コミセン運営委員会議題 5月号

  日 時  平成27年6月1日(月)午後2時
  場 所  桜コミセン1階和室
  出席者  南区社協:中島主事
         コミセン運営委:森川、加藤、石川、寺田
         コミセン管理人:今泉、近藤、細川、藤井、尾崎、麻原



H2705コミセン運営委

 今日のコミセン運営委員会は、今年度に学区が実施する~桜学区おたっしゃかねプロジェクト~のうち、ご近所ボランティアの仕組みと概要説明の為に、南区社協の中島主事(写真右端)をお招きしました。

 中島主事は今年から桜学区を担当することになった南区社協とっておきの美人ホープ、学区がプロジェクトを進めるに際し協力する福祉各団体との調整をして頂くことになりました。 

1.平成27年度のコミセン設備の改善計画について(再確認事項)
  1)1階和室の高齢者利用を促進するため、和室の標準は絨毯、机・椅子の配置とし、
    座卓は利用者の要望により配置する。
    椅子については早急に候補を選定しサンプル手配をする。    
  2)コミセン外階段下にある物置が老朽化し取扱い・容量・防犯上問題があるので、
    防災倉庫として使用できるよう建て替えを行う。6月1日より準備を進める。

2.避難所桜コミセンの機能強化と備蓄増に関する調査について(再確認事項)
   5月25日に区役所の備蓄品調査を受けました。収納量に問題はありませんので、
   トイレを中心に以下の様に備蓄量の上限をお願いするつもりです。
   備蓄物資の保管場所については、略図を作成し区役所へ提出する。
   (+管理人室へも掲示する)

3.桜学区地域支えあい事業のうちコミセン管理人さんにお願いしたい仕事について。
  1)今年度よりご近所ボランティア団体を登録していくので、管理人さんのコミセン
    当番日にボランティアコーディネーターをお願いしたい。
  2)仕事はボランティア受付・依頼と活動集計業務で日当は1000円/日。
  3)ご近所ボランティアは当初高齢者サロン・ふれあいランチと下校班に安否確認
    をお願いしてボランティア団体登録をお願いする。

4.クリーンキャンペーンなごや2015について
   学区全体で地域の清掃活動「クリーンキャンペーンなごや2015」を行います。
   コミセンに関連する事項は下記の通りです。
     日 時  6月6日(土) 午前10時~11時
     要 領  コミセンに道具を仮置きする、トワイライト児童の集合場所となります。
     出 席  全公民会、団体

5.第1回子供会救急救命・初期消火訓練の開催について
  1)桜消防団がコミセンの第1会議室と駐車場を使用して、下記の要領で子供会親子に対する
    救急救命訓練・初期消火訓練を行いますので、部屋と駐車場の確保をお願いします。
     日 時  6月7日(日) 午前10時~11時30分
     場 所  コミセン2階会議室及び駐車場
     出 席  6町内の子供会親子3組以上

6.地域支えあい事業の準備打合せについて
  1)学区の地域支えあい事業「桜学区~おたっしゃかねプロジェクト~」の準備会合を
    下記の要領で行うので部屋の確保をお願いします。
     日 時  6月8日(月) 午後2時~4時
     場 所  コミセン(部屋は1,2階何れもOK)
     出 席  南区社協:中島、玉丸、北部いきいき:菊池さん他、介護施設:阿隅さん。
           学区:森川、加藤、石川、寺田、宮尾さん他民生委員。
           春日野学区:成田委員長予定。

7.地域支えあい事業の第1回講習会について
  1)学区の地域支えあい事業「桜学区~おたっしゃかねプロジェクト~」の準備
    会合を下記の要領で行うので部屋の確保をお願いします。
     日 時  6月14日(日) 午前9時~11時
     場 所  コミセン2階会議室
     出 席  南区社協、北部いきいき、介護施設、春日野学区:成田委員長
           学区:公民会長、民生委員(サロン・ランチ担当者、下校班代表) 

8.国勢調査員に対する説明会について
  1)学区の国勢調査の調査員への説明会を下記の要領で行いますので部屋の確保をお願いします。
     日 時  8月21日(金) 午後2時~4時
     場 所  コミセン2階会議室
     出 席  桜学区国勢調査員 

南区区政協力委員協議会6月定例会

 6月4日(木)午前10時より南区役所3階大会議室において、南区区政協力委員協議会6月定例会が開催されました。

 会議には横田南区長の他に区役所各部署の責任者、南警察署長・南消防署長・上下水道局港営業所長・南保健所長・南土木事務所長・南環境事業所長・南区社会福祉協議会等、行政各所と18学区の区政協力委員長が出席して行われました。

 それでは会議場へご案内・・・


H2705定例会 (1)

 各学区の委員長など会議への出席者が集まりました。



H2705定例会 (2)

 横田区長は5月31日に実施した南区総合水防訓練について参加各学区関係者へお礼、道徳学区で行われた住民避難活動訓練については道徳学区の佐藤委員長へお礼を述べられ、中日新聞に載った佐藤委員長の記事について紹介されました。
 また今年から採用した水マット訓練の有効性に着目され、名古屋市への配備を希望されました。



H2705定例会 (3)

 関連局の連絡事項では、上下水道局港営業所の山田所長が、備蓄用“名水”の販売について要領を説明されました。



H2705定例会 (4)

 議事の主なものは次の通りです。
 [南警察署]
1.南区の学区別犯罪・交通事故発生状況について児玉署長より説明がありました。
  母親交通教室の活動について謝辞を述べられました。
  6月1日より自転車運転者講習制度が始まります。危険運転を繰り返す運転者に対し、
  3年以内に2回以上繰り返せば、講習(有料)を受ける様に命令されます。
  また酒酔い運転などでは車の運転免許の取り消し等の罰則も課せられます。



H2705定例会 (5)

 [南消防署]
2.南区消防統計等について丸山署長より説明がありました。
  南区の火災件数は減少している。暑くなりましたので熱中症に十分注意して下さい。
  高齢者は室内にいても発症することがありますので、体感温度を過信せず適度な給水を
  心掛けて下さい。

 [総務課]
3.災害救助地区本部委員に対する委嘱・解職状の伝達について。

4.災害救助地区本部委員名簿の配布について。

5.地域避難行動計画策定モデル学区募集について。
  地区ごとの特性に応じた避難行動計画の策定に取り組む1学区を募り支援したい。
  応募の締め切りは6月25日。

6.防災講演会の参加
  日 時  7月30日(木) 午後1時30分~
  場 所  中区役所ホール
  参 加  各学区1名程度
  申 込  6月29日(月)迄に総括課普及啓発係へメール

7.避難所開設時における近隣協力員の連絡先の配布及び避難所について。
   (中学校)の鍵を中学校の有る学区に配布します。

8.名古屋市震災避難行動ガイドラインの策定について。
   昨年度意見徴収した名古屋市震災避難行動ガイドラインが完成しました。

9.「助け合いの仕組みづくりDVD」、「南海トラフ巨大地震被害想定DVD」を配布します。

10.平成27年度 南区総合水防訓練実施結果の報告がありました。

 [企画経理室]
11.平成27年度 南区区政モニターの募集要領について説明がありました。
  対象・定員  南区在住・在勤・在学の18歳以上の方、20名程度
  
12.平成27年度 南区区政運営方針を策定し5月29日に公表しました。

 [まちづくり推進室]
13 .夏の交通安全・生活安全市民運動が下記の要領で展開されます。
  (1)交通安全・生活安全ニュース
   a)交通安全市民運動
     期  間  7月11日~20日まで、
     重点事項  高齢者の交通安全
           夏休みを迎える子供と若者の交通安全
           自転車の安全利用促進
   b)生活安全市民運動
     期  間  8月1日~10日まで、
     重点事項  住宅対象侵入等の防止
           女性・子供を犯罪から守る活動の推進
           振り込め詐欺の被害防止
   (2)交通安全テント基地
     日 時  7月13日(月) 午前10時
     場 所  道徳稲荷神社
   (3)交通事故防止街頭啓発活動(県内一斉大監視)
     日 時  7月15日(水) 午前7時45分~
     場 所  学区内主要交差点
   (4)夏の生活安全パトロール
     日 時  8月1日~10日
     場 所  学区内

14.悪質電話被害防止事業

15.空地をきれいにする運動

16.平成27年度 「コミュニティガTデン事業
   ~『学区の花』いっぱい運動~ 補助金交付申請はエントリー票を提出し申請する。

17・南区学区対抗(親善)スポーツ大会の結果がありました。

18.子どもの夢をかなえる事業~南区ドリームチーム~、平成27年度メンバー募集
   募集要領  南区在住の小学4年生から中学2年生
   募集期間  6月5日~6月30日

 I福祉課]
19 「なごやかクラブ名古屋(名古屋市老連)」のポスター掲示について

 [環境事業所]
20 古紙持ち去り撲滅キャンペーンは該当2学区で行います。

 [社会福祉協議会]
21 平成27年度 南区社会福祉協議会賛助会員の募集について。
   募集期間  6月中旬~7月中旬
   賛助金   各学区取り纏めのうえ7月末までに社会福祉協議会へ提出。

22 認知症サポーター養成講座の開催は以下の要領で行います。
   開催日時  6月26日、10月30日、平成28年2月26日の午前10時~11時30分
   場 所  南区在宅サービスセンター 研修室
   申 込  南区北部いきいき支援センター TEL811-9377

23 平成27年度 地域福祉推進協議会の経費助成について連絡がありました。

24 平成27年度 ふれあい給食サービス事業の経費助成について連絡がありました。

 [その他]
25 「ミオーとつない.でダンス」の普及

減災福祉まちづくり学の講義を聴講/名古屋学院大学

 6月4日(木)午後1時20分から名古屋学院大学が行っている大学COC事業のうち、「減災福祉まちづくり」について様々な分野の一線で活躍する人を講師に迎えた授業を、南消防署防災担当井上主査と共に桜学区森川委員長が聴講させて頂きました。

 本日は、南区星崎消防団の早川団長が「減災に向けた地域の取組み」と題して、消防団活動や地域の絆をつくる防災活動について講義を行いました。

 減災に向けた地域の取組みとは、発災時に地域住民を安全に避難させる仕組み作りで、特に一人で避難できないご高齢の方・障がいのある方を日頃から周りの人が知り・見守り、直ちに避難支援が出来る体制をつくること。

 しかしこの方達は災害時ばかりでなく日常も生活支援の必要な方が多く、周りの人が日頃から手を差し伸べ、住み慣れた地域で暮らすことが出来るように支援する福祉活動が重要となります。

 桜学区は昨年名古屋学院大学が行う大学COC事業のうち、「減災福祉まちづくり」に協力して学生さん達と一緒に地域の防災(減災)上の課題を学習しました。

 これは井澤教授が指導して学生さんと一緒に高齢者へのヒアリング、子ども達と街歩きや現地調査を行なって、避難路の安全性など調査結果の発表会を通じて、課題の発掘と解決策の検討を行った活動。

 この活動の最後は参加した子供向けに、防災人形劇や備蓄品で様々なお菓子・食事を作って防災クリスマスパーティー等のイベントを行って頂き、地域の子どもから大人(高齢者)まで幅広い世代の人と交流を深め、防災活動について楽しく学ぶことが出来ました。

 また早川団長には、学区が一昨年に行った津波避難・防災訓練の際にも様々なアドバイスを頂いて以来、私的な防災研究会にも参加させて頂いています。

 そのようなご縁で本日の講義を聴講させて頂きました・・・



H2705名学院講義 (1)

 越智講師の紹介によりいよいよ講義が始まります。慣れない場所で応援団の方が少し緊張します。



H2705名学院講義 (2)

 先ずは消防団の成立ち、地域での位置付けについて・・・
 名古屋市の消防団は市内全ての小学校区(266消防団)に配備され、全国的にも珍しい(進んだ)体制を敷き、「地域防災力の中核」として地域に密着した消防・防災活動を行っています。

 その活動は、火災現場での支援活動・災害時の救助活動を始めとして、日頃から救急救命訓練・初期消火訓練や防災訓練・講座等を開催したり、学区の様々な行事を支援するなど広範囲にわたっています。



H2705名学院講義 (3)

 消防団活動は近年従来の防火活動に加え、地域の防災力を高めるための活動へと広がりをみせ、行政や防災専門家・地域住民の経験“知”を合せ、様々な地域コミュニティが協力・連携した防災活動を行うことの重要性が認識されてきています。




H2705名学院講義 (4)

 講義の合間に一息つく早川団長とサポーターの井上主査、名古屋都市センター山田主査。




H2705名学院講義 (5)

 講義を終わって関係者で記念撮影。
 写真左から井澤教授、越智講師、本講義の講師を務められた星崎消防団早川団長、桜学区森川委員長、南消防署防災担当井上主査。


 「防災・減災活動」は福祉につながる
 福祉活動は人づくりにつながる
 人づくりはまちづくりにつながる

 地域防災(減災)にとって最良の形は、福祉活動を通じて助けを必要としている人を知り、日頃からお互いに顔の見える関係を構築して、支援を続け地域で孤立しがちな人を地域社会と結びつけること。

 粘り強い活動が必要となりますが、そうすることが結果的に活気あるまちづくりとなり、地域防災(減災)力の向上に繋がります。

クリーンキャンペーン・なごや2015

 6月6日(土)昨夜から雨が降り続いていました。しめたこれでクリーンキャンペーンは中止・・・と思いきや、降り続いた雨は名古屋市としめし合わせたように上がって、清掃活動を始める頃にはまぶしい太陽が照りつけていました。

 名古屋市では清潔で住みよいまちづくりを進めるため、毎月第3日曜日を「町を美しくする運動」として、自宅周りや地域の清掃を提唱しています・・・が、今日はクリーンキャンペーンの日。

 桜学区では広い学区を効率的に清掃するため、町内別や団体別に7つのグループに分け、それぞれの区域を地域の住民・学区連絡協議会の公民会長はじめ各団体・トワイライトスクールの児童が協働して清掃活動を行いました。

 異動により今春に桜学区担当職員となった南区役所(南保健所)イケメン磯部主幹にも参加を頂いて、地域の人と一緒に清掃活動に汗を流して頂きました。

 それでは清掃活動の現場へご案内・・・



H2706クリーンキャンペーン (1)

 まずは桜小トワイライトスクールと子供会の児童がコミセンへ集合して、小学校の周辺と学校内の清掃活動を行いました。
 子供達には今から掃除のしつけをしておくとお母さん楽になりますよ。



H2706クリーンキャンペーン (2)

 鯛取通の清掃活動ですが、昼間でも大きな赤提灯がぶら下がっており、「おいで、いらっしゃい」と誘っている様子。どうも道のゴミより店内が気になる様子、ちょっとまだ時間、早いですよ。



H2706クリーンキャンペーン (4)

 環状線東側歩道の清掃活動中ですが、暑くなると気のせいか木陰にある歩道の植栽が一段と美しくなるようです。
 空缶が多く捨てられていますが、そこのコンビニ店内で美味しいコーヒーが飲めますよ。



H2706クリーンキャンペーン (5)

 環状線西側歩道の清掃活動中です。パチンコ屋さんの前ですが、たまに店員さんが清掃している様で、人通りの多い割には綺麗でした。ラッキー!



H2706クリーンキャンペーン (7)

 鯛取通の天白川近くを清掃活動ですが、コンビニ店近くの空地にはゴミが放置されていました。人家から少し離れたこの場所は格好のゴミ箱となっているようです。



H2706クリーンキャンペーン (8)

 コミセンへ集まった西側地区のゴミを分別しています。草とごみだけと思ったら、空缶・空き瓶・空ペットとバラエティーに富んだ内容となっています。

 例の磯部主幹(写真右端)にもお手伝いいただいていますが、まだそんな簡単にお顔をお見せすることは出来ません。今回はここまで、楽しみは先に取っておきましょう。

 1時間ほどの活動でしたが、沢山のごみを集め地域全体がさっぱりと綺麗になったようです。今日取りきれなかった分は、21日の第3日曜日に行う町美化運動でフォローしましょう。当番町内会長さんよろしくお願いします。

 皆さん暑い中の作業有難うございました。磯部主幹には休日にお出まし頂きご苦労様でした。

笠寺観音と周辺の歴史的な意義を学ぶ/名古屋市博物館ガイドボランティアの会の来訪

 6月6日(土)午後2時頃から名古屋市博物館ガイドボランティアの会が、桜学区の史跡めぐりに来訪しました。

 これは笠寺観音をスタートに春日野学区の桜田八幡社、大楠木の村上社等を巡り、桜学区の史跡である鳥栖八剱社、成道寺、鳥栖神明社を巡る名古屋市博物館ガイドボランティアの会の歴史散策。

 何せ桜学区には古墳上に祀られた鳥栖八剱社、鳥栖神明社を始め多くの史跡が点在しています。桜地区を案内する地域の歴史研究家の富田さんも思わず力が入ります。

 名古屋市博物館ガイドボランティアの会の皆さんは、南区各地の史跡を探訪して最後に桜学区へ巡って来ました。この機会にこの地の史跡を是非知って頂きたいと、桜学区を上げて最大限のおもてなしをしなければなりません。<(`^´)>

 ガイドボランティアの会の皆さんは意外に(失礼か)女性が多く、この美人歴女に案内人は結構ときめいてしまったかもしれません。(*^^)v

 それではときめきの「古墳上の二社参り」にご案内・・・



H2706歴史遊歩 (1)

 ここは和銅元年(708)に創建された熱田神宮別宮 ”鳥栖八剱社 一の鳥居 "、皆さん笠寺観音からの長旅で少々お疲れの様子も見受けられますが、素晴らしい史跡に最後の力を振り絞って墳丘の頂にある社殿へ向かわれました。木々に囲まれ少しだけ神秘な雰囲気が漂っています。

 八剱社は御祭神として照皇大御神・須佐之男命・正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命を祀り、境内に稲荷社・秋葉社を祀っています。



H2706八剱社

 案内人の富田さん、鳥栖八剱社の ” 社 ”の文字のいわれについて、「文字右半分のつくりは"水"つまり水の神:須佐之男命(すさのうのみこと)と、下に省略された儿(にんにょう)を加えると"光"となる日の神:天照大御神(あまてらすおおみかみ)を意味し、”社”と読ませています。

 鳥栖八剱社の三祭神のうち「天照大御神」と「須佐之男命」の光と水を関連付け、農家の人の願いを入れた文字と解釈しました。



H2706歴史遊歩 (2)

 二の鳥居の下で先ほどの ” 社 ” の文字について拡大した資料を基に熱血講義。

 この他草薙剣が盗難に遭い、神剣を新しく作ることを命じられた鍛冶屋が、この地で製作して熱田神宮の別宮の八剣宮へ同年9月9日に納めたという伝説がこの社の起源説話であります等・・・。

 鳥栖八剱社は南区で最大規模の円墳といわれていますが、実は帆立貝のように後円部から東南部に、幅30m長さ約12mの造出部(前方後円墳?)を持っています。富田節が冴えてきました・・・



H2706歴史遊歩 (3)

 鎌倉街道を歩き、次は成道寺、山号を芳樹山といい曹洞宗のお寺です。この赤い小さな鳥居の奥に、鳥栖城主成田公夫妻の墓標があり“夫婦地蔵(めおとじぞう)”として親しまれています。これは、石仏の紀年銘としては市内最古のものです。



H2706歴史遊歩 (4)

 富田節が増々快調になりました。的を得た質問には的確に、少し外れた場合はそれなりに上手くかわしながら、老練なテクニックを発揮して、熟年歴女を手玉に取っているようです。・・・それでは次の目的地「鳥栖神明社」へご案内。



H2706歴史遊歩 (5)

 成道寺を出ると更に鎌倉街道を西へ進み、最後の訪問地「鳥栖神明社」へやって来ました。この神社も大塚と呼ばれる古墳上に祀られていますので、参拝は階段でお願いします。エスカレータは有りませんので、お疲れでしょうがご自身の足で上って頂きます。(-_-;)



H2706歴史遊歩 (6)

 明和8年(1771)創建の天照皇大御神(あまてらすおおみかみ)を祀る鳥栖神明社。境内社として秋葉社・知立社・山神が祀られています。

 本日最後のお参りをして本日の史跡めぐりはおしまい。一番最後に古墳登りの厳しい試練が待っていましたが、さすがに皆さん完走、お若いですね。



H2706歴史遊歩 (7)

 最後はご褒美として神明社社務所にてコーヒー・お茶のサービスが・・・、ここは氏子さんのご厚意で場所を提供して頂き、地域の高齢者憩いの場所として高齢者サロン「さくらカフェ」を民生委員さんを中心としたメンバーて行っており、この種の接待には慣れています。(^o^)

 今日のお客様は皆さんお若いのですが、民生委員さんとボランティアさんが駆けつけ、何時も行っている高齢者向けの お・も・て・な・し をして頂いたようです。(^_^) (^_^)

 室内には昨年のお祭りで再現デビューした ” 馬の塔 ” を飾り、氏子総代会の大口会長が説明していましたが、さすがにセミプロは違います、普通の人は遠くから眺め感心するだけですが、さすが博物館ボラ、近くへ寄って馬の塔に刺しゅうされた武将の姿や歴史的な背景を論じておられました。

 ガイドボランティアの会の皆さんお疲れ様でした。桜学区に残る史跡はいかがでしたか?
 南区でも特に古い歴史に触れて頂き、きっと満足されたことと思います。機会があればまた見学に来て下さい。

救急救命・初期消火訓練/南消防署・桜消防団

   救急救命訓練(胸骨圧迫と人工呼吸)/南消防署

 桜学区子ども会では6月6日(土)に南消防署にご指導をお願いして、各町内子供会長世帯を対象に桜小学校で救急救命訓練(胸骨圧迫と人工呼吸)を実施しました。

 まず桜小学校の会場へご案内・・・



H2706AED訓練 (1)

 参加者の皆さんは桜小学校の体育館へ集合し、救急救命訓練について消防職員の説明を聞いています。



H2706AED訓練 (2)

 消防署員さんの指導の下胸骨圧迫に挑戦する子供達。この子はなかなかいい形で実施しています。救急救命の基本となる作業です、確実に習得して下さい。



H2706AED訓練 (3)

 人工呼吸の訓練です、子供も真剣ですが指導する消防署員も真剣そのもの、何せ人の命が掛っています。


          救急救命・初期消火訓練/桜消防団 

 6月7日(日)午前10時から桜消防団は、桜コミセンにおいて昨日の消防署の救急救命訓練に続いて、1人でも多くの世帯に知って頂こうと、昨日訓練した以外の子供会の親子を対象に、救急救命訓練と初期消火訓練を行いました。

 消防団が行う救急救命・初期消火訓練は、若い世代に習得して頂くために子供会親子を6町内づつ3回に分け実施します。3回に分けることにより1回当りの参加者を絞り、胸骨圧迫・AEDや消火器をより多く体験し慣れて頂くことが出来ます。

 また今回より消防署からお借りした救急救命訓練用DVDを放映して、正しい救急救命法の手順を前もって見て頂いたうえで実技訓練を行うことにより理解力の向上を図りました。

 初期消火訓練も小さな的を特別に作り、子供達が楽しみながら的当てすることにより操作力を向上させる工夫をしました。

 それでは桜コミセン会場の訓練の様子を紹介します・・・



H2706AED訓練 (4)

 森川委員長は本日の訓練の意義を参加者へ伝えました。高齢者に比べ活動・外出機会の多い若い世代が現場に遭遇する機会が大きく、救急救命訓練を多く経験した方がより的確に処置できます。

 実際に倒れている人を見つけるとパニックになりますが、救急救命法の手順を知ることにより冷静に対処できることを目指して下さい。



H2706AED訓練 (5)

 桜消防団太田団長が市内全消防団長研修会に出席し不在のため、長谷川副団長が本日の訓練内容について詳しく参加者へ説明を行ないました。今回から理解力を向上させる為、新兵器となる訓練用DVDを活用します。しっかりと救急救命の習得をお願いします。



H2706AED訓練 (7)

 30分のDVD観賞が終わると早速救急救命の実技訓練です。6町内は2グループに分かれ、訓練に臨みます。

 胸骨圧迫の実技訓練です。最初はうまく行きませんが、講師のアドバイスを受け一生懸命です。「1・2・3・・・」1分間に100回以上のペースで腕を垂直に立てて体重をかけて下さい。



H2706AED訓練 (6)

 「えーっと、パッドの装着は・・・と」迷って胸骨圧迫を忘れてはいけません、一人は早く胸骨圧迫をして下さいね。


H2706AED訓練 (8)

 救急救命訓練が終われば、駐車場へ移動して消火器を使った初期消火訓練を行います。
「えーっと、安全ピンを抜いて、ホースを構えレバーを握る」最初は迷いますが、消防団員から指導を受け直ぐに正しい操作が出来るようになりました。



H2706AED訓練 (9)

 今度は一人でやってみます、あらら・・・地面に噴射してしまいました。1人では難しい、やっぱり慣れることが大切と良く解りました。



H2706AED訓練 (10)

 どうだっ!上手く噴射させることが出来たようです、的に当たったかは定かではありませんが・・・、まずは良しとしましょう。
最初は的に当たらなかった子も慣れれば大丈夫、ちゃんと当たるようになります。

 今日は子ども会関係から28名、桜消防団から14名、学区連絡協議会から3名が出席して実施しました。今日の体験を生かして、万一人が倒れている場に遭遇したときは、すぐに救命処置を行うか助けに駆けつける様にお願いします。

オアシス運動/桜学区青少年育成協議会

 6月8日(月)午前7時45分より桜学区青少年育成協議会は、桜小PTAと協働で桜小学校の正門と東門において第33回オアシス運動を展開しました。

 オアシス運動は オ「おはようございます」 ・ア「ありがとうございます」・ シ「失礼します」・ ス「すみません」の挨拶のイニシャルが付けられた挨拶運動です。

 オアシスは挨拶・お礼・お願い・謝罪について言葉を交わすことによって、人とのかかわりをスムーズに気分よく行うことが出来る言葉、まるで砂漠・・・いや、心の中の泉 “ 心のオアシス ” のように爽やかになることが出来ます。

 それではオアシス運動の現場へご案内・・・



H2706オアシス運動 (1)

 こちらは正門の様子、児童が登校してきました。青少年育成協議会やPTAの皆さんは子供達に負けない位元気な声で「おはようございます」と声を掛け記念品を渡しました。



H2706オアシス運動 (2)

 その後も登校してくる児童に「おはようございます」「学校楽しい?」「勉強頑張って」等元気に声掛けをしています。



H2706オアシス運動 (3)

 一方こちらは東門の様子、こちらは学区の東側に住む子供が登校、多くの新築住宅が建ったのか、今や正門をくぐる児童よりこちらの方がはるかに多くなっています。



H2706オアシス運動 (4)

 校長先生、教頭先生も多くの児童が登校してくる東門へ出て挨拶を交わしています。



H2706オアシス運動 (5)

 朝の朝礼です。校長先生はオアシス運動に触れ、今日元気に挨拶出来た人・・・とアンケートを取っています。大勢の地域の人を前にしてか遠慮気味に手が上がりました。

 学区青少年育成協議会の伊藤会長は、オアシスの言葉はお友達になる最初のチャンス、言葉を交わしお友達を作って楽しい学校生活を送って下さいと挨拶されました。

 最近新聞・TVで痛ましい少年の事件が報道されています。心が荒んでちょっとしたことにキレ、残忍な行為へ走るようです。
今からオアシスのごとく心豊かに、友達のことを思いやる優しい少年に成長してほしいと願います。

第1回おたっしゃかねプロジェクト活動連絡会議

 6月8日(月)午後2時から桜コミセンにおいて、桜学区地域福祉推進協議会は南区社会福祉協議会等の支援を受け実施する~桜学区おたっしゃかねプロジェクト~の準備の為、第1回の活動連絡会議を行いました。

 ~桜学区おたっしゃかねプロジェクト~は、急速に進む高齢化に対応するため、近隣の人が日頃から見守り・ちょっとした生活支援を行って、高齢者が住み慣れた地域で暮らすことが出来る様に活動を行う“地域支えあい事業”(地域力の再生による生活支援推進事業)です。

 ちなみにこのプロジェクト名は ” 地域支え合い事業 ” ではお役所的で色気がありません、活動しやすいイメージをと北部いきいき支援センターの菊池センター長が名付けてくれました。

 この活動は福祉の専門機関である、南区社会福祉協議会、南区北部いきいき支援センター、地域にある居宅介護支援事業所及び南区役所総務課(えっ、福祉課じゃあ?)と協働して実施します。

 この活動は、ご近所にどのような人が住んでいるかを知り、顔の見える関係を構築するため、民生委員を始めとして各町の組を単位としたボランティア活動により行います。

 また日頃から援護すべき人を把握することは、災害が発生した場合も迅速・的確に要援護者を避難所へ避難・誘導することに繋がり、地域防災・減災にも重要(このために総務課防災担当の力を借りる)となります。

 それでは会議の様子をご紹介・・・



第1回支えあい会議

 本日の会議の出席者です。
桜学区地域福祉推進協議会・学区民生委員・コミセン管理人の代表、南区社会福祉協議会、北部いきいき支援センター、南区役所総務課、居宅介護事業所の担当者及びお隣の春日野学区成田委員長、それとえきさい看護専門学校の実習生が見学に・・・。

 議事の進行は南区社会福祉協議会とっておきの美人、桜学区担当の中島主事(写真奥中央の女性)が担当しました。
 【議題】
  1.地域支えあい事業について
    桜学区地域福祉推進協議会が学区民生委員さん・ボランティアコーディネーターと
    協働で、近隣住人ボランティアにより見守り・ちょっとした生活支援を行う活動を、
    いかに地域に広報し根付かせるか。
  2.活動連絡会議の構成員について
    本日の出席者を主に、必要により関係機関に働きかける。
  3.ご近所ボランティアコーディネーターについて
    ボランティアコーディネーターはコミセン管理人さんに依頼する。
    業務はボランティアの受付・依頼、事務処理。
    本年10月よりポイントが付与できるよう、ボランティアグループを立ち上げる。
  4.認定事業について
    個別の生活支援、ふれあいネット見守り活動、ふれあいランチ、高齢者サロン、
    子育てサロン等を当初のボランティア活動団体として登録する。
  5.おたっしゃかねプロジェクトについて
    まず要援護者の中の認知高齢者に対する支援を考えていく。
    現在の課題について研修会を開催して解決を図る。
    様々な人・機関・事業者などの地域資源との連携について。
    高齢親の介護に子供が対処できないケースを見つけ、介護負担を緩和する。
  6.その他
    プロジェクトの今後の会議・講座・訓練の日程は以下の通り
    6月14日(日)第1回講座 いきいき支援センターの概要、介護保険関連
    6月29日(月)第2回会議 第1回講座の課題検討と次回講座の準備
    7月12日(日)第2回講座 学区の現状・課題・対処方法について
    8月3日(月) 第3回会議 第2回講座の課題検討と次回講座の準備(予定)
    8月9日(日) 第3回講座 認知症サポータ養成講座
    11月第4日曜日 徘徊者おかえり模擬訓練(予定)

 今日の会議を見て改めて女性パワーを感じました。南区社協の出席者3名は全て女性、いきいき支援は4名中3名が女性(+見学の実習生2名も)、区役所は全員(と言っても1人)女性、居宅介護事業者は男性でした、それに引き替え我が方の女性は6人中わずかに1人! <(`^´)>

 参加者それぞれから活発に意見が出て楽しい会議となりました。今後も講習会の前に会議を行い、前講習会からの課題の改善や新たな必要事項を見つけ次の講習会に反映できれば良いですね。

 桜学区地域福祉推進協の森川会長は、本年度について町内会長・民生委員への学習と連携から進めるが、来年度以降は各町内への学習や活動の浸透、ボランティア団体を立ち上げたいと述べました。

 いよいよ学区の地域支え合い事業がスタートしますが、地域の人や関係機関と協議を重ね無理のないペースで、出来ることから始めていかなくてはなりません。

桜学区連絡協議会・区政協力委員会議議題 6月号

  日 時  平成27年6月10日 (水) 午後7時
  場 所  桜コミセン
  出席者  南区社協:中島主事、南区役所:中野主査、北部いきいき:菊池センター長他
       桜学区区政協力委員、学区連絡協議会各団体長



H2706定例会議 (2)

 今日は「桜学区おたっしゃかねプロジェクト」を支援する南区社協・北部いきいき支援センターと、プロジェクトの中で必要となる要援護者名簿関係で支援をお願いする「区役所助け合いの仕組み作り」に、担当者をお招きし説明して頂きました。



H2706定例会議 (1)

【議題】
1.地域支えあい事業「桜学区おたっしゃかねプロジェクト講習会 
   日 時:6月14日(日) 午前10時。
   場 所:コミセン会議室。
   要 領:急速に進む地域の高齢化に対応するため、地域に住む要援護者を見つけ、
       近隣の人が日常の見守りやちょっとした生活支援を行う。
       高齢認知症に対応するため、認知症の概要・介護保険概要・認知症サポータ
       養成講座や徘徊者お帰り模擬訓練等を行う。
   参 加:南区社会福祉協議会・南区北部いきいき支援センター・居宅介護支援事業所。
       桜学区公民会長、民生委員全員、ボランティア。

   次回講習会:7月12日(日) 午前10時 桜コミセン。
         出席は桜学区公民会長、民生委員全員、ボランティア。

2.名古屋市議会会場ツアー
   学区顧問の藤沢議長に依頼して市議会場の見学ツアーを下記要領で開催します。
   日 時:6月19日(金) 午前9時30分。
   場 所:地下鉄桜本町駅集合。
   出 席:公民会長、各団体長の希望者。
   要 領:11時からの本会議を傍聴、委員会室で昼食、議長室を見学後に現地解散。

3.町を美しくする運動
  雑草取り・清掃を緑のまちづくり会に協力して行いますので協力をお願いします。
  雨天は中止、6月は下記の町内となります。
   日 時:6月21日(日) 午前8時~9時頃。
   場 所:集合 まるはち駐車場、清掃箇所は鯛取通の歩道植栽の草取り清掃。
   参 加:鶴田1北、鶴田1南、鶴田2北、鶴田2南、桜台東、桜台西。

4.国勢調査員の推薦について
  調査員となられた方への説明会は下記の日程で開催しますので参加願います。
   日 時:8月19日(水) 午後2時~。
   場 所:コミセン2階会議室。
   出 席:公民会長。

5.自主防災組織リーダー(新任)講習会の開催について
   日 時:6月28日(日) 午前9時30分~11時30分。
   場 所:南消防署 2階講堂。
   出 席:今年新たに各町自主防災会の会長に選任された方(案内状配布済) 5名。
   要 領:講習内容は「自主防災組織の役割及び活動について他」。

6.南区区政モニターの募集について
  区役所では、今後の区政運営の参考とする為、区政モニターを募集します。
  仕事の内容は、区政に関するアンケートに回答・区民まつり等区の主催行事に参加し
  アンケートを提出・モニター懇談会へ参加し意見やアイデアを出す等です。
  ぜひ参加し仲間と話し合いあなたの見識を広げてみませんか。
  ハガキで直接区役所へ申込。南区前浜通3-10 南区役所まちづくり推進室宛。
   (住所・氏名・年齢・性別・職業・電話番号・在住か在勤・在学を記入)
   募集期間:6月1日~6月30日。
   参加資格:南区在住・在勤・在学の18歳以上の方を20名募集。
   任 期:平成27年7月1日~平成28年3月31日。
  
7.社会福祉協議会への賛助会員の募集について
   提出日:7月定例会に提出。
   要  領:賛助会員を募集し、会費を徴収。町内をまとめ名簿と賛助金・送金書を提出する。
        現会員の世帯には下記の要領で会費の徴収をお願いします。
   年会費:800円(個人)、3000円(法人・団体)。

8.交通事故防止街頭啓発活動(県下一斉監視)について
   日 時:7月15日(水) 午前7時45分~8時15分。
   場 所:学区内主要交差点。
   内 容:横断歩道における歩行者保護・交通安全呼び掛け及び駐車違反地域パトロール。
   出 席:公民会長、各団体長、母親交通教室。

9.親子ラジオ体操について
   日 時:7月19日(土) 午前7時から、桜小学校 雨天の場合は体育館で実施。
   日 時:7月20日(日) 午前7時から、桜田中学校 雨天の場合は中止。
   要 領:各町ラジオ体操終了後に学校へ集合し親子ラジオ体操、お楽しみ抽選会有。

10.自転車教室について
   準 備:7月19日(日)午後3時 桜小学校集合しコース作りを行う。
   日 時:7月20日(月・祝) 午前8時30分開会式(雨天実施)。 
   場 所:桜小学校グランド(雨天の場合は体育館で交通安全講話)。
   出 席:公民会長、各団体長、母親交通教室。

11.平成27年度「南区暮らしの防災セミナー」の受講者について
   日 時:7月23日(木) 午後1時 (第2回は11月19日(木) 午後1時)。
   場 所:南消防署 2階講堂。
   出 席:桜学区女性会から2名参加。

12.夏の生活安全パトロールについて
  中江・鶴田の盆踊り会場で生活安全キャンペーンを行う。
   日 時:8月1日(土) 午後7時。
   場 所:コミセン~中江公園にて生活安全パトロール、キャンペーンを行う。
   出 席:学区公民会長、団体長。

13.悪質電話被害防止事業の市民モニター募集について
   対  象:高齢独居者、高齢夫婦のみ世帯、日中高齢者のみになる世帯。
   業務内容:通話録音装置か自動着信拒否装置(要ナンバー表示電話)を無償貸与。
   モニター期間:平成27年9月~平成28年1月までの5か月間。
   募集期間:平成27年7月1日~7月31日。

14.空地をきれいにする運動
   実施期間:6月~10月。
   実施要領:地域において自主的に清掃活動を行い美化に努める。

15.学区運動会賛助広告者募集
    提出期限:7月定例会に確認と原稿を持参(集金はしない)。

16.平成27年度 敬老者調査について
    敬老該当:昭和15年9月21日以前に生まれた方。 
    提出期限:7月定例会に持参する。


各団体の連絡事項
  ・消防団      平成26年度収支報告、消防署指導による防災訓練について。
  ・体育委員会    グランドゴルフ・インデアカ大会の成績報告について。
  ・老人会      グランドゴルフ南区大会で太田さんが3位入賞。
  ・保護司会     社会を明るくする運動ポスター掲示お願い、6/19研修会。
  ・子供会      消防署と消防団による救急救命訓練へのお礼。

もうすぐ ~桜学区おたっしゃかねプロジェクト~ 講習会

 ~桜学区おたっしゃかねプロジェクト~は、日常も援護が必要な人が住み慣れた地域で暮らすために、民生委員と共にご近所の人(原則同じ組の人)がボランティアとして、見守りやちょっとした生活支援を行い支えあう仕組みづくりです。

 このプロジェクトは南区社会福祉協議会、南区北部いきいき支援センター、の共同企画として桜学区の活動を支援して頂きます。


H2706おたっしゃかねP

 先日の活動会議により第1回目の講習会の要領は以下の通りとしました。ご期待ください。
   日 時  6月14日(日) 午前10時~12時
   場 所  桜コミセン2階会議室
   担 当  南区北部いきいき支援センター(介護支援・相談のプロで頼りになります)
   内 容  いきいき支援センターの介護保険講座
        1)いきいき支援センターって何をしてくれるの・どんなところ?
        2)介護保険の制度・サービスの概要を知れば相談でき不安が無くなる。
        3)介護に関するお金のことを知れば心配が少なくなる。
   参 加  学区公民会長、民生委員、福祉ボランティア

 高齢独居者や高齢ご夫婦のみ世帯ばかりでなく、親子世帯でそろそろ親の状況が心配になっているが、どうしてよいか、何処へ相談してよいか解らない・・・、といった介護経験の無い若い世代(当学区では60歳台でも若手です)が思い悩む問題についても、民生委員さんとの協働で早めに(認知症が進まないうちに)福祉施設への橋渡しが出来ることを目指します。

 町内会長さんやご近所の方が高齢認知に関する知見を得て見守ることにより、民生委員さんの負担が減ると共に早期の発見が可能となり、福祉施設との連携を良くすることが出来、認知の進行を防ぐ事が出来ます。

 見守り・生活支援を行うボランティア団体を順次立ち上げ、10月からはボラポイント付与を目指しより幅広く活動を充実させていきたいと考えます。

 第2回目の講習会は、7月12日(日)10時から桜コミセンで開催します。
今回の講習の課題等を検討し、南区や学区の現状を知り支援の方法について学予定です。

 活動を開始したら途中で記憶が無くなったり徘徊したりせずに頑張っていれば、区役所から要援護者名簿についての支援や、要援護者マップの電子化など、活動をより効率的に行うツールが加わり、生活支援を行うボランティア団体も増えて輪も大きくする事が出来ます。

 この活動によりご近所の要援護者を把握すれば、万一の大災害時も避難誘導が可能になります。高齢・認知や身体障害者ばかりでなく、知的障害者などにも支援を広げていきたいですね。
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター