認知症サポーター講習会

 8月26日(土)午前10時から桜学区地域福祉推進協議会は、地域支えあい事業として、桜コミセンにおいて「認知症サポーター講習会」を開催しました。

 本講習会は、地域の人が認知症になっても安心して住み慣れた町で暮らして頂くため、公民会長・民生委員さん等が認知症について正しい知識をもち、日常から暖かく見守り支える手立てを知って頂くために開催しました。

 それでは会場へご案内・・・



 H2908認知症サポータ講習 (8)

 講習会は南区社会福祉協議会にお願いし、介護現場の最先端で活動する北部いきいき支援センターや介護支援センターなごみの担当者が講師となり開催しました。



H2908認知症サポータ講習 (3)

 本日の参加者は各公民会長・民生委員さん等30数名、各町内でも身近になってきた高齢認知症について対応の仕方や心構えについて学習しました。



H2908認知症サポータ講習 (1)

 最初に北部いきいき支援センターの間瀬さんが、講習会に先立ち支援センターの活動や、本日の講習とのつながりを紹介しました。



H2908認知症サポータ講習 (5)

 認知症サポーター講習は、前回もお願いした介護支援センターなごみの阿隅さん。サポーターの活動や心構えについてスライドを用い以下の事項について説明されました。
1)認知症の動向については、2015年517万人、2020年には602万人に
  増加の傾向。
2)認知症を理解する。
  ①原因・疾患、②症状、③診断・治療について。
3)認知症ご本人の気持ちについて。
4)認知症の人と接するときの心構えについて。
我々が知りたかった事例について説明されました。(^_^)v



H2908認知症サポータ講習 (6)

 身近な事例について紹介がありました。認知症の進行に伴う本人の諸症状の変化や、対応した介護サービスの状況について時系列で説明されました。回復は見込めず家族などの介護の大変さが解りました。<(`^´)>



H2908認知症サポータ講習 (7)

 最後にサポーターとして出来ることについて説明されました。「特別なことをするわけではない。専門機関へ相談することを進めたり、同じ意志を持った仲間を増やし活動を広げることを心掛けて下さい」と言われ、少し肩の力が抜けました。



H2908認知症サポータ講習 (4)

 講習終了後に質疑応答を行いました。参加者から認知症者のコンビニでの支払援助を泥棒扱いにされた苦い経験談を討論し、認知症者への対処法の難しさが改めて浮き彫りとなりました。

 本日の講習会は、今年11月12日(日)に行う避難所開設運営訓練に先立ち、事前学習の一環として要援護者となる人への日頃の見守りと対処法を学びました。

 講師を務めて頂いた介護支援センターなごみの阿隅さん、北部いきいき支援センターの間瀬さん、有り難うございました。

 あと1回、10月1日に「要援護者の支援について考える」を事前学習して、避難所開設運営訓練に繋げたいと考えます。皆様のご協力を宜しくお願いします。

移動スーパー「とくし丸」出発式

 7月28日(金)午前8時30分より生鮮広場サンエース新郊通店駐車場にて、名古屋初進出となる移動スーパー「とくし丸」1号の出発式が開催されました。

 「とくし丸」は移動スーパーとなる軽トラック。電話連絡があれば提携するサンエースの商品をお届けし、買物不便な地域の皆様には心強い味方となります。



H2907とくし丸チラシ

 桜学区はもともと商店の少ない地域ですが、近年は生鮮食品を扱うスーパーや個人商店の撤退が進んだうえ、学区東側地区は土地が低くなっており、特に高齢者には買い物が不便となっています。

 それでは出発式会場へご案内・・・



H2907とくし丸出発式 (1)

 買物不便な桜学区に救世主が現れました。移動スーパー「とくし丸」が移動販売に名乗りを上げ、今日はその第1号の出発式です。関係者や見物人、TVカメラまで集まって来ました。



H2907とくし丸出発式 (2)

 生鮮広場「サンエース」社長の小杉憲一氏の挨拶です。この地域に住む買物がご不便な方の為に、移動スーパー「とくし丸」により、サンエースの生鮮食品をお届けしますと元気に挨拶されました。



H2907とくし丸出発式 (3)

 手前は移動スーパーとなる「とくし丸」、商品イラストを全面に施した派手な軽トラックに本格冷蔵庫を搭載し、刺身・鮨・お肉・野菜などの生鮮食品・生活用品等を見て買うことが出来ます。



H2907とくし丸出発式 (4)

 南区役所区民福祉部加藤部長は、高齢化の進んだこの地域の買物不便を解消するために、地域と業者が手を組み、生活環境が改善することを願いますと挨拶されました。



H2907とくし丸出発式 (5)

 手前より南区役所加藤部長、サンエース小杉社長、とくし丸浅野さん、南区社協石黒事務局長、南区役所福祉課岩田課長が並びテープカットを行いました。

 いよいよ「とくし丸」の移動販売が始まります。学区としてもより便利になる様に、地域と業者との意思疎通を支援して改善を図り、より便利に地域生活を送ることが出来る様にと考えます。

 販売業者の学区への紹介や、販売開始までの説明・広報・諸手続きに力になって頂いた南区社会福祉協議会に感謝します。

平成29年度 第1回桜学区地域支えあい事業連絡会議

 6月26日(月)午後2時から桜コミュニティセンターにおいて、桜学区地域福祉推進協議会と南区社会福祉協議会は、平成29年度第1回桜学区地域支えあい事業連絡会議を行いました。

 桜学区地域支えあい事業は、”桜学区おたっしゃかねプロジェクト”の愛称の下、ふれあい給食サービス事業・高齢者個別支援・ふれあいネットワーク・高齢者サロン・子育てサロン等の福祉事業を展開しています。

 本日は本年度第1回の連絡会議で、今年度の活動方針を協議しました。

 それでは会場へご案内・・・



 H2906支えあい会議 (3)

 本日の会議の出席者は南区社会福祉協議会石黒事務局長他2名、南区北部いきいき支援センター菊池センター長他3名、ニコニコハウス阿隅さん。桜学区は役員4名の他、公民会長1名、桜コミセン管理人4名、民生委員1名、サロンボランティア1名の皆さんです。



H2906支えあい会議 (1)

 南区社会福祉協議会石黒事務局長の挨拶があり会議が始まりました。議題と協議内容については以下の通り。

1.平成28年度の事業報告について
 (1)各認定事業のポイント還元状況等について活動延べ人員約700人
   2700ポイントであった。
 (2)相談窓口、個別支援状況報告
  ①相談件数:9件/年
  ②個別支援利用者数:14人
 要援護者と各町内や民生委員さんとの連携が機能しだしたこと等から、
 コミセン相談窓口への依頼件数は減少傾向であった。

2.平成29年度の事業の計画について
 (1)活動連絡会議構成員について
   認知症予防サロンの代表は水野さんに変更します。他は変更ありません。
 (2)認定事業について
   事業の変更はありません昨年と同じ事業で活動します。
 (3)福祉関係講習会及び桜学区の避難所開設・運営訓練について
  ①認知症サポーター養成講座は8月26日(土)午前10時を予定します。
   フォロー講座を行いますので日程の調整を行って連絡を行います。
  ②要援護者について学区及び関係団体の研修会は7月13日(木)要援護者の
   防災に関する研修会、7月23日(日)南区防災セミナー後に、9月~10月
   学区避難所運営研修会を計画します。
  ③研修会後に11月12日(日)南区医師会の災害時医療訓練に合わせ、
   桜田中学校にて要援護者を考慮した避難所開設・運営訓練を行います。

3.生鮮食品の移動販売について
 先月に打診のあった7月下旬から開始予定の軽トラックの移動販売「とくし丸」
 の訪問販売について、販売要領について7月初めに協議の上、7月定例会議
 で学区内に再広報します。

平成28年度 第3回桜学区地域支えあい事業活動連絡会議

 3月12日(日)午後2時より桜コミセンにおいて、桜学区地域福祉推進協議会は第3回 桜学区地域支えあい事業活動連絡会議を開催しました。

 今回は要援護者把握の改善と日常の生活支援や災害時の避難誘導を迅速に行う為に、平成29年度に実施予定の支えあいマップの電子化に向け検討を行いました。

 出席メンバーは、南区社協:山根次長、中島主事、北部いきいき支援:前田さん、丸田さん。
桜学区地域福祉推進協議会:会長、副会長、公民会長、ご近所コーディネーター、高齢者支援ボランティア

 それでは会場へご案内・・・



H2903支えあい講習会 (1)

 桜学区地域福祉推進協議会森川会長の挨拶(写真はありません)に続き、南区社会福祉協議会山根次長が、本日の検討会が桜学区地域支えあい事業の課題を克服して支えあいマップに繋がる様に検討を宜しくお願いしますと挨拶されました。



H2903支えあい講習会 (2)

 南区社協が支えあい事業の概要説明した後、北部いきいき支援センター前田さんが、認知症高齢者への対応や見守り等、高齢者の支え方について事例を挙げながら丁寧に説明しました。


H2903支えあい講習会 (8)
 本日のテーマ「支えあいマップの作成」のグループワークに入る前に、過去に実施した町内が事例発表を行ってマップの作成要領を説明しました。



H2903支えあい講習会 (3)

 南区社協の中島さんから各町内の白地図とマーカーを使った、要援護者を見つける為のグループワークの要領について説明がありました。



H2903支えあい講習会 (4)

 グループワークが始まりました。各グループとも行政からの名簿や民生委員の名簿を基に、自町内に住む生活支援が必要と思われる人を抽出しています。



H2903支えあい講習会 (6)

 本日は公民会長(特に新任)さんに自町内の実情を認識して頂きました。今日の作業要領を学習し自町内へ持ち帰り、来期体制が確立した後なるべく早い時期に民生委員・新組長さん等と協議を行い、更に要援護者を抜け落ちの無いように探して名簿データを作成して下さい。



H2903支えあい講習会 (7)

 熱い議論を交わし支えあいマップの第1段階へ進めることが出来ました。マップ作成には町内と民生委員の情報の共有化が大きなポイントとなります。今後増大する高齢者・障害者の問題を民生委員のみに背負わせる事無く、町内が協力して日常支援を行う仕組み作りをしていきましょう。この名簿はデータ化した後に学区が電子支えあいマップ(eコミマップ)に登録をします。

 町内と民生委員が連携協力することで民生委員の孤立化(町内の無関心)を防ぎ、助けられ下手(ひきこもり)な人をみつけ支援の手を差し伸べることが出来ます。

 この活動の真の目的はマップ作りでなく、町内に住む要援護者の見守りや生活支援を行うことです。こうした日常からの顔の見える関係づくりは、災害時にも要援護者の安否確認を優先的に行う等して、避難行動時に漏れなく確実に支援することが出来ます。

平成28年度 第2回桜学区地域支えあい事業活動連絡会議

1月24日(火)午後2時より桜コミセン2階会議室において、桜学区地域福祉推進協議会は桜学区地域支えあい事業の第2回 連絡会議を開催しました。

 それでは会場へご案内・・・



H2901おたっしゃ連絡会議 (1)

手前より南区社協:石黒事務局長、山根次長、長峰地域福祉推進スタッフ、いきいき支援センター:前田さん、丸田さん。



H2901おたっしゃ連絡会議 (3)

手前より桜学区:宮尾副会長、石川副会長(手だけ)、尾崎公民会長、今泉管理人、藤井管理人、近藤管理人、加藤管理人。森川会長と中島主事は写真がありません。



H2901おたっしゃ連絡会議 (2)

 写真奥右より桜学区:吉田ボラ、太田ボラ、寺田副会長、麻原管理人。

議題
1.平成28年度離事業報告
  1)各認定事業のポイント還元状況は以下の通り。
   ふれあい給食 458ポイント。
   支えあい事業 595ポイント。
   高齢者サロン 930ポイント。
   子育てサロン 194ポイント。
 2)相談窓口状況 11件。
 3)個別支援状況  4件。

2.個別支援の流れについて
 平成29年1月以降の個別支援活動の依頼があった場合の流れは以下の通りとする。
 1)全ての依頼をいきいき支援センターにお願いしていたが、町内の高齢者生活支援体制が
  徐々に構築されてきたのに伴い、お手伝いは各公民会長、生活相談・介護相談はいきいき
  支援センターへ振り割ける。
 2)土日の相談のうちいきいき支援センター関係は、処置が火曜日以降になる旨を依頼者へ
  説明する。

3.公民会長・民生委員向けの講習会開催について
 1)新公民会長向けに各町内に居住する生活支援者を探す仕組み作りを目的とする。
 2)講習会は公民会長・民生委員によるグループワーク方式により実施する。
 3)仕組み作り講習会は3月12日(日)を予定する。
 4)最新の生活支援者が確定した後に、いきいき支援センター等により改めて要援護者
  講習会を計画し接し方を学習する。
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター