新年度学区最初の行事/ふれあいランチ

 桜学区民生児童委員協議会(以下民生委員)は、平成25年4月1日(月)12時よりコミセンにおいて「ふれあいランチ」を開催しました。

 桜学区新年度行事の第1号です。「ふれあいランチ」は、桜学区地域福祉推進協議会が南区社会福祉協議会から助成を受けて行う独居高齢者のための福祉サービスで、民生委員が実施します。

ふれあい (7)

 民生委員さんは、早くからランチの準備。メニューは豪華なフレンチフルコース・・・としたいのですが、今日はエイプリルフール。

ランチ

 実はサバの塩焼き・生揚げ・エンドウの煮付け・春雨サラダ・汁と、何よりも皆さんの健康を第1に考えてみました。

ふれあい (1)

 お昼近くになり参加するご高齢者がコミセンに来てくれました。受付で会費200円を払い、名札をもらって2階の会場へ行きます。

ふれあい (2)

 全員がそろったところで吉田民生委員副会長、学区委員長の挨拶に続き「ふれあいランチ」が始まりました。

ふれあい (3)

 50名を超える参加者が談笑しながらランチをいただきます。久しぶりの再会を喜ぶ人、近況を語る人、賑やかに時間が流れました。楽しく食べれば、素晴らしい”フルコース”!

ふれあい (6)

 ランチの次は今日のメインイベント「ガリガリプロペラ」の工作です。これは吉田副会長が以前にトワイライトの子供たちに教えたもの。はたして今日の参加者の反応はいかに・・・。

ふれあい (4)

 なかなか細かい作業が多く、皆さん少し苦労していたようです。上手く出来上がって「これで年長組に追いついた」等冗談を言う人も現れました。

ふれあい (5)

 民生委員さんの熱心な指導により次々と完成させ、今度はガリガリと軸を擦ってプロペラを回す参加者です。楽しい時間はあっという間に過ぎて午後1時30分には終了となりました。

 皆さん次回もお元気で参加して下さい。民生委員の皆さんお疲れ様でした。

進む高齢者サロンの開設準備

 桜学区は、今年初夏の運営開始を目指して高齢者サロンを開設し、高齢者の居場所づくりを進めています。

 サロンは民生児童委員が主になり、ボランティアの人と一緒に鳥栖神明社の社務所をお借りして運営します。

 それでは、TVビフォーアフター風に現状を説明しましょう。

社務所 (8)

 ここに1軒の問題を抱えた桜学区家が、鳥栖神明社古墳の東側にひっそりと建っていました・・・。

 これを高齢者が楽しく集まれる様リフォームにより、学区の高齢者福祉にかかわる問題を解決していきます。

 リフォームをお願いする匠は、「再利用の魔術師」と呼ばれる「民生の星」吉田副会長です。それではリフォームの様子を見ていきましょう。

社務所 (1)

 家の玄関は狭く土間から床までが高く階段状になっています、氏子の人は皆さん元気で手摺がなくてもスイスイと上がり降りをしていますが、高齢のサロン利用者には危険な構造となっていました。

社務所 (6)

 何ということでしょう!匠は木製の板を組合せごらんの様に丈夫な手摺付きの下駄箱を作ってしまいました。これなら上がり降りが安全になり、靴の収納も一度にできてしまいます。

社務所 (2)

 次は台所です、匠はこの狭い台所を、一体どの様に変身させるのでしょうか、皆さんで推理して見て下さい。

社務所 (7)

 何ということでしょう・・・、冷蔵庫を壁側に移動して窓から光を入れ、明るくなった台所に匠オリジナルの食器棚(リサイクルショップで格安購入)を配置して沢山の食器を収納出来るようにしました。

社務所 (4)

 居間には氏子さんの事務備品があふれて、サロンの机などの配置に問題が生じていました。

社務所 (5)

 匠は事務用品の配置を工夫して部屋の中へ出過ぎない様にしました。(本当は氏子さんたちが配置をうまく考え、また部屋の照明も全て新しく変えて頂いたので、非常に明るくすっきりとしました。)

 また部屋の奥にあり不便だったトイレも氏子総代会さんが、5月中には業者を入れて洋風に改装して、外からも利用できるようになるとのこと、使い勝手が非常によくなります。

 リフォームは、氏子総代会さんと相談しながら民生児童委員さんが中心となり、力を合せ進めています。完成後は皆さんに喜んでもらえるのでしょうか。

 完成披露と行きたいのですが・・・、続きはまた後日のブログで紹介します。

 氏子総代会の皆さん本当にご協力ありがとうございます。
 

 



「関吟 新桜」の紹介/桜コミセン

 べんせいしゅくしゅくぅーよるかわをわたるぅー

 ・・・皆さんも一度は聞いたことがある詩吟・・・ 漢詩などに独特の節回し(節調)を加えて効果的に詩情を表現します。

 コミセンにはいくつかの詩吟教室がありますが、毎週水曜日の夜に開催されている「関吟新桜」におじゃまして活動の様子を見てきました。

詩吟 (5)

 ここは「関西吟詩文化協会」公認の「鷺伸吟詠会名古屋南支部」に所属する高桑さんが開いている詩吟教室です。

詩吟 (1)

 関西吟詩文化協会は、昭和9年(1934年)関西吟詩同好会として発足し、昭和48年(1973年)に社団法人として文化庁から認可された、歴史と伝統を大切に受け継いでいる団体です。

 今日もコミセンからは名調子が聞こえてきます。
              はぁーるぅーこぉーおーろぉーのぉー・・・

詩吟 (3)

 詩吟で行う発声の為の腹式呼吸は、健康のために良いとされています。
腹から声を出してストレスの発散が出来ます。また新しい仲間が出来ることや、歌もうまくなります。(もちろんカラオケも・・・)

詩吟 (4)

 当会の女性陣の合吟です。詩吟は一人で吟じるのが本来の形ですが、この様に合唱して吟じる合吟や複数の人が順に吟じる連吟等色々な方法があります。

 今日もお友達と大きな声を出してストレスの発散です。皆さんも一度コミセンの教室を見に来て下さい。

その後のさくら草5

 平成25年4月5日の状況です。桜学区の「学区の花」さくら草の栽培状況第5回目の報告です。

 以前紹介しましたが、南区では区政100年記念行事として、平成20年に「学区の花」を広めていく運動をしています。桜学区の花はもちろん「さくら草」です!

4月桜草(1)

 桜本町交差点花壇のさくら草です。このところ暖かい日が続いていたので花も大きくなりました。しかし兄貴分達は花が寂しくなり葉っぱが出てきてしまいました。

4月桜草(2)

 念願の兄貴分とのツーショット、残念ながら兄貴分の桜の花は雨と、強い風によりすっかり寂しくなりましたが、僕は絶好調!です。

4月桜草 (3)

 コミセン玄関の花も咲き乱れています。しばらくは僕らの天下、大いに威張って咲き続けます。

4月桜草 (4)

 どう?この上品なピンクの花、わずかにグラデーションが掛り、少しセクシーに見えませんか。

4月桜草 (5)

 コミセン東花壇の様子です。ここは近所の人が兄貴の撒いた桜の花びらをきれいに掃除して頂けるので、雑草やごみのないこんなにきれいな花壇となっています。ここで咲く事が出来る僕は幸せだなぁー。

第17回桜・菊住親善グランドゴルフ大会を開催

 平成25年4月6日(土)午前9時より桜小学校において桜学区と菊住学区のグランドゴルフクラブが親善大会を開催しました。

 この大会は両学区のグランドゴルフクラブが親睦を深めるため、8年前から年2回開催しており、春は桜にちなみ桜小学校で、秋は菊をめでて菊住小学校で交互に開催しています。今回は春の桜を見ながら桜小学校で開催しました。

桜菊住ゴルフ (1)

 9時近くになり両学区のクラブ員が集合して大会前の談笑をしています。校庭には八重桜が残っていて皆さんを優しく歓迎しています。

桜菊住ゴルフ (3)

 桜グランドゴルフクラブの安井会長、南区体育協会会長の祖父江さん、菊住グランドゴルフクラブ会長の松原さん、桜学区委員長の森川さんが開会の挨拶をしました。

 皆さん半年ぶりの親善大会にわくわくしています。今回は桜学区38名、菊住学区から24名の計62名が参加しました。大会は、8ホールのコースを2回まわり合計打数で競います。

桜菊住ゴルフ (2)

 親善大会は各組にトップ賞とトマリ賞を準備しました。トップ賞は高級?洗剤、トマリ賞は桜・菊住両学区から缶コーヒーとティッシュペーパ進呈と豪華な賞品を用意しています。

桜菊住ゴルフ (4)

 いよいよスタートです。豪華賞品を狙い張り切ってティーオフしていきますが・・・。

桜菊住ゴルフ (5)

 ・・・今日は生憎風が非常に強くなったことや、雨が降りそうで集中できなかったり、前夜に降った雨によりグランドが少し遅かったため、なかなか実力が発揮できませんでした。

桜菊住ゴルフ (6)

 大会は、皆さん次のホールこそと回っているうちに終了し、成績の発表が行われました。まぐれと喜ぶ人、こんなはずではと首を傾げる人、ここには悲喜こもごものドラマが展開されました。

桜菊住ゴルフ (7)

 菊住学区は松原会長、桜学区は井上副会長よりトップ賞の授与です。それぞれ戸惑いや笑顔を見せながら賞品を受け取りました。

桜菊住ゴルフ (8)

 桜学区と菊住学区の各8組のトップ賞受賞者により記念撮影を行い、楽しかった親善大会を終了しました。

           第17回親善大会の結果は以下の通りです。

             菊住学区            桜学区

     1組   坂野 直子   37     宇野 正道   39
     2組    条  義夫   35     石川 てる子  40
     3組   丹羽 久江   43     野村 美和   43
     4組   小西 信義   36     井上 広雄   43
     5組   坂野  功   39      桑原 義人   39
     6組   山田 鎌一   44     森川  進   39
     7組   藤澤 邦和子  32     武石  勇   37
     8組   鈴木 一晃   37     吉田 正幸   38

 結果は完全に菊住学区の方が勝っていました・・・


 今後も両クラブは親善大会を通じさらに親睦を図っていきます。大会を準備・運営された役員さんご苦労様でした。

キックベース大会のキャプテン会を開催

 平成25年4月6日午後7時から桜学区子ども会は、コミセンに於いて5月19日に行う子ども会キックベースボール大会のキャプテン会を開催しました。

 今年は子供が減った為、2町内合併チームが増え、昨年よりⅠチーム少ない13チームで開催することとなりました。

キャプテン会 (1)

 キャプテン会は、各町の監督とキャプテンに集まってもらいキックベースの競技ルールの説明と大会トーナメントの抽籤を行います。

キャプテン会 (6)

 各チームは、大会運営委員となる子ども会担当役員より抽選についての説明を受け、引き続いて抽選を行いました。

キャプテン会7

 各チームのキャプテンは、対戦相手は何処か、抽選した番号の町名を回答していきます、チームの命運が係る緊張の抽選風景です。

キャプテン会 (2)

 抽選が進み対戦相手がどんどん決まっていきます。来週から始まる練習に備え気持ちが高まります。

キャプテン会 (4)

 その後に審判となる桜ソフトボールクラブの担当者からルールの説明を受けました。最近は野球よりサッカーを楽しむ子供が多く、難解なキックベース用語に戸惑いながら聞き入っていました。

 あとは来週からのチーム練習により技術と連携を高め、来る5月19日の大会をめざし各チーム共しのぎを削ります。

 お天気に恵まれ、子供たちが怪我無くキックベーを楽しむことを願います。

桜小学校の入学式

 平成25年4月8日(月)午前10時から桜小学校において、平成25年度入学式が開催されました。今年度の新一年生は48名、みんなとても元気が良い子供ばかりです。

 入学 (12)

 今日のお天気は良かったのですが、寒く風の強い日となりました。新一年生を迎えるはずの正門の桜は残念なことに前日までの強い風と雨にたたられ、葉っぱばかりになっていました。

入学 (1)

 保護者が待つ会場へ新一年生1組が入場します。担任の先生が持つ赤い旗に合わせ元気に入場して来ました。

入学 (2)

 同じく2組の入場です。今年度の新一年生は、48名で2組の編成となりました。

入学 (11)

 このところ児童数が1、2組分けのボーダーライン上にあるため、校長先生はじめ学校関係者はひやひやしながら新学期を迎えているとのこと。

 また後になり校長先生は、新一年生が国歌をちゃんと歌えていることについて驚いたと感想を話されていました。

入学式 (1)

 校長先生の挨拶です。先生はまず学校の名前から憶えて下さいに始まり、「あ・い・う・え・お」の意味を理解して6年間の小学校生活を楽しく過ごし、運動の好きな子供に育ってほしいと優しく語りかけました。

桜入学1

 PTA会長は、学校と家庭及び地域が協力して見守・指導を行い、地域の宝物である子供達が明るく元気な子に成長することを願いますと挨拶をされました。

桜入学2

 学区委員長は、家庭では喜びや悲しみを分かち合える親子の会話を大切に、学校へは勉強の他に相手を思いやる優しい気持を持つ子へ育つ様指導をお願いし、地域としても子ども会などの組織を通して支えていくと挨拶されました。

入学 (7)

 来賓の挨拶が済んだ後に、2年生のお兄さんお姉さんより四季毎に1年間の学校生活の紹介がありました。最初に春の行事の紹介です。1人づつ順に大きな声で教えてくれました。

入学 (8)

 次のグループは、桜緑地の池のおたまじゃくし等の生き物と、夏の学校生活について色々な行事を紹介してくれました。

入学 (9)

 三番目のグループは、秋の行事である運動会を中心に沢山行う行事について紹介してくれました。

入学 (10)

 最後のグループは、氷と遊んだりした冬の学校生活や行事の楽しみ方を紹介してくれました。

入学 (6)

 一年間の学校生活の紹介を終えた後に、全員で校歌を元気よく歌って新一年生を励ましてくれました。

 ある学区役員曰く、2年生は1年間で3番まである校歌をみんな自信をもって大きな声で歌っている素晴らしい!と子供の能力に驚いていました。

 新一年生が、お友達・家庭・先生方や地域の人達に見守られながら楽しく今後6年間の小学校生活を送ることを願った入学式でした。

桜田中学校の入学式

 平成25年4月9日(火)午前9時30分より桜田中学校において入学式が開催されました。

 本年度の新入生の数は166名、1か月前の小学校卒業生が、この日の中学制服に身を包み式典に臨む姿は、僅かの間にずいぶん大人に近づいた感があります。

桜田中入学式 (1)

 今日の天候は、昨日の桜小学校の入学式と同じく良い天気に恵まれましたが、気温が低く肌寒い日となりました。

桜田中入学式 (2)

 保護者の待つ会場には担任の先生の誘導で、1クラスづつ整然と入場してきました。

桜田中入学式 (3)

 新入生のクラスは全部で6クラス。みんな少し緊張した表情で入場し、席に着きました。

桜田中入学式 (5)

 最初に、この4月に桜田中学校へ校長として着任されました井上先生による挨拶がありました。
 義務教育の最後となる中学生活の3年間という時間は、みんなに等しく有るけれど、その過ごし方によりその後の人生に大きな影響を与えてしまう、夢に近づくために努力を続けることを語りかけました。

桜田入学

 PTA会長は、三つの小学校が集まり友達も三倍になります、多くの友達を作り互いの気持ちをうまく相手に伝えることを学んでほしい。
 また家庭・学校・地域がみんなを支えるので、多くの活動を行って中学生活を楽しく充実させて下さいと述べられました。

桜田中入学式 (7)

 最後に新入生代表が式典へのお礼とこれからの自分達への見守り・支援をお願いしました。

 新入生が、自分達の夢の実現に向け前へ進む力、義務教育以後に待ち受ける厳しい社会に対応できる力や人を思いやる優しい心を身に着け成長していくことを願いました。

春の交通一斉大監視

 春の交通安全運動が名古屋市交通・生活安全市民会議の取り組みとして平成25年4月6日から10日間実施されます。その運動の一つとして県下一斉大監視が実施されます。

 桜学区においてもこの運動に協力するため、4月10日(水)午前7時45分から学区内の主要交差点及び幹線道路において、母親交通教室及び各町公民会による交通事故防止街頭啓発活動を行いました。


春の一斉大監視 (1)

 鶴田1・2丁目公民会の皆さんが「おはようございます」と挨拶すると、桜田中学校の登校生徒もこれに応えるなど、通学路となっている東浦通り一筋東の道路において、声掛けを行って生徒の交通指導を行いました。


春の一斉大監視 (2)

 鳥栖2丁目・東浦通・鶴田1・2丁目公民会と母親交通教室のお母さん方は、学区東側の幹線道路である東浦通り交差点において交通啓発活動を行いました。


春の一斉大監視 (3)

 桜小学校の通学路にあたる東浦通りの交差点において、交通指導員さん・中江公民会・母親交通教室の皆さんは、東浦通を横断中の児童の通学安全指導と「おはよう」「気を付けて」の声掛けを行いました。


春の一斉大監視 (4)

 東浦通交差点を横断を通行する通行人への交通指導を行う中江公民会・母親交通教室の皆さん。この歩道は狭いため、自転車と歩行者が交錯し大変です。


春の一斉大監視 (5)

 桜小学校の通学路にあたる裏道を守るPTA・桜台2丁目公民会の皆さん。今日は新学期始めということで桜小学校教務主任の先生も一緒に参加して登校児童の安全を守ります。


春の一斉大監視 (6)

 学区の西側を貫く環状線に出る道の交差点で、横断中の桜小学校の通学児童の安全を守り声掛けを行う母親交通教室と寺崎町・鳥栖1丁目・桜台1丁目公民会の皆さん。


春の一斉大監視 (7)

 同じく環状線の交差点で啓発活動を行う母親交通教室と鳥栖1丁目・桜台1丁目公民会の皆さん。


春の一斉大監視 (8)

 南区役所の桜学区担当職員と桜台西公民会の皆さんは、桜本町1丁目交差点で環状線を横断する桜小学校の児童や通行人の安全を確保します。


春の一斉大監視 (9)

 八重桜が美しい環状線の桜本町1丁目交差点の東側の横断者の安全指導を行う桜台西公民会の皆さん。


春の一斉大監視 (10)

 横断者の非常に多い桜本町1丁目交差点の鯛取通側を横断する人の安全指導は、学区の境界部にあるため桜学区の公民会(手前)と春日野学区の公民会(向う)の共同作業となります。

 最近の交通災害の傾向は、高齢者の事故や道路横断中の事故が増加しています。我々の活動もこうした傾向に対応した啓発活動を進め、災害防止の一助となることを願い活動します。

高齢者サロンの開設へあと一歩

 平成25年4月11日(木)午前10時です。民生委員からなる桜学区高齢者サロン準備委員のメンバーがサロンの開設場所となる鳥栖神明社の社務所へ集まってきました。

 今日の作業は、前回までに完了できなかったインテリアのうちカーテンを追加することと、本題のコーヒーメークの専門家を呼んで、コーヒーの淹れ方の手ほどきを受けることです!


続サロン (1)

 あれれ・・・、前回には無かった手作りの傘立て! またも「再利用の魔術師」匠の吉田さんの仕業です。雨の日の来場まで予想して白と黒の傘立てを手作りしました。


続サロン (2)

 部屋へ入ると何ということでしょう!膝の悪い人用にテーブルと椅子が配置されていました。これは閉店した喫茶店から格安で購入したもので、匠がコネを最大限に発揮して探しました。


続サロン (3)

 これは民生委員さん手作りのクッション、カラフルな模様と可愛い形は”お客さん”を和ませてくれます。


続サロン (4)

 椅子にクッションを置いたところで、いよいよこの日のためにお呼びした特別講師:和田先生のコーヒー教室の始まりです。

 和田先生は、学区内に店を構えるコーヒー材料専門店の石野真子に似た美人オーナーでお忙しい方ですが、学区のサロン立上に欠かせないコーヒーの淹れ方を教えに来て頂きました。


続サロン (9)

 業務用のコーヒーメーカーを使って美味しいコーヒーの淹れ方を学んでいきます。みんな真剣そうな表情で講義を受けています。


続サロン (6)

 淹れ上がったコーヒーです。香りが高く味は少し苦味の効いた本格派です。さっそく試飲をすることになりました。


続サロン (7)

 匠の吉田さんもテーブルにやって来て味を確かめます。めったにうまいと言わない吉田さんも思わず「まいうーー」。


続サロン (8)

 みんなで試飲をしましたがなるほど絶妙な味、また香りも高く元気が出て今日の疲れが吹き飛びました。


続サロン

 美味しいコーヒーを頂いたところで女性陣の記念撮影。皆さんの顔が「おいしー」とほころんでいます。


続サロン (10)

 最後に佐藤民生会長が試飲して絞めます。「旨い!」これでいきましょう・・・ということでコーヒーについては問題が解決しました。

 次はプレオープンに備えて未完成インテリアの完成とソフト面の微調整です、少しづつ先が見えてきました。

 民生委員さんの活躍によりサロンの開設について一歩進める事が出来、夢へ一歩近づきました。次回の報告をお楽しみに・・・
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター