健康100歳体操サロン/春日野学区

 10月30日(火)午前10時から春日野コミセンにおいて春日野学区民生委員と女性会が共同で春日野健康100歳体操サロンを開催しました。開催状況を見学してきましたので紹介します。

 このサロンは桜学区が4月に始めた”桜げんきシニアサロン”をモデルに、南保健センターから勧められ春日野学区元民生委員の荘司さんが中心となって、実施に向けた検討を行い実際の運営を見学して、9月に発足させたサロンです。

 それでは会場へご案内・・・



H3010春日野100歳体操 (1)

 自宅で血圧測定をしていない人はここで体操する前にしっかり測って下さい。高めの方はご自身の体調と相談して無理に行わないで下さい。

 計測を行っている写真右側の人がこのサロンの発案者の荘司さんです。



H3010春日野100歳体操 (2)

 春日野学区担当の竹内保健師が体操の流れと進め方について指導しました。体操中に疑問点が生じればお答えしますので遠慮なく質問して下さい。(・・・とカンペ片手に回答しました)



H3010春日野100歳体操 (3)

 説明が終わると準備体操としてスマイル体操を行いました。さすが2か月間の経験を経て皆さんビデオのガイドが無いのにスムーズに体操をしています。



H3010春日野100歳体操 (4)

 腕を横に上げる体操です「♪ めだかの学校は 川の中・・・」、皆さん黒板に貼った歌詞シートに沿って歌い体操しています。CDラジカセから流れる音楽により黒板に貼った5枚の歌詞シート順に歌いながら体操しています。



H3010春日野100歳体操 (5)

 椅子の後ろに立って脚を横に上げる体操です。「♪頭を雲の 上に出し・・・」皆さん少しきついのか上げた脚の反対側へ体が傾いていますよ。



H3010春日野100歳体操 (6)

 体操が終わりサロンを開催した荘司さんから皆さんへお願いがありました。保健センターの支援期間(11月末までと左右の指を1本づつ立てて・・・えっ)が過ぎたらその後は春日野学区で自主的な運営を行いますので皆さんご協力をお願いします。



H3010春日野100歳体操 (7)

 竹内保健師は皆さんの体操を見てより効果的に行う為に3つの指摘を行いました。
1)脚の横上げ体操ではつま先を開かず前を向けたまま上げて下さい。
2)脚を上げる時は体を一緒に倒さない様に脚だけ上げて下さい。
3)脚を上げる幅は30cm位で広すぎない様に。
 ここを意識して体操を行うとより一層効果が高くなりますよ。

 春日野学区と桜学区の100歳体操サロンは、お隣学区のこともあり体操器具が調達出来るまでの不足分をお互いに貸し借りして仲良く運営しています。今後も情報交換を始め色々な協力を行って共に快適なサロンとなる様に協力して運営をしていきましょう。

第2回 春日野学区芸能祭

 10月13日(土)午前9時40分から春日野コミセンにおいて春日野学区連絡協議会が主催して第2回 春日野学区芸能祭が開催され、菊住学区野村会長と桜学区森川会長が招待を受け見学しましたので紹介します。

 春日野学区芸能祭は成田会長が住民の要望に応え、昨年からコミセン文化祭とは別に企画開催するもので、歴史文化に強い春日野学区の特徴を良く表しています。

 それでは会場へご案内・・・



H3010春日野芸能祭 (1)

 第2回 春日野学区芸能祭の看板が掲げられたコミセン玄関です。大勢の人が集まり様々な演技が披露されます。



H3010春日野芸能祭 (2)

 開会式典では春日野学区成田会長が皆様の期待に応え今年も舞踊・演奏・詩吟等コミセンを利用する多くの教室や愛好者をお招きして素晴らしい演奏・演技を披露させて頂きますのでお楽しみくださいと挨拶されました。



H3010春日野芸能祭 (10)

 春日野学区特別顧問の元衆議院議員塚本先生のご挨拶です。先生は御年91歳!得意な歌は「♪ ここはお国を何百里 離れて遠き 満州の・・・」昔の歌は良く覚えているそうで、今でも14番まで唄えます!!



H3010春日野芸能祭 (9)

 春日野学区顧問の藤沢市会議員は芸能祭に合わせ歌で挨拶「♪ 男だったら 一つにかける 掛けてもつれた謎を解く・・・」そう往年のTVドラマ「銭形平次」の主題歌を熱唱し参加者の年代に合わせる対応力の凄さをみせ、多くの妙齢の参加者から喝さいを浴びました。



H3010春日野芸能祭a

 ・・・芸能祭が始まりました。プログラムの最初は詩舞「楓橋夜泊」「平泉懐古」「夕陽の古城」を凛々しい男装で踊られました。良く練習を積まれていて素晴らしく息の合った踊りを披露されました。



H3010春日野芸能祭 (5)

 次は大正琴のグループ“ザ-コスモス”の演奏です。お馴染みのメタリック調のベレー帽を被った6輪のコスモスが秋風に揺れ「ソーラン渡り鳥」「丘を越えて」と懐かしい曲を演奏しました。最後に「大阪ラプソディ」を皆さんで合唱して会場を盛り上げました。



H3010春日野芸能祭 (6)

 詩吟と剣舞が融合して味わいのある演技となりました。詩吟は星心流征香吟詠会の皆さん、剣舞は龍幸剣詩舞道の寺澤さん。8名の合吟に合わせ見事な立ち回りを披露しました。



H3010春日野芸能祭 (7)

 民謡教室のメンバーでお贈りするペギー葉山さんのヒット曲“南国土佐を後にして”「♪ 南国土佐を後にして 都へ来てから 幾年ぞ・・・」若々しいライトブルーの浴衣に身を包んだ7名の熟女が軽快に踊りました。



H3010春日野芸能祭 (8)

 銭太鼓教室の演奏は“おかめひょっとこ”のお面を被って「面太鼓」を演奏し、2曲目は銭太鼓を使ってきよしの“ズンドコ節”を演奏し会場から笑いを誘っていました。毎月第2・5土曜日コミセンで練習しているそうで興味のある方は是非どうぞ。

 今日は久々に懐かしい芸能に触れることが出来ました。歴史に強い春日野学区らしく正調古典芸能を継承しておられ、出演者はどれも見事な芸能を披露されました。

春日野学区盆踊り大会

 8月11日(土)相変わらず暑い日が続きます。春日野学区が主催して午後6時から霞公園で「春日野学区盆踊り大会」が開催され、春日野学区成田委員長から案内状を頂き見に行ってきましたので紹介します。

 春日野学区の盆踊は毎年様々な工夫がされパワーアップしていますので、今年はどんなことが起きるのか楽しみにして見させて頂きました。

 それでは会場へご案内・・・



H3008春日野盆踊 (2)

 オープニングは春日野学区が誇る”愛知県無形民俗文化財 「神影流 桜の棒の手」保存会”の皆さんにより、棒を始め刀・薙刀・鎖鎌等を使用した演武が披露され、多くの史跡・歴史文化遺産が継承されている当学区の重厚な幕開けとなりました。



H3008春日野盆踊 (3)

 棒の手演武は初心者の演武に始まり真剣を使った演武や竹を断ち切る技が続き、クライマックスは、額に巻いたワラ縄を真剣で断つ演武で迫力満点でした。



H3008春日野盆踊 (4)

 今年の目玉かも知れません。小さな女の子が手作りの花笠を持って舞台前へやってきました。踊るのは“花笠音頭”、この日の為に一生懸命練習した成果を皆さんに見て頂きました。可愛いですねー(^_^)v

 南区イメージキャラクター「ミオー」も花笠を被り踊りに参加しましたが、踊りは得意でないようで姿形だけ整え横から子供達を応援していました。<(`^´)>



H3008春日野盆踊 (5)

 春日野学区成田委員長から盆踊り大会に招待された南区長始め地域に関係する公職者・行政機関・学区委員長・役員が紹介されました。



H3008春日野盆踊 (6)

 盆踊り会場周囲には各町内が運営する夜店が沢山出て、多くの子供がゲームを楽しんでいました。これは“風船釣りゲーム”紙ひもを濡らさない様に上手く吊り上げなければなりません。!(^^)!



H3008春日野盆踊 (7)

 こちらはスーパーボールすくいの様子です。水槽の中のボールをすくいますが、暑い日には最高です。この他にも射的や光るおもちゃの店等が開店し、子供達の歓声が沸いていました。



H3008春日野盆踊 (8)

 陽が沈みやや風が出て涼しくなり、いよいよ盆踊が本格的になって来ました。学区内の踊り名人が舞台に上がり、盆踊りの定番から新曲?まで多彩な踊りで盛り上げていました。



H3008春日野盆踊 (9)

 子供向け盆踊曲がかかると舞台に多くの子供が上がって賑やかに踊り、舞台周りにも沢山のチビッ子達が今流の盆踊を楽しんでいました。



H3008春日野盆踊 (10)

 すっかり日も落ちましたがここからが盆踊りの本番の様で、老若男女が達者な踊りを披露していました。

 盆踊には明治・伝馬・大生・菊住・笠寺・桜等近隣の委員長が招かれていましたので、この機会にお酒を酌み交わしながら地域の交流・活性化や福祉事業などについての課題や取組み要領等について意見交換を行いました。

 今後もこの様な機会をとらえて他学区と情報交換を行って、自学区の立ち位置を知り今後の地域活動に繋げて行きたいと考えます。

 春日野学区盆踊り実行委員会はじめ関係者の皆さん開催に当ってご苦労が沢山あったと思いますが素晴らしい行事でした。お疲れ様でした。

 この盆踊を通じ春日野学区の人達がこの夏の暑さにも負けず元気に暮らし、子供から高齢者まで地域の交流が一層深まることと思います。

第6回 菊住夏まつり

 7月21日(土)午後5時から菊住学区連絡協議会は菊住小学校グランドにおいて第6回菊住夏まつりを開催し、お隣の春日野学区成田会長と共に桜学区森川会長が招待を受け、祭りに参加しましたので紹介します。

 まつりは青少年の健全な育成と子供達が創造性豊かに育ってくれることを願い、併せて学区の子供と大人の絆を深め安心・安全・快適な地域社会の構築をめざし開催されました。

 それでは会場へご案内・・・



H3007菊住夏祭り (1)

 午後5時になり開会セレモニーが始まりました。主催者の菊住学区連絡協議会野村会長が、今日の祭りを通して暑さに負けず地域の子供から大人までが仲良く元気に暮らしましょうと挨拶されました。



H3007菊住夏祭り (2)

 来賓の河野南区長の挨拶です。初めて地域の祭りに参加させて頂きましたが大勢の人達が楽しく触れあい、祭りを通して地域の皆さんの交流が深まることを期待しますと挨拶されました。

 この後に学区顧問の市会議員横井先生と藤沢先生も挨拶され来賓の紹介があって、まつりが始まりました。



H3007菊住夏祭り (3)

 第1回目の盆踊に備え菊住学区が誇る盆踊り隊がそろいの浴衣で登場し、祭に参加の皆さんを踊りの世界に引き入れるようです。



H3007菊住夏祭り (8)

 盆踊はクラシックな定番から始まり、浴衣姿の盆踊り隊とエプロン姿の女性会メンバーが主となりお馴染みの踊りを披露しました。



H3007菊住夏祭り (4)

 ここから各団体が出展した模擬店めぐりを行います。一番人気は盆踊りの輪にも届くほど長―い行列が出来た「しゃてき」の店、的に当てても外れても子供達で大盛り上がりでした。



H3007菊住夏祭り (5)

 次は「だがし屋さん1号店」、昔懐かしい雰囲気を漂わせ、珍しそうに子供(親も・・・)が集まって来ました。



H3007菊住夏祭り (6)

 ポップコーンの店は大きめの紙コップにポップコーンをいっぱい詰めて販売し、文字通り“コップコーン”として子供達が美味しそうに食べていました。



H3007菊住夏祭り (7)

 この暑さです。かき氷店にも長い行列が出来ていました。色とりどりのシロップを掛けた冷たいかき氷が飛ぶように売れていました。

 写真では紹介しきれませんがこの他にも、風船釣り・輪投げ・のりせん・のみもの等8店舗が並び、子供達と親を誘っていました。



H3007菊住夏祭り (9)

 第2回目の盆踊は踊りの輪が更に大きくなり、子供達も多く参加し音楽もポップなものとなり、盆ダンスとなったようです。

 お祭に参加させて頂き驚いたのは子供(当然若い親の数も・・・)の多さ、ゆうに当学区の2倍以上の子供(と親)が祭りに参加し(子供だけが)元気に飛び跳ねていました。



H3007菊住夏祭り (10)

 楽しい時間の流れは速く、気が付けば日が落ち暗くなったグランドに可搬式照明装置の明かりが生えてきました。今日は1000人以上!!の参加者があり賑やかにまつりが進みました。

 菊住学区の人達が祭りを通じて交流を深め仲良く暮らしていくことを期待します。

春日野学区防災訓練

 7月7日(土)は七夕さま・・・なんてロマンチックなことを言っている場合ではありません。西日本を中心に記録的な大雨となり死者も出る大災害となりました。

 南区でもいつ大雨になってもおかしくないような重い雲が空を覆う中で、南区役所・南消防署の支援を受け春日野学区「自主防災訓練・避難所運営訓練」が行われました。

 桜学区から学区会長と副会長2名、防災カルテ作成委員会メンバーが、春日野小学校へお邪魔して訓練の様子を見学させて頂きました。

 それでは現場へご案内・・・



H3007春日野防災訓練 (1)

 学区内にある公園やコミセン等で各町内自主防災会が訓練を行いました。この桜小公園にも2町内の自主防災会が集まり消防団員が防災講習を行っていました。



H3007春日野防災訓練 (2)

 こちらの自主防災会は消火器を使用して初期消火を行う訓練を行います。自主防災会長さんが消火器の取り扱い方を説明しています。



H3007春日野防災訓練 (3)

 説明を聞いて自主防災会の皆さんが消火器を操作して、火災箇所に見立てた石垣に水を噴射する消火体験を行いました。



H3007春日野防災訓練 (4)

 ここは春日野コミセン駐車場に設けられたある町内の現地本部です。安否確認を終えた避難者が指定避難所の春日野小学校へ向かい避難し始めました。



H3007春日野防災訓練 (5)

 避難所となっている春日野小学校の体育館では、避難してきた町内住民が体育館入口に設けられた避難者受付で避難者名簿に記入をしています。



H3007春日野防災訓練 (6)

 春日野学区成田委員長は、今回の訓練は1)自分や家族を守る自助、2)自主防災活動で隣近所や地域を守る「共助」・「近所」、3)行政と協力して学区全体を守り避難所の運営など「公助」と地震災害に対する1連の流れを体験して頂きました。



H3007春日野防災訓練 (8)

 訓練を支援した春日野消防団と南区役所春日野学区担当職員、防災担当職員、避難所担当職員です。



H3007春日野防災訓練 (9)

 南消防署清水署長は、災害が発生したらまず自分や家族の命を守って下さい。自分の命が守れれば隣近所へ声掛けを行い助けることが出来ます。この様な体験を次に生かしていくためにも毎年訓練を行う等、継続することが大切です。



H3007春日野防災訓練 (10)

 南区役所学区担当職員畑谷課長は、自転車で全学区内を回るつもりでいましたが雨を心配して徒歩で来た為、近くしか回れませんでした。多くの町内が初期消火訓練や応急手当訓練を実施していましたが、全体の把握が出来なかったことを悔やんでいます。<(_ _)>



H3007春日野防災訓練 (7)

 最後に成田委員長は参加者へ謝辞を述べた後に、こうした訓練を続けて心配される南海トラフ大地震に備え、地域の防災力を上げて行きたいと挨拶されました。

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター