平成28年5月 コミセン運営委員会議題

  日 時 平成28年5月31日(火) 午後2時
  場 所 桜コミセン1階和室
  出席者 桜学区 運営委員、コミセン管理人



H2805運営委員会 (2)

1.コミセン南側の住宅北側の樹木について
  コミセン南側住宅北側の樹木がコミセンへ倒れてきている。
  住宅北側の狭い境界部の北側へ植えられており、手入されておらず不要木と思われるので、
  住人さんへ了解を貰い伐採します。

2.コミセンの窓ガラスの破損について
  1階南側の網入りガラス1枚が割れていました。ガラス店からの説明では侵入に伴う窓破り
  ではなく、ガラスに張った飛散防止フィルムと網入りガラスの熱膨張の差によるとのこと。
  破損ガラスの入れ替えを行いました。

3.平成28年度第1回桜学区地域支えあい事業活動連絡会議
  昨年度の活動報告と今年度の活動計画の検討を行います。
  高齢者ボランティア活動を更に各町へ普及させるため、実施の仕方や要領について下記の
  要領で協議します。
  日 時  6月2日(木) 午後2時~4時
  場 所  コミセン2階会議室。
  内 容  昨年度の事業の実績報告、課題について。
       今年度の事業計画の実施要領について。ボランティア活動の支援について。
  出 席  活動連絡会議の構成員。

4.コミセンでの認知症予防サロンの開催について
  高齢者支援ボランティアが運営してコミセン1階和室2間を使用して認知症予防カフェ
  「桜おたっしゃかねサロン」の第3回目を5月15日に開催しました。
  40人以上の高齢者に来店頂いて盛況でした。
  地域高齢者サロンとしての役割を進めて行きたいと考えます。来月の予定は下記の通りです。
  営業日時  6月19日(日) 午後1時~3時。
  使用場所  コミセン1階和室  1階厨房。
  対 象 者  高齢認知症者と介護者、ご近所の人、高齢親と子、認知症を予防したい高齢者等。
  メニュー  飲料はコーヒーと紅茶+お菓子、お茶はセルフサービスでサロンのテーブルへ配置。
        営業終了後1時間程度ボランティアの定例会議を行う。
        コーヒー豆はさくらカフェと共同購入して無駄を省く。
  開店準備  和室に机8台と椅子30台程度を配置するため管理人さんの応援をお願いします。
        駐車場の杭と玄関横の樋にのぼり旗を立てる。
 
5.秋のコミセン文化祭に桜小学校の歴史品の出展について
  職員室棟の大規模改修が6月上旬から始まります。小学校より移転に備え図書室の整理をして
  いた所、歴史的な物品が出てきたと連絡がありましたので、地域の歴史愛好者に相談し、
  コミセン文化祭(歴史コーナーを企画)に出展することとします。

6.高齢者支援ボランティアからの要望
  ボランティアが支援を行っている要援護者のうち移動に車椅子の必要な方がいる。
  車椅子の入手先と、コミセン内の段差解消と収納場所を検討する。

7.6月の学区行事に利用予定のコミセンについて部屋の確保をお願いします。
  1)4日(土) 10時~11時 クリーンキャンペーンで収集したごみ袋をコミセン駐車場へ
          集積します。
  2)4日(土) 9時から桜小学校運動会の終了後(2時30分頃)テントなどの後片付けを
          応援します。管理人さんで体の空いた人は応援をお願いします。
  3)10日(金) 午後7時~9時 2階会議室 学区定例会開催。
  4)19日(日) 午後1時~3時 1階和室 認知症予防カフェ開催。管理人さんに机の配置・
           跡片付けのお手伝いをお願いします。
  5)23日(木) 午前9時~11時30分 子育てサロン「チェリークラブ」開催。
  6)毎週金曜日  午後2時~4時パソコン教室 パソコンやろまい会開催。

平成28年度 第1回桜学区地域支えあい事業活動連絡会議

 6月2日(木)午後2時から桜コミセンにおいて、桜学区地域福祉推進協議会は本年度の第1回地域支えあい事業の活動連絡会議を行いました。

 これは今年度に桜学区が実施する福祉活動の事業計画について支援する南区社会福祉協議会、南区北部いきいき支援センターと共に計画の検討・確認を行ったものです。

 それでは会議場へご案内・・・

 本日の出席者は南区社協:石黒事務局長始め5名、北部いきいき:菊池センター長始め3名、桜学区:森川会長始め11名の計19名です。



H2806第1回地域支えあい会議 (2)

 会議は学区推進協:森川会長及び南区社協:石黒事務局長(写真)が、皆さんが協力しての地域の福祉活動を進めましょうと挨拶しました。

 議題は以下の通りです。
1.平成27年度の事業報告について


H2806第1回地域支えあい会議 (3)

 1) 各事業の事業報告については5事業計872ポイント。報告は長峰地域福祉推進スタッフ
   (写真左から2人目)です。
 2) 相談窓口、個別支援状況報告については相談件数9件、支えあい手帳発行2冊、個別支援
   利用者4人(H27.10~H28.3)

2. 平成28年度の事業計画について
 1) 活動連絡会議構成員について
   コミセン管理人を追加する。いきいき支援センター職員については検討する。
 2) 認定事業について
   地域での行動範囲が広い下校パトロール班に要援護者への声掛け・安否確認を依頼する。



H2806第1回地域支えあい会議 (4)

 3) 新しい総合事業と支えあい事業の関連について
   菊池北部いきいき支援センター長(写真右から3人目)が、平成28年6月からか開始される
   ”新しい総合事業”から基本チェックリストの概要と利用の流れについて説明しました。
 4) 民生・区政向けの講座について
   各町・民生委員が実施するご近所お手伝いの要領についてグループワークを行い学習する。
   実施時期は今年実施される民生委員の改選時期も考慮して決定する。

3.その他
 1)改選後の区政協力委員・民生委員を中心に認知症サポーター講習会を実施したい。
 2)個別支援ボランティア用に中古の車椅子2台を捜して頂きたい。

平成28年度 南区防犯協会定期総会

 6月3日(金)午後2時から南区文化小劇場において、南区防犯協会定期総会が開催され、南区防犯協会役員功労者、功労団体、学区功労者等に感謝状が贈呈されました。

 総会は感謝状の贈呈と今年度活動する議案の審議を行います。桜学区からは防犯委員会の松岡さんが学区功労者として感謝状を贈呈されました。

 それでは定期総会会場へご案内・・・



H2806安心安全総会 (1)

 感謝状の贈呈は、防犯協会役員功労者、功労団体、学区功労者、職域功労者、模範青少年に感謝状が贈呈されました。
 写真は長年にわたり南区区政協力委員協議会議長を務められた浅見さんを始め役員3名が感謝状を贈呈されました。

 南区防犯功労団体は豊田・道徳・笠東・千鳥学区の防犯協会が感謝状を贈呈されました。



H2806安心安全総会 (3)

 各学区防犯功労者の表彰です。写真は指名を受け南警察署荒川副署長に挨拶する桜学区防犯委員会の松岡さんです。



H2806安心安全総会 (4)

 職域功労者として感謝状の贈呈を受ける職域功労者、この後に模範青年が感謝状の贈呈を受けました。



H2806安心安全総会 (5)

 南区防犯協会見田会長の挨拶です。
 協会では地域の皆様や企業の協力を頂いて、様々な防犯活動に力を注いでいます。本年も皆様の協力を頂いて様々な防犯行事を行っていきます。


H2806安心安全総会 (6)

 南警察署荒川副署長の挨拶です。
 南区の安心安全の為に防犯活動に全力で取り組みます。特殊詐欺が増えていますので十分注意して下さい。



H2806安心安全総会 (7)

 来賓の代表として南区役所浅井区長が挨拶されました。区長は受賞者にお祝いを述べた後に、協会の活動に賛辞を贈られました。



H2806安心安全総会 (8)

 会場が華やかになりました。4人の防犯レディースの登場です。「犯罪にあわない」「犯罪を起こさせない」「犯罪を見逃さない」のプラカードを掲げ防犯活動を訴えました。



H2806安心安全総会 (9)

 南区防犯協会の見田会長が議長となり議案の審議に入りました。
1号議案 平成27年度の事業報告。
2号議案 平成27年度の歳入歳出決算と監査報告。
3号議案 平成28年度の事業計画(案)。
4号議案 平成28年度の歳入歳出予算(案)。



H2806安心安全総会 (10)

 最後に南区防犯協会の小菅副会長により決議文が読み上げられ、全員一致により採択され定例総会が終了しました。

クリーンキャンペーンなごや2016

 6月4日(土)午前10時から、桜学区町美化委員会は78名が参加して、主要道路と生活道路の雑草取り及び公園側溝の一斉清掃「クリーンキャンペーンなごや2016」を行いました。

 これは名古屋市が提唱している「町を美しくする運動」と、「環境デーなごや」の開催に合わせ市民・行政が協働で全市一斉清掃活動を展開するものです。

 清掃活動は学区内をA~Fの6コースに分割して、コース近くの町内・団体員が参加してクリーンウォーキングを行いました。

 それでは清掃活動現場へご案内・・・



H2806クリンキャンペーン (2)

 Aグループは新郊通3交差点から桜本町1交差点の環状線西側歩道の植栽部をメインに空缶・空き瓶の収集と清掃活動を行い、この後に桜コミセンまでの生活道路の清掃を行いました。



H2806クリンキャンペーン (1)

 Bグループは新郊通3交差点から桜本町1交差点の環状線東側歩道の植栽部をメインに空缶・空き瓶の収集と清掃活動を行い、この後に桜コミセンまでの生活道路の清掃を行いました。



H2806クリンキャンペーン (4)


 Cグループは学区担当職員の南保健所磯部主幹(写真左から二人目)と協働で鯛取通(東海通)を桜本町1交差点から東浦通りまで植栽部の草取りや捨てられたビンや缶を拾い、この後に桜コミセンまでの生活道路の清掃を行いました。



H2806クリンキャンペーン (7)

 D、Eグループは東浦通りの東西両側の歩道と鯛取通の桜田中学校南の植栽をメインに清掃活動して、この後に中江公園までの生活道路の清掃を行いました。



H2806クリンキャンペーン (5)

 Fグループは天白川の堤防沿いに学区の範囲の掃除清掃と、中江公園までの生活道路と公園周辺の側溝清掃を行いました。これで梅雨時の雨水の排水性も向上して浸水箇所を減少させることが出来ます。



H2806クリンキャンペーン (6)

 収集したごみは中江公園の入り口付近にて、分別を行い集積させました。

 今日は曇りで涼しい風が吹き、非常に良い環境で作業することが出来ました。清掃作業お疲れ様でした。

 今からでも桜小学校の運動会、午後の部には間に合いそうですので、お孫さんの応援に行ってあげてください。

平成28年度 桜小学校運動会

 6月4日(土)雲が多くても雨の心配のない絶好の運動会日和となりました。桜小学校は午前9時から運動会を開催しました。

 昨日は晴れて酷暑、明日は多分雨・・・、絶妙のタイミングでの運動会です。児童達は日頃の練習の成果を存分に発揮してくれるでしょう。

 それでは運動会の会場へご案内・・・



H2806桜小運動会 (1)

 昨年の優勝旗を掲げて白組児童の入場です。



H2806桜小運動会 (2)

 全員がグランドへ集合し準備運動、「さあ、腕を前からあげて・・・」第1ラジオ体操・・・とはいきません。いきなりリズミカルなダンス曲が流れて、児童達は活き活きとステップを踏んでいます。・・・時代は変わったものだ (-_-;)。



H2806桜小運動会 (3)

 白組代表選手より昨年の優勝旗の返還です。



H2806桜小運動会b

 水口校長は、今日は運動会に最適の天候です。ふわふわ言葉を使って、仲良く楽しく皆で運動会を楽しんで下さいと挨拶されました。



H2806桜小運動会 (6)

 児童誓いの言葉
白組:今年も優勝旗を持って帰ります。紅組:今年こそ優勝旗を目指して頑張ります。この後に全員で校歌を斉唱しました。



H2806桜小運動会 (8)

 5年生の短距離走です。5年生ともなるとスタートが鋭くなります。



H2806桜小運動会 (9)

 1・2年生全員がボンボンを持って踊る「すてきに踊ろう」です。1年生はまだ入学3カ月目ですが、全員がちゃんと踊れています。流石小学生!



H2806桜小運動会 (10)

 今日は桜学区顧問である名古屋市会藤沢議員も運動会の応援に駆け付けています。



H2806桜小運動会 (11)

 保護者が参加する大玉運び・・・ですが、運ぶだけではありません!何と後半には球入れ競技が付いていて、ドッジボールをかごに入れないと帰ることが出来ません。



H2806桜小運動会 (12)

 午前中の最後の種目は5・6年生による勇壮な騎馬戦です。戦いは個人戦・団体戦・大将戦の3戦の合計ポイントの多い組が勝ち。



H2806桜小運動会 (13)

 ここでお昼休みとなりました。児童達と保護者の方はグランドの木陰や体育館で、お母さんが作ってきたお弁当を親子で楽しく食べています。運動会の成績など良い話が出来たのかな?



H2806桜小運動会 (14)

 午後の競技は可愛い1年生による「球入れ競技」、始めに男の子次に女の子最後が全員で球を入れます。上手く考えられており全員が玉入れを楽しんだようです。



H2806桜小運動会 (15)

 紅白各2チームの対抗リレー(5・6年)です。紅組・白組の名誉を掛けてガチンコ勝負でなかなかレベルが高いです。



H2806桜小運動会 (16)

 5・6年生による組立体操です。日本全国が過去の怪我により規模が縮小されています。当校でも昨年の5段ピラミッドは3段となりましたが、堅実な演技となっています。



H2806桜小運動会a

 競技がすべて終了し、国旗及び校旗が降納されています。本年も優勝旗は白組の手中となりました。来年こそ紅組が優勝出来る様期待しますので、頑張って下さい。

平成28年度 第1回救急救命・初期消火訓練

 6月5日(日)午前10時から桜コミセンにおいて桜消防団は、平成28年度 第1回救急救命・初期消火訓練を行いました。会場となるコミセンには6町内の自主防災会関係者36名と消防団15名が参加者しました。

 本訓練は地域の防災訓練の一環として、各町の自主防災会を対象に救急救命と初期消火訓練を桜消防団が行うものです。

 今日の訓練は鶴田1北・1南・2北・2南・桜台東・西の6町内です。9月4日に第2回、11月27日に第3回を6町内づつ行って今年度中に全18町内が訓練を受けることになっています。

 それでは訓練会場にご案内・・・



H2806救急救命

 桜学区連絡協議会森川会長は救急救命法を習得しておけば、災害に限らず何時でも何処でも役立ちますので、是非習得して下さいと挨拶されました。



H2806救急訓練 (3)

 桜消防団の太田団長は、地域にはこの訓練が日頃から防災意識を啓発するために必要と考えています。訓練で救急救命の一連の流れを理解して頂いて、万一の際に生かして下さいと挨拶されました。



H2806救急訓練

 いきなり実技を行ったのでは参加者が理解しずらいので、実技訓練の前にインターネットから胸骨圧迫とAEDの映像を鑑賞して事前に概要を理解しました。



H2806救急訓練 (4)

 実技訓練は今年入団した桜消防団史上初の女性団員2名が講師となり行っています。彼女達は過去に学区の子供会長を歴任され、何度も消防署の救急救命講習を受けていますので、非常に手際よく指導しています。



H2806救急訓練 (5)

 女性団員は救急救命法を解り易く説明していまが、女性特有(いや、・・・人柄か)のソフトな雰囲気があり理解し易かった様で、参加者からも楽しく解り易かったと好評判を頂きました。



H2806救急訓練 (6)

 救急救命訓練が終了すると、駐車場へ移動して初期消火訓練を行いましたが、生憎まだ雨が止んでいませんでしたので、車庫の屋根の下で行うことになりました。



H2806救急訓練 (7)

 まず三角バケツによる消火作業です。始めて経験する人が多く始めは上手く水が掛けられませんでしたが、一度水を掛けてしまえば後はご覧の通り。(^_^)v



H2806救急訓練 (8)

 続いて消火器による初期消火訓練です。安全ピンを抜いてレバーを握り放水しますが、これも最初は地面に向け放水したりしましたが、慣れればこんなもんです。

 今日の訓練は災害が発生したときばかりでなく、日常から傷病者(要援護者)への対応法を学ぶことで、いざ!の時にも対応が出来、人命救助に貢献できますので是非習得して下さい。お疲れ様でした。(明日の筋肉痛に注意、高齢者は明後日)

オアシス運動/桜学区青少年育成協議会

 6月7日(火)曇りで屋外行事には良い日となりました。午前7時45分から桜小学校正門と東門において、学区青少年育成協議会はオアシス運動を展開しました。

 オアシスとは、オ:おはようございます、ア:有難うございます、シ:失礼します、ス:すみません、の頭文字を取った言葉で、挨拶を通して人への優しい心を育むことが出来ます。

 では、オアシス運動の現場へご案内・・・



H2806オアシスブログ (4)

 桜小学校へ児童が登校してきました・・・、すると正門には普段見たことも無い風景が広がっていました。いつもの先生でなく大勢の黄色や青色のベストを着た人が大きな声で「おはようございます」と声掛けしてプレゼントを渡していました。



H2806オアシス

 学区連絡協議会の皆さんは、児童達が「おはようございます」と大きな声で挨拶を返しながら通り過ぎるのを、孫を送るような優しいまなざしで見守っていました。



H2806オアシスブログ (2)

 東門の方でもPTA役員さんや学区連絡協議会のメンバーが、「おはようございます」と声掛けしながら児童へ記念品を配りました。



H2806オアシスブログ (3)

 児童は今日一日、袖に付けたリボンに書かれた「オアシス運動」を忘れない様に、大きな声で元気よく挨拶を交わしたり、遊びや勉強をして頂きたいですね。



H2806オアシスブログ (5)

 学区連絡協議会の参加者はオアシス運動が終了後に、特活室を借りて運動を通じて気が付いた点等の意見交換を行い解散しました。(写立っている人が青少協伊藤会長です。)

桜学区連絡協議会・区政協力委員会議議題 6月号

  日 時  平成28年6月10日 (金) 午後7時
  場 所  桜コミセン
  出席者  南区社会福祉協議会:中島主事、NPO法人Leeloo:富田さん
       区政協力委員、各団体長
【再通知】
A,避難所開設運営訓練について
  平成28年度の学区防災計画・訓練を、熊本地震も参考に区役所(消防署も)の避難行動計画に
  合わせ支援を受けて下記の予定で開催します。第1回は下記の要領にて行います。
   日時:6月19日(日)午前9時 避難所開設運営訓練を行う
   場所:桜小学校 体育館
   要領:過去の災害事例、避難所開設について、防災備蓄倉庫などの見学
   参加者:公民会長、各町自主防災会長、民生委員、消防団、各団体長

B,認知症予防サロンについて
  6月の認知症予防サロンの開催は、下記の要領です、公民会長・団体長さんで参加できる方は
  参加してください、また各町でお手伝いのボランティアを募集して下さい。
   日時;6月19日(日)午後1時~3時
   参加者;認知症を予防したい高齢者、ボランティア

C.社会福祉協議会への賛助会員の募集について
  社会福祉活動への協力として社会福祉協議会への賛助会委に登録願います。
   提出日:7月定例会に提出をお願いします。
   要 領:賛助会員を募集し、会費を徴収。町内をまとめ名簿と賛助金・送金書を提出する。
       現会員の世帯には下記の要領で会費の徴収をお願いします。
   年会費:800円(個人)、3000円(法人・団体)。

【議題】
1.捨て猫の対策について(NPO法人Leeloo富田さん)
  地域に住むノラ猫問題について、なごやかキャットサポーター富田さんから、増やさない、
  汚さない、もめないをサポーター活動の目標に、地域の取組をお願いしますと講話がありました。

2.自主防災組織リーダー(新任)講習会の開催について 
   日 時:6月26日(日) 午後1時30分~3時30分。
   場 所:南区役所 2階講堂。
   参加者:今年新たに各町自主防災会の会長に選任された方
   要 領:講習内容は「自主防災組織の役割及び活動について他」。

3.交通事故防止街頭啓発活動について
   日 時:7月15日(金) 午前7時45分~8時15分。
   場 所:学区内の主要交差点(各町0の日当番の交差点を担当して下さい)。
   参加者:各町公民会長、団体長、母親交通教室
   内 容:横断歩道における歩行者保護・交通安全呼び掛け。

4.自転車安全運転教室の開催について
  子供と高齢者による自転車事故予防の為、自転車安全運転教室を開催します。
  今年は職員室棟の大規模改修の為運動場が使用不可、体育館内で自転車安全運転シミュレーター
  により教室を行いますので、東門より体育館へ入って下さい。
   日 時:7月18日(月・祝) 午前9時30分~11時30分。※前月連絡より開始時間を変更
   場 所:桜小学校 体育館  ※体育館の為雨天も実施します。
   参加者:子供会(各町4~5人程度)・老人会10~20人。
   要 領:自転車安全運転講話と自転車安全運転シミュレーターの体験を行います。

5.学区運動会賛助広告者募集 
  提出期限:7月定例会に確認と原稿を持参(集金はしない)。

6.平成28年度 敬老者調査について
    敬老該当:昭和16年9月19日以前に生まれた方。 
   提出期限:7月定例会に持参する。

7.北部いきいき支援センターから車椅子1台の寄贈について
  以前個別支援ボランティアから依頼のあった車椅子1台について、北部いきいき支援センター
  から寄贈を受けましたので、有効に利用して下さい。コミセンに収納しています。
 
8.生活安全パトロール等について 
   日 時:7月30日(土) 午後7時コミセンへ集合し、中江公園まで生活安全パトロール。
   場 所:午後7時10分:中江公園、午後8時:鶴田荘集会場広場で生活安全キャンペーン。
   参加者:公民会長、各団体長、防犯委員会。

9.熊本地震災害への義援金について
  各町へお願いした義援金が集まりましたので、桜学区連絡協議会として取り纏め、「日赤
  平成28年熊本地震災害義援金」口座へ下記金額を送金します。
   義援金金額  208,965円

配布資料
 ・消防団収支決算書
 ・敬老パスのIC化について
 ・消防から学ぼう
 ・交通安全・生活安全ニュース
 ・みなみかわら版
 ・区政モニター
 ・認知症サポーター講習会)
 ・空き地をきれいにする運動
 ・ふれあいみなみ
 ・区政運営方針

各団体の連絡事項
 ・青少協  親子ラジオ体操は7/23 桜小体育館、7/24 桜田中で行います。
 ・消防団  広報車の更新を考えています
 ・防犯委員会  松岡さんが学区功労表彰を受けました。おめでとうございます。
         自転車の無施錠盗難が多い、施錠を確実にして下さい(2ロックを)。
 ・体育委員会  グランドゴルフ(優勝:中江2)・インデアカ(優勝:鳥栖1東)大会の
         成績発表がありました。
 ・民生委員   民生委員の改選が今年あります。8月中までに候補者を推薦願います。
         6/21さくらカフェ、7/4ふれあいランチに3町内の会長さんの出席を
         お願いします。



平成28年度桜小学校区土曜学習プログラム

 6月11日(土)名古屋市教育委員会が主催して、午前9時30分より桜小学校体育館において、南区初開催となる平成28年度桜小学校区土曜学習プログラムが実施されました。

 これは子供達が教科学習で学んだ知識・技能を実際に生かし学ぶ意義を見出す為に、実生活で様々な課題を見つけ、その解決について学ぶ体験学習の充実を図ることを目的としています。

 第1回目となる今回の学習プログラムは、中部電力(株)さんの総力を挙げた?渾身の電気科学実験、私達の生活に無くてはならないものですが、案外知られていない電気の性質について体験を重視した中身の濃い学習となっています。
 
 地域から桜学区連絡協議会の役員・団体長(元を含む)・トワイAPさん等6名のコーディネーターと、学習プログラムをサポートする大学生ボランティアが協力して学習が始まりました。

 それでは会場へご案内・・・



H2806土曜学習 (1)

 ・・・とその前に、前日6月10日の午後3時30分頃に、今回の学習プログラムを担当する中部電力(株)の担当者が訪れ、会場の準備にかかりました。会場に美容器具の様な人力発電機を設置し、細いロープを何本も床に固定し始めました。彼らは一体何をするのでしょうか。



H2806土曜学習 (2)

 名古屋市教育委員会や大学生ボランティアも参加して体育館の東側に実験機材を搬入しています。壁に1年~6年のネームプレートが張り付けられました。これも何に使うのでしう、後のお楽しみに・・・



H2806土曜学習a

 明けて6月11日(土)午前9時30分、参加の児童110人が体育館に集合して、桜学区のコーディネーターをまとめる鈴木体育委員会会長から本日のスケジュールを聞いています。



H2806土曜学習 (4)

 生涯学習センター社会教育主事の森下さんが、この学習プログラムの主旨や今後の予定等について説明しました。



H2806土曜学習 (5)

 いよいよ今回の体験学習の講師となる中部電力(株)緑電力センター、緑営業所スタッフが自己紹介を行いました。自ら”おじさん”と名乗った課長さん(写真右端の方)を除いては皆さん若くはつらつとした方達です。・・・それと皆さんイケメンです。(*^^)v



H2806土曜学習 (6)

 最初の体験は静電気の性質を知る、バンデ・グラーフ・ジェネレーター(100人おどし)です。静電気ショックにより手を繋いだ児童をびっくりさせます。金属球からほとばしる火花に最初は恐る恐る子供が参加し輪を作りました。(>_<) (骨折の有無・ペースメーカー・金属が体内に埋め込まれていない・金属を身に付けていない等を確認)

 静電気を充電します。7・6・5・・・カウントダウンが始まりました2・1・・・0!。しっかり手を繋いで、パチッと火花をチラシ威嚇した後に通電!一瞬電撃が走ったようですが、ケロリとしています。(*^^)v



H2806土曜学習 (7)

 2回目は先に参加した子が無事なのを確認して、先程まで怖がっていた子供のほとんどが勇躍参加してきました。文字通り100人おどしとなりましたが、解ってしまえば簡単です電撃が軽いのを知って”おどし”とならなかったようです。誰?お母さんの方がよっぽど怖いって。<(`^´)>



H2806土曜学習 (8)

 子供達は体験型学習の面白さが解って来たようです。手回し発電機への参加はご覧の通り収拾がつかなくなりました。
 普段の学校の授業でもこれ位積極的に手を上げて欲しいものです。(-_-;)



H2806土曜学習 (9)

 取りあえず代表数名の子供が手回し発電機に挑戦して、豆電球を光らせていました。磁石とコイルと動かす力(ここでは人力)があれば電気が起こることを体験したようです。



H2806土曜学習b

 次は美容器具型の発電機、ここでクイズです。今3人の代表者が順に発電機を回し電池に電気を貯めました。この電灯をどれ位光らせることが出来るでしょうか? a)1時間、b)1分、c)1秒・・・?

 子供達の回答は1分が一番多く、次が1時間・・・、回答として実際に電灯を光らせました。パッとついて一瞬で消えました、答えはc)1秒!皆が使うような沢山の電気は簡単には作れません。<(`^´)>

 今度はこの発電機を回して、コンセントに繋がれた電灯と比べる実験に挑戦しました。皆30秒間一生懸命ペダルを回しましたが、回転不足で点滅したり暗くなったりして、発電の大変さが理解できたようです。(写真)・・・疲れたところで休憩タイム。



H2806土曜学習 (11)

 ・・・休憩が終わると、1~3年生と4~5年生に分けて、学年別にもう少し電気について専門的な学習をしました。
 低学年グループは~電気は何処からやってくる~と題して、コンセントの向う側はどうなっているの?と、発電所から家庭に届くまでの送電施設について学習しました。



H2806土曜学習 (12)

 高学年グループは~電気は何処からやってくる~コンセントの向う側はどうなっているの?少し難しくなりましたが、一番先の発電所、そう火力・風力・太陽発電など各種の発電法について実験模型(除く:原子力発電)を使って学習しました。写真はうちわにより風を起こして風力発電機を回して発電している状況です。



H2806土曜学習 (14)

 いよいよお楽しみの工作です。プラモデルモーターカーを作り手回し発電機に繋いで、発電機を回して走らせます。
 児童の皆さんはスクリーン上に写された組立法や注意を参考に一生懸命に組立てています。



H2806土曜学習 (15)

 組立が終わると、付属している手回し発電機を回して車を走らせます。ここで前日に設置した細い縄の役割が解りました。
 レース場のコースだったのです。F1レースではありませんが、子供達は発電機を回して車を走らせています。

 それと壁の学年別看板は荷物置き場だったようです。



H2806土曜学習 (16)

 11時30分になり楽しい学習プログラムもフィナーレとなりました。講師の中では決して若くはありませんが、一番はつらつと講義をリードしてくれた”おじさん”のおかげで体験型の学習に対する子供達は、目を輝かせて積極的に参加して有意義な時間を過ごしたようです。



H2806土曜学習 (17)

 子供達は今日の学習を指導して頂いた講師の中部電力の皆さんに、お礼の挨拶と感謝の拍手を送りました。

 今日の学習プログラムで子供達は、色々なことに興味を持ち体験する楽しさや、実験により確認する面白さを知った様です。今年度中に様々なジャンルであと6回の学習プログラムが用意されますので、児童の皆さんは幅広く色々なことに挑戦・体験して楽しんで下さい。

 講師の皆さん有難うございました。

子供会キックベースボール技術指導DVDを制作しよう(1)




H2806キック反省会 (2)

 今年も子供会キックベースボール大会が5月8日に開催され、多くの子供達がキックベースボールに参加して楽しい1日を過ごし、桜台西チームが優勝を飾りましたが・・・

 後日になり、子供会担当役員から出場者の少子高齢・・・いや、若年化が進む本大会について、大会の継続と来年の大会をより楽しくするため反省会を行うということで、学区の体育関係行事を取り纏める体育委員会鈴木会長と、キックベースボール桜学区ルールを制定した前体育委員会長の森川学区委員長に相談がありましたので、一緒に反省会に参加し検討することになりました。

 会議では大会を継続させるため現状(少子化・技術の低下・チーム力の格差)を考えたルール見直し・競技技術の向上策や協力者への配慮などについて、真剣かつ前向きな意見交換が行われました。主な検討議題は次の通りです。



H2806キック反省会 (1)

1.キックベースボールの技術的課題の解決策について

 1)短い期間で基礎技術を学ぶ為、ボールを投げるキャッチの仕方などの個人練習と全体練習
   の両方ができる方法を検討する。

 2)その為の方法として基礎内容のDVDを高学年の子に出演してもらって作成し、各町内で
   大会前から鑑賞し、基礎知識を習得する。



H2806キック反省会 (3)

2.大会運営上から待ち時間短縮やチーム力格差の解消について

 1)試合時間30分(を過ぎて新イニングに入らない)、5イニングス戦とする。
   1イニング8点まででチェンジする。コールドゲームは無しとする。
  
 2)得点差が開き30分で試合が終わってしまっても、全員が打席に立てるように配慮する。

 3)中学生は利き足でのキックはなしとする。決勝については利き足キックありとする。
   利き足に目印のリボンなどを付けておく。

3.その他

 1)協力者の負担減を図るため、練習日は3回で雨の場合は中止にする。

 2)グランドゴルフクラブにお願いしている負けたチームへのグランドゴルフ教室(子供達を引き
  留める為のゲーム)のお手伝いの方の人数を減らして子供会協力委員の人で行う。

 ・・・ということで、まず基礎技術・ルールを理解するためのDVD制作を行うことが決まりました。
 <(`^´)>

 DVDの内容は初心者を対象に、概略以下の内容となりそうです。
 1)キッカー(蹴る人)に関する技術・ルールの解説。
 2)ピッチャー(ボールをキッカーへ投げる人)に関する技術・ルールの解説。
 3)走者になるときの技術・ルールの解説。
 4)守備者についての技術・ルールの解説。
 5)監督の役割・練習の仕方の技術・ルールの解説。

 夏休み位にクランクインが出来るように台本の制作、キャスティングを進めることになりました。どうなることやら、完成をお楽しみに・・・ <(`^´)>
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター