平成28年7月 コミセン運営委員会議題

 日 時 平成28年7月31日(日) 午後2時
 場 所 桜コミセン1階和室
 出席者 桜学区運営委員、コミセン管理人

1.第1回 家庭の防災教室について
  消防団が主催して地震災害予防として家具の転倒防止、非常持ち出し品等について、
  若い世帯を中心に講座を開催しますので会議室の確保をお願いします。
   日時:8月21日(日) 午前10時。
   場所:桜コミセン2階会議室。
   要領:家庭における防災講座。
   参加者:鶴田2北、鶴田2南、鶴田1北、鶴田1南、中江2東、中江2の子供会各3組以上。

2.救急救命・初期消火訓練について
  消防団が主催して一般世帯を対象とした心臓マッサージ・AEDと初期消火訓練を行います
  ので、会議室の確保をお願いします。
   日時  9月4日(日) 午前10時。
   場所  桜コミセン2階会議室。
   参加  桜台1・桜台2北・東浦通・中江1・中江2東の公民会長・自主防災会長。

3.学区敬老行事の開催について
  学区に居住する高齢者へ赤飯を贈呈し、敬老祝いの納品と各町への配布を行いますので、
  8時30分頃から10時頃まで、玄関を使用して仕分けと配布を行いますので承知願います。
   日時・場所:9月19日(月祝) 午前9時以降コミセンで赤飯配布、各町は引取を
         お願いします。
 
4.第3回学区文化祭の開催について
  今年も学区文化祭を下記要領で開催します。応募作品は一人2点までとしてより多くの
  作品を見て頂ける様にしました。
  また歴史コーナーでは学区の古い歴史の紹介、福祉コーナーでは近隣の福祉施設からも
  作品を出展して頂き、地域の皆さんに歴史や高齢者・障害者の活動状況をご紹介します。
   準備日時  9月24日(土) 午後3時以後準備のため部屋の確保をお願いします。
   開催日時  9月25日(日) 午前9時30分~午後8時まで。
            26日(月) 午前9時30分~午後3時まで。(以後片付)
   場所  桜コミセン全館。
   要領  絵画・書・写真・手芸品。工作品。
 作品の提出は9月13日(火)~20日(火)の午前10時~午後5時までコミセン管理人さん
 受け取りをお願いします。
   
5.学区運動会の実施について
  桜小学校の大規模改修で小学校の運動場が使用できませんので、今年に限り桜田中学校
  で開催します。
  終了後にコミセン倉庫へ道具の収納と、会議室・和室で反省会を行いますので部屋の
  確保をお願いします。
   日時 10月23日(日) 12時~15時 (順延の場合は10月30日(日)同時刻)
   場所 コミセン和室(学区連絡協議会)、2階会議室(体育委員会)。

6.桜学区避難行動策定計画について
  避難行動策定計画は3回シリーズで、以下の日程・要領で実施しますので、下記開催日の
  会議室の確保をお願いします。
  1)第1回 9月12日(月)19時 桜コミセン 私達の地域で心配される災害時の被害
        と命を守るための備え方について。
  2)第2回 10月17日(月)19時 桜コミセン  桜学区防災マップをつくろう。
        事前に一時避難場所の候補地選定と危険個所の調査・写真撮影をお願いします。
        (10月定例会議に提出)
  3)第3回 12月4日(日)9時30分 モデル町内 作成した地域避難行動計画を試して
        みよう。モデル1町内で検証します。
  各町要援護者の避難については、公民会長・各組・民生委員の協力による実施方法を検討する。

コミセンに雨水貯留タンクを設置

 6月の運営委員会で議題として上った水道代の節減策として、8月4日(木)午前9時より桜コミセン玄関横に、コミセン水道代の節減と災害時の生活用水確保の為、雨水貯留タンクを設置しました。

 この貯留タンクは藤井館長がインターネットで探した安くてスマートな製品ですが、排水樋から雨水を取り込む構造となっている為、設置に少し専門知識が必要となり悩んでいましたが、公民会長に設備関係に詳しい人がおり協力をお願いした処、快諾を得ましたので施工を行いました。

 用途は日常の花壇への水やりに使用し水道代の低減を図りますが、災害時は生活用水を備蓄する防災設備として活用する計画です。

 それでは設置現場へご案内・・・



雨水貯留槽 (1)

 貯留タンクの現物が届きましたので設置場所の最終確認を行っていますが、施工経験の無い藤井館長は心配で排水樋の切断をためらっているようです。・・・もし排水樋を壊してしまったら。<(`^´)>



雨水貯留槽 (4)

 素人では不安があると、設備関係の仕事を行っている東浦通の山越公民会長に助っ人をお願いしました。快諾を頂いて早速施工図を調べ樋の切断位置をマーキングしていきました。(^_^)v



雨水貯留槽 (5)

 山越公民会長はタンクのレベルを確認した後、排水樋の切断位置をマーキングして切断を始めました。やることが早い・・・



雨水貯留槽 (6)

 排水樋を6cm程切抜き、樋のバンド2箇所を外して樋をずらしてタンクへの分岐器を挿入しました。えっこんなに簡単に済んでしまうの?(見てる人には解りませんがこれがプロの業です)



雨水貯留槽 (7)

 分岐器からタンクへの導管を取付けた後に、排水樋のバンド2箇所を元通りに取付け固定すれば完成!



コミセン貯留槽

 これが設置を完了した雨水貯留タンクの状況です。玄関を出入りする人の邪魔にならず、花壇の近くに設置出来たことにより、花壇への水やりもずいぶん便利になりました。

 後は転倒防止の金具を取り付ければ、災害時にも転倒を防止することが出来安全性も向上します。藤井館長、山越公民会長さん暑い中の作業お疲れ様でした。

桜グランドゴルフクラブの活動風景

 8月6日(土)非常に暑い日となりましたが、午前8時30分から桜グランドゴルフクラブは、天白川河川敷において8月最初の練習を行いました。

 今日は非常に暑く熱中症が心配されますが、32名もの元気高齢者が練習に参加しました。私は暑さに強い・・・ではなく、感じなくなっているかも、皆さん十分に水分を補給し注意してプレーを楽しんで下さい。(-_-;)



H2808グランドゴルフ練習

 先月の練習時には優しく見守ってくれた夏の花ヒマワリも、さすがにこの暑さでぐったりとしてしまいましたが、桜学区の高齢クラブ員は今のところ元気に活動をしています。

 それでは天白川河川敷の練習場へご案内・・・



H2808グランドゴルフ練習 (1)

 場所は変わっても皆さんやることは同じ、堤会長の音頭で盆踊り・・・いや、まずラジオ体操で体をほぐします。



H2808グランドゴルフ練習 (2)

 緑あふれるコースで練習が始まりました。この方は良く残した頭、真直ぐ伸びた手、年期の入った素晴らしいフォームでティーショットを打っています。(^_^)v



H2808グランドゴルフ練習 (3)

 セカンドショットの様子です。少し奥へこぼしましたが、重心が低くどっしりと安定したフォームからゴールを狙いました。・・・果して結果は?



H2808グランドゴルフ練習(4)

 安井前会長の8番最終ホールのティーショットです。少しラフに食われているようですが、若々しく力強いボールを打っています。



H2808グランドゴルフ練習 (5)

 このコースは全英オープンコース並みの深いラフが随所に有り、ここへ入れると出すのが大変です。6インチのルールはありませんので、深いラフにボールを入れたこの方は、力の限りのスイング2度目でやっと脱出することが出来たようです。<(`^´)>



H2808グランドゴルフ練習 (6)

 こちらは2番ショートコース、ライは非常に良いのですが、砂地でコースが非常に早くなっていますので、芝コースから来た皆さんは距離感の切り替えが大切、かなり頭を働かせなければならず、認知予防に大変効果のあるコースとなっています。

 皆さん暑い中をお疲れ様でした。中には2つ以上のホールインワンを出されたり、8ホールを14打で回った人(もちろんマグレですが)も出て、グランドゴルフの神様が暑い中での練習にご褒美をくれたようです。

桜学区連絡協議会・区政協力委員会議議題 8月号

 日 時 平成28年8月10日 (水) 午後7時
 場 所 桜コミセン
 出席者 南警察署 地域課
     区政協力委員、各団体長

【確認】
A.第1回 家庭の防災教室について
  地震災害予防として家具の転倒防止、非常持ち出し品等について、若い世帯を中心に講座を
  開催しますので参加をお願いします。
   日 時 8月21日(日) 午前10時。
   場 所 桜コミセン2階会議室。
   要 領 家庭における防災講座。
   参加者 鶴田2北、鶴田2南、鶴田1北、鶴田1南、中江2東、中江1の子ども会各3組。

B.子供座禅会の開催について
  子供達が座禅を通じて非日常の体験から、生活ルール改善等の情操教育を行います。
   準 備 8月27日(土)準備 午後3時 成道寺(子供会長、青少協会長、公民会長)。
   開 催 8月28日(日)座禅会 午前6時 成道寺(子供会長、青少協会長、公民会長)。
   要 領 各町の子供達が説教を聞き座禅を実施し、その後に芋粥を御馳走になる。
   出 席 各町子供会、公民会長、団体長。

C.学区敬老行事の開催について
  学区に居住する高齢者へ赤飯を贈呈し敬老祝いと、高齢者の生活状況の確認を行います。
   日時・場所 9月19日(月祝) 午前9時 コミセンで赤飯配布各町引取をお願いします。
   要 領 学区から各町の75歳以上の敬老世帯へ赤飯を宅配します。
   参 加 各町公民会長、民生委員さんが協力して配布願います。

D.第3回学区文化祭の開催について
  今年も学区文化祭を下記要領で開催します。応募作品は一人2点までとしてより多くの
  作品を見て頂ける様にしました。
  また歴史コーナーでは学区の古い歴史の紹介、福祉コーナーでは近隣の福祉施設からも
  作品を出展して頂き、地域の皆さんに歴史や高齢者・障害者の元気な活動状況をご紹介
  します。
   日 時 9月25日(日) 午前9時30分~午後8時まで。
       9月26日(月) 午前9時30分~午後3時まで。
   場 所 桜コミセン全館。
   要 領 絵画・書・写真・手芸品。工作品。
       作品の提出は9月13日(火)~20日(火)の午前10時~午後5時まで
       コミセン管理人さんへ。
   
E.学区運動会の実施について
  桜小学校の大規模改修で小学校の運動場が使用できませんので、今年に限り桜田中学校
  で開催します。
   日 時 10月23日(日) 午前7時30分に桜田中学校へ集合し会場設営(テント・
                 机・椅子・コースライン引き、観客席配置等)を行います。
                 仕事が多くなりますので参加を宜しくお願いします
                 運動会は9時30分開会式に引き続き実施します。
   準 備 10月22日(土) 午後2時30分に体育委員会と公民会長が集合し、
                 コース位置決め・マーク及び賞品受入を行います。
   開催日 桜田中学校西門から入場。各町1台までの道具運搬用車は北門から駐車場。
   要 領 区民まつりの種目変更と桜田中学での開催に伴い、運動会種目の変更を行います。

F.区民まつりについて
  今年から区民祭りが大幅に変更となりました。演奏・演舞が増えスポーツフェスティバル
  部門が縮小し、縄跳び競技・お化け屋敷・守り札を捜せゲーム等が新設されます。
   日 時 11月20日(日) 午前10時開会式。
   場 所 日本ガイシホール、アリーナ、第2競技場他。
   出 場 学区対抗縄跳び競技:中学生以上男女と小学生男女を5組。(選出は子供会)
       お化け屋敷:子供会で親子4組。(選出は子供会で行う)
       守り札を捜せゲーム:学区で20名を選出(公民会長・団体長 桜ビブスを着用)
   応 援 各学区公民会長、子供会役員、体育委員など。

【議題】
1.町を美しくする運動について
  毎月第3日曜日に実施している、桜本町交差点から鯛取通歩道植栽の雑草取り、清掃は
  御盆行事の為お休みします。

2.地域の高齢者へ特殊詐欺被害防止啓発用ハガキの送付について
  現在も多発している地域の高齢者を狙った「振り込め詐欺・特殊詐欺」の被害から守る
  ため、郵便局が行う被害防止啓発活動に協力します。
  郵便局から学区在住の高齢・障害者世帯へ啓発ハガキを郵送し、注意喚起を行います。

3.救急救命・初期消火訓練について
   一般世帯を対象とした心臓マッサージ・AEDと初期消火訓練を行います。
   日 時 9月4日(日) 午前10時。
   場 所 桜コミセン2階会議室。
   参 加 桜台1・桜台2北・東浦通・中江1・中江2東の公民会長・自主防災会長他

4.桜学区避難行動策定計画について
  前回の避難所運営・設営訓練に続き、避難行動策定計画の講習会を開催します。
  避難行動策定計画は3回シリーズで、以下の要領で実施します。
  参加は各町公民会長、自主防災会長、民生委員にお願いします。
  1)第1回 9月12日(月) 19時 桜コミセン  私達の地域で心配される災害時の
         被害と命を守るための備え方について。
  2)第2回 10月17日(月) 19時 桜コミセン  桜学区防災マップをつくろう。
         事前に一時避難場所の候補地選定と危険個所の調査・写真撮影をお願いします。
         (10月定例会議に提出)
  3)第3回 12月4日(日) 9時30分 モデル町内で作成した地域避難行動計画を試行
        する。
        モデル1町内で検証する。(その他の町内は見学後に各々検証を実施する。)

【諸団体より】
 消防団 8月21日(日)家庭の防災教室、9月4日(日)救急救命訓練の参加を宜しく
     お願いします。
 体育委員会 9月3日体育委員会を開催。選手名簿を9月10日の定例会に提出願います。
 PTA 学区運動会バザーチケットを9月定例会に配布、10月定例会に提出をお願いします。
     PTAバザー担当役員を各町の出場選手から外して下さい。(担当者名簿を提出します)
 子供会 家庭の防災教室への参加了承しました。参加者を募ります。
 青少協 ラジオ体操への参加有難うございました。座禅会のアトラクションは落語を予定。
 民生委員会 学区文化祭への出展依頼を学区内・近隣7施設にお願いしました。
       民生委員の改選・留任は全て決定、各町ご協力ありがとうございました。
       さくらカフェは8月16日(火) 鳥栖神明社で実施、
       ふれあいランチは9月5日(月) 桜コミセンで実施、鳥栖1西・東、2西公民
       会長参加宜しくお願いします。

次回定例会当番  鶴田一南・鶴田二北・鶴田二南・桜台東
次回定例会日時  9月10日(土) 午後7時00分  桜コミュニティセンター 

桜交番連絡協議会

 8月12日(金)午後3時より春日野コミセンにおいて、南警察署・桜交番と春日野学区・菊住学区・桜学区の3学区防犯関係者の合同で交番連絡会議が開催されました。



H2808 交番会議(1)

 今回は春日野学区が当番のため、春日野コミセンに菊住商業施設の防犯担当・春日野学区・桜学区の委員長と防犯担当が集まり連絡会議を行いました。

 それでは会議の現場へご案内・・・



H2808交番会議 (2)

 最初に南警察署地域課柵下課長が挨拶されました。犯罪防止に地域の情報を頂いて活用したいと挨拶されました。

 南警察署木村警部補から管内情勢の説明がありました。
  1)管内の交通事故発生状況と犯罪発生状況の報告がありました。
  2)ながらスマホによる人・自転車・車との衝突等の危険性について説明がありました。
  3)110番通報は緊急電話、皆さんの命を守る電話、犯人を一刻も早く逮捕するための
    通報のため、急を要しない相談などへの利用はしないで下さい。
  4)相変わらず特殊詐欺による被害が出ています。最近は還付金詐欺の比率が
    増えており管内の6月だけで2件700万円の被害が発生している。
  5)自転車盗が増えている。最近では駅や商業施設の駐輪場より自宅・アパートなどの
    駐輪場からの盗難が増えている。(2ロックが最善の防止策)

 地域と警察との意見交換
  1)地域で実施している企業と共同した防犯活動や、実施しているキャンペーン等に
    ついて説明した。
  2)非行少年や暴走行為(予備軍含む)の対策として地域からの情報を得たい。
  3)犯罪防止には地域の人の目が有効。防災活動等地域の関心の高い活動に
    関連付け地道に継続することが大切。

 防犯活動は直ぐに効果が出ないが、いろいろの方法を考え粘り強く継続することが必要となる。

第37回 春日野学区夏祭り盆踊り大会

 8月13日(土)午後7時より霞公園において第37回 春日野学区夏祭り盆踊り大会が開催され、成田委員長より案内状を頂き参加してきましたので紹介します。

 この祭りは盆踊りと夏祭りを一緒にした欲張りな祭。近隣学区委員長を始めとして、行政・公職者の代表も招かれ祝福すると共に、祭りを楽しみました。

 祭の活性化には子供達の力を借りるのが一番!とばかり、会場となった霞公園には多くの町内が模擬店を開いて祭の夜店を演出し、子供達(親も)を祭へ引っ張り出したようです。

 それではお祭り会場へご案内・・・



H2808春日野夏祭り (1)

 会場に入る前から早くもみたらしやフランクフルトソーセージを焼く店が良い匂いを拡散して来客を誘っていました。・・・もちろん生ビールの店も\(^o^)/



H2808春日野夏祭り (2)

 広場の中央には櫓が組まれ、「♪月が―出たでた 月がぁ出たー ヨイヨイ」盆踊りの定番「炭坑節」が流れ、このメロディーにピッタリ世代のご婦人達のテンションが上がって来ました。



H2808春日野夏祭り (3)

 子供達は盆踊より夜店のゲームに関心がある様で、その中でも射的は人気No.1!長い行列ができ、精一杯身を乗り出して的を狙っていました。・・・暫く夜店巡りをして来ます。



H2808春日野夏祭り (4)

 こちらはスーパーボールすくいの店、桜棒の手保存会の寺澤会長がどっしりと見守る中、子供達はボールすくいに夢中になっています。



H2808春日野夏祭り (5)

 この店は風船釣り、ちっちゃな子供が一生懸命に風船を釣ろうと頑張っています。



H2808春日野夏祭り (6)

 日が落ちて提灯の灯りが増して来ました。盆踊りに参加する地域の人もどんどん増えて踊りの輪が賑やかになって来ました。

 「♪恋をするなら 愛するならば・・・」、昔懐かしい歌謡メロディーも聞こえてきます。多分踊っておられる年配の女性も“あの頃”の娘時代に戻って胸をときめかせているかもしれません・・・。大丈夫です、時の流れはこの夜の闇が隠してくれますから。



H2808春日野夏祭り (7)

 休憩時間になり櫓の上ではこの夏祭りの仕掛人成田委員長の挨拶が始まりました。「皆さん夏の一夜を祭で地域の交流を深めて楽しんで下さい」。



H2808春日野夏祭り (8)

 続いて来賓の浅井南区長の挨拶です。「地域の皆さんお招きいただき有難うございます。お祭りを楽しんで下さい。」7月下旬から続く各学区の夏祭りに招かれ、区長はこの時期は嬉しいやら忙しいやら大変です。



H2808春日野夏祭り (9)

 盆踊が再開となりました、学区顧問の藤沢市会議員(右から二人目)も浴衣を着て盆踊りの輪に加わっています。周りのご婦人方と共に一生懸命に場を盛り上げています。



H2808春日野夏祭a

 藤沢議員はかなり前から男女大学生の書生・・・いや、インターンを受け入れて来ました。偶然かもしれませんが今宵も面接試験があるのではと疑うばかりの美人学生を連れて、地域活動を体験させています。(*^^)v

 参加した学生さんは地域の人たちと近い距離で交流した貴重な社会体験を、今後の社会人生活に生かして頂きたいものです。

 成田委員長はじめ春日野学区の実行委員会の皆さん、お祭りの計画から準備・運営までご苦労様でした。今夜は非常に楽しく過ごさせて頂きました。

 お疲れ様でした。

サロン「さくらカフェ」8月号/桜学区民生児童委員+ボランティア

 8月16日(火)非常に蒸し暑い日となりました。午前9時から鳥栖神明社の社務所において民生委員会は高齢者サロン「さくらカフェ」を開催しました。

 来店者は全て高齢者、熱中症を予防するため今月からオープンカフェのテントを1張り追加したり、日よけにスダレを追加しました。

 それではサロン会場へご案内・・・



H2808サロン (1)

 いつものピンクの「さくらカフェ」のノボリ旗が風に揺れ、サロンのオープンを告げていますが、テントが2張りとなって風景が変わりました。



H2808サロン (2)

 民生委員さんはオープンカフェに用いる日よけのテントを設営しています。2張目のテントは購入時期が季節終りに近く、希望の製品が品切れで無いため止むを得ず値段の安い類似品を購入しましたが、やはり安価なものは使い勝手に問題があり設営に手間取りました。((+_+))



H2808サロン (3)

 サロン入口にボータンさんが店を開きますが、暑い日差しを防ぐためのシートを張っています。しかしありもののシートで間に合わせた為、サイズが合わず設営に苦慮しています。<(`^´)>

 

H2808サロン (4)

 今月から新たに追加したスダレ、暑い夏の日差しを和らげ、涼しい風を通す本格的な竹製のスダレを追加してお客の背中を日差しから守ります。(*^^)v



H2808サロン (5)

 今月はミオー・・・いや、向日葵の折紙に加えアイスクリームまで特別サービスとして提供されます(○内)。この盛り沢山のサービスがコーヒー等飲物を注文すればもれなくついて来ます。\(^o^)/



H2808サロン (6)

 先月デビューさせた冷やし抹茶も、営業戦略会議?にて検討を重ねた結果、正式メニューとして提供することになりました。ヒット商品として売れることを祈っています。(スタッフの陰になり写真に写りませんが・・・)



H2808サロン (7)

 今日はこの会場を借りている鳥栖神明社と鳥栖八剱社の氏子さんによる祭礼や神社メンテナンス等の活動記録をビデオで流し、来店者に紹介しました。



H2808サロン (8)

 この暑いのに沢山の来店がありました。オープンカフェは女人禁制ではありませんが男の世界、地域の歴史愛好家の富田講師による歴史講座が開催されているようで、みなさん神妙に聴講しています。


 来月のさくらカフェの営業日

   営業日時   9月20日(火) 午前9時から11時30分まで
   営業場所   鳥栖神明社社務所
   お客対象   桜学区及び近隣に居住する60歳以上の高齢者。
          上記高齢者の付添い人(孫を含む)
   提供飲料   ホットコーヒー、アイスコーヒー、ホットティー、アイスティー、
          冷やし抹茶、ミルク、ジュース
   飲料料金   65歳以下 200円、65歳を超える人100円

地域避難行動計画づくり 第2回/笠寺学区防災会議

 8月17日(水)午後7時から9時まで南区役所において、区役所・南消防署が協働支援して笠寺学区防災会議「地域の力を合せよう!地域避難行動計画づくり」の第2回講習会が開催されました。

 これは名古屋市が避難行動計画策定支援事業に応募した笠寺学区の地域避難行動計画づくりを支援するもので、地域の特性を熟知している地域の方々と行政が協働して、地域に合った避難マップや防災情報を作成する活動です。

 笠寺学区と共に今年度の避難行動計画策定支援事業に応募した桜学区も今後の活動の参考にする為、講習会に参加させて頂きましたので紹介します。

 それでは講習会場へご案内・・・



H2808笠寺避難行動2 (1)

 開始時間となり笠寺学区石川委員長が、自分達の知る地域の特性と防災情報を生かした笠寺オリジナル避難マップを作りましょうと、開会の挨拶を行いました。



H2808笠寺避難行動2 (2)

 区役所防災担当中野主査が、前回のおさらいということで、笠寺学区の被害想定について解り易く説明しました。



H2808笠寺避難行動2 (3)

 笠寺学区は南区で住民数No.1を誇ります(高齢者数もNo.1!か)。グループ検討は笠寺学区24町内を、地域特性の似ている町内をまとめ6グループに分け検討を行いました。

 前回と先程の説明を聞いて各グループは、避難マップに記入するべき危険個所や防災資源を抽出しますが、ファシリテーターとして区役所や消防署職員が付き、的確な検討となる様サポートしました。



H2808笠寺避難行動2 (4)

 笠寺学区の避難行動について、地震発生直後の自分自身や家族の安否確認・火災防止から、揺れが収まった後の隣近所の安否確認等について検討しました。

 また居住する町内の近くに一時集合場所を決め、そこで行う確認事項・要領についてもグループ検討を行いました。



H2808笠寺避難行動2 (5)

 グループ検討の結果発表です。発表は全6グループが順に行い、グループ内で行った検討結果をまとめ発表しました。



H2808笠寺避難行動2 (6)

 発表内容は自身の安全確保から町内の一時集合場所・避難経路の検討・選定や被災者救助・応援、自宅避難の可否等そこで行う安否確認事項について考えを発表しました。



H2808笠寺避難行動2 (7)

 ここで中野主査が笠寺学区避難マップに”魂を入れよう”とばかりマップのスローガンを募集し、各グループから5つのスローガンが提案されました。



H2808笠寺避難行動2 (8)

 採用するスローガンは参加者の挙手により、「隣近所 日頃からふれあい 大切に」に決定し、避難マップに”魂が入った”ようです。



H2808笠寺避難行動2 (9)

 最後に笠寺学区石川委員長が締めの挨拶を行い今回の講習会が終了しました。

消防から学ぼう!出張家庭の防災教室(第1回)

 8月21日(日)非常に暑い日となりましたが、午前10時から桜コミセンにおいて、桜消防団が主催して南消防署の支援を受け“消防から学ぼう!出張家庭の防災教室”を開催しました。

 この教室は今年度に学区が進める避難行動計画策定の最初の段階、発災直後の行動について日常の生活の中で準備するべき行動について、6町内の若い世帯を対象に実施し、今後2回の教室を実施して全町内に周知を図ります。

 それでは防災教室へご案内・・・



H2808 家庭の防災訓練 (2)

 桜学区森川委員長は、本教室は今年度の学区避難行動計画策定の第1段階となります。また本教室で実施する応急手当は災害時のみばかりでなく、日常にも起きる怪我などの応急手当としても役立ちますのでしっかりと習得願いますと挨拶されました。



H2808 家庭の防災訓練 (3)

 教室を主催する桜消防団太田団長は、本日の教室は小さな子供を持つ若い世帯を対象に、子供が関心を持ち理解し易い体験型で行います。日常から災害時まで対応できますので、楽しく学んで下さいと挨拶されました。



H2808 家庭の防災訓練 (4)

 南消防署予防課原田課長は、本教室の目的を地震時の対応を始めとした緊急地震速報や震度とマグニチュードの違い、直下型や海溝型地震の仕組みの違いなど、地震について正しく怖さを知って頂く教室としたいと挨拶されました。



H2808 家庭の防災訓練 (5)

 今日は子供と若い親を対象としたため、漫画スライド“防災ナマズン 地震は必ずやってくる”を使用して、子供達にも地震災害時の行動について解り易く説明が行われました。



H2808 家庭の防災訓練 (6)

 消防署の若い職員が体を張った訳ではないですが、地震への対応や揺れについて解り易く実演しました。高いと揺れが大きくなります。



H2808 家庭の防災訓練 (7)

 シェイクアウト訓練の説明です。今いる場所で地震が発生したときは頑丈なものの下に体を隠し、落下物から頭・体をを守って下さい。家で被災したときは机などの下へ隠れ、揺れが収まった後に自身や家族の安全を確認して、ガスの元栓を閉めブレーカーのスィッチを遮断して避難願います。



H2808 家庭の防災訓練 (8)

 消防団員による怪我をした時の応急手当(三角巾の使用方法)について体験講習を行っています。この講習は日常の怪我にも対応できますが皆さん苦戦しているようです。



H2808 家庭の防災訓練 (9)

 学区顧問の藤沢議員もインターン生と共に教室へ参加し、応急手当を体験しているようです。イケメンインターン生も三角巾に苦戦している様です。



H2808 家庭の防災訓練 (10)

 今回の教室から自宅避難のケースを盛り込みました。そのため自宅トイレが使用できなくなった時を想定して、段ボール便座や排泄物凝固剤を使って処理を行う体験教室を行いました。凝固剤を入れた容器にオシッコ(に代わる水)を入れ固まる様子を体験し、子供達は容器を傾けたり手を入れて一瞬でゼリー状に固まった水を不思議そうに確認していました。

 今年度は”消防から学ぼう!出張家庭の防災教室”、”救急救命・初期消火訓練”で個別訓練を、学区全体で避難行動計画の策定を進め、地域特性を反映した避難情報の取り纏めや避難マップの作成を行う計画です。

認知予防カフェ「桜おたっしゃかねサロン」8月号

 8月21日(日)メダルラッシュに沸いた若者の祭典「リオ五輪」は終わってしまいましたが、来店者ラッシュに沸く高齢者の祭典「桜おたっしゃかねサロン」は午後1時より高齢者支援ボランティアが、桜コミセン1階和室において開催しました。

 今日のイベント1番目は学区の工作名人吉田さんによる折紙教室を開催して、認知予防のため指先を使った折紙を楽しむ講座を開催します。

 2番目のイベントは歌を唄うことにより楽しい雰囲気を作って脳みその活性化を図る試み(ある人の単なる趣味の思い付きかも・・・)もしてみました。盛り沢山のイベントをお楽しみください。

 それではサロンへご案内・・・



H2808認知予防サロン (1)

 桜コミセン玄関にいつもの黄色い認知予防カフェ「桜おたっしゃかねサロン」のノボリが立ち来店者を迎えています。



H2808認知予防サロン (2)

 早い時間に吉田講師(写真奥左から二人目)による折紙教室が始まりました。満席前の今がチャンスです。無料で先着10数名位の人が手取り(足取りはありませんが)指導を受け、本日の課題であるきれいな「朝顔の花」の折紙に挑戦できます。



H2808認知予防サロン (3)

 折り始めると講師の親切な指導もあって夢中になります。周りでカラオケが始まりましたが、気にせず集中できているようです。

 奥の若い女性(ショートヘアで赤いポロシャツが似合う笑顔の素敵な美人)はヘルパーさん、担当している高齢者をここへ連れてきてくれています。



H2808認知予防サロン (4)

 これが本日の課題「朝顔の花」、ここでは広い机がありますので、落ち着いて折紙をゆっくり楽しんで頂けます。



H2808認知予防サロン (5)

 あちらではカラオケが始まりました。カラオケマシンは10年位前に消防団顧問の柿田さんからコミセンへ寄贈して頂いたもの、現在の通信カラオケと違って新しい曲が追加できませんのでだんだん利用されなくなり、今ではひっそりと物置に眠っていました。

 この装置を埋もれさせてはもったいない、サロンへ来る人たちには今でも“最新曲”満載です。少し手入れをして、歌詞を写すモニターをTVからプロジェクターに変更しスクリーンを襖で代用して、高齢者に優しい大きく見やすい画面として再利用を図りました。

 始めは「歌なんて・・・唄ったことが無い」等と遠慮されていたようですが、「どれだけ歌っても無料です」「誰にも相談しないで、あなただけに」と、高齢者が騙されやすい例の詐欺のようなフレーズで勧誘した結果、多くの人が唄うようになりました。



H2808認知予防サロン (6)

 皆さん慣れないからか遠慮がちで今一盛り上がらない雰囲気でしたが、参加していた学区顧問の藤沢議員が場を盛り上げてくれました。

 私が歌うと後の皆さん気持ちが楽になります。「♪ 白樺 青空 南風 コブシ咲く・・・」先生もそこらじゅうで歌い込んでいるのか以外に上手く(失礼)、かえって躊躇する人が出るかもと心配になりました。



H2808認知予防サロン (7)

 議員が退席されると皆さんだんだん度胸というか積極性が出て、前に出てマイクで独唱される方もみえ、やっぱりカラオケ喫茶になってしまいました。・・・歌声喫茶を目指しているのに<(`^´)>

 しかし合唱曲を流すと皆さん若かったあの頃(恐らく5~60年位は前)の記憶が戻ったのか元気に合唱され、「♪若く明るい歌声に 雪崩は消える花も咲く・・・」、カラオケ・・・いや、昔懐かしい歌声喫茶状態になりました。



H2808認知予防サロン (8)

 場に慣れてきた終盤は大盛り上がり、皆さん元気に合唱して頂きました。今日は普段静かな生活をしている人には多少刺激が強かったかもしれませんが、たまには元気に大きな声で歌うことにより、自身を変革して周りの人と共に楽しんで頂きたいと思いました。

 ご好評につき選曲や音量等を改善して更に歌い易い環境を整備して行きますので、来月も是非ご来店し歌って下さい。

【若い方への解説】
1)歌声喫茶  昭和30年代に流行したアコーディオンを伴奏に、最初に購入した歌詞カードから客がリクエストした曲を全員で合唱する喫茶店。(マイクなし)
2)カラオケ喫茶  古くは4・8トラックカートリッジからレーザーディスク、最近ではネットを利用した通信カラオケにより、客がリクエストした曲を独唱またはデュエットして楽しむ喫茶店またはスナック。(エコー付マイク有)
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター