平成29年度 南保護区保護司協力会総会

 6月22日(木)午後2時より南区役所講堂において、平成29年度南保護区保護司協力会総会が開催されましたので紹介します。

 南保護区保護司協力会は、区内における更生保護事業活動に対する理解と認識を深めるとともに、社会奉仕の精神をもって、個人及び公共の福祉に寄与することを使命とする、南保護区保護司会の活動に協力しています。

 それでは会場へご案内・・・



H2906保護司総会 (9)

 開会の言葉は藤井副会長が、藤井ですと同名で今話題沸騰の将棋藤井4段に掛けユーモアあふれる開会挨拶を行いました。



H2906保護司総会 (2)

 来賓として浅井南区長は、行政としても更生保護事業活動に協力し、区役所としても地域での居場所づくりに取り組んでいきたいと挨拶されました。



H2906保護司総会 (1)

 南保護区保護司協力会見田会長が議長となり議案の審議が始まりました。
 1) 平成28年度事業報告
 2) 平成28年度決算報告
 3) 会計監査報告
 4) 平成29年度事業計画
 5) 平成29年度予算(案)
 について審議を行い質疑応答を経て採決し賛成多数で可決されました。最後に万歳三唱を行って閉会しました。



H2906保護司総会 (3)

 続いて“社会を明るくする運動”南区推進大会が開催されました。今回は行政が更生保護事業関係者と連携して活動する最初の大会となりました。

 南区役所浅井区長が、”犯罪や非行を防止し立ち直りを支える地域のチカラ”の推進にあたってのお願いについて、安倍総理大臣からのメッセージの伝達を受けました。



H2906保護司総会 (4)

 昨年度の社会を明るくする運動の作文優秀賞2作品が披露されました。

 最初の作品は今年大江中学校1年生になったT君が、相手から受けた親切を忘れずに、相手を思いやる心の大切さを知りました。皆が相手を思いやれば明るい社会が開けてきますと、自身が挨拶運動を行った体験も作文に記し朗読を行いました。



H2906保護司総会 (5)

 もう1作品の明豊中学校1年のWさんも、日常の中でちょっとした勇気をもって行動すれば、清潔で住みよいまちになるでしょう。私達にも出来る周りへの思いやりの心が社会を明るくしますと作品を朗読されました。

 最後に”犯罪や非行のない明るい社会これは私達の切実な願いでもあります。私達は社会を明るくする運動を展開し、南区から犯罪や非行を無くすために活動します”と、大会宣言を行い閉会しました。



H2906保護司総会 (6)

 大会終了後に関係者が区役所東側の公開空地へ移動して、~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~の懸垂幕の掲示を行いました。



H2906保護司総会 (7)

 その後に区役所玄関において道行く人や、区役所を訪れた人に啓発グッズの配布を行いました。



H2906保護司総会 (8)

 社会を明るくする運動のイメージキャラクター「ホゴちゃん」と南区キャラクター「ミオー」が、玄関ホールで啓発活動に一役買っていました。

 犯罪や非行の防止と過ちを犯した人の立ち直りについて、献身的に活動される保護司会の皆様、区民の皆様の理解と協力を得て明るい社会建設の為、今後ますますのご活躍を願います。

平成28年度 南保護区保護司協力会総会

 6月23日(木)午後2時より南区役所講堂において、平成28年度 南保護区保護司協力会総会が開催されました。

 保護司会は”社会を明るくする運動”を通じて~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~を合言葉に犯罪の防止運動や更生保護活動を行っています。

 本会はその南保護区保護司会の活動に協力し支援する団体で、本年度の活動計画などを審議するために開催されました。

 それでは会場へご案内・・・



H2806保護司会 (1)

 区役所2階講堂の玄関ホールで受付を行っています。受付には各学区の保護司さんが駆けつけています。桜学区は吉田会長が出席していました。(写真右から3人目)



H2806保護司会 (2)

 ホールには全18学区の受付けが設置され、学区からの出席者の受付けを行っていました。



H2806保護司会 (3)

 会議には来賓として南区長始め、名古屋保護観察所企画調整課長、南警察署が出席されました。



H2806保護司会 (6)

 来賓の名古屋保護観察所企画調整課長は犯罪を犯してしまったが、真摯な人の立ち直りの機会を地域と保護司さんの活動により行っており感謝します。
 東京オリンピックまでには再犯防止を図り、世界一安心できる街を目指しましょうと、保護司会の活動に祝辞を述べられました。



H2806保護司会 (7)

 浅井南区長は罪を犯した人の更生を助ける為に、区役所としても地域での居場所づくりに取り組んでいきたいと挨拶されました。

 南警察署からも警察への協力と保護司の活動に感謝されました。

 南保護区保護司協力会見田会長が議長となり議事の取り回しを行いました、議題は次の通りです。
  1)平成27年度の事業報告
  2)平成27年度の決算報告
  3)会計監査報告
  4)平成28年度の事業計画案
  5)平成28年度の予算案
 について審議され、質疑応答を経て採決し賛成多数で可決されました。



H2806保護司会a

 閉会後に昨年社会を明るくする運動の作文優秀賞2作品が披露されました。1作品は今年大江中学校1年生になったSさんの作文。「私達にも出来る挨拶によって住みよいまちづくりをしようと挨拶や呼びかけの大切さ」を訴えていました。

 もう1作品は桜田中学2年I君の作文。「犯罪は一人ひとりでなく地域の協力により防ぐことが出来ます。犯罪防止マップなど地域全体で住み良い環境を作り予防することが大切」と作文を書き上げていました。

 本日の総会は普段は表舞台へ出ない保護司さんの活動について、改めて大変さを理解しました。お体に注意して地域と協力して今後も活動をお願いします。

平成27年度 南保護区保護司助成会の定期総会

 6月25日(木)午後2時から南区役所講堂において、南保護区保護司助成会が主催して平成27年度定期総会が開催され、桜学区の消防団顧問柿田さん、保護司OG角田さん、森川委員長、監事として少年補導松岡さん、会場受付に保護司の吉田さんが出席しましたので紹介します。

 保護司は,保護司法に基づき,法務大臣から委嘱を受けた非常勤の国家公務員(実質的に民間のボランティア)です。

 主な活動は保護観察官と協力して、犯罪や非行をした人に対して、更生を図るための約束事を守るよう指導するとともに、生活上の助言や就労の援助などを行い、その立ち直りを助けるものです。

 それと犯罪や非行を未然に防ぐために、世論の啓発や地域社会の浄化に努める活動を行います。
                        法務省 保護司のホームページより

 それでは総会会場へご案内・・・

 

P1330021_convert_20150626070032.jpg P1330027_convert_20150626070018.jpg

 定刻になり南保護区保護司会の各務副会長が開会を宣言し、続いて南保護区保護司会大矢会長が挨拶されました。



H27保護司総会 (2)

 南保護区司助成会見田会長の挨拶です。犯罪の無い“明るい社会”を築いていくことは、私たちみんなの願い。

 南保護区司助成会は、区内における更生保護事業活動に対する理解と認識を深め、事業の普及と完遂のため活動する保護司会を協力し支援します。


H27保護司総会 (4)

 来賓の名古屋保護観察所都築課長の挨拶です。関係皆さんのご理解ご協力により更生者の雇用が大幅に増え、更生への機会が広がりました。

 若年層へこの活動の主旨を知ってもらい、更に国民の理解を得て犯罪の予防につなげたい。



H27保護司総会 (5)

 南区長の挨拶です。ここにお集まりの方々は区役所が行う様々な事業や各場面で大変お世話になっています。

 保護司さんは罪を犯した人の救済にご活躍頂いています。人は元々悪ではない、悪の道へ入る分岐点まで戻すことにより更生は可能であろうが、それには莫大なエネルギーが必要で大変な作業と思います。保護司さんの活動に感謝します。



H27保護司総会 (6)

 南警察署生活安全課長の挨拶です。保護司さんの活動ご苦労様です。愛知県は刑法犯全体の数は減少傾向ですが、住宅侵入盗・自動車盗(特定車種)・特殊詐欺が増加しています。

 また新聞・TV等が伝える様に少年犯罪も若年化していますので防止策を進めなければなりませんと現状を説明されました。

 その後に見田会長が議長となり以下の議案審議に入りました。
  1)平成26年度事業報告
  2)平成26年度決算報告
  3)会計監査報告
  4)南保護区保護司助成会規約の変更について

 議案は1議案づつ説明され、質疑応答ののち採決を行い賛成多数で可決しました。
 変更の主な事項は今まで保護司女性会と間違われやすかった南保護区保護司助成会の名称を、平成27年6月より南保護区保護司協力会としたこと。

 審議が終了した後に、保護司会大矢会長の御発声による万歳三唱を行って総会が終了しました。



H27保護司総会 (7)

 総会後に中学生による社会を明るくする運動に対する優秀作文2作の披露があり、明豊中学校生徒さんが「大切な気持ちを忘れずに挑戦すること」と題し、私の夢の実現に向け、保護司さんから伝えられ学んだことを生かし、頑張りたいと朗読して会場の拍手を頂きました。

 近年暗い話題で気になっていた母校明豊中学校の後輩(それも50年位・・・)の爽やかな朗読、最後に心がなごみました。
 頑張って夢をかなえてとエールを送りました。

角田さん藍綬褒章受章/桜学区保護司

 桜学区で保護司をお願いしている角田志げ子さんが秋の褒章で藍綬褒章(らんじゅほうしょう)を受章されましたので紹介します。

 褒章は天皇が授与する栄典であり、社会や公共の福祉、文化などに貢献した者を顕彰する日本の栄典の一つです。
 褒章には紅綬、緑綬、黄綬、藍綬、紫綬、紺綬の6種類がありこのうち藍綬褒章は、国や地方公共団体から依頼されて行われる公共の事務(保護司、民生・児童委員、調停委員等の事務)に尽力した方に授与されます。

 角田さんは22年の長きにわたり保護司として南保護区の保護司会に加入し,研修,犯罪予防活動,関係機関との連絡調整,広報活動などの組織的な活動を行って来ました。

 桜学区内においても、罪を犯した者及び非行のある少年の改善更生を助ける活動を、人知れず?地道に進めてこられました。

 また保護司活動の他にも、桜消防団詰所の建設場所が見つからず困っていた時に、用地を借用させて頂き無事詰所の建設を行って消防団活動の拠点を作る事が出来た等、地域に対しても様々なご協力を頂いています。

 この度その長い間の御苦労と活動が認められ受章の栄に浴されました。



保護司褒章 (1) 保護司褒章 (2)

      写真は「褒章の記」と角田さん                  写真は藍綬褒章

 保護司は,犯罪や非行をした人の立ち直りを地域で支える民間のボランティアです。保護司法に基づき,法務大臣から委嘱された非常勤の国家公務員とされていますが,給与は支給されません。
 
 保護司は,民間人としての柔軟性と地域の実情に通じているという特性をいかし,保護観察官と協働して保護観察に当たるほか,犯罪や非行をした人が刑事施設や少年院から社会復帰を果たしたとき,スムーズに社会生活を営めるよう,釈放後の住居や就業先などの帰住環境の調整や相談を行っています。(法務省ホームページより抜粋)

 角田さんこの度はまことにおめでとうございました。今後ともお体に気を付けられ後進に対しご指導ご鞭撻をよろしくお願い致します。

平成26年度 南保護区保護司助成会定期総会

 6月26日(木)午後2時より南区役所講堂において平成26年度南保護区保護司助成会定期総会が開催され、桜学区から理事の角田さん、保護司の吉田さん、少年補導の松岡さん、保護司女性会の山木さん、学区の森川委員長が出席しましたので紹介します。

 南保護区保護司助成会は、区内における更生保護事業活動に対する理解と認識を深め、事業の普及と完遂に努めると共に、社会奉仕の精神をもって個人及び公共の福祉に寄与することを使命とする南保護区保護司会の活動に協力し支援しています。

 保護司は,犯罪や非行をした人の立ち直りを地域で支える民間のボランティアです。
 保護司は,民間人としての柔軟性と地域の実情に通じているという特性をいかし,保護観察官と協働して保護観察に当たるほか,犯罪や非行をした人が刑事施設や少年院から社会復帰を果たしたとき,スムーズに社会生活を営めるよう,釈放後の住居や就業先などの帰住環境の調整や相談を行っています。 

  “社会を明るくする運動”~犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ~はすべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動で、今年で64回目を迎えます。

 それでは定期総会の会場へご案内・・・



H26保護司助成会 (1)

 本総会の来賓として写真右より名古屋保護観察所統括保護観察官、南区長、南警察署生活課長、名古屋保護観察所担当者、伊藤県会議員、山本保護司会顧問の方が出席しました。



H26保護司助成会 (2)

 南保護区保護司助成会の見田会長の挨拶です。



H26保護司助成会 (3)

 南保護区保護司会の角岡会長は、保護司の定員不足と高齢化の解消として若い人への後継や、保護司の業務について話をされました。



H26保護司助成会 (4)

 来賓の名古屋保護観察所統括保護観察官は、地域による労務奉仕、就労支援を受けない人の再犯率は受けた人の5倍、社会貢献が更生には大切になるので雇用協力者を紹介願えないかと話されました。



H26保護司助成会 (5)

 横田南区長は、保護司の活動について敬意を払い、社会を明るくする運動等で安心安全なまちづくり活動など行政としても協働して保護司助成会とともに支援したいと話されました。



H26保護司助成会 (6)

 南警察生活課の都築さんは、犯罪状況の説明で犯罪の認知件数については減少傾向にある、頑張って防止に努めたい。薬物に関しては再犯率が高いと話されました。



H26保護司

 議案の審議は見田会長が議長となり、平成25年度の事業報告として保護司の知識・面接技能の向上を図るための研修会の実施を報告。
 地域の各団体と協働で保護司事業の充実や、運営の円滑化、見識向上のための研修会の実施、小中学校への広報等の実施を報告。

 平成25年度の決算報告を喜多村会計、監査を吉田監事から報告があった。

 報告議題については賛成多数で可決した。



H26保護司助成会

 最後に“社会を明るくする運動”の作文コンテストの小中学校生徒の優秀作品の発表と朗読があった。
 高木さんの自分を外から見てみようと大島さんの地域の繋がりの希薄化・子供の悪さを叱れない大人・や更生の方策についての朗読を聞いたが、2作品とも現状を冷静に見て正確に言い当てており、小中学生の作文とは思えない位見事な作品であった。
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター