災害用伝言ダイアル体験講習会

 6月1日(木)災害用伝言ダイアル(171)の体験利用提供日を利用して、桜消防団は団長始め5名が午後1時から南消防署において、取り扱いについて体験講習を受けてきました。

 災害用伝言ダイアルは、震度6弱以上の地震発生時に利用出来る様になります。震度5強以下の場合は電話の通信状態を勘案し、被災地を所管するNTT東日本か西日本が提供の判断をします。

 これは6月4日(日)に桜消防団が主催し開催する今年度第1回目の家庭の防災教室に、災害に備え「災害用伝言ダイアル」の取扱をメニューに組み入れましたので、当日講師となる消防団員が、事前に消防署の体験講習を受けに来たものです。

 それでは会場へご案内・・・



H2906伝言ダイアル講習 (1)

 本日の講師となる南消防署予防課予防係市民防災普及員の中山さんと受講する消防団員6名が自己紹介を行い講習が始まりました。



H2906伝言ダイアル講習 (2)

 まず中山さんは、災害用伝言ダイアルの基本的な操作法について、説明書を基に詳しく説明しました。団員の皆さんも聞いたことはありますが、実際に体験するのは初めての為、熱心に説明を聞いています。



H2906伝言ダイアル講習 (3)

 一通りの説明を受けた後、早速携帯やスマホを取りだして171・・・とダイヤルしました。「こちらは災害用伝言ダイヤルセンターです。」ガイダンスが流れつながった様です。 (*^^)v



H2906伝言ダイアル講習 (4)

 次々にガイダンスが流れてきます。「プッシュ式の電話機をお使いの方は“1”を押して下さい。」メッセ―ジを聞いた後、暫くして“2”を押してメッセージを受け取る体験をしました。(男性団員に比べ・・・若い)女性団員は楽しく体験しているようですが、男性団員は誰も表情がさえません。大丈夫でしょうか? <(`^´)>



H2906伝言ダイアル講習(5)

 これが本日の講習会の成果?スマホの災害用伝言板(web171)の画面です。伝言は文字や音声で聴くことが出来るそうです。

 一応講習が終了する頃にはどうやら一通りの操作が体験できましたが、当日は上手く講師を務めることが出来るか心配です、色々なケースを想定して更に勉強して臨まなければなりません。 ((+_+))


 なおNTT東日本・西日本から下記の要領で体験利用提供日が設定されていますので、実際に体験をして操作に慣れて頂きたいですね。

 体験利用提供日 毎月1日、15日 0:00~24:00
 提供条件 伝言録音時間:30秒、伝言保存期間:体験利用期間終了まで
 詳しくはNTT東日本・西日本ホームページ「災害用伝言ダイヤル体験利用のご案内」を参照して下さい。

全市一斉“クリーンキャンペーン・なごや2017”

 6月3日(日)良く晴れましたが、風が強めに吹いています。桜学区町美化委員会は「環境デーなごや」の開催に合わせた、全市一斉“クリーンキャンペーン・なごや2017”に協力して清掃活動を行いました。

 活動範囲は東浦通を境に東側3グループ、西側3グループに分け、それぞれ中江公園・桜コミセンに拠点を設け、学区内全域の道路の清掃・除草を行いました。また桜小トワイライトスクールの児童達は、保護者と共に桜小学校回りの清掃に参加しました。

 それでは活動現場へご案内・・・



H2906クリーンキャンペーン (1)

 桜本町1交差点ではCグループと桜学区担当福永主幹が合流し、協働で清掃活動を行いながら桜コミセンへ向かいます。



H2906クリーンキャンペーン (3)

 中井緑道を清掃しながら中江公園へ向かうEグループです。この緑道は名前の通り花壇が多く設けられており、捨てられたゴミや雑草の除去を行っています。



H2906クリーンキャンペーン (4)

 中江公園の周囲の側溝の清掃を行うFグループと桜消防団です。梅雨の季節になりますので、側溝に溜まった公園内の樹木からの落ち葉や泥を除去しています。



H2906クリーンキャンペーン (2)

 桜小学校東門周辺の清掃活動を行う桜小トワイライトスクールの児童達。積極的な村上先生の指導のもと、今日は元気よく楽しそうに清掃活動に参加してくれました。



H2906クリーンキャンペーン (5)

 東海橋線(鯛取通)歩道の清掃を行うCグループ、歩道の植栽部内や舗装の継ぎ目に捨てられたゴミ(特に吸殻)を除去しています。



 H2906クリーンキャンペーン (6)

 東海橋線(鯛取通)歩道植栽部の除草を行うCグループ、先月の町美化活動で除草できなかった街路樹下の雑草を除去しています。



H2906クリーンキャンペーン (7)

 清掃作業が終わり桜コミセンへ集合したACグループの皆さんへ、挨拶される桜学区担当福永主幹(写真右から3人目)です。Cグループと一緒に清掃活動をして頂きましたが、一番張り切っていたようで明日の筋肉痛が心配されます。

 今日は強い風に収集したごみや除草した雑草が飛ばされ、取るより集める方に苦労されたグループもあったようです。

 本日参加頂いた皆さん、お疲れ様でした。心掛けが良かったのか(誰の?)幸い酷暑ではなく、快適に活動出来たようです。
 お家へ帰られたらスタミナドリンクか冷たいビールでも召し上がり、ゆっくり休んで明日以降に備えて下さい。

 明日の午前10時から桜本町1~鳥栖1・2丁目西東の6町内の皆さんは、明日桜コミセンで救急救命初期消火訓練がありますので参加をお願いします。

 明後日の午前7時40分から全公民会長と団体長さんは、青少年育成協議会が行う桜小学校との交流行事「オアシス運動」を開催しますので参加願います。

平成29年度 第1回家庭の防災教室/桜消防団

 6月4日(日)午前10時から桜消防団は、平成29年度 第1回家庭の防災教室を桜コミセンにて開催しました。

 今回の教室は災害伝言ダイアル171(いない と覚える)利用法と、簡易トイレの使用法・救急救命訓練で、地震災害時の在宅避難に重点を置いた内容です。

 第1回目として桜本町1・寺崎町・鳥栖1西・鳥栖1東・鳥栖2西・鳥栖2東の6町内の住民を対象としました。今年度中に計3回18町内全てに行います。

 それでは会場へ御案内・・・



H2906救急救命講習 (1)

 桜消防団太田団長の挨拶です。皆さん今日は災害時に家族や親戚等の安否確認をする災害時伝言ダイアルの使用法を、実際に体験することで災害時に困らない様に学んで下さい。



H2906救急救命講習 (2)

 桜学区連絡協議会森川会長は、災害対応は知っているだけでは対処が出来ません。今日は実際に体験することにより、慌てずにどう行動すればよいかを習得して下さいと挨拶されました。



H2906防災教室

 特別講師として南消防署予防課予防係市民防災普及員の中山さんを招き、災害伝言ダイアルについて講義をお願いしました。中山さんは今月1日に消防団員が南消防署へ災害伝言ダイアル講習へ行った時の講師です。



H2906救急救命講習 (4)

 今日はパンフと画像を使用して利用法の講習を行い、参加者は実際に自分の携帯・スマホから171を利用する(センターのガイダンスを聴くまで)操作を体験しました。

 今日の体験はここまで。毎月1日・15日の体験提供日は、預けた伝言を聞くことが出来ます。



H2906救急救命講習 (6)

 次は救急救命法の講習です。こちらはすっかり桜消防団講習会の顔となった奥村・麻原両女性団員が講師となり、胸骨圧迫とAEDの使用法についてみっちりと行いました。



H2906AED.jpg

 倒れている人を見つけたら、①状態を確認する、②症状を確認する、③助けを呼び消防署への連絡とAEDを捜すようお願いする、④一刻も早く胸骨圧迫を開始するを皆さんに体験して頂きました。

 皆さん胸骨圧迫の大変さが体感できたようで、2~3日筋肉痛に悩まされるかもしれません。



H2906救急救命講習 (7)

 AEDが届いたら、①身に付けた金属飾りやペースメーカーなどを考慮してガイダンスに従い使用する、②AEDの診断を聞きその後の処置を行うまでを体験して頂きました。相棒の消防団員がAEDを準備している間にも胸骨圧迫を行っています。



H2906救急救命講習 (8)

 教室最後の講習は在宅避難で最初に困ること、建物は大丈夫であっても下水インフラが壊れ、トイレが使用できなくなること。そのため段ボール箱にビニール袋を入れ簡易トイレを作り液体凝固剤を使って固める実験を行いました。



H2906救急救命講習 (9)

 凝固剤は一度入れておくと追加のオシッコもすぐに凝固させることが出来ます。実験では豪快にオシッコ・・・いや、ヤカンから水を入れ、固まった様子を実際手で触れ確認して頂きました。

 凝固剤はホームセンターで販売しています。おおよそ4人家族で1週間の使用量は65パック位となりますので、これ位は家庭での備蓄をお願いします。

 今日の教室では災害伝言ダイアルと救急救命及び簡易トイレの体験をして頂きました。特に救急救命では遠慮される方が多く見受けられましたが、見る聴くだけではいざという時に役に立ちません、是非ここで多くの体験と失敗をして学んで下さい。失敗からは多くを学ぶことが出来ます、本番では失敗する訳に行きませんのでこの機会に習得をお願いします。

 また家具の固定や木造家屋の耐震診断・補強等、在宅避難についても機会を見つけ講習会を計画しますので参加をお願いします。


 今後の家庭の防災教室開催の予定

 第2回家庭の防災教室  9月 3日(日)
 第3回家庭の防災教室 11月26日(日)

オアシス運動を展開しました/桜学区青少年育成協議会

 6月5日(月)爽やかな良い天気となりました。午前7時45分から桜小学校の正門と東門において桜学区青少年育成協議会は、学区連絡協議会の各公民会長と各団体及び桜小PTAと協働でオアシス運動を展開しました。

 オアシス運動は、オ:おはようございます、ア:有難うございます、シ:失礼します、ス:すみません、の頭文字を取った言葉で、挨拶を通して人への優しい心を育むことが出来ます。

 メンバーは正門と東門に分かれ、登校してくる児童に「おはようございます」と声掛けして記念品を手渡しました。

 それでは会場へご案内・・・



H2906オアシス運動 (1)

 正門の様子です。子供達はオアシス運動と書かれた黄色いリボンをつけて元気一杯登校して、「おはようございます」と挨拶し公民会長さん達から記念品を頂いていました。 (^O^)

 今年赴任した羽根田校長先生や植谷PTA会長も、児童の登校に声掛け見守りをしています。



H2906オアシス運動 (5)

 正門を通る子供は桜小学校より西側に位置する町内の子供達。西側は昔からの世帯が多く、若い世帯の転入が少ないため、子供達の数も少なくなっているようです。 (-_-;)



H2906オアシス運動 (4)

 こちらは東門です。小学校の東側地域は若い世帯が多く、子供達も多くなっていますので賑やかな登校となっています。公民会長さんや団体長さんが並んで記念品を手渡しています。


H2906オアシス運動 (3)

 東門には川本教頭先生、青少年育成協議会伊藤会長も立会い子供達に声掛けと記念品の手渡しを行っています。ピンクの「あい あい あいさつ活動」のノボリ旗も立ち、まるでお祭りの様です。 (^_^)v



H2906オアシス運動 (7)

 全校児童が整列し朝礼となりました。青少年育成協議会伊藤会長も朝礼台に立ち、「今日校門で皆さんから元気な声で挨拶を頂いて爽やかな気持ちになりました。元気な挨拶で相手に爽やかな気持ちを届けて下さい」と述べられました。

 この様な活動を通じて地域と小学校・小学校PTAが協働して子供達を真直ぐ成長させていきたいですね。

 
 学区連絡協議会が行う夏休みが終わるまでに行う子供向け活動は次の通りです。是非参加して下さい。

 1)子供・高齢者自転車教室 7月17日(月・祝) 午前9時30分 桜小学校。
 2)親子ラジオ体操 7月22日(土) 午前7時 桜小学校。
 3)親子ラジオ体操 7月23日(日) 午前7時 桜小学校(今年だけ)。
 4)子供座禅会 8月27日(日) 午前6時 曹洞宗成道寺本堂。

キックベースボール技術指導DVDが完成しました

 今年の子供会キックベースボール大会は5月14日に無事終了しましたが、昨年の大会終了後に子供会から提案のあった技術指導(≒ルール指導)DVDの制作を行いました。

 あれからちょうど1年、昨年の大会状況(子供の技術レベル)を参考にして構想を練り、技術云々よりまずルールの理解が必要と、少し方向を変えこの度堂々完成しました。

 実に構想1年(キセル状態ですが・・・)を費やした大作となりました。投手・キッカー・走者・守備者について、監督(初心者の)さんと子供達に理解し易いように、図表と動画により構成しました。

 それでは公開します・・・
 


H2906キック大会DVD (1)

 本DVDのタイトルは今年の練習状況です。大会前に行うキャプテン会議で説明書を基にルール説明を行っていたものを、動画を用いて説明する様にしますので来年から非常に解り易くなるでしょう。



H2906キック大会DVD (2)

 投手については正規の投球と反則投球を規則で示し、実際に投球の様子を動画で見ることが出来ます。



H2906キック大会DVD (3)

 正規の投球ルールを図と説明文に纏めました。



H2906キック大会DVD (4)

 反則の投球ルールを図と説明文に纏めました、図では解りにくいですが、動画を見れば簡単に理解できます。



H2906キック大会DVD (5)

 打者(キッカー)についても、正規のキック・反則キック動画と図表により説明しています。



H2906キック大会DVD (6)

 こちらも図と文のみでは理解しにくかったのですが、動画を見れば一目瞭然です。



H2906キック大会DVD (7)

 走者のルールは特に離塁時期について動画と説明文を掲載しました。離塁はキッカーのキック後に、ピッチャーが投げた後ではないよ。


H2906キック大会DVD (8)

 走者のルール全てを動画に纏めたかったのですが、複雑になりますので、残りは説明文のみとしました。 <(`^´)>



H2906キック大会DVD (9)

 守備については比較的難解なルールが少ないため、フライの捕球とゴロの捕球から塁への送球について動画により紹介しました。



H2906キック大会DVD (10)

 守備ルールについては封殺とタッチプレーを主に説明しました。また練習法や練習試合についても概要を動画で説明していますので参考にして下さい。

 本DVDは初心者がキックベースを楽しむため、基本的なルールについて説明しました。本DVDによりルールを理解したうえで、次代に活躍する子供にも伝承させ大いに楽しんでください。(^_^)v

 本DVDは各町に配布し普及を図ると共に、キャプテン会議ではプロジェクターで上映してルール説明に利用します。(^_^)v

星崎学区地区防災計画/市防災会議

 6月9日(金)午後2時から、名古屋市公館において名古屋市防災会議が開催されました。星崎学区の地区防災計画が提案され、審議の結果認定されましたので紹介します。

 名古屋市防災会議は風水害・地震・原子力・産業災害等に対する防災計画を検討する組織で、市長始め副市長・名古屋市会・指定地方行政機関等で構成され、地域防災計画の検討や修正を行っています。

 星崎学区は地域特性を熟知した住民が主体となり防災計画を策定し、過去に防災科学技術研究所が主催する防災コンテストでも優秀な成績を収めています。

 今回は平成27年度から挑戦した名古屋市初の地区防災計画について、「星崎学区から1人の犠牲者も出さない」をスローガンとして活動し成果をまとめ本会議に提案しました。

 それでは会場へご案内・・・



H2906名古屋市防災会議 (1)

 会場の名古屋市公館です。名古屋市の迎賓館として近年は結婚式場としても人気らしいのですが、受賞者を案内するこの方(写真右端)はお仕事が忙しく、今のところ縁が無いかもしれません。(-_-;)



H2906名古屋市防災会議 (2)

 今から披露宴・・・いや、名古屋市防災会議のメンバーが集結し、防災会議が始まりました。

 今日の議題の最初は地区防災計画の提案について、星崎学区の地区防災計画が審議されます。



H2906名古屋市防災会議 (3)

 名古屋市防災会議会長は河村市長。この地方の地震の歴史などを話された後、会長として本会へ提案された「南区星崎学区の地区防災計画」について、参加の委員さんへ審議を依頼されました。

 ・・・審議の結果提案された星崎学区地区防災計画は、全ての要件を満たしており、見事に名古屋市初の地区防災計画として認定されました!

 認定を受けたことにより星崎学区地区防災計画の主旨は、名古屋市地域防災計画の修正案に「地区防災計画」として盛り込まれることになりました。\(^o^)/



H2906名古屋市防災会議 (4)

 本会議の報告事項として、名古屋大学の鈴木康弘教授より名古屋市付近に推定されている断層に関する報告がありました。



H2906名古屋市防災会議 (5)

 教授は調査結果に基づいた「名古屋市街地を縦断する活断層の変動地形学的検討」から、名古屋市の地形特性を説明されました。

 本年度の防災活動として熊本地震を教訓とした本市施策への対応と、平成29年度なごや市民総ぐるみ防災訓練について説明があり、本会議は閉会となりました。



H2906名古屋市防災会議 (6)

 防災会議後に地区防災計画認定式が執り行われました。星崎学区荒川委員長と星崎消防団早川団長は河村市長から認定状を贈呈されました。 (^_^)v

 この後に荒川委員長と早川団長は会見に臨み、報道各社より活動に至る経緯・状況・課題の克服や成果等について多くの質問を受け回答することになりました。



H2906名古屋市防災会議 (8)

 市の関係者や報道機関の人達が退室した後、地区防災計画をまとめるに際し主体的に携わったメンバーが水入らずで記念撮影をしました。



      H2906星崎地区防災計画

 これが星崎学区がまとめ提案した「星崎学区地区防災計画(地震編)」です。

 地域住民が何回も打合せを重ね、災害情報(地域の経験情報・行政の専門情報等)を基に、学区の地域特性を踏まえたうえで、様々な角度からその課題をクリアしていくための対策に必要な災害情報の統合・共有と地域における協力関係づくりを築いて来た活動がまとめられています。

 本計画の中心的役割を担った星崎消防団の早川団長は、本日の認定がゴールではなくスタートと認識している。これからやるべきことを目指して気持ちを新たに活動したい。消防団は住民に一番近い存在、有識者や行政・NPO・災害ボランティア等と連携し防災活動を進めたいと決意を語られました。

 同じように地域の防災計画の策定を進める桜学区も、星崎学区の成果を大いに参考に今後の活動を進めて行きます。

桜学区連絡協議会・区政協力委員会議題 6月号

 日時 平成29年6月10日(水) 午後7時
 場所 桜コミセン 2階会議室
 出席 区政協力委員、各種団体長、南区社会福祉協議会、南警察署、サンエース

【連絡事項】
〇 食料品の移動販売開始について
 近所のスーパーなどが閉鎖され、不便になった食料品の買い物への対策に、生鮮ひろばサンエースと連携した移動スーパー「とくし丸」がご近所を回り移動販売する計画です。
 販売開始は7月下旬から軽トラックで週2回を予定しています。互いに情報交換しながら改善してより良い販売を目指しましょう。

〇 南区医師会災害医療訓練
 南区医師会が南区で初めての災害医療訓練を、11月12日(日)午後1時より桜田中学校で実施します。訓練を計画する植谷さんからスライドを使用して訓練の概要説明があり、地域の協力をお願いされました。学区も桜田中学校で同日避難所運営訓練を行い、参加協力を行うこととします。

【再通知】
A.避難行動マニュアル・要援護者名簿と避難者名簿の改定について
 1) 学区の電子防災マップに要援護者名簿を登録しますので7月定例会に、
   現在町内か民生委員さんが保管している要援護者 名簿(同意を取ったもの)
   のコピーを提出してください。
   提出して頂いた要援護者名簿は学区で電子化し、一覧表を作成して8月定例会
   にお渡します。
 2) 以後要援護者名簿に変更があるときは、変更後に名簿のコピーを提出して頂
   ければ、電子化して一覧表を発行します。来年度以降は毎年定期更新を行い
   ますので、年度末の状態を5月定例会に要援護者名簿のコピー(変更分のみ)
   を提出すれば一覧表を作成し6月定例会にお渡します。
 3) 一時避難所で使用する避難者安否確認シートを学区で作成しますので、7月
   定例会に回覧板に添付する各組の回覧順のメモ等(世帯主名と世帯人数記入)
   を提出願います。
   8月定例会に避難者安否確認シートを作成しお渡しします。(以後毎年5月
   定例会に更新提出し、6月定例会にお渡します)。一時避難場所スタート
   キッドに入れて保管して下さい。

【提出物】
・赤十字募金関連提出物
・要援護者名簿

【議題】
1.認知予防カフェ「おたっしゃかねサロン」の開催について
  開催日時:6月18日(日)午後1時時~3時。
  開催場所:桜コミセン1階和室(桜の間、梅の間)。
  会費:100円

2.町美化活動の中止について
 6月3日にクリーンキャンペーンを実施しましたので、6月18日に予定していた
 町美化活動は中止します。

3.サロン「さくらカフェ」の開催について
  開催日時:6月20日(火)午前9時~11時30分。
  開催場所:鳥栖神明社社務所。
  会費:100円

4.子育てサロン「チェリークラブ」の開催について
  開催日時:6月22日(木)午前10時~11時30分。
  開催場所:桜コミセン 1階和室(桜の間、梅の間)。
  会 費:無料(少しだけお茶・お菓子が出ます)。

5.ふれあいランチの開催について
 民生児童委員会が学区に居住する独居高齢者の昼食会を開催します。
  開催日時:7月3日(月) 正午開始。
  開催場所:桜コミセン 2階会議室。
  会 費:200円(要事前申し込み)。

6.社会福祉協議会への賛助会員の募集について
 社会福祉協議会へ未加入世帯の賛助会員に勧誘願います。
  提出日:7月定例会に提出をお願いします。
  要 領:賛助会員を募集し、会費を徴収。町内をまとめ名簿と賛助金・送金書の
      提出をお願いします。
 現会員の世帯には下記の要領で会費の徴収をお願いします。
  年会費:800円(個人)、3000円(法人・団体)。

7.平成28年度 敬老者調査について
   敬老該当:昭和17年9月18日以前に生まれた方。 
   提出期限:7月定例会に持参して下さい。

8.学区運動会賛助広告者募集                   
   提出期限:7月定例会に確認と原稿を持参(集金はプログラムが完成した時)
       して下さい。

9.夏の交通安全テント基地の実施について
 夏の交通安全市民運動の一環として「夏の交通安全テント基地」を今回は笠寺学区主催で行います。
  日 時:7月13日(木) 午前10時。
  場 所:サイゼリア笠寺店。
  参加者:学区委員長、母親交通教室。

10.交通事故防止街頭啓発活動(県下一斉監視)について
  日 時:7月14日(金) 午前7時45分~8時15分。
  場 所:学区内主要交差点。
  内 容:横断歩道における歩行者保護・交通安全呼び掛け。
  参加者:公民会長、各団体長、母親交通教室。

11.自転車安全運転教室の開催について
 子供と高齢者による自転車事故予防の為、自転車安全運転教室を開催します。
  会場準備:7月16日(日) 午後3時 小学校集合。(雨天:体育館で安全
        講話会場準備)。
  教室日時:7月17日(月・祝) 午前9時小学校集合、9時30分開会式。
  場 所:桜小学校グランド、(雨天:体育館で安全講話)。
  参加者:子供会(各町4~5人程度)・老人会10~20人。
  要 領:自転車安全運転講話と自転車安全運転実技指導を行います。

12.親子ラジオ体操について
  日 時:7月22日(土)23日(日) 午前6時30分集合。
  場 所:桜小学校グランド(雨天は体育館)。
 今年は、中学校グランドが学校行事で使用できませんので両日とも小学校で行います。

13.南区防災セミナーの開催について
 熊本地震の当地自治会長、東日本大震災派遣職員のから避難所の現状についてお話を聞き、避難所運営の参考として下さい。
  日 時:7月23日(日) 午前9時30分~11時30分。
  場 所:南区役所講堂。
  参加者:各学区災害対策委員5~10名(輪番により鳥栖1西・鳥栖1東・
      鳥栖2西・鳥栖2東・桜台1・桜台2北・東浦通・中江1)。
  テーマ:当地自治会が行った避難所開設・運営の課題や避難者への対応など貴重
      なお話が聴講できます。

14.生活安全パトロールについて
  大勢の人が集まる盆踊り会場において、生活安全キャンペーンを行います。
  日 時:7月29日(土) 午後7時コミセンへ集合し、鶴田荘集会場広場
      まで生活安全パトロール後、キャンペーンを行う。
  場 所:午後7時20分頃:鶴田荘集会場で生活安全キャンペーン。
  参加者:公民会長、各団体長、防犯委員会。

15.子供座禅会の開催について
  会場準備:8月26日(土) 午後3時集合。
  坐禅日時:8月27日(日) 午前6時集合。
  場 所:成道寺本堂。
  参加者:参加者は子供会が主体となり募集する。公民会長、各団体長は参加
      して下さい。

16.自転車安全利用講習会受講者募集について
  日 時:8月31日(木) 65歳以上:午前10時30分、小学生:午後1時
      30分。
  場 所:南区役所講堂。
  要領:講習時間は1時間。講習を受けるとヘルメット購入補助(購入額の1/2、
     上限2000円100円未満切り捨て)を受けることが出来る。

17.みなみ防災緊急時SOSカード
 要援護者となる方は災害救急時やもしもの時に備え、避難所で配慮してほしい事や、助けが必要な場合に病気や薬のことを伝える為に、緊急連絡先や体に関するカードのサンプル。
 名簿の電子化が完了した時点で公民会長・民生委員が要援護者へ配布します。

18.学区避難所担当職員の配置について
 学区ごとに下記の指定避難所担当職員を配置する。平時は学区主催の避難所運営・防災訓練に参加する。
 指定避難所の現地確認。避難スペース、福祉避難所、救護所、防災備蓄倉庫内容の確認。
  避難所担当主任(係長級) 鶴田哲也主査 民生子ども課
  避難所担当職員 指定避難所*2名=桜学区は3箇所*2名=6名(担当者未定)

19.町内地図の更新について
 関西地学から町内地図の更新依頼が来ています。変更がある町内は6月20日までにコミセンまで提出して下さい。

【配布資料】
・区民まつり出演チラシ
・ふれあいみなみ南区社協
・違法駐車防止ポスター
・生活安全ニュース
・地域の世話焼き活動 
・空地をきれいにする運動
・保護司会だより
・認知症サポータ養成講座
・南区区政運営方針(ダイジェスト版)
・防犯灯の補助金請求について
・桜消防団平成28年度会計報告


次回会場当番:  鳥栖二東 ・ 鳥栖二西 ・ 鳥栖二東 ・ 桜台一 
次回定例会日時:7月10日(月) 午後7時00分  桜コミュニティセンター  

もう一つの町美化活動/鳥栖八剱社・神明社氏子総代会

 6月11日(日)午前8時から鳥栖八剱社・神明社氏子総代会は両神社の清掃奉仕作業を行いました。

 鳥栖八剱社・神明社氏子総代会は桜学区と菊住学区の29町内で構成されており、皆さんかなりお年を召していらっしゃいますが、元気に毎週日曜日の午前8時~9時30分まで、神社境内と周囲の道路清掃奉仕を行っています。

 学区では毎月第三日曜日に町美化委員会と緑のまちづくり会が協働で清掃活動を行っていますが、もう一つの地域の隠し玉を紹介します。

それでは清掃・草取り現場へご案内・・・



H2906神社清掃奉仕 (5)

 鳥栖神明社の本殿横斜面の作業状況です。この神社は小高い古墳の頂上にあり、斜面に沢山草が生えてきますので、氏子さんがエンジン草刈り機により草刈りを行っています。



H2906神社清掃奉仕 (6)

 鳥栖神明社北側道路です。この道路には境内の樹木から沢山の落ち葉が降り注いでいます。掃き集めた落ち葉を集めゴミ回収袋へ詰めています。



H2906神社清掃奉仕 (7)

 鳥栖神明社西側道路です。この道路も境内に近いため、沢山の葉が落ち美観を損ねていましたが、氏子さん達は落ち葉を掃き集めこんなにも綺麗になりました。



H2906神社清掃奉仕 (8)

 鳥栖神明社北側道路では、道路に張り出した枝を剪定し境内に仮置きしていましたが、乾燥したので焼却処分の為、運び出しています。



H2906神社清掃奉仕 (3)

 こちらは鳥栖八剱社の南側正面鳥居です。氏子さん達が参道脇の草取りに精を出しています。



H2906神社清掃奉仕 (4)

 鳥栖八剱社も古墳上にあるため、斜面に沢山の草が茂っていますので、足場が悪いですか氏子さん達(殆ど後期高齢者)が草取りを行っています。



H2906神社清掃奉仕 (1)

 八剱社は境内が広く除草面積も広くなりますので、拝殿でエンジン草刈り機を組立て、文明の利器により草刈りを行います。



H2906神社清掃奉仕 (2)

 一斉に古墳法面の草を刈っていますが、古墳の急傾斜となっていますのでご無理をなさらない様、また転ばない様注意して作業をお願いします。

 氏子さん達の奉仕作業のおかげで両神社は美しさを維持しています。しかし氏子さん達もかなり高齢化が進んできて、斜面など厳しい場所での作業が難しくなってきました。<(`^´)>

 地域の皆さんで町美化(+神社美化)を応援したいと思われる人はぜひ応援して下さい。
 毎週日曜日の午前8時に鳥栖神明社社務所で準備をしていますので、お体の空いた日のみで結構ですので、来て頂いてお手伝い願えれば助かります。<(_ _)>

ハンドボール桜ジュニアクラブ/桜地域スポーツクラブ

 桜学区で個人スポーツクラブとして活動しているハンドボールクラブを、桜地域スポーツクラブに登録しました。

 当クラブは8年ほど前から学区内のスポーツ愛好者により活動をしていましたが、資金・人材等の不足から近年は運営・継続が困難になっていました。

 昨年に新しい指導者が見つかりクラブ継続の目途が立ったのと、子供達からもハンドをやりたいとの声があったので、桜学区体育委員会鈴木会長は、名古屋市の地域ジュニアスポーツクラブ育成事業に応募して、行政の支援を得て新しくハンドボールチーム桜ジュニアクラブの立上げを図りました。

 今日の練習日にジュニアスポーツクラブ育成事業の助成金により購入した新品の備品を桜ジュニアクラブへ贈呈すると共に、桜学区は活動助成金を贈呈しクラブの運営を支援することにしました。

 それでは練習会場へご案内・・・



H2906ハンドチーム (1)

 彼らが練習で使っていたボールです。表面はすっかり摩耗して毛羽立ち、片手で保持することが出来ない位変質しています。((+_+))



H2906ハンドチーム (2)

 クラブの設立資金で購入したボールとボール収納ケースです。ボールの感触など今迄のボールと全く異なり、片手で楽に扱うことが出来ます。\(^o^)/



H2906ハンド登録

 桜学区体育委員会鈴木会長は、行政始め各所から支援を頂いて道具を購入し、大切に使うことをクラブ員に周知するため贈呈式を挙行し、学区連絡協議会森川会長が代表して目録をキャプテンに手渡しました。



H2906ハンドチーム (4)

 新しく購入した道具を中心に、気鋭の指導者橋本監督(写真後列中央)とクラブ員が記念撮影を行いました。(^_^)v



H2906ハンドチーム (6)

 真新しいボールを使って早速練習を開始しました。まず対人パス練習ですが、ボールが手にフィットする為、つい力を入れたパスを出す等、子供達は新しいボールの感触を楽しんでいました。



H2906ハンドチーム (5)

 次はシュート練習です。監督さんから次々に出るパスに合わせ走り込んでシュートします。ここでもボールをしっかり握って鋭いシュートが打てたようです。

 本クラブ員は現在8名。毎週土・日曜日の午後1時30分~5時まで桜小学校体育館で練習しています。クラブ員を募集していますのでハンドボールを体験したい子供さん(小4~6年生)は是非見に来て下さい。入部を希望する子は体育館で橋本監督に申し込んで下さい。

 クラブは今月18日に行われる大会に向けて一生懸命練習を行っています。こちらの方もぜひ応援をお願いします。

 また桜学区にある桜田中学校は現在ハンドボールの強豪校、昔全国レベルであった桜台高校、実業団の強豪大同特殊鋼や女子のHC名古屋(前身はブラザー工業)などの名門チームが近くにあり、ハンドボールの環境が整っています。

 まずこのクラブでの経験を生かし、強豪桜田中学校でもハンドボールを続けて欲しいですね。

サロン“おもてなし館・笠寺”

 6月14日(水)午前10時から笠寺学区地域福祉推進協議会が運営する共生型サロン“おもてなし館・笠寺”へ、さくらカフェの役員さん会場を貸して頂く鳥栖八剱社・神明社氏子総代会の役員さんと一緒に遊びに行ってきました。

 笠寺学区石川委員長は昨年から自学区でのサロンの立上げを計画し、何度かさくらカフェを訪れ開設・運営のノウハウについてスタッフと相談していたようです。

 “おもてなし館・笠寺”は笠寺学区スローガン「隣ご近所、日頃のふれあい大切に」の元、笠寺学区石川委員長が中心となり、地域の絆を大切にしたいと、今年4月にオープンした笠寺学区待望のサロンです。

 サロン内では石川委員長が、来店者へ凄いおもてなしパフォーマンスを届けていました。(本当にすごいです。本文を参照)

 それではサロンへご案内・・・



H2906笠寺サロン (1)

 “おもてなし館・笠寺”の手作りのぼりが爽やかな風にはためいています。会場は笠寺小学校南にある笠寺公民館です。



H2906笠寺サロン (2)

 入口にはご当地ユルキャラ“もなかザムライ”がどっしりと構え来店者を待っています。足の無いもなかザムライを近くで見ると意外に大きいものです。



H2906笠寺サロン (3)

 店内に入りました。会費100円を払い記帳して席に着くと、美味しいコーヒーとお菓子が出てきました。



H2906笠寺サロン (4)

 さして広くないサロン内はすぐに一杯になりました(・・・妙齢の女性で)。南区社会福祉協議会の竹内さんが、パンフレット“ふれあいみなみ”を配っていました。

 パンフレットにはふれあいいきいきサロン祝100カ所達成の文字が踊り!本サロンが表紙と4頁にカラー写真つきで紹介されています。\(^o^)/



H2906笠寺サロン (5)

 まずオリジナル健康体操「もなかザムライ体操」の練習を来店者全員で行いました。手を上げ横に伸ばし・・・壁に貼った手作りガイド図により体操を憶えて下さい。

 「♪ あまくておいしい最中 タッタラ タッタラ・・・」歌とフリを合わせ練習しました。\(^o^)/\(^o^)/



 H2906笠寺サロン (6)

 いよいよ本番、石川委員長のギター演奏に合わせ、唄いながら体操を行いました。社協竹内さんが体操リーダー役となりました。

 彼女は手の上げ下げ順を逆にした以外は完璧で <(_ _)>、おかげで皆さん楽しんで体操が出来たようです。(^o^)丿



H2906笠寺サロン (7)

 会場にはボランティアさんの制作した作品や地域の文化を紹介する展示物が置かれて癒されました。アレ、何故か桜学区の水野さんの作品が・・・



H2906笠寺サロン (8)

 つづいて石川委員長のギター伴奏で「♪ やまだの中の一本足の案山子・・・」、「♪ この道はいつか来た道・・・」、そう唱歌の「案山子」と「この道」。歌声喫茶となり、皆さん“あの頃”を思い出して大きな声で合唱しました。

 最後は、オリジナル“笠寺おもてなし館” の歌、笠寺学区のスーパーアーチスト石川委員長が自ら作詞・作曲しギター弾き語りを行いました! 皆さんに手拍子を貰い熱唱となったようです。



H2906笠寺サロン (9)

 愛知県会議員の伊藤先生が立ち寄ってくれました。先生はこのサロンで地域の交流が盛んになります様にと挨拶されました。



H2906笠寺サロン (10)

 石川来民造コンサートが終わり、帰りに表へ出てみると店外へ押しやられた男性陣がオープンカフェに・・・、ここもやはり女性天下かと思いながらふと見ると、何と浅見前議長の姿があるではありませんか!

 浅見前議長にご挨拶すると少し驚かれたようで、良く来てくれましたとお話しされ、こちらの近況をお話ししてサロンを辞しましたが、ここも女性パワーがさく裂しているようです。 <(`^´)>


 次回の「おもてなし館・笠寺」の営業日時
日時 7月12日 午前10時~12時(毎月第2水曜日)
場所 笠寺公民館
会費 100円
 ※12月、3月のみ笠寺コミセンで開催。
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター