平成31年名古屋市消防署表彰式

 1月30日(水)午前10時30分より日本特殊陶業市民会館ビレッジホールにおいて、名古屋市が主催して平成31年名古屋市消防表彰式が開催され、案内状を頂き表彰式に出席しましたので、南区・学区関係分を主に紹介します。

 市長表彰は消防功労者として貢献した企業、人命救助に貢献した個人、消防団家族及び功労消防団・功績消防団・優良消防団・団員と消防職員が表彰を受けました。

 また消防長表彰として消防協力者の個人・企業、応急手当功労の団体、災害現場協力者の個人、防災安心まちづくり委員会、優良防火管理者個人と企業、消防団員等が表彰を受けました。。

 それでは会場へご案内・・・



H3101市消防表彰式 (1)

 午前10時30分になり舞台の緞帳が上がり河村名古屋市長、木全消防長はじめ主催者と来賓の公職者がそろい表彰式典が始まりました。

 まず消防殉職者に対する黙とうが行われその後に表彰式が行われました。



H3101市消防表彰式 (2)

 消防の育成・強化、防火思想の普及などに功績のあった消防功労者の個人・団体に河村市長から表彰状が授与されました。



H3101市消防表彰式 (3)

 消防の良き理解者として、消防団員の任務遂行に対する貢献が特に顕著であったご家族へ感謝状が河村市長より贈呈されました。



H3101市消防表彰式 (4)

 災害の予防・警戒もしくは防御に関し功労抜群であった南区大生消防団と緑区有松消防団に河村市長から“特別表彰旗”が授与されました。

 本日は消防団家族表彰として桜消防団員家族の石川妙さん。優良消防団として南区から桜消防団が市長表彰を受けました。



H3101市消防表彰式 (5)

 救急事故に際し知識・技術をいかんなく発揮し傷病者の救命に功績のあった救急隊に対する救急活動功労賞として、南消防署南救急隊と南小隊が木全消防長より表彰を受けました。

 また防災安心まちづくり運動推進功労として桜学区防災安心まちづくり委員会、優良消防団員として桜消防団麻原麻子団員が消防長表彰を受けました。



H3101市消防表彰式 (6)

 河村名古屋市長は自虐ネタから始まり消防の職務は命をかける危険な仕事の為、世界一尊敬される仕事と持ち上げ、名古屋が救急出動から病院までの時間が”日本一”(短い)となりましたと祝辞を述べられました。

 これは消防のどえりゃあ努力と病院の協力のお蔭です、サンキューベリーマッチと消防隊の活動や病院の協力を称賛されました。



H3101市消防表彰式 (7)

 坂野市会議長は伊勢湾台風以降の災害に触れ、行政では防災対策を一生懸命やってきたが、地域の皆さんが隣近所助け合いながら災害から身を守ることが重要です。

 表彰者に対しては一丸となってこの地域を守って頂ける皆さん方の活動に感謝しますと祝辞を述べられました。


最後に参加者全員が「火の用心!」と斉唱して表彰式が終了しました。本日受章された皆さんおめでとうございました。お体に気を付けこれからも防火・防災活動を宜しくお願いします。

平成31年南消防署表彰式

 1月17日(木)午前10時より南区役所講堂において、南消防署が主催して平成31年南消防署表彰式が開催され、表彰式に参加しましたので紹介します。

 南消防署表彰式は例年南文化小劇場で開催されていますが、天井脱落対策工事中の為今年に限り南区役所講堂にて挙行されました。

 それでは会場へご案内・・・



H3101消防表彰式 (1)

 午前10時になり立松副署長の開式の言葉があり表彰式が始まりました。



H3101消防表彰式 (2)

 まず感謝状の贈呈です。最初に清水署長から消防協力者に感謝状が贈呈されました。写真は優良消防団員家族の代表として宝南消防団家族へ感謝状が贈呈されました。



H3101消防表彰式 (3)

 消防団協力者へ感謝状の贈呈では柴田消防団へ協力した個人の代表者に感謝状が贈呈されました。



H3101消防表彰式 (4)

 優良防災安心まちづくり委員会への感謝状は代表して大生学区防災安心まちづくり委員会の伊藤会長に贈呈されました。



H3101消防表彰式 (5)

 優良防災安心まちづくり委員長への感謝状は、星崎学区から死者を出さないとの決意で策定し名古屋市初の認定を受けた星崎学区地区防災計画を取りまとめた荒川委員長が贈呈をされました。



H3101消防表彰式 (6)

 防災安心まちづくり功績者として柴田学区が代表して感謝状を贈呈されました。



H3101消防表彰式 (7)

 ここからは防火活動に対する表彰になります。優良防火管理事業所として南医療生活協同組合の宝診療所が代表して清水署長から表彰状を授与されました。



H3101消防表彰式 (8)

 優良防火管理者として社会福祉法人緑生福祉会特別養護老人ホーム南生苑が代表して表彰状を授与されました。



H3101消防表彰式 (9)

 優良危険物保安事業所として平和石油株式会社C.C.LaPit港東通が代表して表彰状を授与されました。



H3101消防表彰式 (10)

 優良消防団員として全学区消防団員の中から白水消防団員が代表して表彰状を授与されました。



H3101消防表彰式 (12)

 最後に消防署優良職員について表彰状を授与されました。写真は表彰を受ける西尾消防司令補です。



H3101消防表彰式 (13)

 南消防署清水署長は、年始の挨拶、出席された来賓へお礼をされた後に、昨年市内の火災発生状況について家庭用火災警報器の効果と皆様の地道な努力により減少しました。また夏の災害級の暑さなどにより救急出動は過去最高になった等の実情を説明されました。

 今年は亥年、歴史的に亥年は大きな災害が発生しています。家具固定などより実践的な防災訓練などを進めて行きたいと挨拶されました。



H3101消防表彰式 (14)

 南区役所河野区長は、消防行政へのご理解に感謝され、表彰を受けた人をお祝いされた後に、昨年の自然災害多発に心を痛められ、南区も高齢化が高いので災害弱者を守る活動を進めて行きたいと挨拶されました。

消防団年末特別消防警戒に対する激励巡視

 12月29日(土)午後8時11分より桜消防団詰所において、桜消防団は南消防署清水署長による消防団年末特別消防警戒に対する激励巡視を受けました。

 12月30日(日)午後9時28分より桜消防団詰所において、桜消防団は南消防署立松副署長と南区消防団連合会武田会長による消防団年末特別消防警戒に対する激励巡視を受けました。

 それでは現場へご案内・・・



H3012消防署年末激励 (1)

 桜消防団詰所には年末特別消防警戒を広報するため“火の用心”の横断幕が掲げられました。



H3012消防署年末激励 (2)

 桜消防団詰所の様子です。桜学区公民会長・団体長は自町内の火災予防パトロールを行いながら激励巡視時間を目指し消防団詰所へ集まって来ました。

 柿田消防団顧問、太田前消防団長、長谷川前副団長(写真右より長谷川さん、太田さん、柿田さん)も激励に駆け付けています。



H3012消防署年末激励 (3)

 12月29日(土)は午後8時11分より南消防署清水署長が激励されました。桜消防団野嵜団長より本日の消防団員出動人員と、年末特別消防警戒パトロールについて異常がないことを報告しました。

 署長は消防団及び協力する学区連絡協議会メンバーの年末活動に感謝され、各地域で発生している火災の実績と最近発生した放火を報告され十分注意する様喚起されました。


 12月30日になりました・・・



H3012消防署年末激励 (4)

 12月30日(日)は午後9時28分より南消防署立松副署長が激励されました。桜消防団野嵜団長より本日の消防団員出動人員と、年末特別消防警戒パトロールについて異常がないことを報告しました。

 立松副署長は名古屋市と南区の火災発生状況を説明され、桜学区の火災発生件数が少ないのは消防団の広報活動や地域の皆様の自覚のおかげと感謝されました。



H3012消防署年末激励 (5)

 学区顧問の藤沢議員が激励に訪問されました。消防団に協力して活動する学区各団体に敬意を表され、寒さが厳しくなっており体調に注意の上火災予防活動をお願いしますと挨拶されました。

 桜学区森川会長からも来年度は地域防災カルテの実証を含む町別の防災講習会・防災訓練を実施しますので協力をお願いしますと挨拶されました。(写真はありません)

 桜消防団及び桜学区連絡協議会の皆さん、本年中はいろいろお世話になり有難うございました。来年もご協力を宜しくお願いします。

 よいお年をお迎えください・・・

消防団年末特別消防警戒に対する激励巡視

 12月27日(木)午後9時28分より桜消防団詰所において、桜消防団は南消防署による消防団年末特別消防警戒に対する激励巡視を受けました。

 桜消防団は26日より学区内の全域を巡り、年末特別消防警戒の活動を行っていますが、学区連絡協議会の公民会長・団体長さんも消防団に協力する形で自町内の消防警戒を行いつつ消防団詰所に集まって消防団と一緒に消防署の激励巡視を受けました。

 それでは現場へご案内・・・



H3012年末激励消防予防課長 (1)

 激励時間前の詰所の様子です。消防団は広報車で学区内の年末消防警戒活動を行っており、パトロール中の学区連絡協議会メンバーもまだ詰所に届いて無く、“火の用心”の横断幕が静かに来所者を待っています。



H3012年末激励消防予防課長 (3)

 南消防署予防課長による巡視がありました。桜消防団の野嵜団長が本日の消防団員出動人員と、年末特別消防警戒活動について報告しました。



H3012年末激励消防予防課長 (2)

 南消防署予防課長は消防団・学区連絡協議会メンバーの年末活動に感謝され、また区内で発生した放火を報告されて十分注意する様喚起されました。



H3012年末激励消防予防課長 (4)

 名古屋市議会の横井議員が激励に訪問されました。横井議員にはこの消防団詰所の土地借用についていろいろお世話になりました。

 桜消防団詰所は災害救助地区本部となる桜小学校・桜コミセンの直近に位置しており学区の防災拠点としても非常に有効となっています。

 明日からは更に厳しい寒さが予想されます、火気の使用も多くなりますので消防団の皆さんは一層火災予防活動を宜しくお願いします。また寒くなりますので体調に注意され風邪などひかない様にお気を付け活動をお願いします。

寺崎町自主防災訓練

 12月1日(土)12時から寺崎町自主防災会は町内全域、永勝寺、はこぶね保育園において防災訓練を実施しました。

 寺崎町には一時集合場所が環状線を挟み西側と東側に2箇所あり両避難場所間の連絡方法の確認と、タオル掲出による安否確認、避難所スタートキット確認、炊出し訓練、初期消火訓練を行いました。

 それでは現場へご案内・・・



H3012寺崎防災訓練 (1)

 西側住民の自主防災会メンバーは西側の一時避難場所になっている永勝寺に集合しました。



H3012寺崎防災訓練 (2)

 一時集合場所である永勝寺駐車場において”一時集合場所スタートキット”の箱を開け内容物の確認を行い訓練に使用しました。



H3012寺崎防災訓練 (3)

 自主防災会は町内の各世帯を回り安否確認を行い一時集合場所へ向かいます。避難所避難をする人は一緒に一時集合場所へ向かいました。



H3012寺崎防災訓練 (4)

 家族が無事で助けの必要が無い世帯は玄関先にタオルを掲出します。タオルは玄関扉や門柱など外からよく見える箇所に掲出します。



H3012寺崎防災訓練 (5)

 こちらはもう1カ所の一時集合場所となっている”はこぶね保育園”に備えられた”一時集合場所スタートキット”の内容を確認しています。寺崎町は町内を広い環状線が縦断していますので一時集合場所が2箇所あり、両方の一時集合場所連絡用のハンドトーキーを備えています。



H3012寺崎防災訓練 (8)

 箱舟保育園一時集合場所には南消防署から消防車が1台出動して訓練を支援しました。地域の住民に装備の説明などを行いました。



H3012寺崎防災訓練 (9)

 集まった避難者はまず小型消火器による初期消火訓練を行いました。みなさん消防署員の操作説明を聞いて一生懸命訓練しています。



H3012寺崎防災訓練 (10)

 今回は始めて最近出回っているエアゾールタイプのキッチン消火スプレーを使い消火訓練を行いました。使用した人からは小型で軽く使いやすいとの評価でした。



H3012寺崎防災訓練 (6)

 訓練が終了したのでお楽しみの炊出し訓練を行いました。災害に遭った時は暖かい食料が元気のもと・・・ということでガス・電気が使用できない状況で役に立つ炭や材木を使用して鍋を温めました。写真の4脚に鍋をつるして温めましたが、なかなか良い調子で使用することが出来ました。



H3012寺崎防災訓練 (7)

 寒い冬の災害にはこれが一番と思われます。参加者は冬の災害に活躍するであろう暖かい鍋を囲んで反省会を行い、暖かい食事のありがたさを実感しました。

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター