桜学区成人式

 1月9日(月・祝)昨日の午後から降り始め、心配していた雨も明け方にはすっかり上がり、新成人の門出にふさわしい素晴らしい晴天となり、午前10時30分より桜学区連絡協議会は、桜小学校体育館において成人式を挙行しました。

 成人式を挙行するに際し会場の準備には、桜小学校の教頭先生、教務主任の先生に協力を頂いて、学区公民会長・団体長が会場作りに汗を流しました。また現在校舎の大規模改修中の工事関係者も正門近傍の工事現場の片づけを行って新成人の安全に配慮して頂きました。

 それでは成人式会場へご案内・・・



H2901成人式 (1)

 10時になり新成人が会場にやって来ました。机に投票所の様に町名を書いた札を下げて、迷わず受付が出来る様にしてあります。右手の壁には桜小トワイライトスクールの活動状況写真が貼られており、子供達の楽しい活動を見ることが出来ます。



H2901成人式a

 今回は南区制100周年記念事業「時をこえて私への手紙」で、新成人になる平成20年度卒業生が8年後の自分に宛てた手紙を預かっています。受付で本人へお渡しましたので読んで成長を感じて頂きたいですね。



H2901成人式 (2)

 午前10時30分になり、宮尾副会長(写真)が開式の言葉を述べ式が始まりました。



H2901成人式 (3)

 会場全員が起立して国歌を斉唱しました。始め少し緊張しましたが、元気な声で斉唱することが出来ました。



H2901成人式b

 主催者挨拶は学区森川会長が大人としての自覚を持つ、夢や目標を立て積極的に挑戦をと新成人を励ましました。
 成人式の司会進行は学区石川副会長が行います。


H2901成人式 (4a)

 場内が暗くなりました・・・「心のともしび」、成人となる諸君の前途に幸多かれと、熱田神宮から古式にのっとり頂いたご神火をローソクに点火し、前へとリレーして送りました。

 
H2901成人式 (5)

 新成人を代表して、泉田君と蟹江さんが壇上へ上がり、紅白のローソクに点火しました。



H2901成人式 (6)

 誓いの言葉は新成人を代表して山口君が、式典開催へのお礼、成人の日を迎えるに際し家族や地域の方々の見守りへの感謝、先人に倣い目標を持ち粘り強く努力を続ける決意を述べました。



H2901成人式 (7)

 桜学区担当職員の保健所磯部主幹は、来賓として新成人への励ましと南区長から預かった祝辞を代読されました。



H2901成人式 (8)

 桜小学校水口校長先生は、来賓祝辞で新成人が在籍した平成20年頃の国内の出来事を説明され、当時の様子をお話しされました。



H2901成人式 (9)

 桜学区顧問の藤沢市会議員は、来賓としてこの先の長い人生には良い時も悪い時もあると思いますが、粘り強く夢への挑戦を続けて欲しい、また政治への関心を高めることなどを新成人にお話しされました。



H2901成人式 (10)

 新成人の日野さんは本日の式典開催へのお礼や、来賓からのお祝いと貴重な話への感謝、旧友との久しぶりの再会で刺激を受け共に社会の一員として成長していきたいと述べました。



H2901成人式 (11)

 最後は榊原君と河村さんによる交通安全宣言です。大人として交通ルールを守り、飲酒運転をしない等交通事故の無い安心・安全なまちの実現に努めますと二人で力強く宣言しました。



H2901成人式 (12)

 今回の式典へ出席した新成人は男性22名、女性24名の46名です。式後に記念写真に納まりましたが、その後も気の合った友達が恩師と一緒に記念撮影する姿が見られ、あちらこちらで撮影の輪が出来ていました。

 今年の新成人は派手な身なりをするもの、式典中に話をしたり席を立つものも無く、厳粛な雰囲気で挙行でき、大人の自覚が出来ていたようです。

 新成人の皆さんは今日が大人としてのスタートです。社会の風は厳しい時もありますが、友や恩師と語り刺激を受け合った今日の気持ちを忘れずに、苦しい時も諦めたり投げ出したりしないで前を向いて学業・仕事に励んで下さい。

 この地域から羽ばたく新成人の皆さんの若い力に大いに期待すると共に、ご多幸をお祈り申し上げます。

平成27年桜学区成人式

 1月12日(月・祝)午前10時30分より桜小学校体育館において、桜学区連絡協議会は南区役所学区担当職員岡崎主幹、桜小学校水口校長先生、桜田中学校横井教頭先生、新成人小学校の恩師二村先生、南警察署平尾警部及び学区顧問の藤沢氏を来賓に迎え成人式を開催しました。

 今日の天気は少し風が出ましたが、晴れ着の女性に優しい晴天となりました。新成人は小学校正門の前や会場へ入っても、写真を取り合ったり久しぶりの再会を喜んでいた人も多く見えました。

 本年の成人式は男性27名、女性23名の計50名が出席し開催しました。昨年は男性10名に対し女性28名と数の上では女性が圧倒していましたが、本年はほぼバランスの取れた人数となりました。

 なお、本日に飛び込みで3名が式場へ来ましたが、一生に一度のお祝い事、そのまま受付し参加してもらうこととしました。

 それでは成人式会場へご案内・・・



H27成人式 (1)

 10時30分になり桜学区連絡協議会加藤副会長が開会を宣言しました。



H27成人式 (2)

H27成人式 (3)

 昨日から式典会場の準備を行った各町公民会長と各団体長も、今日は式典に参加して新成人を祝福しました。
本日の司会は桜学区連絡協議会の石川副会長が行います。



H27成人式 (4)

 参加者全員が起立して国歌斉唱を行いました。



H27成人式 (5)

 桜学区連絡協議会森川会長は、新成人に対して自身の言動に責任と自覚を持ち、精神的・経済的にも自立すること、継続は力、何事も簡単にあきらめずに粘り強く努力する大切さを話されました。



H27成人式 (6)

 心のともしびは、新成人の前途を照らし導くために、前日に熱田神宮へ出向き、古式にのっとり御神火を頂いてきました。
 この火を新成人のリレーで田村君と入江さんに繋ぎ、舞台に設置した燭台ローソクに点火して頂きました。



H27成人式 (7)

 新成人を代表して小林君が、成人としての決意、両親や友達・先生方・地域の人達に感謝しますと誓いの言葉を述べました。



H27成人式 (8)

 来賓の南区役所桜学区担当岡崎主幹は、社会人として社会に貢献する考え・行動を期待しますと南区長からの祝辞を述べられました。また大人として選挙の権利が生じます、政治にも関心を持ち投票により自分の意見を述べて欲しいとお話しされました。



H27成人式 (9)

 桜小学校の水口校長先生は、卒業アルバムを見て新成人の小学校当時の状況を確認し、夢に向かって叶える努力を続けることが大切とお話しされました。



H27成人式 (10)

 学区顧問の藤沢さんは、挑戦する勇気が大切と、仮に失敗しても若い皆さんに時間は十分にありますので、挫折する事無く新しい目標を決め進むことが大切と、ご自身の経験を基にお話しされました。



H27成人式 (11)

 本日ご出席を頂いた来賓の、桜田中学校横井教頭先生、新成人小学校の恩師二村先生、南警察署平尾警部の紹介がありました。



H27成人式 (12)

 新成人お礼の言葉は浦上さんが新成人を代表して、式典の開催や来賓者への祝辞、恩師・友人への感謝について述べられました。



H27成人式 (13)

 江間君と成田さん二人による交通安全宣言です。大人として交通ルールを順守して交通災害の撲滅に貢献しますと宣言されました。



H27成人式 (14)

H27成人式 (15)

 最後に全員で記念写真を撮影しました。皆さんの若い力に大いに期待すると共にご多幸をお祈りします。
本日は誠におめでとうございました。

平成26年桜学区成人式

 1月13日(月)午前10時30分より桜小学校体育館において、桜学区連絡協議会は小中学校の校長、新成人の小学校卒業時の恩師、行政各署から来賓をお迎えして、「平成26年桜学区成人式」を開催しました。

 今日はよく晴れて風も穏やかで、寒さも少し和らぎ新成人をお祝いしてくれているようです。



成人式a (2)

 10時頃から新成人が会場へ来て受付を始めました。久し振りに会って喜ぶ人、容姿の変貌に驚く人など成長を確認し合う再会となりました。

 それでは華やかな成人式会場へご案内、カメラを用意してお入りください・・・



成人式a (1)

 新成人が静かに席に着きました。間もなく式典の開催です。今年の成人式へ出席は、卒業児童数が少なかったこともあり男子10人、女子28人と少なめで男女の比率もアンバランスとなりました。



H26成人式 (1)

 午前10時30分になり、加藤学区副委員長が開式宣言を行い式典が開始されました。其の後、国歌の斉唱を行い式典が進行していきました。



H26成人式 (2)

 学区森川委員長による主催者挨拶です。新成人に対し粘り強く折れない強い心で前を向いて進むことと、成人のみに与えられる選挙権について、大人として政治に関心を持ち1票の大切さを知り、責任を果たそうと述べられました。



H26成人式 (3)

 ・・・場内が暗くなりました。係の人が、新成人の持つローソクに点火していきます。



H26成人式 (4)

 新成人二人の男女が代表して「心の灯火」を点火します。お互いに気を配りながら壇上へ進み点火しました。この光は自分の心や周りの人の心を明るく照らすと共に、進む道も照らすことが出来ることでしょう。



H26成人式 (5)

 誓いの言葉は、新成人を代表して太田君が行いました。自分の言葉でこれからの夢や周りの人への感謝を語りました。



H26成人式 (6)

 来賓の方の祝辞です。最初に区役所から桜学区担当職員の岡崎主幹が、南区の現状と若者に期待するメッセージと選挙権の大切さついて述べられました。



H26成人式 (7)

 祝辞が続きます。桜小学校の大島校長先生は、古い記録から新成人の当時の児童としての思い出や、特に誓いの言葉に成長を感じ取り感動したとの祝辞を述べられました。



H26成人式 (8)

 来賓の最後は学区顧問の藤沢先生、先生は自身の体験(例の選挙)を踏まえ、挑戦することの素晴らしさ、皆さんはまだ若い、努力している姿を見れば例え失敗しても周りの支援が得られ十分に挽回できる、前を向いて進んでほしい。・・・とエールを送られました。



H26成人式 (9)

 新成人の山内さんからは落ち着いて、学区の式典開催と新成人への気配りに対してお礼の言葉を述べました。



H26成人式 (10)

 蟹江君と本多さんの二人からは、大人の自覚を持って交通ルールを守るという、交通安全宣言がありました。



H26成人式 (11)

 今年も新成人全員は、身も心も立派に大人へ成長した姿で臨んだ為、厳粛で素晴らしい式となりました。

 また来賓としてご招待した卒業当時担任の先生は、新成人が小学校在学中に行った1/2成人式(10歳の時に行う桜小の行事)の際に残した想い出の記録を渡しました。新成人は当時に思いをはせ原点を見つめ直していました。

 「頑張れ新成人!今日が大人のスタート、まだ先は長い前を向いて進もう」。・・・本日は誠におめでとうございます。

桜学区成人式の挙行報告

 平成25年1月14日 桜小学校に於いて桜学区成人式を挙行しました。今日はあいにくの本格的な雨、新成人にはアンラッキーな天候となりました。(昨日と変わっていれば・・・)

 当学区に成人式への参加を申し込まれた人は男性40人、女性20人と数の上では男性優位となりました。開式前の式場には新成人たちの笑顔の輪がいくつも出来て互いの成長を確認し合っていました。

成人式1

10時30分 いよいよ桜学区成人式の開式です。

成人2

 式が始まり、心の灯火では新成人の今後の歩みを照らす御神火をリレーし、武石君と熊澤さんが代表して演壇の燭台に火を灯し、皆の希望が心の中で永遠に輝き続けることを願いました。

成人3

 新成人を代表して向井君が大人になる心構えや責任について力強く誓いの言葉を朗読しました。

 その後に来賓の皆様より新成人に対し大人としての自覚や自立そして覚悟、大人にだけ与えられる選挙権の行使、後輩の校歌を聞き初心に回帰し新たなスタート、次代を担う若者の心意気等、多くの熱い祝辞を頂きました。

成人4

 新成人からのお礼の言葉は、吉田さんが丁寧に自分達への心遣いについての感謝や大人としての責任を果たす覚悟を述べられました。

成人5

 その後、藤堂君、岡田さんが交通ルールの順守・飲酒運転の防止等息の合った交通安全宣言を行い、式は無事終了しました。

成人式6

 式後は記念撮影を行い、新成人たちは恩師や友との久し振りの再開を喜び、交流を深め合いました。

 前日より新成人の為に会場の準備をした桜学区連絡協議会の公民会長、団体長さんご苦労様でした。

区長と学区を語る会の開催報告

 12月13日(木)午前10時から1時間半コミセン2階会議室において「区長と学区を語る会」が開催されました。

 語る会には、区役所から区長始め区民生活部、区民福祉部の部課長、学区担当職員9名が出席し、学区から民生児童委員、主任児童委員を始め公民会長、各団体長26名が参加しました。
今回は子育て支援と高齢者支援をテーマとして意見の交換を行いました。

 子育て支援については、主任児童委員が乳幼児を対象とした育児サロンの運営、小中学生の虐待予防等については青少協・子ども会によるあいさつ運動や協働行事・下校パトロールによる見守り・声掛けなど活動の様子を報告した後、フリートーキングによる話し合いを開始。

 区役所からは支援策や他学区などの情報を提案して頂き、学区側に不足している事項を確認しました。また若いお母さんに普及しているネットを使った情報伝達の限界や、行政が行う様々な支援事業の見つけ方についても話題になりました。

 高齢者支援については、民生児童委員が元気な高齢者の支援策と外出がままならない高齢者それぞれに対応した見回り・声掛け活動の様子を報告した後にフリートーキングを開始。

 元気な高齢者にはサロンのような集う場所の必要性を訴えました。また孤立しそうな高齢者に対してはご近所の見守りの必要性や、万一の時の連絡体制の確立についても話し合いを行いました。災害時に要援護者となる高齢者については避難援助のためのハザードマップの必要性を提案しました。

 区役所からはマップ等の作成は比較的小さな単位(2~3町内程度)が纏め易いことや、区役所支援窓口の紹介を受けて活動すると効率が良い等、実際に作業を行う場合の注意点について意見がありました。
 徘徊者対策については、訓練を実施した場合に探す側の意識が変わり、見つける度合いが高まり効果があるので一度実施を検討してみてはと提案あり。

 最後に区長から本日の語る会について、地域と共同で取り組み少しでも前へ進めるよう努力しましょうと挨拶を頂いて閉会しました。

 地域としても普段は顕在化しない民生児童委員の活動への理解が深まったことと、学区組織の協力体制で問題の解決を図ることの大切さが確認でき、有意義な時間でありました。

 お忙しい中「語る会」に出席を頂いた区役所関係者様ありがとうございました。

語る会1

語る会2
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター