平成28年度 桜小学校土曜学習プログラム 第4回

 10月1日(土)はっきりしない天気が続きますが、名古屋市教育委員会が主催して午前9時30分より桜小学校体育館において、第4回目の土曜学習プログラムが開催されました。

 今回のプログラムは「D-highダンススタジオ」によるヒップホップダンス体験学習。うっとうしい天気を元気なダンスで吹き飛ばそうと児童80人が集まりました。

 D-highダンススタジオは、小学生の全国大会優勝や、高校生の世界大会優勝の指導・振付をした講師達もいます。また国内有名アーティストのバックダンサーとして活躍中のダンサーもいます。

 「また名古屋土曜学習プログラム」にて、 1年生から6年生までの生徒約100名(各校で人数の増減あり)を対象に、複数の小学校に、ダンスの指導に行っています。
            **D-highダンススタジオホームページより抜粋**


 それではダンス会場へご案内・・・



H2810土曜学習 (1)

 開講に先立って名古屋市社会教育主事、学生サポーターと学区のコーディネーターがミーティングを行い、各人の紹介・当日の流れや役割分担について確認を行っています。



H2810土曜学習 (2)

 9時30分になり土曜学習プログラムが開講しました。コーディネーターを務める桜学区の鈴木さんが開講の挨拶を行いました。



H2810土曜学習 (3)

 本日の講師は早く子供達と仲良くしたいと、自分のネームを子供達に解り易い様に愛称を主に自己紹介しました。



H2810土曜学習 (4)

 まずは体を慣らす準備体操・・・というかダンスを始め、体をほぐしていきます。怪我の予防の為にもしっかりやって下さい。



H2810土曜学習 (5)

 体が温まったら・・・100m競争ではありません、ダッシュやスピードを変化させた幾種類ものステップを踏みながらリズム感を体感させています。



H2810土曜学習 (7)

 コーチ陣は児童達にダンスの基本的なステップや手・体の動きを繰り返し指導しました。(*^^)v



H2810土曜学習 (8)

 いよいよダンスの振り付指導に移りました。最初に振りを各パートに分け指導し、次に音楽に合わせた動きの確認を行いました。



H2810土曜学習 (6)

 コーチ陣が先頭に立って曲全体のダンスを踊りながら振りを確認していきます。子供達と一緒にコーディネーター、サポーターさんが踊りましたが、あれだけ親切に指導頂いても踊れません。それに引き替え子供達の習得力には目を見張るものがありました。\(^o^)/

 次は音楽を入れて全体を通して練習をした後にすぐ発表会となりました。えっ、コーディネーター、サポーターさんは絶句しましたが、安心して下さい発表会は子供達だけですよ。<(`^´)>



H2810土曜学習 (9)

 1・2年生の発表です。本当に子どもの記憶力というか吸収力は凄い、ガイドする講師を見やりながらですが、ほぼミスなく踊りきり中高年には信じられないダンスとなりました。



H2810土曜学習 (10)

 3・4年生は更に高いレベルに至っており、ゆとりを持って踊っていました。(^_^)v



H2810土曜学習 (11)

 5・6年生に至っては学生サポーターと一緒に踊りましたが、大学生に迫る踊りを披露した子もありました。



H2810土曜学習 (12)

 楽しい半日があっという間に過ぎてしまいました。最後に本日の講師にお礼を述べてプログラムが終了しました

 次回の土曜学習プログラムは11月5日(土)救急救命体験学習です。ぜひ参加して下さい。

平成28年度 合作画コンクール/桜学区子ども会

 10月2日(日)午前9時から桜小学校の体育館において、桜学区子ども会は学区の各町内から19チーム87名が参加し、平成28年度合作画コンクールを開催しました。

 コンクールは絵のテーマとなる童話などの本を読んで頂き、町内から参加した子供(4~5人)同志でチームを作り、絵の題材を話し合い協力し合って、1枚の大きな絵を完成させます。

 子供達に人の話を聞く力、意見を出し纏める力、話の内容を絵に表す創造力を養うために各学区の子ども会で開催されている行事です。

 それでは会場へご案内・・・



H2810合作画大会 (1)

 桜学区子ども会長谷川会長や役員さんから、お話しを良く聞いて皆で相談しながら2時間で絵を完成させて下さいと、本日のスケジュールやルールを説明しました。



H2810合作画大会 (2)

 絵の題材となるお話し「ねずみのすもう」は学区の伊藤由美さんが子供達に読み聞かせを行いました。マイク無しとしたため生の声が届く範囲に子供達を寄せて行いました。

 お話しは「いつも相撲に勝っているお金持ちの大きなネズミが、ある日貧しい小さなネズミと相撲をとり、貧しいながらも親の愛情を受けて育ったネズミに負け、お金より親の愛情を知る内容」です。子供達はどう理解し絵にするのでしょうか。



H2810合作画大会 (3)

 お話しが終わり子供達は体育館の床一杯にブルーシートと新聞紙を敷いて、絵を描く場所づくりを始めました。



H2810合作画大会 (9)

 子供達はお話しのどの場面を絵にするか、相撲の様子にするか、お爺さんお婆さんに作ってもらったお餅、お金持ちネズミが改心して遊びに来る場面など、いろいろ話し合っているようです。



H2810合作画大会 (10)

 また登場人物・・・いや、登場ネズミの行動をどう表現するか、みんなで話し合っているようです。リーダーが引張って行くチーム、皆でワイワイと事を運ぶチームなど様々な方法で進んでいるようです。


 ・・・2時間が経ちました。厳正な審査の結果次の作品が入賞と決まりました。

H2810合作画大会 (4)

 「特選」は鶴田2北子供会の作品、貧しい小さなネズミが大金持ち大きなネズミを負かした場面が書かれています。



H2810合作画大会 (5)

 「入選」の1作目は桜台1B・桜台西子供会の作品は子ネズミが大ネズミと相撲を取るシーン、赤フンで相撲を取っています。



H2810合作画大会 (6)

 「入選」のもう1作は中江2東の作品、貧しいネズミが乏しいお米からお爺さん・お婆さんが力の付くようにとお餅をついて食べさせてくれたシーンです。



H2810合作画大会 (7)

 「佳作」の桜台2北の作品、陰の功労者の愛情を注いでくれたお爺さん・お婆さんを登場させています。なかなか思いやりが出ています。



H2810合作画a

 「佳作」のもう1作は寺崎町Aの作品、大ネズミと相撲を取る子ネズミの親が、力負けして苦戦する子ネズミを心配そうに見ています。力の元となるお餅を作ってあげなければ・・・

 出来上がった19枚の合作画はどれもなかなかの力作です。子供達は本の読み聞かせから想像した絵を共同で見事に描き上げたようです。現在の子供達には”赤フン”が強烈なイメージとして残ったのか、多くの作品に採用されていました。(*^^)v

 この全作品は10月23日の学区運動会の日に会場に掲示して、運動会へ来た学区にお住いの方々に観賞して頂く予定です。

 優秀作品はその後11月20日に日本ガイシスポーツプラザで行われる区民祭にも掲示され、区民の皆さんへ紹介される予定になっています。

第2回 南区防災安心まちづくり部会

 10月3日(月)午前10時から南消防署において、第2回南区防災安心まちづくり部会が開催され出席しましたので紹介します。

 本部会は南区の防災活動と火災予防活動について、消防署・区役所などの防災関連部署と各学区の委員長がメンバーとなり、行政からの伝達・報告事項と、各学区の活動について情報交換を行っています。

 それでは会議室へご案内・・・



H2810防安まち部会 (1)

 本部会の事務局を担当する南消防署予防課のメンバーです。



H2810防安まち部会 (2)

 南区消防団連合会の武田会長、南消防署の田村署長、区政協力委員協議会の相原議長、南区役所総務課の山口課長です。



H2810防安まち部会 (3)

 各学区の区政協力委員会の委員長です。

 今回の議題は
1. 秋の火災予防運動の実施について。
実施期間 11月9日(水)から11月15日(火)までの1週間。
重点目標
 1) 住宅防火対策の推進。
 2) 放火防止対策の推進
 3) 特定防火対象物における防火安全対策の徹底。
 4) 地域ぐるみの防火・防災対策の強化。
 5) 多数が集合する催事に対する火災予防指導の徹底。

2. 防災安心まちづくり運動等の活動状況について
 1) 暮しの防災セミナー等の実施状況。
 2) 自助力向上の促進事業の実施状況。
 3) 自主防災リーダー講習の実施状況。
 4) 放火防止パトロールの実施状況。
 5) 助け合いの仕組みづくり訓練・普及啓発。

3. 平成29年南区消防表彰式における防災安心まちづくり功績者の表彰内心について。
運動を積極的に推進している方を10月21日までに推薦する。

4. その他
 1) 高齢者世帯の防災指導について9月1日から翌年2月28日まで実施。
 2) 自主防災組織の用品の斡旋については、11月15日までに南消防署へ申し込む。
 3) 助け合いの仕組みづくりの推進について。
 4) 南区防災セミナーを10月14日午後1時30分から南文化小劇場で開催します。



H2810防安まち部会 (4)

 防災活動の参考とする為に、地震災害ビデオを鑑賞し避難など防災活動について再確認しました。

 その後に各学区で実施している防災活動の課題や方法などについて意見交換をして会を終了しました。

第3回 秘密の文化祭/幻の卓球クラブ

 10月4日(火)午後3時から桜学区内某所において“第3回 秘密の文化祭”が開催されました。

 この文化祭の開催は不定期、某スポーツクラブで日頃から作品を持ち寄り、ある程度作品が揃った時点で開催となるようです。

 もちろん学区文化祭の向うを張るような大それたことは考えていません。本来の姿は学区内で秘密裏に活動する高齢者スポーツクラブ趣味の美術展で、もちろん南区社会福祉協議会にもその存在は知られていません。

 それではこのブログをご覧のあなただけにご案内します。特別にですよ・・・



H2810卓球教室 (3)

 こちらは主に押し花絵の作品を展示しました。草花の持つ素材の特徴を生かして趣きのある風景画等を制作しています。



H2810卓球教室 (4)

 このコーナーは工作品、折紙の鶴や立体オブジェ、前衛的なフラワーアート(いや、枯れ花)や人形など非常に凝ったつくりの作品が展示されています。



H2810卓球教室 (5)

 この壁面には押し花絵とエッチング画、そして壁の角には工作の鳥籠にユーモラスな鳥が鳴いています。



H2810卓球教室 (6)

 材料の調達が間に合わず、学区の文化祭に出展することが出来なかった“幻の大作”、裏から西日が当たると中秋の名月に本物のススキが浮かび上がる作品となっています。



H2810卓球教室 (1)

 今、旬のドングリや松ぼっくりを拾ってきて作ったライオンなどのユーモラスな動物、トワイライトの工作教室に利用出来ないか検討中の様です。



H2810卓球教室 (2)

 ここは前にも紹介した卓球教室(・・・高齢者の)、70歳を超えた人がリオを逃した悔しさを2020TOKYOにぶつける為(えっ)、厳しい練習(の後の反省会)を楽しんでいるようです。

 このクラブは会員制、選ばれたご近所の人が集まり卓球を通して親睦を図っています。ご近所の人が顔を合わせることによりお互いの安否確認を図り、万一の場合は共助の精神により行動することにしています。

 アマチュアスポーツは長く係わることが大切です。幻とならない様に無理なく続けて健康寿命を延ばしたいですね。

3B体操/桜コミセン教室

 10月7日(金)午前10時から桜コミセンにおいて講師の柳川さんが中心となり、3B体操を開催しました。講師を見ていると若さや健康を保つのにとても役立つようです。

 ただいま会員大募集中ですので、是非体験してみて下さい、きっと若返りますよ。下記の要領で開催していますので、是非一度コミセンへ遊びに来て、気に入ったら入会して一緒に楽しんで下さい。

 開催日 毎月第1・3・4金曜日 午前10時~11時30分
 場所  桜コミセン
 料金  2200円/1ヶ月
 参加 子育て中のママ、お祖母ちゃんもみんなで一緒に汗を流しましょう。

 3B体操は、「遊びの要素」「気軽に」「体に無理なく」をキーワードに、老若男女問わず誰でも楽しめるように考案された健康体操です。

 ボール、ベル、ベルターといった用具を使用することで、しっかりとした健康効果が期待できます。「体を動かしたいけど、激しい運動は…」とお悩みの方もまずは一度ご体験ください。
      公益法人日本3B体操協会ホームページより抜粋

それでは3B体操会場へご案内・・・



H28103B体操 (1)

 まず使う用具のご紹介。左からボール、中央がベルター、右がベルと全てBから始まるネームの3種類の用具を使って行うことから3B体操と呼ばれています。



H28103B体操 (5)

 まずベルターを使ってウォーミングアップを行います。伸ばして・縮めて・回して・・・、と伸縮力を利用して手や体をほぐしていきます。ほぐれましたか?




H28103B体操a

 ・・・では音楽を掛けベルターを足に掛け体を伸ばしたところで引張り、V字型を作って暫くその姿勢を保持します。足を上げ過ぎると後ろへ回転しL字型になってしまいますのでVのところで止めて下さい。(*^^)v

 この音楽はフォークダンスナンバー、昔若い頃に聞いて踊った様な微かな記憶が・・・。たしか明るく楽しかったメロディーのはずでしたが、体操の方はこんなはずではと不摂生な生活のツケが廻っているようです。



H28103B体操 (3)

 次はベルを使ってベッツィ&クリスの“白い色は恋人の色”これも団塊前世代に懐かしいフォークソング、歌は綺麗な英語の歌声が流れますが、私達は歯を食いしばり歌の様に行きません。<(`^´)>



H28103B体操 (2)

 最後はボールを腰に当て後ろへ反る体操、あの剛力彩芽さんのCMのように、倒れて素早く戻ることをイメージしましたが、現実の厳しさを実感してしまいました。ボールをつぶさない様に少しづつ鍛えて目指せ!彩芽さんで頑張ります。

 少しオーバーに書きましたが、実際は自分の体力に合わせ無理なく楽しく動いて下さい。音楽もかかりますので体操というよりダンスの感覚に近い雰囲気で楽しんで下さい。

提灯行列/鳥栖神明社・八剱社の秋の大祭

 10月8日(土)前日までの天気予報は祭が行われる土・日に限り雨、なぜこの日なのと落胆しましたが、かろうじて踏みとどまっているようで、午後6時45分より鳥居神明社・八剱社において提灯行列を皮切りに秋の大祭が始まりました。

 提灯行列は秋の大祭の前夜に桜学区・菊住学区の子供達が、鳥栖神明社に参拝し鳥栖八剱社まで提灯を灯して歩き鳥栖神明社へ参拝する地域の伝統行事です。雨だけは降らない様に・・・

それでは祭りの現場へご案内・・・



H2810提灯行列 (2)

 氏子さんも顔を合せては今にも落ちて来そうな空の心配ばかり、迷いながらも自分達の善行に神様がお助けしてくれると勝手に信じ、午後2時には意を決して提灯まつりを先導するお囃子車の飾り付けに取り掛かりました。<(`^´)>



H2810提灯行列 (3)

 午後5時過ぎには飾り付けが完了し、通電テストも行って提灯が点灯することを確認して、全ての準備が完了しました。行いの良さが天に通じたのか幸い雨はまだ落ちて来ません。



H2810提灯行列 (4)

 午後6時を過ぎた頃から子供達が集まって来ました。狭い神社前の道や広場は祭りの法被を着た大勢の子供と親で埋まってしまいました。後1時間は降らないで・・・



H2810提灯行列 (5)

 早く着いた町内から狛犬の前を通り鳥居をくぐって、階段を登り古墳の頂上にある鳥栖神明社の本殿へ向かいました。



H2810提灯行列 (1)

 子供達は本殿前で担当の氏子さんから2礼・2拍手・1礼の参拝作法を教えて頂き、神妙な面持ちで参拝を済ませました。



H2810提灯行列a

 通行中の安全管理は桜消防団が行っていましたが、本年より菊住消防団も応援することになり万全となりました。



H2810提灯行列 (6)

 鳥栖神明社の参拝が終わると子供達は、氏子さんとお囃子車に先導され、提灯を掲げて行列を作り鳥栖八剱社へ向かいました。



H2810提灯行列 (7)

 鳥栖八剱社へ到着しましたが、ここは更に大きな古墳の上に本殿がありますので、一の鳥居をくぐり長い階段を本殿へ向け登ります。



H2810提灯行列 (8)

 階段を登ると小振りな二の鳥居があり、それをくぐるといよいよ本殿です。



H2810提灯行列 (9)

 大勢の参拝の子供と親は本殿へ参拝しました。参拝が終わると氏子さんからお神酒(子供はジュース)を頂き提灯行列の行事が終了しました。

 幸いにも最後まで雨に降られる事無く参拝が終了しました。明日は秋の本祭です、神明社や八剱社を始めとして近隣の神社に伝統芸能である”神影流 桜棒の手”の奉納を始めとして、各町内では趣向を凝らしたお祭行事が行われます。

 明日の大祭も午前中は雨の予報となっていますが、今一度雨が降らない様に神頼みして今夜はもう寝ることにします。

鳥栖八剱社・鳥栖神明社秋の大祭

 10月9日(日)夜明け前から激しい降雨となりました。今日は鳥栖八剱社・神明社秋の大祭です。天気予報通りの雨ですが、早く止んで祭りの出来る天気となってほしいと願いました。

 するとどうでしょう、天に願いが通じたのか午前9時には奇跡的に雨が上がりました。昨日の提灯行列の天気といい、本当に奇跡としか言いようがありません。\(^o^)/

 桜学区は鳥栖八剱社・鳥栖神明社の秋の大祭に合わせ、ご近所の親睦を図るため各町内毎に趣向を凝らした祭りを開催する様になっています。

 それでは秋の大祭の会場へご案内・・・



H2810秋の大祭a

 ある町内は午前8時の準備開始を9時に変更して、雨上がりを待ちかねた会場つくり担当の組長さん・団体長さんが大急ぎでお祭会場の準備を始めました。



H2810秋の大祭 (2)

 午前11時には鳥栖神明社へ愛知県無形文化財である“神影流 桜棒の手保存会”の皆さんが到着しました。



H2810秋の大祭 (3)

 棒の手保存会の皆さんは鳥栖神明社の参拝後に、神明社の広場で棒の手を披露しました。手前の昨年2月に植樹した“きんさん桜”、も棒の手の演武を見守っています。奥の紅白幕の前には江戸時代の祭りの出し物“馬の搭”を置いて祭りを盛り上げました。



H2810秋の大祭 (4)

 棒の手は刀の他にナギナタや鎖鎌も使って演武を行います。特に演武の中で真剣により竹を切断するシーンや額に巻いたワラを切る場面は思わず力が入りました。



H2810秋の大祭 (6)

 正午に鳥栖八剱社において秋の大祭神事が執り行われる頃には、すっかり雨の心配も無い天気となっていました。



H2810秋の大祭 (7)

 参拝者は神主さんより榊の小枝を頂いて玉串の奉奠を行いました。氏神様の良いところは、参拝者に玉串の奉奠が許されていること。お参りだけの大神社の参拝と比べ何となく御利益が高い気がします。



H2810秋の大祭 (9)

 続いて鳥栖神明社にて秋の大祭神事が行われました。神主さんの祝詞奏上に氏子さん達はこうべを垂れています。



H2810秋の大祭 (8)

 神事の後に地元の人達が参拝に訪れ、氏子さんと共に玉串の奉奠を行いました。御利益がありそうな気がします。



H2810秋の大祭 (1)

 一方町内の祭り会場では子供神輿や獅子が町内を練り歩きました。ワッショイ・ワッショイと大きな声で町内中に祭りの開催を広報しました。



H2810秋の大祭 (5)

 祭り会場はご近所の老若男女が集まり、お酒やお茶を飲みながら談笑しています。また子供達には町内子供会が輪投げ・ボーリング・ザリガニ釣りやお菓子釣り、スーパーボールすくい等沢山のゲームを用意して十分楽しい時間を過ごせる様にしました。

 今年のお祭りは本当に天気が心配になりましたが、天の助けを受け雨に邪魔される事無く無事に終了することが出来ました。

 会場ではご高齢の人達も祭囃子に誘われ会場へ足を運んで頂き、ご町内の人と久し振りの親睦のお酒を酌み交わしていました。

 祭りの運営にあたった氏子総代会の皆さん、公民会長さん始め各町担当役員さん、本当にご苦労様でした。

桜学区連絡協議会・区政協力委員会議題 10月号

 日 時  平成28年9月10日 (土) 午後7時
 場 所  桜コミセン
 出席者  区政協力委員、各団体長

再通知事項
A.南区防災セミナーの開催について
 防災意識の向上、建物の耐震化、家具転倒防止対策の推進を図ることを目的に下記
 の要領にて開催されますのでこの機会に是非参加願います。
 日時:10月14日(金)午後1時30分~3時30分。
 場所:南文化小劇場 3階ホール。
 内容:名大福和教授による講演「南海トラフ大地震に備えて」、名古屋市の支援策
 の紹介、ミニコンサート。
 参加:公民会長・自主防災会長は是非この機会に聴講して参考として下さい。

B.第2回桜学区避難行動計画策定検討会について
  日時:10月17日(月)午後7時。
  場所:コミセン2階会議室。
  要領:一時集合場所の選定と実施事項の検討。避難路の危険個所の調査(写真を準備)。
桜学区の避難行動計画を作成。
  第3回訓練:12月4日(日)午前9時30分モデル町内で計画の実証訓練(一時集合場所へ
集合し、安否確認や救出訓練)と検討会を行う。
  避難マップ:実証訓練後に桜学区の避難マップと避難行動計画を作成し各戸に配布する。
  参加:公民会長、自主防災会長、民生委員

C.第53回桜学区大運動会準備について
  日時:10月22日(土)午後2時30分集合。 雨天の場合は29日(土)へ順延。
  場所:桜田中学校グランド (トラック・観客席の位置決めは部活の関係上3時30分から)。
  参加:公民会長・各団体長。
  要領:コース設営位置確認と道具・賞品準備をお願いします。
 
D.第53回桜学区大運動会開催について
  日時:10月23日(日)午前7時30分集合しトラック・本部席設営後に9時30分開会式。
町内選手は9時集合。雨天の場合は30日(日)へ順延。
  場所:桜田中学校グランド。
  参加:公民会長・各団体長。
  要領:トラックや本部席テントの設営。賞品の仕分け・整理。

E.秋の生活安全キャンペーンの実施について
  日時:10月23日(日)当日運動会競技の合間に実施する。
  場所:桜田中学校グランド。
  要領:運動会の会場で、トラックを1周+今枝会長が場内放送にて生活安全の広報を行う。

F.平成28年度南区区民祭りについて
  日時:11月20日(月)午前10時。
  場所:ガイシホール2階学区応援席(2階南側)。
  要領:学区対抗種目の応援、午後1時~18枚の守り札を捜せゲームに参加(公民会長・
団体から18名)、子供会が協力するお化け屋敷(第3競技場)も覗いて下さい。

【議題】
1.平成28年度高齢者世帯等の防災指導について
  高齢者世帯に対して広く防火・防災についての啓発と対策の普及を図るために希望する
  世帯へ訪問し指導します(申込は完了しています)。
  実施期間:9月1日(木)~平成29年2月28日(火)まで。
  実施者:南消防署員。

2.区政協力委員・災害対策委員上半期分の費用弁償振込について
  日時:10月17日(月)各人の口座へ振込されます。

3.第34回 障害者と区民のつどい~さわやかウォーク」の開催
  日時:10月23日(日) 午前10時~午後2時(少雨決行)。
  場所:大江川緑地 東広場(開会式会場)。
  要領:障害者とウォーキング、ふれあいイベント、ゲーム。
  参加:学区委員長及び参加希望者(申し込み不要で参加OK)。

4.南区高齢者サロンまつりについて
  各地域の高齢者サロンの担い手確保を目的とした祭りを開催しますので、高齢者サロン
  に係わってみたい人は一度見学をお願いします。
  日時:10月29日(土)午前10時~午後3時。
  場所:日本ガイシフォーラム レセプションホール
  内容:現在のサロンで行っているダンス、歌などの発表。サロンのパネル展示、ブース展示。
     午後1時からは大須演芸場の落語などのアトラクションあり。

5.平成29年「成人の日」 行事について
  日時・場所:平成29年1月9日(月・祝) 桜小学校体育館。 
  成人数:11月1日(火)までにコミセンに提出願います。
  (成人該当:平成8年4月2日~平成9年4月1日生)
  要領:式典は12月定例会議で役割分担表を作成し役割を決めます。
  記念行事:「時を越えて私への手紙」を今年の成人者へ渡す方法は検討する。
  
6.なごやかウォークの開催について
  晩秋の呼続散策コース全長4.1kmで行われ、先着300名様に参加賞が出ます。
  日時:11月6日(日)午前9時30分~10時まで区役所講堂で受付(少雨決行)。
  コース:南区役所⇒呼続公園⇒戸部神社⇒東宝寺⇒南区役所の4.1km。
  参加:参加無料、申込不要、小学生以下は保護者同伴でお願いします。

7.第48回名古屋市区政協力委員大会の開催について
  日時:11月8日(火)午後2時
  場所:名古屋市公会堂 大ホール
  参加:学区委員長及び表彰対象者

8.「自主防災用品の点検・補充」について
  各町の自主防災会で使用している町内旗などの防災用品を南消防署が斡旋しますので
  必要な町内は下記の要領で申し込んで下さい。
  要領:各町の自主防災用品の点検をお願いします。不足・更新があれば申込願います。
  申込期限:11月学区定例会に注文表を持参願います。
  納品:来年2月下旬。

9.平成28年度コミュニティ交流会の参加者募集について。
  台風やゲリラ豪雨に対する防災知識を深める交流会になります。
  日時:11月29日(火)午後2時~4時。
  場所:南区役所3階大会議室。
  内容:気象台職員の講話、学区間の意見交換。
  参加:各学区2名程度。(輪番により寺崎町、鳥栖1西公民会長)

10.古着・古布の資源化促進キャンペーンについて
  新聞紙・雑誌・段ボールと一緒の日に出すことが出来ます。時期・出し方については
  各町・子供会(と業者で)で検討し決定して下さい。

11.「熱田神宮お初穂料」のお願いについて
  提出期限:初穂料封筒に入れ11月定例会に持参。

【その他の配布物】 
 ・ふれあいみなみ
 ・認知症高齢者を介護されているご家族の方へ
 ・ミナミコレクション
 ・区民美術展 
 ・家庭の防災3種類
 ・スポーティブ・ライフ in 瑞穂
 ・桜田中合唱コンクール

【諸団体より】
 ・消防団 運動会で初期消火訓練を行いますので参加をお願いします。運動会が10/30に
      延期された場合は消防団の図上 訓練と重なりますので規模を縮小して支援します。
 ・少年補導委員、保護司会 10/11 午後3時よりイオンモール新瑞橋で薬物乱用防止キャン
              ペーンを行います。 
 ・体育委員会 運動会当日は各町自動車の西門出入りを禁止します。北門駐車場のみ使用願います。
        生活安全キャンペーンは町別リレー前に退場門から場内1周をお願いします。
 ・女性会 77名が健康ダンスで4運動会へ参加します。
 ・子供会 合作画を運動会会場で展示しますので、是非観賞願います。
      11/6鶴舞公園で子供会フェスティバルが開催されます。
 ・民生委員会 10/25愛知県大会が開催されます。福祉特別乗車券が11月からICカードになります。
        社協の賛助会費が年々減少しています。よろしくご協力お願いします。
        11/18イオンモール新瑞橋にてひまわり横丁感謝祭が開催されます。
 
  次回定例会当番    鳥栖一東・鳥栖2西・鳥栖2東・桜台1
  次回定例会日時   11月 10日(木) 午後7時00分  桜コミュニティセンター

南区防災セミナー ~あなたの家は大丈夫ですか~

 熊本地震から半年がたちました。10月14日(金)午後1時30分より南文化小劇場3階ホールにおいて南区役所が主催、名古屋市住宅局が協力して、南区防災セミナー ~あなたの家は大丈夫ですか~が開催され、出席しましたのでご紹介します。

 セミナーは名古屋大学減災連携研究センター長の福和教授が「過去に学び現代を点検し将来の震災に備える」と題して講演された後、名古屋市の耐震化支援策について説明がありました。

 それではセミナー会場へご案内・・・



H2810防災講演会 (1)

 始めに南区浅井区長が、「南区は伊勢湾台風を経験し防災意識が高いといわれていますが、家の耐震化や家具の転倒防止を実施している世帯はまだ少ないのが現状です。本日のセミナーがきっかけとなり対策が進むことを期待します。」と開会挨拶をされました。



H2810防災講演会 (2)

 福和先生による講習「過去に学び現代を点検し将来の震災に備える」が始まりました。
・・・の前に、最初から先生のきつい一言、過去の名古屋の災害で一番痛い思いをしたのが道徳地区、皆さんはそういうところに住んでいます(えーっ)。<(`^´)>



H2810防災講演会 (3)

 過去に学ぶということで、講演は現在放映中の大河ドラマ「真田丸」の時代にタイムスリップ、地震が日本の歴史に大きく係わった事例を紹介されました。放映中の「真田丸」にも大地震が何度か扱われており、地震による時の権力者や周りの人達の動向が映し出されていました。

 また地震により街ごと移動した清州越しなど今の名古屋がある理由等を歴史から皆さんも知ることが出来ます。



H2810防災講演会 (4)

 ここでいじめっ子福和先生の本領、突然南区役所防災担当者を呼び出し厳しい質問が始まりました。
 災害対策基本法の中身を理解しているか・・・に始まりついには南区の人口、消防団の団員数等まで矢のように質問が飛び、防災担当者はハリネズミとなった様です。



H2810防災講演会 (5)

 会場が緊張に包まれた後に、本題の名古屋市の住宅等の耐震化支援制度や家具転倒防止ボランティア事業についてほのぼのと説明が行われました。



H2810防災講演会 (6)

 最後に福和先生の講演により緊張した空気をほぐす様に「オカリナとピアノの音楽コンサート」が行われ、オカリナから発せられる優しいメロディーに癒されました。

 桜学区では現在、南区役所が提唱する地域避難行動計画策定事業に応募して防災活動を進めています、熊本地震を教訓を生かし行政から基本的な災害時の地域リスクを教えて頂いた後に、住民が知っている地域特性を生かした避難計画を自分達で策定する活動です。

 本日の防災セミナーで為になるお話をたくさん聞かせて頂いたので、大いに参考にして活動を進めて行きたいと考えます。

認知予防カフェ「桜おたっしゃかねサロン」10月号

 10月16日(日)気持ちよく晴れ渡った天気となりました。午後1時より桜コミセン1階において認知症予防カフェ「桜おたっしゃかねサロン」を開催しました。

 今回のサロンの改善は前回のミーティングで指摘のあった、お客がスリッパを履かずに玄関から和室サロンまで行ける様に改善することとカラオケの映像を見易くすること。

 財布と相談しながら知恵を絞った結果をご覧ください。

 それではサロンの会場へご案内・・・



H2810認知症予防サロンa

 お客が二人やって来ましたが、今年設置した防災用雨水タンクを見て、これは何?防災用備蓄水タンクと書いてある。知らなかった・・・だそうです。何にでも興味を持つことは〇〇症の予防になります。(-_-;)



H2810認知予防サロン (1)

 今回の改善策その1:スリッパを履くことなくサロンまで行けるように玄関マット(費用7千円)を敷きました。これで高齢者のスリッパ事故の防止を図りました。

 これは先月に春日野コミセンを見に行ったスタッフからの情報により早速対応(パクリ)しました。



H2810認知予防サロン (2)

 玄関マットを和室入口まで敷いた関係上靴箱にスリッパ不要の張り紙をして周知を図りました。お客はトイレに行く以外スリッパ不要となり、履き替えの手間が不要となり、滑ったりつまづいたりすることが無くなりました。



H2810認知予防サロン (5)

 今回の改善策その2:前の人に隠れて見にくくなっていた映像をスクリーンを天井まで上げて後ろの席でも歌詞が遮られない様にしました(費用0円)。効果は抜群で合唱がしやすくなりました。



H2810認知予防サロン (4)

 マイクのコードを延長して自分の席で歌えるようにしましたが、コードが邪魔をして周りの人に迷惑を掛けますのでコードレスを考えないと、・・・お金を掛けない様にあるもので。



H2810認知予防サロン (6)

 今日は南区社会福祉協議会桜学区担当の中島さんが突然訪問してきました。このサロンは日曜日の開催で悪い事もしていませんので視察は無いと思っていましたが、・・・まあ何はともあれ接待で一曲歌って頂きゴマをすることとしました。

 「♪夏が来れば思い出す はるかな尾瀬 遠い空・・・」私の世代の歌ではないと言いながら結構歌い込んでいる様でした。(*^^)v



H2810認知予防サロン (7)

 その中島さん最後はお仕事、スタッフ連と高齢者福祉ボランティアの現状や問題点等、現状確認を行ったようです。
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター