令和元年 第1回 桜学区地域支えあい事業活動連絡会議

 6月3日(月)午後2時から桜学区地域福祉推進協議会(以下桜学区推進協)は、南区社会福祉協議会(以下南区社協)の支援を受け桜コミセンにおいて第1回桜学区地域支えあい事業(おたっしゃかねプロジェクト)活動連絡会議を開催しました。

 今日は各事業の代表者が一堂に会して現状の報告と意見を述べ、他のグループとの交流・連携の強化を図りました。

 それでは会場へご案内・・・



IMG_0446.jpg

 出席は南区社協、南区北部いきいき支援センター、社会福祉法人ニコニコハウス担当者と桜学区地域支えあい事業のふれあい給食・子育て支援・支えあい活動・ふれあいネットワーク・さくらカフェ・桜おたっしゃかねサロン・桜シニアげんきサロン代表者です。



IMG_0449.jpg

 定刻になり南区社協の桜学区担当中島主事(写真奥右側)が司会を務め、会議が始まりました。主な議題と検討内容は以下の通りです。

1.平成30年度事業報告について
 (1)各認定事業のポイント還元状況については南区社協から、民生委員会が行うふれあいランチ、主任児童委員が行う子育てサロン、12町内が行うふれあいネットワーク、ボランティアが行うさくらカフェ・桜おたっしゃかねサロン、女性会が行う桜シニアげんきサロンに対し今年度の報告がありました。

 (2)コミセンにて行っている高齢者窓口相談件数、個別支援ボランティアが行っている利用者数についても概要の報告がありました。

2.令和元年度の事業計画について
 (1)桜学区推進協各団体の代表者の変更について報告がありました。また南区社協についても人事異動の報告がありました。

 (2)地域支えあい認定事業について5分野の事業の現状と課題の提案がありました。サロン関係は各サロンの活動内容を利用が必要な人へ伝える方法を工夫し、特に男性高齢者をサロンへ引っ張り出す方策を検討します。

 (3)活動を広げる為、町内会長向けに活動の始め方の学習講座が必要、そのため各町内のボランティアグループ化について先進事例として寺崎町・鳥栖1東の事例発表を行いレベルアップを図る。

 (4)本日も参加者から“福祉とは何?”と禅問答の様な意見が出ました。福祉の本質を理解し活動者の交流や親睦・情報共有等を行い活動の活性化を図るため、交流会を複数回開催したい。<(`^´)>

 また検討を有益に進める為、事前に議題を提示する等の意見が出されました。

3.この会議に参加した北部いきいき支援センターから、事務所が桜学区に引っ越して来ました。便利になりましたので介護などの相談にぜひ利用して下さいとお話がありました。

 ニコニコハウスの担当者には以前も認知症サポータ講習をお願いしており、福祉事業者の立場から近年の介護・介護予防について意見を頂きました。

 今日の会議は久し振りに会ったため最初だけ静かな雰囲気でしたが、時間と共に各団体とも現状の課題や改善に対する提案が出され、活発な意見を出す場となりました。

 今後も関係団体の連携と交流を深める為、各種の機関・団体に声をかけ様々な意見を頂き活動を進めて行きます。

第4次南区地域福祉活動計画のBグループ検討会議(第7回)

 1月29日(火)午後3時から第4次南区地域福祉活動計画のBグループ検討会議(第7回)が南区社会福祉協議会研修室で開催され、出席しましたので紹介します。

 第4次南区地域福祉活動計画は3次計画までの活動を更に発展させる為の5か年計画を、3グループに分かれそれぞれの分野から検討を進めています。

 それでは会場へご案内・・・



H3001地域福祉活動 (2)

 Bグループメンバーが午後3時に南区社会福祉協議会研修室に集合し検討会議が始まりました。今回の検討会は計画策定のためのワーキングとしてBグループ体系図の検討から始めました。



H3001地域福祉活動 (4)

 体系図は各委員から出された実施計画案を基に検討を行いました。・・・実施計画案のスローガンは○○○を育む人づくり、(これでは意思が感じられない)⇒“人をつくる”とした方が意思があり活動し易いのでは・・・。



H3001地域福祉活動 (3)

 検討を更に進め計画を実現させる為のスローガンを“支えあう心を育む”と“人をつなぐ地域をつくる”として、実施できる項目案を考えてみることにしました。



H3001地域福祉活動 (5)

 計画を実現させる実施項目として”共に生きるつながりの仕組みをつくる”、“ボランティア養成と活躍の場をつくる”としましたが、今後は活動の具体的なプランを示して検討を行うことになます。



H3001地域福祉活動 (1)

 次回は今回の検討を踏まえ実施事項の策定と実現させる為の具体的な案を提示し検討することになりました。


次回のBグループ検討会議の日程

日時 2月21日(木)午後3時
場所 南区社会福祉協議会 調理室
出席 第4次計画Bグループメンバー

ドキュメンタリー映画“ちづる”上映会

 1月12日(土)午後1時より南区役所2階講堂において、南区障害者基幹相談支援センター、南区役所、南保健センター、南区社会福祉協議会が主催してドキュメンタリー映画“ちづる”上映会が開催され観賞してきましたので紹介します。

 これは重度の知的障害と自閉症を持った妹を1年間に渡り撮り続けた映画で、桜学区で進めている地域支えあい活動の参考になればと観賞して監督さんの講演を聞いて来ました。

 それでは会場へ場案内・・・



H3101映画ちづる (1)

 午後1時20分頃会場の南区役所講堂入口に到着しましたが、アイドルのステージの様に開場前から既に多くの人が並んでいました(ガラス窓に映っています)。



H3101映画ちづる (3)

 会場係の人が寒いからと開場時間前に扉を開けてくれたので、皆さんはロビーにて待つことになりました。ロビーには区役所が行っている“ひまわり横丁”が障害者の授産製品を販売していましたので皆さんお気に入りのものを買い求めていました。



H3101映画ちづる (4)

 開演時間となりました。本日の司会進行は南区社会福祉協議会史上最高のイケメン・・・かも知れない新人の鵜飼君(玄関でのおばちゃんの行列はこの人目当て?)、経験が浅いにもかかわらず堂々と司会を務めました。(^_^)v



H3101映画ちづる (5)

 南区役所福祉課岩田課長は南区自立支援協議会最大の行事である「南区支えあいのまちづくり事業」の開催に祝意を述べ、事業に東亜合成(株)の協力を頂いていることに感謝されました。



H3101映画ちづる (7)

 いよいよドキュメンタリー映画~家族のきずな~「ちづる」の上映が始まりました。上映後に赤崎監督の講演が待っています。どんなことをお話しされるのか楽しみです・・・



H3101映画ちづる (6)

 映画が終了し映画を制作した赤崎監督が演壇に立たれました。非常に腰が低く柔和な雰囲気を漂わせた方です。

 映画はご自分の家庭内の日常で、重度の知的障害と自閉症を持つ妹や母との葛藤が撮られています。また障害者の妹せいで人の目を気にして悩んでいる自分の姿や、母親とのやりとり、しかし妹は自身の気持ちに素直で羨ましいとも・・・自分を語られました。

 卒業作品となるこの映画の制作についても指導教授の池谷先生と衝突したりご指導頂いたりして腹を割った話が出来ました。あまりの辛さに自暴自棄になりかけた自分であったが、先生から自分で抱えている怒りや悲しみをそのまま撮るより、人や家族の繋がりをそのまま表現せよ言われ、納得した作品に仕上げることが出来ました。

 今迄妹に向き合ってこなかった自分を変えるチャンスと考え、言葉で伝えられなかったことも映像ならば可能になり、隠し事を無くすことが出来ると・・・。

 映画を撮っていて自分も変わることが出来た。秘密が無くなると妹の将来を考える余裕が出てきたが、母親がいなくなったら自分はどう付き合えるのかには答えが見つからなかった。

 その後に色々な人と会ううちに色々な人がいるのは当然と思うようになった。現場に行き知ったことを広めるのも表現と考えるようになり進路を映像から福祉へ転向した。



H3001ちづる映画会

 最後に南区社会福祉協議会櫛田事務局次長が、今後も南区社会福祉協議会は南区の方々への福祉活動を進めてまいりますと挨拶され”ちづる”上映会が終了しました。


 本日の講演では赤崎監督が映画を作られた経緯、制作中の自分と家族の変化、映画を完成させた後の気づきなどのエピソードを落ち着いた雰囲気で皆さんに語りかける様に講演され心に響きましたました。

 

スマイル100歳体操交流大会

 1月11日(金)午後1時30分より南保健センターは南区役所2階講堂においてスマイル100歳体操交流大会を開催しました。

 交流大会ではレッツスマイル隊が南区オリジナルの“スマイル体操みなみ”を披露し、各地域で行われている百歳体操会場ごとに発表が行われ、桜学区の100歳体操サロン「桜シニアげんきサロン」も活動発表を行いました。

 それでは会場へご案内・・・



H3101体操サロン交流会 (1)

 会場には南区在住の介護予防体操に関心のある方が集まりました。今回の交流大会はいつまでも自分の足で歩き、自分のことは自分で出来る生活を続ける為に、毎週集まって体操をしている団体の活動発表が行われました。



H3101体操サロン交流会 (2)

 最初に南保健センター佐々木予防課長が、健康長寿の為に活動している体操サロンの情報共有と普及を図るために交流大会を開催しました、是非サロンが広がることを期待しますと挨拶されました。



H3101体操サロン交流会a

 レッツスマイル隊の登場です。南区は名古屋市の中で高齢化率No.1!ということで、南区の高齢者がみんな元気になれる様にと昭和27年に立上げ活動を続けてきましたと歴史と活動目的を説明されました。



H3101体操サロン交流会 (4)

 早速舞台でスマイル体操を披露しました。2回目は会場の参加者も一緒に体操を行いました。



H3101体操サロン交流会 (5)

 健康体操を指導した植屋先生は、スマイル体操みなみといきいき100歳体操を紹介しました。皆さん運動により筋肉に負荷を与えますが、スマイル体操は①ストレッチ、②有酸素運動、③筋肉の刺激、④平衡感覚に効果のある運動を行って筋力の低下を緩和させる運動です。

 

H3101体操サロン交流会 (6)

 地域の体操サロンごとに活動状況の発表がありました。体操サロンは現在活動している7カ所、①サロン台地の丘(笠寺)、②宝げんきサロン(宝)、③桜シニアげんきサロン(桜)、④トスカ健康サロン(伝馬)、⑤春日野シニアげんきサロン(春日野)、⑥さくらクラブ(宝南)、⑦サロン元気クラブ(大生)の代表者が活動状況の発表を行いました。

 写真は桜シニアげんきサロンの活動状況を発表する森川会長です。コミセンにあるOA機器を利用して体操の最初から最後までDVDを利用して自動化して、スタッフに負担のかからない方法を紹介しました。



H3101映画ちづるa (1)

 春日野シニアげんきサロンを運営する荘司さんは皆さん和気あいあいと体操を楽しんでいる様子や桜学区と協力して足りない道具を融通している様子を紹介しました。

 また”スマイル体操養成講座修了証”(春日野学区限定)を発行するというユニークな活動も紹介されました。やる気のある人のモチベーションを高め活性化に一役買っているかもしれません。(^_^)v



H3101体操サロン交流会 (8)

 各サロンの発表後は参加者からの質問を受けることになりました。各サロンにより特徴ある運営をされており、他のサロンの活動状況を知りたい参加者から質問が飛びました。

 本日の交流会は各地域で活動する体操サロンの運営者から、サロンの特徴や苦労しているを聞くことができ、各種の情報を知り吸収してより良いサロンとしていくために大変参考になりました。これからも高齢者の健康のために体操サロンが広がっていくことを期待します。

男性サロンを目指して

 12月14日(金)午後2時から桜コミセンに整備してあるWi-Fi環境を利用して、パソコンを話題の中心とした男性サロンを試行しました。

 これまでは高齢初心者パソコン教室としてインターネット検索やワード・エクセルによる文書作成を目的として行っていましたが、もう少し緩くして談笑時間を増やし参加し易くして男性サロンへの変身を試みました。

 このサロンは地域を席巻している女性上位の高齢者サロンに対抗する訳ではありませんが、なかなか話がはずまない男性にパソコンを話題にして話を弾ませ広く男性を地域に引き出すことを狙いとしました。

 それでは会場へご案内・・・



H3012パソサロン (1)

 今日の参加者はご覧の様に“ほぼ”男性陣です。参加者の平均年齢は軽く70歳を越えていますが、意気盛んでパソコンにより広がる世界を探検しています。



H3012パソサロン (2)

 話題はインターネット検索により学区のブログを閲覧する方法について盛り上がっているようです。話は同じ趣味のパソコンに関するため、普段は口数が少ない男性もついつい乗ってしまいます。



H3012パソサロン (3)

 前桜消防団長は消防団定年により団長職を退任し、時間が出来ましたので(頭の)健康の為このサロンへ来て桜学区ブログを検索したりネット情報を見たりしてパソコンによる世界を楽しんでいます。



H3012パソサロン (4)

 この方はマイタブレットでインターへネット検索を行い、桜学区ブログを捜し閲覧しています。ブログにアップされた町内防災訓練に俺の姿が写っているのかな?



H3012パソサロン (5)

 お隣の方は年齢が古いお方ですが、持っているモバイルは最新鋭!機能とスピードについていけないといわれていましたが、皆で一斉に利用した為にWi-Fiが込み合い丁度良い具合になったようです。



H3012パソサロン (6)

 この方は町内の資源回収カレンダーを作成しています。ワードを使って悪戦苦闘してカレンダーを作りましたが、ここでエクセルによる作成をアドバイスされ挑戦したようです。



H3012パソサロン (7)

 この方はスマホとパソコンの両方を使って何やらやろうとしていますが、途中で何をするか解らなくなり指導員の応援を受けています。

 今迄男性を地域に引き出すためにサロンを開設してきましたが、どのサロンも女性に席を奪われ参加に後れを取って来ましたが、女性の苦手なパソコンを中心に談笑することで男性を集めることが出来ました。

 今後は会長や会計などの役員を決め高齢者サロンとして運営を目指して頂きたいです。ここには男の世界が広がっていますので男性は是非来て下さい。楽しいですよ。

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター