名古屋まつりの神輿作り 2/学区子ども会

 8月19日(日)朝夕が少し過ごしやすくなりました。午前9時から昨日に続いて学区子ども会は名古屋まつりに登場する子供神輿作りを行いました。

 今日は神輿の材料加工などの下拵えが終わりましたので、いよいよ組立を行うことになりました。

 それでは会場へご案内・・・



H3008子供神輿2 (2)

 指導して頂く協力委員(以後先生と呼びます)の伊藤さんは仲間とお神輿の土台を作り、飾り物との取り合いを確認しています。取付・取り外しをする肝心なところですので、注意深く調整しています。



H3008子供神輿2 (1)

 子供達は教えて頂いた通りの濃度になる様に手洗い場で糊を溶いています。濃すぎず薄すぎず塗り易い濃度にしなければ、この後の貼付け作業が上手く行きません。



H3008子供神輿2 (3)

 神輿の飾り物が土台から外されブルーシート上に置かれましたので紙を貼って形を作る作業に入ります。子供達は先生から糊の塗り方や貼り方についての要領や注意事項を聞いています。



H3008子供神輿2 (4)

 いよいよ骨組みに紙を貼付けます。先生の指導で最初の子供は貼付に挑戦しましたが、一人で貼るには若干不安の様ですが何とか上手く貼ることが出来ました。



H3008子供神輿2 (5)

 一度貼ってしまえば後は順応力の高い子供達のもの、次から次へとペタペタと貼り付けて行き、だんだんと飾り物の姿が現れてきました。



H3008子供神輿2 (6)

 慣れて来たのか子供達は紙に糊を塗っては枠に貼るという作業を、ブルーシートを糊だらけにしながらもスムーズに行っています。



H3008子供神輿2 (7)

 こちらはもう一つの部品の製作状況です。何やら意味不明な形が出来つつあります、果してこれは何になるのでしょう?



H3008子供神輿2 (8)

 かなり形が見えてきました。これから何に変身するのか楽しみです。まだ皆さんにお知らせする訳にはいきません。ナ・イ・シ・ョ

 このお神輿はお披露目と担ぐ練習を兼ね、学区の運動会で登場する予定です。どんなものが登場?・・・それだけは秘密、まだこの場で明かすことはできません。こうご期待を!

 ・・・しかし、子供会では名古屋まつりに参加するお神輿と、南区区民まつりに登場するお化け屋敷の製作が重なり、大変なことになっています。どーやって2つのプロジェクトをやり通すのか <(`^´)>

名古屋まつりの神輿作り/学区子供会

 8月18日(土)朝夕が少し過ごしやすくなり、午前9時から学区子ども会は桜小学校グランドにおいて名古屋まつりに出場する子供神輿作りを行いました。

 名古屋まつりに出場する神輿は、南区では小学校区で持ち回りで製作し担ぐことになっており、今年は桜学区の担当となりましたので、子供会は夏休みに子供を集め、皆でお神輿作りを行いました。

 それでは会場へご案内・・・



H3008子供神輿作り (1)

 子供達はお神輿作りを指導して頂く子供会協力委員の伊藤さん親子から、作業の要領や注意点を聞いて怪我をしない様に作業を始めました。



H3008子供神輿a

 伊藤さんは孟宗竹を用意してお神輿の作り物(秘密です)の骨組みとなる竹枠を作っています。リング状の竹割器を使って1本の竹を6分割します。子供達は珍しそうに竹が6分割される様子に見入っています。



H3008子供神輿作り (3)

 6分割した竹は中に残った節を残さない様に金槌で取り除きます。子供達が怪我をしない様に慎重に取り除いています。



H3008子供神輿作り (4)

 節を取り除いた竹は更に半分に断ち割り骨組みを作るのに適当な太さにします。ここまでは危険な作業が続きますので、伊藤さんが行いました。



H3008子供神輿作り (5)

 ここからは子供達の出番です。竹の骨組にガストーチを当て曲げて行きます。初めて体験する子供が多く珍しさも手伝ってどんどん曲げて行きました。



H3008子供神輿作り (7)

 子供達が竹細工を行っている間に指導の伊藤さん親子は神輿の土台作りを始めています。あまり重くならなく丈夫なように・・・。



H3008子供神輿作り (8)

 子供達はこの体験が面白い様で竹細工は順調に進んでいるようです。すっかり作業に慣れ竹を更に小さく曲げて行きます。自分達で作った神輿を担ぐ日を夢見ているかもしれません。



H3008子供神輿

 沢山の竹の加工が進みお母さん方が片付けしています。今日の作業はここまでで明日この続きを行います。子供達の共同作業でどんなものが完成して名古屋まつり会場を練り歩くのか楽しみです。

 ところでどんなお神輿になるの?・・・それは子供会の最高機密、お披露目するまで絶対に教えません。(^_^)v

親子ラジオ体操/桜田中学校会場

 7月22日(日)まだまだ暑い日が続きます。午前7時から学区青少年育成協議会は桜田中学校において学区連絡協議会の各団体と消防団の協力を得て、第35回桜学区親子ラジオ体操大会を開催しました。

 親子ラジオ体操は東西に長い桜学区の地形を考慮し、地域西の桜小学校と東の桜田中学校で開催し、学区の全住民が参加し易くしています。

 それでは会場へご案内・・・



H3007体操桜田中 (1)

 午前6時30分には公民会長(区政協力委員)始め各団体長が桜田中学校に集合して、ラジオ体操の会場設営を始めました。



H3007体操桜田中 (2)

 午前7時近くなり参加者が桜田中学校に集まって来ました。消防団員が車道に出ない様に子供を指導しています。



H3007体操桜田中 (3)

 受付は最初に設置した玄関前は陽が上るにつれ直射日光が当たるようになって来たため、急遽正門の花壇前に避難を余儀なくされました。



H3007ラジオ体操桜田中

 グランド東側では今年の南区大会で準優勝して更にモチベーションが上がった桜学区ソフトボールチームが、南ソ連協リーグ戦の優勝を目指して暑さに負けず練習を行っていました。“練習は嘘つかない、練習あるのみ”だそうです。



H3007体操桜田中 (4)

 7時になり体操を始める前に学区青少年育成協議会伊藤会長が夏休み5つの約束の唱和を行っています。みんな声が小さいよ、もっと元気よく大きな声を出して。



H3007体操桜田中 (5)

 桜学区ソフトボールチームのメンバーもボールが当たると危険なため、練習を中断してラジオ体操に参加しました。



H3007体操桜田中 (6)

 まずラジオ体操第1、「腕を前からあげて・・・ 」CDから元気の良い号令が聞こえてきますが、子供達は眠そうで元気がありません。熱中症にならない様に・・・



H3007体操桜田中 (7)

 続いてラジオ体操第2です。子供達はそろそろ抽選のことが気になっているようで、体操の方に注意がいきません。<(`^´)>



H3007体操桜田中 (8)

 子供達が急に元気を出して抽選場に殺到しました!待ちに待った抽選タイムで体育委員会鈴木会長が当選番号を発表します・・・が、近くに来ても当たる確率が増えるわけでありませんよ。



H3007体操桜田中 (10)

 賞品の受渡しは昨日と同じ女性会と子供会OGのおばさんが渡しています。子供達もここだけはお行儀よく待っているようです。



H3007体操桜田中 (9)

 体操が終わり公民会長さん達は体操で荒れたグランドを整備しています。ソフトボールクラブと同じように“借りる前より美しく”をモットーに整備を行いました。


 決定あるいは計画している学区連絡協議会の夏休み期間中の子供を対象とした行事は下記の通りです。

 1)名古屋まつりの子供神輿の南区担当になっていますので、夏休み中に子供会と協力者で神輿を制作します。(詳細は秘密)

 2)南区民まつりの桜学区担当のお化け屋敷工作教室は構想の詳細未定ですが、夏休み中に子供会と協力者で海賊船or幽霊船を制作します。(詳細は秘密)


 3)第39回 子供会早朝座禅会

 日時 8月26日(日)午前6時 雨天実施。
 場所 曹洞宗成道寺 本堂。
 要領 住職のお話を聴き座禅を行い、感謝の気持ちで粥食を頂く。
 参加 各町小学生以上、各町子供会へ申込。
 参加費 無料。
 開催 学区青少年育成協議会・学区子ども会。

親子ラジオ体操/桜小学校会場

 7月21日(土)ずーっと暑い日が続きますが、午前7時から学区青少年育成協議会は区政協力委員会を始め子供会・女性会等の各団体と消防団の協力を得て、第35回桜学区親子ラジオ体操大会を開催しました。

 親子ラジオ体操は夏休みの最初に学区住民や親子が交流し、元気にみんな仲良く夏休みを過ごして頂くために学区の各団体が協力して実施しました。

 それでは会場へご案内・・・



H3007ラジオ体操桜小 (1)

 午前6時30分には公民会長(区政協力委員)始め各団体長がコミセンに集まり、親子ラジオ体操大会に必要な看板・放送機材・机・参加賞等をリヤカーに積んで会場へ搬送しました。



H3007ラジオ体操桜小 (2)

 桜小学校の正門に公民会長始め各団体長が参加者へ渡すために机を並べ、お楽しみ抽選券や参加賞等を準備しています。



H3007ラジオ体操桜小 (4)

 道路の各交差点には消防団が立ち番して、会場への案内と参加者の交差点内の交通安全警備を行いました(写真は野嵜消防団長)。



H3007ラジオ体操桜小 (3)

 7時近くなり各町内から大勢の子供と保護者が桜小学校へやって来ました。正門前の交差点には交通安全警備の消防団員が出迎えています。



H3007ラジオ体操桜小 (5)

 多くの参加者で溢れる正門内の様子です。参加者はここでお楽しみ抽選券と参加賞のティッシュを受取り会場へ進みますが、熱中症が心配なので体操開始まで木陰で待って頂く様にしました。



H3007ラジオ体操桜小 (6)

 学区連絡協議会森川会長・学区顧問藤沢市会議員の短い挨拶後に、学区青少年育成協議会伊藤会長が音頭を取り、「丈夫な体を作ろう」「進んでお手伝いしよう」「決まり正しい生活をしよう」「交通の決まりを守り安全に暮らそう」「計画を立て毎日勉強しよう」と夏休み5つの約束を参加者全員で唱和しました。



H3007ラジオ体操桜小 (7)

 体操は学区スポーツ界のレジェンド桑原さん。最初はラジオ体操第1、各町からリーダーを選び、前へ出て全員でラジオ体操を始めました。



H3007ラジオ体操桜小 (8)

 続いてラジオ体操第2を行いました。小学生低学年は少し戸惑いがありましたが、お兄さん・お姉さんのを見てじきに慣れ元気に体操が出来ました。



H3007ラジオ体操桜小 (9)

 ラジオ体操が終われば“おたのしみ抽選会”です。体育委員会鈴木会長が当選番号を発表しています。入場の時に頂いた番号札の半券を良く確認して、当った人は賞品引換場所へ集まって下さい。



H3007ラジオ体操桜小 (10)

 賞品引換所の担当は学区女性会、怖そうなおば・・・いや、お姉さんが賞品の受け渡しを行いますので、抽選に当った子供(親も)列を作りお行儀よく当選賞品の花火セットを受け取っています。

 今晩はご家庭で花火大会を開き、体操の様子などを語り合い親子で花火を楽しんで下さい。そして夏休みを元気に過ごして下さい。

 開催準備や運営に協力して頂いた学区連絡協議会の各団体長さんお疲れ様でした。明日もよろしくお願いします。


  明日の親子ラジオ体操大会

 日時 7月22日(日)午前7時(スタッフは6時30分集合)
 場所 桜田中学校グランド
 要領 学区内に居住する親子のラジオ体操とお楽しみ抽選会
 注意 熱中症に注意し十分休養を取り、水分補給を必ず行って下さい。
 開催 青少年育成協議会、区政協力委員会、女性会、子供会始め学区各団体


子供会救急救命講習会

 6月16日(土)午前10時から子供会の各町会長18名は、桜小学校体育館において救急救命講習会を受講しました。

 本講習会は区役所が名古屋市救急救命研修所へ依頼して行う救急救命講習会「あなたが救える命の為に」で、自分の子供達や緊急事態に直面した時に必要となる心肺蘇生法、気道異物の除去、出血時の止血法について学ぶものです。

 それでは会場へご案内・・・



H3006子供会救急救命講習a

 講習会は18名を6名づつ3グループに別け行われました。まず人工呼吸についてビデオで概要理解を行ったうえで、胸骨圧迫に人工呼吸を加えた救急救命法について講習を受けました。

 胸骨圧迫と人工呼吸は30:2、胸骨圧迫30回ごとに人工呼吸2回のサイクルを繰り返すと良いと説明されています。



H3006子供会救急救命講習会 (2)

 講師は解り易く説明するため、人の頭部の断面模型を使用して、顎を上げることにより気道が確保できる状況を見せ、人工呼吸を確実に行う要領を説明しました。



H3006子供会救急救命講習会 (4)

 説明が済んだら実技講習です。胸骨圧迫は胸の中央部へ垂直に腕を当て、1分間に100回程度体重を掛けて圧迫して下さい。

 また胸骨圧迫は疲労が激しい蘇生法の為、周りに多くの人を集め引き継いでいく訓練も行いました。



H3006子供会救急救命講習会 (3)

 人工呼吸は先程の説明の様に顎を軽く上げ気道を確保してから、鼻を塞いで1秒かけて息を吹き込み5秒に1回の速さで2回行って下さい。



H3006子供会救急救命講習

 次はAEDを使った救急救命訓練を行いました。倒れた人を見つけたら大声で人を集め、集まった人に119番への通報やAED探しを依頼する訓練です。

 AED操作の訓練を行いました。電源を入れ流れるガイドに沿って操作を行います。体が汗等で濡れていれば拭き取り、貼り薬が貼られていれば除去し、ペースメーカーが埋められていればパッドの位置を離します。



H3006子供会救急救命講習会 (5)

 ここまでの操作が完了すれば自分や周りの人を遠ざけてから、ショックボタンを押します。後はAEDの指示に従って救急隊が到着するまで処置を繰り返します。

 講師から早朝ジョギングしている人が倒れたり、混雑する駅のホームで人が意識を失ったり、深夜のコンビニで店員が突然倒れたりと、様々なシチュエーションが提案されその場に適応した行動が求められました。<(`^´)>



H3006子供会救急救命講習会 (6)

 気道異物除去訓練では症状の確認法と異物の除去法を実技訓練しました。後ろから抱きかかえ腹部を圧迫し除去する方法と、横向きに抱いて背中を叩いて除去する方法の2種類を訓練しました。

 最後にファーストエイド(出血時の止血法)の直接圧迫止血法について訓練しました。止血の為の圧迫の位置や感染防止に必要なもの等、関連する事項についても学びました。



H3006子供会救急救命講習会 (7)

 最後にこの講習会の修了証を頂いて終了しました。力とスタミナの必要な実技が多く疲れましたが、緊急の場合にパニックにならず行動できそうです。(写真は子供会塚原会長)


最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター