ふれあいランチ 9月号/桜学区民生児童委員

 9月1日(月)12時から民生児童委員は、桜コミセンにおいて9月のふれあいランチを実施しました。
 11時までは絹のような雨・・・、しかし11時半を過ぎて大粒の雨に変わりました。この強い雨で高齢者の方はランチに来てくれるのでしょうか心配です。

 ふれあいランチは、桜学区福祉推進協議会が行う独居の高齢者を対象とした福祉事業で、民生委員さんが腕を振るい美味しいランチを用意します。

 今日は前回のランチで皆さんに楽しく神楽の笛太鼓を教えて頂いた「熱田神楽保存会」の石川会長が、伊勢神宮の第62回式年遷宮へ奉納した「熱田神楽」のビデオ鑑賞が待っています。お楽しみに・・・

 お待たせしました。ランチ会場へご案内します・・・



 9月ランチ (1)

 まずはキャベツサラダを作ります。キャベツにレタス・トマト・コーンと細く切った人参をマヨネーズで和えます。動物性食材を全く使用しない(除:マヨネーズ)高齢者に優しい特製の健康サラダが出来上がりました。



9月ランチ (2)

 カレーを煮込む前にカンペ・・・いや、レシピを確認します。何せ桜学区特製カレーは本日のメインディッシュ!微妙な伝統の味を正確に再現しなければなりません。こうしてお肉を極限まで減らしたお年寄り限定の健康キノコカレーが完成しました。



9月ランチ (3)

 伝統のカレーは時間が勝負!冷えて固まらないうちにカレーを食卓に運びます。「新鮮さを保つため、工場・・・いや、出来上がってからから3分以内に出荷しています」・・・どこかのビールの様で素早さが勝負です。



9月ランチ (4)

 これが本日のメニュー、桜学区特製カレーにキャベツサラダ、デザートは季節のフルーツのスイカ・梨・ブドウにモモ・リンゴを盛り合わせシロップを掛けた桜オリジナル高齢者用スィーツ!これで喜んで頂けるのでしょうか。



9月ランチ (5)

 皆さん「オイシイ」と笑顔で箸が進みます。やっぱり高齢者用に作った料理、こちらのもくろみ通り進める事が出来て満足です。民生委員さんの至福の時間・・・今迄の苦労と心配が吹き飛びました。



9月ランチa (2)

 食事が済んだところで約束のビデオ鑑賞です。(ブログは鮮明に見て頂くために奉納当日の写真としました)
主人公は前回のランチ後のアトラクションで皆さんに熱田神楽の太鼓を教えてくれた、「熱田神楽保存会」の石川会長です。本当はこんなにすごい人だったのだ・・・
 3月に行った伊勢神宮の第62回式年遷宮における神楽奉納の映像ですが、雅な装束で奏でる笛太鼓に酔いしれました。



9月ランチa (1)

 舞台では、大勢の保存会の人が奏でる笛太鼓に合わせ優雅に舞う四人の若い(いや幼いか・・・)巫女さん、日頃の練習の成果を発揮して素晴らしい舞を披露してくれました。



9月ランチ (6)

 ビデオ鑑賞が終われば恒例のお誕生会、今月生まれの人(何回目かは秘密ですが)が民生委員さんから花束を贈られ嬉しそうに微笑んでいました。 (^_^)v

 幸いランチが終了する頃には雨がほとんど上りました。帰るには今がチャンス「足元に気を付けて、またお会いしましょう元気でね」と笑顔で送り出しました。

第56回市民スポーツ祭(区対抗の部)/南区第3位入賞

 平成26年8月17日から名古屋市内各会場で熱戦が繰り広げられていた「第56回市民スポーツ祭区対抗の部」が全競技を終了し、8月31日18時30分から「名古屋市教育館 講堂」において総合閉会式が行われました。

 閉会式には主催者側として名古屋市教育長 下田一幸様、名古屋市体育協会会長 加藤常文様等多数の方が出席され、南区からは横田南区長、森区民生活部長はじめ南区体育協会:祖父江会長、南区スポーツ推進委員連絡協議会:磯部会長及び各学区のスポーツ推進委員(特に女性委員は南区スポーツ推進委員史上最高・・・かもしれない美人)、桜学区から鈴木委員(学区体育委員会会長で男性です)が出席しました。

 昨年の南区の成績は12位でしたが 今年の種目別成績は剣道が優勝、男子ソフトボール準優勝、レクバレー3位と健闘し大躍進の3位に入賞しました。


それでは閉会式の会場へご案内・・・



H26市民スポーツ祭 (3)

 教育長 下田一幸氏は、「市民スポーツ祭を始めたころは26種目であったが、現在では36種目3万5千人もの多くの方が参加いただいた。」とスポーツ祭の発展等について挨拶されました。



H26市民スポーツ祭 (1)

 表彰式では名古屋市体育協会会長加藤常文氏から祖父江会長と磯部会長が第3位(162.5点)の表彰を受けました。



H26市民スポーツ祭 (2)

 表彰状とカップを手に満面の笑みの南区体育協会祖父江会長(写真右側)と、南区スポーツ推進委員連絡協議会磯部会長(写真左側)です。



H26市民スポーツ祭 (4)

 表彰式後に出席した南区横田区長(写真右から5人目)、森区民生活部長(写真左端)とスポーツ推進委員(写真右から4人目が鈴木委員)を始め関係者が記念写真に納まりました。南区のオレンジ色のユニフォームが一層鮮やかです。

 また閉会式に合わせ、「平成26年度名古屋市体育協会体育功労者表彰式」が合わせて行われ、231名の方が表彰されました。

 このうち「陸上競技選手育成に顕著な功労のあった者」として、桜学区鳥栖2丁目に在住の「愛知県陸上競技会理事」 榊原 茂氏が表彰されました。

 特に今年の大会は1位と2位が同得点という初めてのことがあり、結局大会規定により上位種目の多い名東区が優勝、守山区が準優勝、その他上位の得点も拮抗し大変盛り上がったスポーツ祭となりました。
 ちなみに区対抗の部の総合順位上位は下記の通りです。

 第56回市民スポーツ祭成績表(区対抗の部)

    順 位  区  名  得 点
    第1位  名東区  166
    第2位  守山区  166
    第3位  南  区  162.5
    第4位  緑  区  159
    第5位  北  区  159

 同点の場合は上位を占める競技種目数の多い区が上位。

 本大会に参加し熱戦を展開した選手の皆さんお疲れ様でした。また区長・区民生活部長は早朝よりの南区総合防災訓練に続く本閉会式への参加ご苦労様でした。
 榊原さんまことにおめでとうございました。

コミセン運営委員会 8月号

 日 時  平成26年9月1日(月)午後2時~4時
 場 所  桜コミセン1階和室
 出席者  近藤、加藤、今泉、細川、藤井、麻原、森川(記)

 9月1日(月)に桜コミセン管理人さん6名に集まって頂いて8月のコミセン運営委員会を開催しました。
通常の事務処理の他、下記の議題について検討し実施を計画しました。

 それでは運営委員会へご案内・・・



9月運営委

1.コミセン管理人の交代について
 1)一人管理人時代から長く管理人をお願いしていました近藤さんが、9月末付で退任されます。
   近藤さんの後任には鳥栖1西の尾崎さんをお願いしましたので、引継を宜しくお願いします。

2.コミセン主催講座について
 1)ふれあいネットワーク活動(災害時要援護者名簿の作成)学習会の開催。
    8月26日に南区社会福祉協議会担当者と講座内容について協議しました。
    開催要領は下記の通りです。
     日時:9月7日(日)午前9時30分~11時30分。
     目的:民生委員と各公民会長・自主防災会の連携強化・要援護者情報の共有化と、先進
         他学区の活動状況を知る。
     内容:関係行政・団体による福祉関係の講演につづき、学区内は要援護者名簿・マップ
         作成について各町が協議・検討を行います。

 2)小学生向けの歴史講座「わたしの町の歴史」の開催。
   8月20日に見晴台考古資料館の学芸員と講座内容について以下の様に協議した。講座は
    地域が行う文化行事と位置づけ、小学校に概要を説明したうえで白地図など講座に必要
    な資料を頂いた。開催要領は下記の通りです。
     日時:冬休み中の12/23と27の午前10時から2回シリーズの講座(1回1時間40分)を
         予定します。
     目的:地域に生まれ育つ子供(講座の内容から小学生5、6年生を対象とするが親御さん・
         小学校の先生の参加も可能)が、生まれた地域の歴史や文化を体験することにより、
         感情・情緒豊かな子供に育てたい。(子供の参加人数は15名程度とします)
     内容:学芸員による座学や地域のまち歩きにより、遺跡などの痕跡を探したり、資料館の
         出土品(桜小学校遺跡の弥生土器など)を間近に見て触れて古代の歴史を体験。

 3)名古屋学院大学COC事業への協力(コミセン関係分は第2回、3回講座)。
    a)第1回 10/21午前9時30分~11時30分に学区の高齢者サロンに来ている人へ地域
           の防災・福祉など様々なことをヒアリング。(学生がサロンへお邪魔します。)
    b)第2回 11/1午前中 学区の避難路について学生と子供達が街歩きを行ってハザード
            マップを作成します。街歩き後はコミセンでマップ作成のまとめを行います。
    c)第3回 12/21午前中に桜コミセンを会場に成果発表会・まとめの会議やクリスマスお楽
            しみイベント等の交歓会を行います。

 (大学COC事業とは文科省が実施する「地(知)の拠点整備事業」で、大学などが自治体と連
   携し、全学的に地域を志向した教育・研究・地域貢献を進める事業。)
 (桜学区は本年2月に避難訓練結果を行い、その結果を役立てるために区役所から紹介を受
   け、地域の福祉・減災防災関係について大学COC事業に協力することにしました。)

3.文化祭の準備について
 1)開催要領の詰め。
   ・9月21日(日)、22日(月)開催の案内チラシとポスターを作成し学区の9月定例会へ配布し
    各町へ開催日の周知を図ります。
   ・文化祭の開催要領を決定し、来賓を決め案内状を発送・協力団体の役割を調整します。
   ・文化祭の開会式次第を決め来賓への案内状を送付します。(遅くなったので急いで出す)

 2)絵画・写真・書の展示方法。
   ・絵画の作品は飾りチェーンによる窓際への吊り下げ方式を基本とする。現カーテンを付け替
    え既設のカーテンレールを利用して購入費用・取付手間を節約します。
   ・手芸品など机上へ置く作品に対しては、会議机に白色のテーブルクロス(クロスは学区の式
    典用や各町内のお祭り用を借用。)をカバーし、不足分のみ購入します。
   ・必要量・仕様等の詳細は作品出展の大半が判明する9月中頃迄に確定し準備します。

 3)作品の受付け状況。
   ・出展作品の提出が始まっていますので、提出があれば管理人さんは受取り保管して下さい。
   ・申込票のみで作品を後で提出するケースは、9月中までに作品を提出して頂くようお願いし
    て下さい。

 4)喫茶サロンの実施。
   ・来賓へは2階配膳室をサロンとして接待することを検討します。
   ・一般の来館者については駐車場へテントを張り喫茶コーナー(有料100円)を設置します。
    (雨天の場合は2階配膳室) 

4.コミセンの設備更新について
 1)コミセン2階会議室の机20台が老朽化による損傷が著しいことと、高齢化の進む利用者の移
   動時の安全の為、キャスター付の机に更新します。(南区役所担当者へは報告済)
 2)机は9月13日(土)午前中にコミセン納入で発注しました。(代金は会計寺田さんが振込済)。
 3)費用節約のため、机の組立は運営委員会で行います。組立応援をお願いします。
 4)来年度は、会議室の椅子60脚(5000円程度/脚)の購入を検討します。
   椅子の更新が出来れば、現在壁際に収納する椅子により破損している壁紙・コンセントを補修
   します。
 5)消防団の移転に伴い、収納スペースが広がったので、コミセン管理人室の模様替えを行いま
   す。
  ・大型の書棚・キャビネットは物置へ移動し、古いコピー機を消防団へ無償譲渡することにより、
   空いたスペースに小会議が出来る椅子と机を配置する。備品は費用節約のため、リサイクル
   ショップから調達します。

5.直近の運営委員会の活動
 1)9月13日(土)午前10時からコミセンにて会議室机の組立作業を行います。
 2)9月15日(月)午後1時30分コミセンにて文化祭展示作品の整理を行います。
 3)9月20日(土)午後3時コミセンにて文化祭会場の設営を行います。

                                                        以上

南区区政協力委員協議会9月定例会

 9月4日(木)午前10時より区役所において南区区政協力委員協議会9月定例会が開催されました。

 会議には横田南区長の他に区役所各部署の責任者、南警察署長・南消防署長・南保健所長・南土木事務所長・南環境事業所長・南区社会福祉協議会等行政側と18学区の区政協力委員長が出席して行われました。

 また定例会議題の審議に先立って名古屋市の関係局から、地域コミュニティ活性化に関するアンケート、地域委員会に関するアンケート、名古屋市博物館常設展話題のコーナーについて説明がありました。
 
 それでは会議室へご案内します・・・



9月委員長会議 (3)

 最初は市民経済局地域振興部長森由佳里さんより「地域コミュニティ活性化に関するアンケート」について説明がありました。



9月委員長会議 (4)

 総務局地域委員会制度準備担当部長久保田昌直さんより、地域委員会アンケート調査について説明がありました。



9月委員長会議 (5)

 博物館総務課長阪野吉雄さんから伊勢湾台風55年 白水小学校の記録から作文などの公開について作者を探している等生々しい当時の記録を掘り起こす活動について説明がありました。



9月委員長会議 (2)

 横田南区長は、宝南学区の総合防災訓についてお礼と共に、避難所の備品不足、非常無線などの収納場所の適否、区内の土砂崩れ箇所の非常点検を行う等、防災への対策の必要性について話されました。



9月委員長会議 (6)

 南警察署杉島副署長は区内の犯罪・交通事故の発生状況について報告し、振り込め先の被害が南区で10件 6千万円に上りました。最近では大事業や未公開株への名義貸し等進化しております。またレターパックによる現金の送付等(不正送金となるので詐欺と見破る)など手口も高度化しています。

 南消防署丸山署長は行政区別の火災発生状況と最近の区内の火災についての説明と、救急件数について報告を行いました。



9月委員長会議 (1)

 この後に浅見議長が、南区の議題について審議を進められました。議題の概要については次の通りです。

 総務課関係
  伊勢湾台風55年市民防災の集いの開催について。
  平成26年千鳥学区宿泊型防災訓練の実施結果について。
  避難訓練コンサートの開催について

 企画経理室関係
  平成27年度南区区政運営方針 学区プロフィールの作成について。

 まちづくり推進室関係
  第46回名古屋市区政協力委員大会について。
  秋の交通安全・生活安全市民運動について。
  平成27年愛知県交通安全県民大会における民間街頭活動協力者表彰の候補者について。
  名古屋市空家等対策の推進に関する条例について。
  学区で区長と話す会について
  平成26年度南区女性芸能祭について。
  区民スポーツフェスティバルの出場選手及び選手係の選出について。

 民生子ども課関係
  南区子育て講演会について。

 福祉課関係
  平成26年度 敬老関係事業について。
  ひまわり横丁お客様感謝祭について。

 環境事業所関係
  古紙持ち去り防止について。

 土木事務所関係
  名古屋市浸水実績図について。
  南土木事務所だより2号の発刊について。

 社会福祉協議会関係
  学区敬老事業助成金交付申請について。
  平成26年度下半期認知症高齢者を介護する家族支援事業について。

平成26年度 南区共同募金委員会 理事会

 平成26年9月4日(木)午後1時より南区役所講堂において「平成26年度 南区共同募金委員会 理事会」が開催されました。

 常務理事を務める南区18学区の委員長と、民生児童委員会長が一堂に会して昨年度の事業報告と来年度の事業計画について審議を行いました。

 それでは委員会会場ご案内、携帯電話はマナーモードで・・・



H26共同募金委員会 (1)

 南区共同募金委員会浅見会長の挨拶です。



H26共同募金委員会 (2)

 横田南区長の挨拶です。区長は小さい頃の思い出について、「赤い羽根募金は困った人を助ける為の募金と思っていたが、こんなに広く地域の福祉活動に使われていたとは」・・・区民の皆さんへ広く周知を図っていきたいと話されました。



H26共同募金委員会 (3)

 浅見会長を議長に議題の審議に移り、議題説明は南区社会福祉協議会の石黒事務局長が行いました。

  1)顧問の選任案について  横田南区長に顧問をお願いすることで満場一致で決定しました。
  2)平成25年度の共同募金の結果報告について。
  3)平成25年度の共同募金配分金事業報告について。
  4)平成25年度の共同募金決算について。
  5)平成26年度の共同募金目標額・募金方法について。
  6)平成26年度の共同募金予算について。
  7)平成27年度の共同募金配分金事業計画について。
 いずれの議案についても審議の結果賛成多数により了承されました。

 その他の事項として
  1)共同募金運動学区打合せ開催経費の交付について
  2)奉仕員の依頼文について
  3)「ここばり作品展2014」の開催について



H26共同募金委員会 (4)

 共同募金配分金を活用した事業の紹介へ移り・・・
  1)南区学童保育連絡協議会の岡本主任指導員からみはらし台(笠東)学童保育所の活動状況、3つの学童保育所が合同で開催した「バケツ野球」の報告がありました。



H26共同募金委員会 (5)

   2)南区少年補導委員会からは非行少年による長野県木祖村での農業体験で農作業の経験のない少年たちが収穫を喜んでいた。更に収穫体験や有松絞り体験などにより非行少年の立ち直りを後押ししたいと報告がありました。

ミニテニスのご紹介

 今日は桜学区のスポーツ超愛好家である中江2丁目の平野さんが始められたニュースポーツの「ミニテニス」を紹介します。平野さんは過去にも学区のインデアカの普及に努力されており、グランドゴルフクラブにも入会して、ご夫婦で幅広くシニアスポーツを楽しんで見えます。

 ミニテニスは昭和60年に東京都立川市で生涯スポーツとして誕生したニュースポーツです。ネームはニュー・・・ですが、プレーする人はオールドからヤングまで幅広く楽しんでいます。全国に普及し、ひそかなブームとなっています。

 ミニテニスは
  1)コートは体育館内のバドミントンコ-トを使用し、バドミントンネットを高さ1mに張りダブルスで行います。
  2)ボールは軽いのですが、体育館内で出来る室内競技の為、雨・風等天候に左右されません。
  3)コートが狭くボールも軽いため、硬式テニスに比べ体への負担も少ないので、ある程度の高齢者でも
    楽しめることから高齢者の多い桜学区にはもってこいのスポーツです。
  4)ラケットはテニスラケットを短くした様な専用のラケットを使用して、ボールは直径15cmのビニ-ル製の
    ものを使用します。
  5)サーブはバウンドさせて腰より下で打ち、ラリーも全て1バウンド後に打つ、1ゲームは6ポイントで
    2ゲーム先取で勝ちとなります。
  6)たくさん練習をしなくても?早く上達しますので、高齢者でも今から始めて十分楽しめます。



ミニテニス (1)

 これがボールです。直径15cmの空気で膨らんだビニール製のボールです。



ミニテニス (2)

 練習に励む平野さん(写真手前の組の奥の人)、パートナーも結構いってます(・・・齢)、しかしボールが軽いので球速が遅く慣れれば結構ラリーが続き楽しいです。

 この高齢者に優しいスポーツを皆と楽しむために紹介させて頂きました。練習は毎週土曜日に道徳小学校や本城中学校の体育館等で行っています。興味のある方は一度覗いて下さい。

 出来れば桜学区内に広め学区でチームを作ってみんなで楽しみたいものです。下記の要領で練習をしていますので、興味のある方(できれば高齢者)は是非見に来て下さい。うまくいけば学区の高齢者福祉の選択肢が増えそうです。
 はたして学区地域スポーツ6番目のクラブとなるでしょうか・・・

  ミニテニス (4) 

ふれあいネットワーク/要援護者マップ作成検討会

 9月7日(日)午前9時30分から桜コミセンにおいて桜学区連絡協議会・桜学区地域福祉推進協議会は「ふれあいネットワーク検討会/要援護者マップ検討会」を開催しました。


 今日は防災や福祉の最前線で活躍する行政や団体担当者の話を聞いて、1)日頃は単独での活動となりがちな民生委員さんに、町内会長・自主防災会長と同じテーブルについてもらい意思の疎通を図る、2)民生委員さん・町内会長さんも先進他学区の活動を知って学ぶことを目的として、町内会長、自主防災会長、民生委員さんを一堂に集め学区内活動の活性化を図ることとしました。

 今日の検討(講習)会では、講師としてお招きした、南区役所総務課防災担当高木主査、南区社会福祉協議会の夏目主事、玉丸主事、南区手をつなぐ育成会の浜田会長と、休暇中にもかかわらず駆け付けて頂いた名東区役所総務課防災担当足立主査(+御子息)から貴重な防災・福祉に関するご講演を聴くことが出来ました。

 本日検討(講習)会に参加された公民会長さん、自主防災会長さん、民生委員の皆さんも、名簿や他学区での福祉取組みの話に目を輝かせていました。

 それでは検討会場へご案内・・・



H26ふれあいネット (1)

 桜学区連絡協議会森川会長は、「今日は災害時要援護者マップについての検討会ですが、この方達は日常も要援護者です。
 要援護者への福祉活動は民生委員さんだけのものでなく、町・組など近隣の人も出来ることから手伝い、民生委員さんと協働で活動することが大切で、これが”ふれあいネットワーク”です。」と挨拶されました。



H26ふれあいネット (2)

 本日の講演の最初は、南区役所総務課防災担当高木主査、1)助け合いの仕組みづくりについて、2)名簿提供の改正点について、3)名簿の対象者、4)名簿の提供先、5)提供の進め方・時期などについて講演されました。
 また区役所が提供する名簿の受け渡しルール、助け合いの仕組みづくりの概要について説明がありました。



H26ふれあいネット (3)

 桜学区では昨年から本年にかけ要援護者を含む学習会及び要援護者参加の避難訓練を実施して、名簿の整備が進んでいることと、市のルールでは名簿の提供を受けるまでの手続きの道のりが長い為、申請を行う予定ですが当面は現名簿を運用し、その後に提供を受けた名簿により漏れた人をカバーすることとしました。(高木さんゴメンナサイ)



H26ふれあいネット (4)

 講演第2弾は、名東区役所総務課防災担当足立主査です。 めいとう総合みまもり支援事業~“ひごろ”も“いざ”も総ぐるみ~ について、「災害時の共助がより機能するために、平常時から 区政・民生・防災関係者 など支援者間の情報共有と実践活動の総合的な仕組みを、行政と協働でつくるもの。」と熱く語られました。

 情報の提供については、民生委員活動で知り得た情報の提供について同意を得れば、支援者間で共有が可能など我々実施団体と行政が協働して取組む等ソフト面で工夫が見られます。

 超安全地帯と思っていた名東区が防災・ふれあいネットワーク事業を展開していたとは・・・驚きました。



H26ふれあいネット (5)

 南区社会福祉協議会からは夏目主事が、南区各学区の一人暮らし・高齢者のみ世帯の実態と、ふれあいネットワーク活動について講演しました。
 ふれあいネットワーク活動?・・・難しく考えることはありません、“見守り(見張りはNG)、助け合い、緊急連絡・相談”をするだけです。もともと日本の伝統であるご近所の助け合いの現代版です。



H26ふれあいネット (6)

 講演のラスト前を飾るのは、南区社協史上最高の美女・・・と噂される(単なるウワサです)玉丸主事、彼女は民生委員活動が活発な明治学区、道徳学区、伝馬学区を例に活動状況を紹介しました。
 3学区の進め方にも学区の文化と特徴があります。道徳学区は結束が強い町内単位の活動を進めています。明治学区はスーパー民生委員長を中心に民生委員が主体となって活動を進めています。伝馬学区は民生委員とボランティアがバランスよく活躍しています。

 やり方次第でここまで出来る、民生委員さんはため息が出たかもしれませんが、この学区にしても一夜にしてこの仕組みが出来た訳ではありません。代々の関係者が出来ることから少しづつ進め積み重ねた上に成り立っています。

 何事も活動を進めるには大変ですが”前を向くこと”が大切です。

 先ほどの先進3学区の方式を比較して、桜学区では道徳学区方式(学区は全体指導・方向付け、各町単位で活動する)が適していると思われ、この方法での推進を考えます。



ふれあい

 講演の締めくくりはやはりこの人、南区手をつなぐ育成会の美人会長濱田さんです。彼女は精力的に知的障害について各方面の関係者に周知・広報活動を行っています。

 本日は障害のある人が災害時に支援して頂きたいことと題して、知的障害者は外見より解りにくいため、公共の場で迷惑がられることが良くありますが、大災害が起こり避難生活を送ることになった場合、障がい者の特性を知って頂いて安心して暮らせるように皆様へ理解を求めました。

 最後に自閉症・発達障害・精神障害等の障がい者についても、皆様の理解を頂きたいと話されました。

 最後に森川会長から一言・・・
 ここにお集まりの方も後10年位で要援護者になるかもしれません。
 この仕組みはすぐには出来ません、その時の為にも皆さんが元気な今のうちに、“ふれあいネットワーク”を立ち上げ育てなければなりません。(これは脅し・・・いや、将来に向けての義務かもしれません)

 いつやるの?「今でしょう!」・・・とは言いませんでしたが、解ってもらえたと思います。

 皆さん今日は休日の午前中にお集りを頂き有難うございました。ご町内へ帰られたら記載要領に基づき要援護者マップの完成をよろしくお願いします。

「子ども会 合作画コンクール」/桜学区子ども会

 9月7日(日)午前9時から桜小学校体育館において子供会は合作画コンクールを開催しました。
 コンクールには桜学区の各町内から15チームが参加しました。 メンバーの揃わない町内は2町内以上で組む合併チームで参加できます。

 皆で力を合せて描いた絵のうち優秀な出来栄えの子ども会の絵は南区全体で競うコンクールに出展します。

 今日は「南の星ボランティア」のお姉さんが 平成26年度 南区子供会 合作画コンクールの題材となる、「ぶどう畑のアオさん」の物語を読んでくれますので、この話から皆で描く絵をイメージして特大画用紙に描いていきます。

 「南の星ボランティア」は桜学区の子供会とは30年近くのお付き合いで、今日は合作画のお手伝いをして頂きますが、昔はデーキャンプなど楽しい行事で子供達を楽しませてくれました。デーキャンプの話は学区でも、とっても古い人(S元会長)以外知る人も少なくなっていますが・・・

 それでは会場へご案内・・・



H26合作画 (2)

 子供会の美人会長志治さんの挨拶です。「皆さんおはようございます。今日は子供会のお母さん方が朝早くから皆さんの為に会場を作ってくれました。南の星ボランティアのお兄さんお姉もお手伝いに来て頂きました。しっかりお話を聞いて良い絵を描いて下さい」。



H26合作画 (3)

 相手が美人とくれば・・・こうするしか、桜学区連絡協議会のイケメン森川会長(写真が小さく残念ですが)は、「お姉さんの話をよく聞いて、話のどこを絵にするか相談し、皆で力を合せ描いてください。」と挨拶しました。
 もう一つ「冬休みに小学校5、6年生で学区の古代歴史探検教室」を行うから参加してね・・・



H26合作画 (4)

 「南の星ボランティア」の皆さんです。今日は装いも新たに若いイケメン&カワイイ男女各1名に、おじさん1人のスタッフが参加してくれました。今日は絵の題材となる物語の読み聞かせを始め子、供達と様々な交流を図ってくれます。(今日はイケメンの多い日だ・・・)



H26合作画 (5)

 まずボランティアの”若い”お姉さんが、絵のテーマとなる「ぶどう畑のアオさん」のお話を始めました。

   「アオさんは森の中で暮らしていました・・・
   ある日アオさんは夢を見ました・・・
   丘に登ってみると・・・そこはぶどう畑でした。うれしくなって飛び跳ねたひょうしに夢から覚めたのです・・・

     ・・・一緒に食べればいいのになぁー・・・と、思いました」 おわり。



H26合作画 (6)

 さあ話が終わりましたので、今から各町内の場所へ行って仲良く相談しながら、みんなで協力して一生懸命絵を描いてね。場所へ行くまでに忘れないで・・・いや作戦を考えてね、ということで早速書き始めました。



H26合作画 (7)

 ふんふん、登場人物はアオさんと猫と狐か、主な所は大きいお姉ちゃんが描いて、小さな子に色を塗らす作戦だね。



H26合作画 (8)

 えーっと、まず草の色を付けてっと。私は草の担当、君は空の担当だよ、エリアを分けて制作する作戦か、綺麗に塗ってね。



H26合作画 (9)

 こちらは木々を描いています。こちらは各人が木などのパーツをそれぞれ決めて仕上げていく作戦のようです。木の形に個人の特徴が表れて楽しい絵となっています。



H26合作画 (10)

 かなり仕上がって来ました。森の木があってアオさんと猫が歩いています。ブドウも一杯実っているようです。
もうすぐ制限時間です。みんなすごいね、上手く綺麗に描けてるよ。これはひょっとすると・・・



H26合作画 (11)

 皆の書き終わった絵が舞台に並べられました。舞台の上ではボランティアの人と元会長のSさんが、並べられた作品を入念に審査しているようです。・・・緊張の時間です。



 じゃーん!優秀作品が決まりました!!


H26合作画 (1)

 1位の優秀作品は、「鶴田2南子ども会」です。ピースもバンザイ!・・・はせずにドヤガオです。 (^_^;)

 入選作品は「東浦通り子ども会」と「桜台1子ども会」に決まりました。また「鳥栖1東子ども会」「桜台2北子ども会」が佳作に選ばれました。(ゴメンナサイ、紙面の都合上写真はありません、運動会の会場でね)

 今日描いた作品は10月19日の学区運動会の会場へ展示して、学区の大勢の皆さんに見て頂きます。
優秀作品は12月14日に南区役所で行われる友情のともしび交歓子ども会の会場で南区表彰があります。

 子供会の役員さん朝早くから会場の準備や子供達への対応・運営等、苦労様でした。

ドッヂビー ふれあい交流会に参加/桜地域スポーツクラブ『get wins』

 9月7日(日)午前9時30分から 「ドッヂビーふれあい交流会」が日本ガイシスポーツプラザの第二競技場で開催されました。

 この交流会は主催:日本ガイシ スポーツプラザ 協力:愛知県フライングディスク協会、協賛:公益財団法人 名古屋市教育スポーツ協会によって毎年開催しています。

 交流会のジャンルは、低学年(1~3年)の部、高学年(4~6年)の部、一般の部、レディースの部及び障害者の部の5つの参加区分があり、愛知県下の各地からと、遠くは京都から参加したチームもあり、総勢36チーム440名の多くの選手が参加し開催されました。

 ドッヂビーはボールの代わりにナイロン布とウレタン枠の柔らかいフライイングディスクを使用して行う安全なドッジボール形式のゲームで小学生から大人・女性・障がい者までが楽しんでいます。

 ルールは相手チームに当てられたプレーヤーは外野に出なければならず、また相手チームを当てた外野のプレーヤーは内野に入ることができます。
 決められた時間内に、相手チームよりも多くのプレーヤーが内野に残っていたチームが勝ちとなります。

 桜学区からは、地域スポーツクラブとして活動をしている『get wins』15名が「高学年の部」に参加しました。
『get wins』・・・優勝をつかみとれ!強そうな良い名前でしょう。 (^_^)v

 それでは熱戦が繰り広げられている会場へご案内・・・



H26ドッチビー (1)

 開会式の模様です。本大会に参加する沢山のチームが揃い、主催者の挨拶や交流会試合の注意事項を聞いています。気合が入ってきました。



H26ドッチビー (2)

  試合前の挨拶を行っていよいよ試合に臨みます。向こう側の赤いユニフォームが『get wins』ですが、手前の相手の方が大きくて強そうです。・・・桜ファイト!



H26ドッチビー (3)

 試合が始まりました。相手の強力シュートが襲い掛かります。立ち上がりみんな真ん中へ固まり動きが少し硬いようです。ガンバレ・・・ (>_<)



H26トッヂビーa (3)

 ナイスキャッチ!相手チームの外野からの必殺のシュートをキャッチしましたが、反撃も及ばず惜しくも勝ちを逃しました。残念・・・最初の試合で緊張してしまった、次こそ勝利だっ! (*^^)v



H26トッヂビーa (1)

 このチームには勝てそうな気がする。 『get wins』の攻撃、外野へパスしたディスクで相手チームを攻めていますが、熱戦の末また一歩届きませんでした。・・・あがってしまった、こんなはずでは <(`^´)>



H26トッヂビーa (2)

 観客席から応援の保護者の皆さんが見守る中、予選リーグの突破を目指して頑張る赤ユニフォームの『get wins』の攻撃です。
 『get wins』は、予選リーグを5試合戦い2勝3敗と善戦しましたが、惜しくも決勝トーナメントに進むことはできませんでした。今年はチームの立ち位置を確認しただけ、来年からが本当の勝負!と言訳・・・をしないで、ゲット・ウィンを目指し、桜リゾート温泉気分を払拭し、”勝つ為”の雰囲気つくりが必要かもしれません。 <(_ _)>



H26ドッチビー (4)

 全ての試合が終了し、表彰式が行われました。選手たちには「日ごろの練習成果と、持てる力を出し切ったという」満足感がありましたが、表彰される誇らしげなチームを見て、「来年こそは・・・・」とリベンジを誓い会場を後にしました。

 指導者及び選手の皆さんお疲れ様でした。また一生懸命声援を送られた保護者の皆さん大変お疲れ様でした。

             【高学年(4~6年)の部】の成績

          順 位    チーム名      市  町  村

          優  勝    S.T.N     名古屋市守山区 
          準優勝    G.D.T     犬山市
          3  位    苗代Victory   名古屋市守山区
 

桜学区文化祭のご案内/桜コミセン運営委員会

 芸術の秋・・・この度、桜コミセンでは第1回 桜学区文化祭を開催する運びとなりました。
 文化祭では学区の皆さんが趣味や教室で制作した作品を広く集め、発表の場として地域の皆さんに見て頂き、作品を通じて交流を深めていきたいと考えます。

 今は明かすことが出来ませんが、記念すべき第1回ということで、この地域に古くから伝わる伝統工芸品や著名な画家の作品など、地域の皆様の作品と共に「あっ!と驚く」サプライズ作品も用意しています。ぜひ来館して観賞して下さい。

 文化祭は2日間に渡り開催します。初日の9月21日(日)は午前9時からご来賓をお招きして開会式を行いますので、一般の方の観賞は午前9時30分~午後9時までになりますが、お帰りが遅くなっても間に合います。

 2日目の9月22日(月)は火曜日からの利用の為、後片付けを行いますので、午前9時~午後3時までになりますのでご了承願います。

 開催要領は下記の通りです。町内掲示板や組回覧によってもお知らせしますので是非お立ち寄りください。


                                 記
ポスター
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター