖がらせました。場内のあちこちから悲鳴が上がっています。



H2811区民まつりd

 午後1時となり来場者参加の「18枚の守り札をさがせ」、ゾンビ達を封印していた「守り札」が何者かに剥され、ゾンビがこの世に出現してしまった。我々に残された1時間の間にゾンビを見つけ出し「守り札」を奪い返し、あの世に送り返すというストーリーのゲームです。

 あっゾンビを見つけました。早く守り札を取り上げなければなりません。



H2811区民まつり (4)

 一方屋外では子供会の合作画展が開催され、各学区子ども会の優秀作品が一堂に展示されていました。



H2811区民まつり (5)

 ひまわりマルシェでは同じ南区の熊本市南区の特産品を紹介していました。その他全国政令市の「南区」連携パネルの展示や、から揚げ・フランク・焼きそば等の香ばしい匂いが漂っていました。



H2811区民まつり (8)

 1階広場では起震車による地震体験、薬物乱用防止や交通安全教育車による体験講座、ペーパークラフト、落書バス等の体験が出来るイベントが開催されていました。



H2811区民まつりe

 各学区女性会の皆さんによる踊りはスペースの関係上輪が一回り(いや、2回りか)小さくなってしまいましたが、その分参加した人は(中高年の)女性パワーを十二分に発揮して周りまで元気にしていました。



H2811区民まつりf

 最後は来場者が参加する「みんなでおどろうミオーとつないでダンス」は、みなみシニア吹奏楽団による生演奏をバックに踊る贅沢なダンスとなりました。

南区学区役員研修会/南区区政協力委員協議会

 11月15日(火)南区区政協力委員協議会が主催して、各学区間の情報交換と親睦を図るために区政協力委員を始め役員さんが参加して研修会が開催されました。

 研修会は各学区から役員4名が参加して、「命のビザ」で有名な八百津の杉原千畝記念館と、木曽川水系初の本格的な発電所として建設された旧八百津発電所を見学しました。

 また施設見学を行うと共に移動時や食事時には地域活動について、日頃顔を合わせることの少ない異学区の役員さんが地域の実情・課題や改善点などを話しあい交流を図りました。

 それでは研修会へご案内・・・



H2811南区研修旅行 (1)

 八百津の杉原千畝記念館です。記念館は岐阜県産の総ヒノキ造り新伝統工法により建てられており、内部には資料を展示する展示コーナーや、当時の千畝氏が命のビザを書き続けた執務室である決断の部屋が再現されています。



H2811南区研修旅行 (2)

 館内を見学します。管内ではホロコーストの歴史、ユダヤ人の迫害、ビザ発給に至る千畝の葛藤・行動、ユダヤ避難民の逃避ルート等の資料展示を見学し、決断の部屋でビザに記念スタンプをポンと押してもらいました。

 館内は撮影禁止となっていますので、写真はありません。



H2811南区研修旅行 (3)

 記念館のすぐ前にある人道の丘公園のメモリアルゾーン入口には千畝氏の胸像が置かれ、さらに奥にはパイプオルガンをモチーフとしたシンボルモニュメントが建っています。



H2811南区研修旅行 (4)

 続いて近くにある旧八百津発電所資料館へ移動しました。写真は資料館前にある放水口発電所で発電所から出る利用後の水を再利用して発電した他に類を見ない発電所です。



H2811南区研修旅行 (5)

 資料館は旧八百津発電所本館で、レンガ造り白色モルタル仕上げのモダンな外観となっています。
 内部は発電関連装置の他、八百津町情報コーナーが設置され、八百津町の文化・歴史資料が沢山展示されていました。



H2811南区研修旅行a (1)

 館内には圧倒的な迫力で巨大な水車と一体となった発電機が3基設置されていました。1基は分解され、水車や発電機の内部構造を見ることが出来ました。



H2811南区研修旅行a (2)

 この発電所の木曽川対岸には木曽檜を筏に組み下流へ運んだ「錦織綱場」があり、発電機の設置されたこの部屋には、大切な歴史遺産である木曽川筏が再現展示されていました。



H2811南区研修旅行 (7)

 帰りは郡上八幡駅から美濃太田駅まで長良川鉄道(ゆらーり眺めて清流列車)に乗り長良川の清流を窓から楽しみました。残念ながら観光列車「ながら」ではなく一般客も一緒に乗っての乗車となりましたが、込み合うことは無くゆっくり走る列車の旅を満喫しました。

 今回の研修旅行は、南区で地域の活性化に取り組む同じ目的を持った同志が顔を合わせ、情報の交換や親睦を図ることが出来、有意義な旅行となりました。

 この研修会の世話役として幹事を務められた春日野学区成田委員長と笠寺学区石川委員長大変ご苦労様でした。おかげで楽しく過ごすことが出来ました。
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター