焼き芋パーティー/「るんるんクラブ」

 11月30日(土)午前10時から3学区の民生・児童委員が運営する合同子育てサロン「るんるんクラブ」は、桜学区にある箱舟保育園の園庭をお借りして焼き芋パーティーを開催しました。

 「るんるんクラブ」は、桜学区(チェリークラブ)、菊住学区(アップル・パイ)、春日野学区(ニコニコクラブ)の民生委員・主任児童委員が自学区で運営する子育てサロンの他に、協働で運営する子育てサロンで、広い範囲の子供達を集めて、焼き芋パーティーなどの大きめのイベントを開催しています。

 焼き芋の煙が目に沁みるかもしれませんが、会場へ行ってみましょう・・・



download (1)

 民生委員さん、主任児童委員さん、ボランティアさんが皆さんの来場前に焚火にアルミホイルに包んだお芋を並べ焼き始めます。寒くなったこの季節、・・・そう、焼き芋が恋しくなります。うまく焼けます様に・・・



11月焼き芋 (4)

 来場者は受付で予約してあったお芋の数だけ引き換え券(100円/個)を買って会場へ入ります。当日も受け付けていました。



11月焼き芋 (5)

 箱舟保育園の園長さんもボランティアとして活躍しています。あっ、風向きが変わり、煙が別のボランティアさんを直撃しました。砂嵐と違って後ろを向いても、目に沁みることは防げません。 (>_<)



11月焼き芋 (3)

 「今でしょう!」、とばかり煙が薄くなったのを見計らい一斉にお芋を取り出します。 (^_^;)



download.jpg

いい匂いが漂ってお芋が焼き上がってきました。焦げ過ぎず生焼けにならない様に見守って(見張ってはいけません)、ここが難しいですがそっと焚火に置く場所を調整します。



11月焼き芋 (6)

 「じぇじぇじぇー!」気が付けば、大変な数の来場者です。皆さん待たずにお芋は食べられるのでしょうか・・・
「お・も・て・な・し」になったか解りませんが、こうしてお昼まで「焼き芋パーティー」は大盛況!子供達は時々目を擦りながら、お友達と屋外で食べる焼きたてのお芋に大喜びでした。 \(^o^)/

 3学区の民生委員さん、主任児童委員さん、ボランティアの皆さんお疲れ様でした。

民生委員・児童委員委嘱状伝達式

 12月2日(月)午後1時30分より南区役所講堂において民生委員・児童委員委嘱状伝達式が開催されました。
 民生・児童委員さんは、高齢者福祉、子育て支援や独居高齢者の安否確認等、区役所・社会福祉協議会や学区連絡協議会と協力しながら地域福祉活動の根幹を担っています。

 現在桜学区の民生・児童委員の定員は13名、うち2名が主任児童委員として主に地域の子育て支援や子供の健全育成に関する活動を行っています。

 今年は3年任期の民生・児童委員さんの改選年に当たりますので、夏から各町内会長さんに来期(平成25年12月1日~平成28年11月30日)に活動する委員さんの選考をお願いした結果、6名の改選と7名の留任が申請されました。

 学区推薦準備委員会にて審査し13名を区へ推薦した結果、全員が委嘱されましたので本日の厚生労働大臣名の委嘱状伝達式に出席して頂くこととなりました。

 それでは本日の民生委員・児童委員委嘱状伝達式の様子をご覧下さい・・・



P1180769_convert_20131202153523.jpg

 会場に集まった全18学区268名の再任・新任の民生・児童委員さんです。



P1180771_convert_20131202153538.jpg

 来賓として出席した各学区の民生委員推薦準備会委員長の皆さんです。



P1180778_convert_20131202153549.jpg

 西村区長より委嘱状の伝達を桜学区の代表として受取る学区民生・児童委員会の佐藤会長です。



P1180780_convert_20131202153559.jpg

 伝達式が終了し、佐藤会長から委嘱状を受け取る民生・児童委員さん達です。

 新任の民生・児童委員さんは、この後区役所3階の会議室で新任研修を受け、各学区の活動に従事することになります。

 これから3年間学区の福祉活動をよろしくお願いします。

『友情ともしび交歓会』に参加/桜学区子ども会

 12月1日(日)午前10時から南区役所講堂において、桜学区の桜台東子ども会は、『友情ともしび交歓会』に参加して、子ども会の役員さんや「南の星ボランティア」のお兄さんお姉さんと一緒に、交換会を楽しんできました。

 それでは子供達の熱気あふれる会場へご案内・・・



南区合作画

 参加者は、南区18学区の各子ども会で開催された、『合作画コンクール』の、 最優秀チームと年少リーダーの講習を受けた子供達(⌒▽⌒)です。



南区合作画 (2)

 「南の星ボランティア」のお兄さんお姉さん達は、面白いゲームで遊びの楽しさを教えてくれました。写真を撮らせてとお願いしたら、指で”☆”を作るポーズで応えてくれました。

 「南の星ボランティア」は、児童の健全育成の支援活動を目的に1952年設立され、子ども会活動を通じて子ども達のすこやかな成長を応援することを目標として活動しています。

 主な活動は、子ども会の合作画応援、友情のともしび交歓会、キャンプ生活指導やクリスマス会等のイベントを応援しています。


南区合作画 (3)

 ジュニアリーダーで研修中の中学生のお兄さんお姉さん達は、元気な声で色々な歌を教えてくれました。


南区合作画 (5)

 キャンドルサービスは暗闇にローソクの灯が揺れ、クリスマスキャンドルのような幻想的な雰囲気を経験することが出来ました。



南区合作画 (6)

 メインイベントは、18学区の合作画の中から最優秀賞、優秀賞、3位入賞3組を投票で決めるのですが、どれもしっかり描けた力作で、賞を決めるのはこんなに大変なものかとつくづく思いました…(写真は桜台東子ども会の作品)



南区合作画 (1)

 桜学区の「桜台東子ども会」チームの作品は、投票の結果おしくも「入賞」でした。 ヽ(^。^)ノ
来年は再び最優秀賞を狙って「倍返し!」だの意気込みで学区予選を行います。

 桜台東子ども会の子供達は楽しいイベント・歌・ゲームや合作コンクールの表彰等、南区の各学区の子供達と交流を深めることが出来ました。

南区区政協力委員協議会12月定例会

12月4日(水)午前10時より南区役所会議室において12月定例会議が開催されました。
会議の出席者は、南区長を始め区役所各部署の責任者、警察署・消防署・保健所・土木事務所・環境事務所・南区社会福祉協議会等の担当者と18学区の区政協力委員長です。

 それでは会議室へご案内します・・・



P1170703_convert_20131204164910.jpg

 区政協力委員協議会の浅見議長の開会挨拶です。



P1170705_convert_20131204164923.jpg

 西村区長の挨拶です。



P1180789_convert_20131204164936.jpg

 南警察署中村署長からは南区の学区別犯罪・交通事故の発生状況について報告がありました。



P1180791_convert_20131204164948.jpg

 南消防署佐藤署長より南区の消防統計として火災件数消防隊の出動状況・救急件数などについて報告がありました。

 本日の議題については次の通りです。

議 題
[南警察署]
  1.南区の学区別犯罪・交通事故発生状況
[南消防署]
  2.南区消防統計等
[総務課]
  3.平成26年度「名古屋市総合水防訓練」及び「なごや市民総ぐるみ防災訓練」の日程
[まちづくり推進室]
  4.名古屋市区政協力委員の一斉改選
    (1)学区区政協力委員推薦会委員の推薦
    (2)学区区政協力委員の推薦
  5.交通安全・生活安全
    (1)平成26年愛知県交通安全県民大会
    (2)平成25年度名古屋市交通安全・生活安全市民大会
  6.平成26年度「緑の募金運動」
  7.平成25年度都市美化功労者(団体)及び功労学区の推薦
  8.成人の日記念式典
    (1)成人の日記念式典開催準備
    (2)成人の日記念行事に関する調べ
  9.「地域の世話やき活動実施状況」の調査
 10.冬の青少年をまもる運動
 11.平成25年度「青少年と社会環境に関する懇談会」申し合わせ
[生涯学習センター]
 12.生涯学習センター平成25年度主催講座
   “心"を寄せて感じよう!高めよう! ~ 磨かれた人権感覚が行動を導く~ 等
[福祉課]
 13.第5回南区支えあいのまちづくり事業
[環境事業所]
 14.年末年始ごみ収集日のお知らせ
[社会福祉協議会]
 15.平成25年度社会福祉協議会賛助会員加入状況(報告)の誤り
 16.「認知症になっても大丈夫!フェア」の開催
 17.「地域福祉推進実践者のつどい・協働ネットワーク研修」

年末の交通事故防止街頭啓発活動/県下一斉大監視

 年末の交通安全運動が名古屋市交通・生活安全市民会議の取り組みとして12月1日から10日間実施されます。
 その運動の一つとして愛知県交通安全推進協議会の主唱により、県下一斉大監視が実施されます。
南区は「南区安心・安全で快適なまちづくり協議会」が主催して、一斉大監視を行いました。

 桜学区においても母親交通教室員・交通指導員を始め区政協力委員・各団体の代表者が学区内の主要交差点及び幹線道路において、交通事故防止街頭啓発活動を実施しました。

 街頭啓発活動の状況を報告しますが、寒いですから暖かい服装でどうぞ・・・



冬一斉大監視 (1)

 桜本町交差点南北環状線における活動状況です。区役所学区担当職員、学区公民会長さん、母親交通教室の皆さんが啓発活動を行っています。



冬一斉大監視 (2)

 桜本町交差点の東側鯛取通における活動状況です。ここは春日野学区との境界に当たり、春日野学区と協働で啓発活動を行っています。



冬一斉大監視 (6)

 桜本町交差点の西側鯛取通における活動状況です。ここは名鉄桜駅と地下鉄桜本町駅への連絡道路となっており、乗り換えの通勤・通学者が多く通りますので人数をかけ啓発活動を行っています。



冬一斉大監視 (3)

 環状線と才仙通りの交差点です。ここは自転車通勤者が多く環状線からの左折車に特に注意をしながら啓発活動を行っています。



冬一斉大監視 (4)

 東浦通りの桜小の通学路となっている交差点です。登校時間には多くの児童が通行しますので、元気の良い子が飛び出さない様に交通指導員さん・母親交通教室のお母さん・公民会長さんが一緒になって啓発活動を行っています。



冬一斉大監視 (5)

 東浦通りの1本東側の桜田中学校の通学路となっている交差点で、通学の生徒に声掛けを行い啓発活動を行っています。

 今年も後僅かになってきましたが、車の運転・自転車通行や歩行には十分注意して交通災害に合わない様にして下さい。

南区防災安心まちづくり部会による上空からの学区視察研修

 12月6日(金)南区防災安心まちづくり部会の各学区委員長16名は、大規模災害発生時の河川氾濫や津波遡上による影響に対し防災上の検討を行うため、名古屋消防局の消防ヘリにより上空から学区の河川状況を視察しました。

 南区各学区は南海トラフ巨大地震や津波などにより甚大な被害が危惧されており、各地域が出来る防災力(繋がりにより人的被害を減少させる)の向上を目指して、研修の一環として河川・地形や避難場所を上空から確認し避難対策に役立てようとするものです。

 それでは研修会にご案内しますが、寒いので防寒対策をお願いします・・・



防災ヘリ (2)

 各学区委員長は研修のため、午後1時に小牧にある名古屋市消防局消防部消防航空隊を訪問しました。写真は、会議室でヘリ搭乗の班分け後にパイロットから注意事項の説明を受けている状況です。



防災ヘリ (3)

 ヘリ搭乗は4班に分け実施したので搭乗を待つ班は、消防航空隊の隊員から本航空隊の任務や守備範囲、ヘリの性能や搭載される人命救助装置について詳細に説明を受けました。



防災ヘリ (7)

 手前の人形は、一刻を争う救命のための訓練用人形で、早く確実に救命装置を装着する訓練に使用されています。隊員が説明している赤い容器は、ヘリに搭載する消火用の水タンクです。



防災ヘリ (8)

 ヘリの準備が出来たのでいよいよ搭乗します。

 名古屋市消防局消防部消防航空隊は、昭和48年4月に全国で5番目の消防航空隊として、ヘリコプター1機で創設されましたが、昭和56年5月から2機を運用する体制となり、平成元年4月には早期の被害状況の把握と効果的な災害活動支援に有効なヘリ映像伝送システムの運用を開始しています。



防災ヘリ1

 高度300mからの天白川と桜学区(赤枠内)を見ています。避難所となる写真右側の桜田中学は天白川から250m離れていますが、航空写真では非常に近い位置にあることが分ります。写真左の少し小さめのグランドは桜小学校です(写真右上側が北)。



防災ヘリ (5)

 桜田中学校(海抜4m)の近接写真です。北側校舎(写真右上側が北)が耐震補強され緊急の津波避難ビルに指定されましたが、地震発生から津波の到達時間を60分と考えると、高台の桜小学校(海抜14m)への避難をお勧めします。

 東側地区の人は、小学校へ約10%の上り坂が100mほど続きますので、要援護者の避難にはかなりの支援が必要となることが解ります。なお桜田中学校は浸水が引いた後、2階体育館(長期収容一般の方450名程度)が避難所となります。



防災ヘリ (6)

 桜小学校の近接写真(写真右側が北)です。小学校は学区の災害救助地区本部が設置され主要避難所となります。災害時には2階体育館(長期収容一般の方190名程度)と1階プレイルーム(ご高齢者50名程度)が避難所となりますが、大災害時には収容能力に不安が生じます。

 隣接する桜コミセン(小学校の西側に位置)も避難所となりますが、乳幼児とその母親や障害者専用となり、一般の方(ご高齢者を含む)は桜小学校が避難所となります。

 桜学区には地下鉄の駅が2駅あり、大雨などで天白川以東の野並地区が浸水し地下鉄の運行が止まった場合には、帰宅困難者が桜小学校に避難することも考えられます。

 また桜小学校は高台に位置するため、浸水が予想される天白川両岸の近隣の人は学区以外の人も避難することが考えられ混乱が予想されます。

 地域の防災計画は、避難対策が主となりますので、災害時要援護者の支援やその際の障害となる地形など地域の特性を十分に考慮した計画の策定と訓練が重要となります。

生活安全情報・交通安全情報・火災情報11月号/桜学区

 平成25年11月の生活安全・交通安全情報・火災情報が発表されましたのでお知らせします。


A.平成25年11月の生活安全情報
                     (資料は南警察署からの資料を抜粋して掲載)

11月生活交通 (5)

11月生活交通 (4)

11月の特徴点
 南野、本星崎、豊1、浜田町の南区南部地域に忍び込み被害発生!勝手口ドアのスライド式窓のガラス(新しいタイプに多い)を破って侵入するケースが増加、スライド窓のロックを確実にして下さい。

 桜学区でも被害が発生しています!玄月宝生線沿道付近で車上狙いによりゴルフバッグの盗難が多発。特にワゴン車の様に積み荷の見える車種は危険、鞄などは車に放置しない様にお願いします。



B.平成25年11月の交通安全情報
                     (資料は南警察署からの資料を抜粋して掲載)

11月生活交通 (1)

 桜学区では人身事故が3件で昨年比+1件でした。死亡事故は南区内で累計3件とり昨年比-1件でした。


      改正道路交通法のうち自転車に関する件について

自転車

 二輪車対自動車の事故が激増しています。これから日暮れも早くなりますので自転車・オートバイの運転には十分注意して下さい。



C.平成25年11月の火災情報
                     (資料は南消防署からの資料を抜粋して掲載)

11月生活交通 (2)

 桜学区では建物火災が11月までに4件ありました。3件は放火によるもので、犯人が警察に検挙されましたが、最近各地で放火火災が多発しています。

 これから空気が乾燥してきますので、煙草の火の不始末や外出時の消火の再確認等を行って十分注意して下さい。


D.平成25年11月の学区別救急件数情報
                     (資料は南消防署からの資料を抜粋して掲載)

11月生活交通 (3)

南区タウンミーティング

 12月8日(日)午前10時~12時まで南区役所講堂において名古屋市次期総合計画中間案についての説明と市民意見交換会が開催されました。

 名古屋市では幅広い分野に渡る市政を運営していくため、将来を見据えたまちづくりの方向性を定め、市の目指す都市像を描き、その実現のために取り組む施策等を記載した総合計画の策定を進めています。

 本計画案は、本市を取り巻く状況として 1)少子化・高齢化、2)災害に対する不安の高まり、3)リニア中央新幹線の開業、4)価値観・ライフスタイルの多様化、5)グローバル化の進展、6)環境問題の多様化、7)公共施設の老朽化、8)行政課題の広域化・多様化に対応させる。

 重点課題として1)人口減少社会における人口構造の変化への対応、2)南海トラフ巨大地震への対応、3)リニア中央新幹線開業等へ対応があります。

 重点戦略として1)子育て世代に選ばれるまちづくり、2)市民・企業・行政の総力で大規模災害に備える、3)国際的な都市間競争を勝ち抜く、大きく強い名古屋をつくることが求められます。

 めざす4つの都市像として1)人権が尊重され、誰もが生き生きとすごせるまち、2)災害に強く安全に暮らせる町、3)快適な都市環境と自然が調和する町、4)魅力と活力にあふれるまちを目指します。

 タウンミーティングは、総合計画について広くご意見・ご提案を聴くための市と市民の対話の場となっています。

 それではよー来てちょうでぁーした、きゃーじょーへ案内するでよう・・・



タウンミーティング (2)

 まもなく始まります。南区中から沢山の人が会場に来ました。中には他の区の方も参加しています。



タウンミーティング (3)

 河村市長の挨拶です。次期総合計画の意義とタウンミーティングの思いについて述べられ・・・サンキューベリーマッチだそうです。

 次期総合計画の策定は、平成26年度当初の計画案公表に向け策定作業が進められます。
   平成25年7月8日 次期総合計画の策定方針を定めました。
   平成25年10月 名古屋市次期総合計画中間案を作成しました。

 名古屋市では平成25年11月5日~平成26年2月7日まで、各区で計16回タウンミーティングを開催して、参加者から意見・提案を募集します。今回の南区は4番目の開催となります。



タウンミーティング (4)

 対話の場に入る前に次期総合計画中間案についての説明ビデオ(15分)が上映されました。その後に名古屋学院大学経済学部井澤教授をコーディネーターとして、河村市長が参加者からの質問・提案を受ける形で始まりました。

 参加者からは3名づつ4回に分け質問する形式で行われました。質問は南区という地域上防災関係についての質問が一番多く、高齢化・子育て・交通関係・環境・食品衛生・福祉関係等について12名が質問を行いました。

なお質問と回答内容は、手話通訳によるなど聴覚障害者に配慮されていました。



タウンミーティング (5)

 参加者からの質問・提案のうち南区に関する部分は、河村市長から依頼された(振られた?)西村区長が回答をしています。

 次期総合計画中間案は、今後全区の人に説明を行い意見を聞きながら策定していくことになります。

桜学区「災害に強いまちづくり事業」学習会(第3回)

 12月9日(月)桜学区連絡協議会は、午後7時から桜コミセンにおいて南区役所防災担当部署とRSY担当者、南区社会福祉協議会及び学区の関係者が出席して、南区が提唱する「災害に強いまちづくり事業」の学習会(第3回)を開催しました。

 「災害に強いまちづくり事業」は、南区役所が行う事業で発生が危惧されている南海トラフ大地震等による災害から地域住民を守る為、地域の絆を生かした防災活動により人的被害の減少を図るものです。

 今回の事業は、先の東日本大震災時に多くの犠牲者を出した災害時要援護者となる高齢者・障がい者等の人達に対し、安否確認・避難誘導訓練を行って一人でも多くの人を救助しようとするものです。

 それでは会場の桜コミセン会議室へご案内します・・・



第3回災まち (1)

 学区からは、各町公民会長、自主防災会長、民生会長、消防団が出席しました。



第3回災まち (2)

 写真手前から南区役所防災担当:島田主事・高木主査、桜学区:森川会長、RSY:浦野常務理事、松永担当です。学習会は森川会長が議事進行を務めました。



第3回災まち (3)

 災害時要援護者と近隣支援者を関連付けマップへ記入しますが、支援者に分り易い記入要領をRSY浦野さんが要援護者の状況により、赤:4人以上の支援が必要、黄:1人以上の支援が必要、青:声掛け誘導・安否確認と色分けし緑:近隣支援者の必要人数を一目でわかる様にと指導します。

 要援護者の関係に係わるため、南区社会福祉協議会の夏目さんにも参加をお願いして、福祉の面から意見を頂くつもりです。



第3回災まち (4)

 公民会長と自主防災会長が相談しながらマップに要援護者担宅と近隣支援者の関係を記入していきます。



第3回災まち (5)

 本日作成した防災マップは、近隣支援者が日頃からの要援護者見守りにも利用して、災害に際は、迅速な支援に役立てるものです。

 今後はマップに記入するデータについて、訓練により妥当性の確認を行って不具合の修正を図ることが大切となります。また要援護者の状況変化が多くなると予想されるため、メンテナンスも重要となります。

 次回の学習会は12月16日(月)桜コミセンにおいて防災訓練内容の協議となります。



桜コミセン大掃除

 12月9日(月)午後1時から、学区連絡協議会の区政協力委員さんと各団体長さん、コミセンで活動する各種の文化教室等の代表者が集まって毎年恒例となっている桜学区文化の拠点コミセンの大掃除を行いました。

 それでは大掃除現場へご案内します。手が空いていたらお手伝いして下さい・・・



コミセン清掃 (4)

 1階和室では天井の照明器具や蛍光灯に溜まった埃を取りました。掃除後は見違えるほど若返り、新品の様(これもダメか)・・・いや、買った時の様(これで行きます!)に明るくなりました。



コミセン清掃 (2)

 2階調理・配膳室の清掃は、隔月でふれあいランチを開催する民生委員さんを中心に食器棚内の食器や流し・ガス台等が慣れた手つきでピカピカになっていきます。今日は洗うだけで食材がありませんので、つまみ(・・・止めておこう)、食器をきれいに洗うだけにします。



コミセン清掃 (3)

 区政協力委員さんは、2階会議室天井の照明器具の清掃や暗くなっていた蛍光灯の取り換えを行いました。脚立を使用しての作業となりますので、なるべく若い人に・・・えっまだ若いって!(桜学区の高齢化率を考えると)失礼しました。



コミセン清掃 (5)

 区政協力委員さんと団体長さんは、家庭で自発的にやっている(やらされている?)のか、手際よくコミセン西側駐車場の清掃と、隣地境界部植栽の落ち葉を掃除しました。



コミセン清掃 (1)

 最後は消防団、コミセン物置に団の詰所を置いている関係上この日に一緒に掃除をせざるを得ません。狭い物置にこんなに沢山の機材?を納めていたのかと驚きましたが、入念に詰所内の清掃を行いました。

 今後危惧される大災害への対応、団員の会議や指揮が出来て資機材が収納できるスペースを持つ詰所の建設が望まれます。

 皆さんの1時間半に及ぶ奮闘を経てコミセンはすっかり綺麗になり、新しいお正月を迎えることが出来ます。

 明後日辺りに出てくる筋肉痛が軽いことを願って、今晩は暖かいお風呂へ入り一杯飲んでゆっくりお休み下さい。お疲れ様でした。
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター