南区消防団連合観閲式

 12月3日(日)本日は抜けるような青空と共に暖かい日となりました。午前10時から道徳公園において南区消防団連合会により平成29年南区消防団連合観閲式が挙行されました。

 観閲式は3年に一度開催されていますが、前回は前日の雨にたたられグランド状態が悪く、全ての訓練項目が実施できませんでしたが、今年はベストコンディションに恵まれました。

 それでは会場へご案内・・・



H2912消防観閲式 (1)

 星崎消防団早川団長に先導され国旗と各消防団旗が入場してきました。



H2912消防観閲式 (2)

 式典に参加した来賓の浅井南区長、相原南区区政協力委員協議会議長はじめ公職者・各学区防災安心まちづくり委員長等の皆さんです。



H2912消防観閲式 (3)

 この後に観閲者である河村名古屋市長・田村南消防署長が登壇し、国歌斉唱と共に国旗掲揚が行われました。



H2912消防観閲式 (4)

 南区消防団連合会旗を先頭に消防団各隊の分列行進が始まりました。



H2912消防観閲式 (5)

 第二中隊を先導する桜消防団の太田団長です。



H2912消防観閲式 (6)

 全ての隊が入場し整列後に、総指揮者である南区消防団連合会武田会長から観閲報告が行われました。



H2912消防観閲式 (7)

 整列する消防団員に対し浅井南区長、相原南区区政協力委員協議会議長はじめ公職者・各学区防災安心まちづくり委員長等による部隊巡閲が行われました。



H2912消防観閲式 (8)

 南消防署田村署長が、消防団は火災予防と共に地域防災の中核として活動を期待します。団員の皆様は健康に注意し今後とも活動をお願いしますと訓示されました。



H2912消防観閲式 (9)

 来賓の浅井南区長は団員の規律ある態度と、消防団員の火災予防・防災活動など幅広い活動に感謝を述べられ、行政としても各方面で協力しますと式典へ祝辞を述べられました。



H2912消防観閲式 (10)

 連合会長の謝辞、参加者全員による万歳三唱を行い、消防団部隊の退場後にポッカレモン消防音楽隊(名古屋市消防音楽隊)のカラーガード隊リリーエンゼルによる演技が披露されました。



H2912消防観閲式 (11)

 名古屋市消防音楽隊は平成28年4月からポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社とネーミングライツ契約を締結し、「ポッカレモン消防音楽隊」の愛称で活動しています。         名古屋市ホームページより抜粋

 演奏の最後は軽快な行進曲にけたたましいサイレンと鐘が、火災出動の臨場感を演出する「ハローファイヤマン」、消防音楽隊の十八番で締めとなりました。



H2912消防観閲式 (12)

 演奏後は消防団の消火訓練です。「放水!」の命令と共に全消防団が一斉放水を始め、晴れ渡った青空をバックに見事な水柱を描き上げました。

 消防団の皆さん本日の出動ご苦労様でした。統制がとれ、きびきびした所作にりりしさを感じました。今後も地域の火災予防や防災活動・講習を宜しくお願いします。

第5回かつおカップに参戦/桜ジュニアクラブ

 12月2日と3日に桜ジュニアクラブは高知県ハンドボール協会が主催して高知市で行われた小学生ハンドボール大会「第5回 かつおカップ」に参戦しました。

 男子大会は四国・中国地方等から愛媛、呉、薪小、川島、大住小、徳島、境港、新居浜、長尾、明石、メイプル、キタイ、香川町、安芸高田、今治、くろしお、高知、貝塚と愛知県から桜ジュニア、尾北の20チームが参加しました。

 女子大会参加チームは愛媛、薪小、境港、新居浜、メイプル、香川町、安芸高田、高知の8チームが参加しました。

 大会日程は12月2日(土)午前中に交流戦を行い、午後1時から12分1ゲームとする予選リーグ戦を行い、3日(日)に“かつおカップトーナメント戦”を行いました。

 ハンドボールチーム“桜ジュニアクラブ”にとって第3回大会以来の四国遠征となり子供達は旅行の楽しみと試合の緊張の両方を味わうことが出来たようです。

 本ブログに掲載の写真は「かつおカップ」ホームページから関係分を抜粋して掲載させて頂きました。

 それでは会場へご案内・・・



H2912ハンドかつおカップ (1)

 試合会場となる高知市くろしおアリーナです。



H2912ハンドかつおカップ (3)

 試合前のアップですが、快調にシュート練習を行いました。相手がいなければこんなもんですが、相手がいる試合ではどうなることでしょう。



H2912ハンドかつおカップ (4)

 開会式が近づいて全選手団がアリーナ内に集合し入場行進を待っています。



H2912ハンドかつおカップ (5)

 大会旗を先頭に入場行進が始まりました。愛知県から出場した尾北チームと桜ジュニアクラブも胸を張って行進しました。



H2912ハンドかつおカップ (6)

 出場選手代表により選手宣誓が行われ、試合の緊張が高まって来ました。



H2912ハンドかつおカップ (9)

 予選リーグが始まりました。橋本監督から「みんな楽しんでプレーをしよう」と指示が出ましたが、相手が強そうです、果して楽しめたのでしょうか。



H2912ハンドかつおカップ (8)

 リーグ戦1戦目の新居浜には8-5で勝利し余勢をかって薪小チームへ挑みましたが、総合力に勝る薪小チームに6-9で敗れてしまいました。



H2912かつおカップa (1)

 続くリーグ戦も強豪の薪小・安芸高田に敗れてしまいました。<(`^´)>



H2912かつおカップa (2)

 翌12月3日(日)は“かつおカップ”トーナメント戦です。昨日の敗戦が影響した訳ではありませんが、5-9で1回戦に敗れてしまいました。

 それでも初の遠征試合で1つの勝星を手にし、四国・中国・近畿のチームと交流でき、貴重な経験をすることが出来ました。



H2912ハンドかつおカップ (10)

 橋本監督始め選手の皆さんお疲れ様でした。今回の経験を基に練習を重ね成長して下さい。

年末交通安全テント基地

 12月6日(水)午前10時から、南区安心・安全で快適なまちづくり協議会は、年末の交通安全市民運動の一環として「交通安全テント基地」を設営して運動の告知と交通安全意識の高揚を図り、交通事故の防止を目指しました。

 南区役所東の広場に交通安全テントを設営し、南警察署始め区役所・関係団体・学区委員長・母親交通教室・交通指導員さん等が集まり、通行人や通行車に交通安全啓発を行いました。

 それでは啓発現場へご案内・・・



H2912テント基地 (1)

 浅井南区長は本日の参加者へ、この1年地域の皆さん方の活動・ご協力により交通事故防止に努めてきましたが、今後とも宜しくご協力をお願いしますと挨拶されました。



H2912テント基地 (2)

 松永南警察署長は参加者の交通安全活動に感謝され、本年も除夜の鐘が鳴るまで交通安全取締りを行いますと挨拶されました。



H2912テント基地 (3)

 木村交通課長は本日の交通安全活動の要領・進め方について参加者へ説明され、啓発活動がスタートしました。



H2912テント基地 (4)

 区役所南の環状線歩道の黄色に色づいた銀杏の下、参加者が並び、通行人に交通安全啓発チラシなどを配り、通行車両に「シートベルト」「危ない!携帯電話」等の啓発ボードを掲げ通行車両に注意を呼びかけました。



H2912テント基地 (5)

 環状線反対の南側にも交通指導員さんや母親交通教室の皆さんが啓発ボードを掲げ交通安全の啓発を行いました。



H2912テント基地 (6)

 区役所の東側にも本日の参加者が並び啓発ボードを掲げ通行車へ交通安全啓発を行いました。



H2912テント基地 (7)

 ご覧の様に環状線南側にも交通指導員さんや区政協力委員長さんが並びボードを掲げ交通安全啓発を行いました。



H2912テント基地 (8)

 南区イメージキャラクターのミオーも参加しています。警察官の帽子を被り、交通安全啓発タスキ、交通安全大使、Mioo名札を掛け物々しいいでたちでボードを掲げています。

 皆さんご苦労様でした。後1カ月足らずですがこの季節飲酒運転などが増える季節です。くれぐれも飲んだら乗るな!通年で交通事故死0を目指し除夜の鐘が鳴っても永遠を目標に交通安全活動をお願いします。

南区コミュニティ交流会

 12月7日(木)午後2時より南区役所講堂において、南区役所の主催により講師に名古屋市市民経済局地域振興部地域振興課のコミュニティサポーターを招き、「町内活動の担い手」について各学区の代表者を集め交流会が開催されました。

 「町内活動の担い手」は各学区が抱える基本的な問題で、解決の道を探ろうと学区の委員長さんや公民会長さん等が集まりグループワークを行いました。

 それでは会場へご案内・・・



H2912コミュニティ交流会 (1)

 南区役所地域力推進室高野室長の挨拶です。今日は地域の困りごとについて意見交換や提案をお願いします。



H2912コミュニティ交流会 (2)

 名古屋市市民経済局地域振興部地域振興課のコミュニティサポーターの西村さん(写真右端)が本日の交流会の流れや、社会の現状を説明し交流会がスタートしました。

 まず事前に行った町内活動の担い手アンケート1)区政協力委員をどの様に決めていますか、2)各種団体長をどの様に決めていますか、3)三役をどの様に決めていますかについての結果をまとめた資料を頂き、課題解決の基礎として各地域の実情について意見交換を行いました。



H2912コミュニティ交流会 (4)

 参加者はコミュニティサポータの指示により、グループワークを行う為に進行役を決め、出席者が自己紹介を行いタイムキーパーや筆記役を務めることになりました。自己紹介は一人30秒で行うことになりました。



H2912コミュニティ交流会 (3)

 グループワークは模造紙を区切り、1)これまで取り組んできたこと、2)取組から分かったことについて各人が思ったことを付箋紙に描き込みました。記入した付箋紙は提案対象や部門により分類して貼り付けました。



H2912コミュニティ交流会 (5)

 概ね意見が出尽くした頃、次の一手は?・・・改善の方法等を導くため、書き出した類似の意見を纏めたり、分類・整理を行い発表準備のグループ協議を行いました。



H2912コミュニティ交流会 (6)

 意見発表の時間が迫りましたが、地域間の歴史や活動方法・状況が異なり、発表の為のとりまとめに苦労しているようです。



H2912コミュニティ交流会 (7)

 発表が始まりましたが、地域内問題の多様化や複雑化により本日の短い時間では整理しきれない場合が目立ち、なかなか次の一手が打てないようです。<(`^´)>

 本日の交流会は他地域の担当者と一緒に問題解決を考えることにより、自地域内では知ることのできない活動法や仕組みを知ることが出来、非常に参考になりました。

 本日得られた知識を基に他学区との交流を進め、自地域に還元して出来る事項から改善を図っていきたいと考えました。

桜学区連絡協議会・区政協力委員会議題 12月号

 日時 平成29年12月9日(土)午後7時
 場所 桜コミセン 2階会議室
 出席 藤沢学区顧問、区政協力委員、各種団体長

【再通知】
A.子供会駅伝大会について
  日時:12月10日(日)午前9時30分  雨天は17日に順延。
  場所:天白川平子橋下河川敷。
  参加者:公民会長・各団体長(寒くなりますので暖かい服装でお願いします)。

B.生活安全・放火防止・キャンペーンについて
  日時:12月10日(日)午前9時30分  雨天は17日に順延。
  場所・要領:子供駅伝会場において、生活安全・放火防止・キャンペーン。
  参加者:公民会長・各団体長、消防団、防犯委員会今枝会長。

C.平成30年度成人の日式典について
  日時:平成30年1月8日(月・祝)9時30分(式典は10時30分)。
  場所:桜小学校体育館。 
  式典:服装は背広ネクタイ着用、女性もスーツor和装でお願いします。
  
  会場準備:前日の7日(日)午後1時30分 桜小学校体育館へ集合。
  参加者:公民会長、各団体長。

【議題】
1.地区防災カルテの作成について
  地域の防災活動を解りやすくまとめ、地域の社会的条件・危険箇所や防災
  資源を見える化して、防災に役立てる仕組み作りを地域住民が行います。
  カルテ作成委員会を作りましたので、今後は委員会で方針を検討しますので、
  公民会長にはアンケート等の協力をお願いします。
  12月11日(月)にコアメンバーで行政・支援者と打合せ、今後の予定・
  課題等を協議します。
  公民会長さんには2月に町内のアンケートの取りまとめをお願いします。

2.町美化運動について
  市の町美化運動に協力して学区内道路の清掃活動を行う。
  日時:12月17日(日)午前8時より 雨天は中止します。
  場所:鯛取通歩道の各町所定場所。
  参加:公民会長、団体長。

3.成道寺の象さん除幕式につて
  合格祈願象の除幕式・餅投げを行います。 
  日時:12月17日(日)午後2時より。
  場所:成道寺境内。

4.防災活動の市長表彰の受賞について
  桜学区が実施した防災活動について表彰を受けることになりました。
  日時:12月22日(金)午前10時。
  場所:名古屋市役所 正庁5階。
  出席:学区会長、消防団長。

5.平成29年度南警察署年末夜警激励巡視について
  日時:12月26日(火)防犯パトロール後、午後7時50分コミセン集合。
    (午後8時10分生活安全課長、防犯協会副会長巡視)。
  場所:コミセン駐車場。
  参加者:公民会長、各団体長。

6.平成29年度南区消防団年末特別消防警戒の実施について
  日時:12月27日(水)午後9時10分。
        28日(木)午後8時00分。
        29日(金)午後9時10分。
        30日(土)午後8時00分。
  場所:消防団詰所。
  参加者:消防団員、公民会長、各団体長。

7.平成30年愛知県交通安全県民大会について
  日時:1月12日(金)午後1時30分。
  場所:愛知県芸術劇場大ホール。
  参加者:学区会長。被表彰者。

8.桜学区新年会について
  日時:1月12日(金)午後6時より。
  場所:まるはち ℡823-0881。
  会費:5,000円。
  定例会を兼ねて新春懇親会を開催します。

9.平成30年度名古屋市交通安全・生活安全市民大会について
  日時:2月7日(水)午後1時30分。
  場所:日本特殊陶業市民会館。
  参加者:5名(学区会長と鶴田2南、桜台東、桜台西、桜本町1公民会長)。
   
10.12月に学区が開催する福祉事業について
  12月17日(日)午後1時~3時 コミセン おたっしゃかねサロン。
     19日(火)午前9時30分~11時30分 社務所 さくらカフェ。
     21日(木)午前10時~11時30分 コミセン チェリークラブ。

【諸団体より】 
・消防団  12月17日(日)詰所で新規購入した広報車のお披露目を行います。
      12月26日からの年末激励への参加をお願いします。
・防犯委員会  12月10日(日)子供会駅伝大会会場で生活安全キャンペーン。
・体育委員会  運動会が54回の歴史の中で初めて中止となりました。委員会を
        開催し来年の種目の検討した結果、体育館は2階にあり狭く危険
        な為、行わないこととし屋外で16種目を行うことにしました。
・子供会  明日12月10日駅伝大会を開催します。今年は子供160名、桜小
      学校の先生6名が出場しますので応援を宜しくお願いします。
・保健環境委員会  新年度の新任・再任の名簿を1月定例会議に提出して下さい。

【配布資料】 
・成道寺の象さん除幕式
・第3次保健環境委員候補者推薦調書
・地域安全対策ニュース(2部)
・ここバリ作品展2017
・愛知県警察視閲式の開催
・東海道謎解きウォーク
・桜交番だより
・冬の青年を守る運動

次回当番      中江一 ・ 中江二 ・ 中江二東 ・ 鶴田一北
次回定例会日時   1月 12日(金) 午後6時 まるはち (新年会) 

子供会駅伝大会準備

 12月9日(土)明日は子供会駅伝大会です。午後1時から各町子供会役員さんと協力委員の皆さんは、駅伝名物“トン汁”の下拵えの為コミセンへ集合しました。

 明日の駅伝大会は、チーム全員走り終えると、子供達が走って食べに来る駅伝名物の“とん汁”で、これが隠れた駅伝人気なんです。

 子供達を駅伝の苦しさから美味しさで笑顔にする為、子供会の役員さん達は人知れずコミセンに集まり真心こめて“豚汁”を作りました。

 それでは現場へご案内・・・



H2912豚汁作り (1)

 子供会役員のお母さん方は、マイ包丁を持って総出で豚汁の下拵えを行いました。コミセン台所を借り切って里芋・コンニャク・大根・人参などの野菜をどんどん切っています。400人分を作りますので具材の量も半端ではありません。



H2912豚汁作り (2)

 1階の倉庫ではガスコンロの準備が進んでいます。大型の寸胴4台と大きな鍋など沢山の器具が用意されています。



H2912豚汁作り (3)

 豚汁の主役の豚肉は学区内で営業する肉の「まるはち」さんから今年も10kgの豚肉を寄付して頂きました。

 「まるはち」さんはこの他にも”災害時協力企業”や”緑のまちづくり会”の活動などで桜学区へ地域貢献をして頂いています。


H2912豚汁作り (4)

 寸胴に水を入れ加熱していき、出汁を取ります。この出汁もこだわりがあります、味の決め手はただの鰹節ではなく学区にある鰹節屋さんで色々な材料をブレンドして頂き、学区秘伝の出汁を取りました。



H2912豚汁作り (6)

 2階の台所では具材の用意が出来たようです。今年の目玉はあの“九条ネギ”、専門店へ出向き入荷したての新鮮なネギを買って具材としました。



H2912豚汁作り (5)

 寸胴に野菜を入れ煮立てて行きます。あくを慎重に取り、これまた自家製の味噌を加え味付けしました。



H2912豚汁作り (7)

 このまま煮立てて味を調整しています。味噌を少しづつ加え微妙な味加減をして下拵えは完成しました。
 明日は駅伝会場へ運び、現地で豆腐やねぎを加えれば美味しい豚汁が完成します。

 今日お手伝い頂いたお母さん方には、お礼として研削会社の「桜台工業」さんがプロの技で、持ってきた庖丁を研いでくれましたので、新品以上の切れ味となったようです。(^_^)v

 お昼からの連続作業で疲れましたが、子供達の笑顔を思い浮かべ今晩は休養を取り明日に備えます。
 今年は雨にたたられました。明日は良い天気に恵まれます様に・・・zzz


子供会駅伝大会

 12月10日(日)午前9時30分から子供会は、天白川河川敷において駅伝大会を開催しました。今年の学区屋外行事は雨にたたられていましたが、今日は素晴らしい青空に恵まれ風も弱く、寒さも和らいで絶好の駅伝日和となりました。

 今年は桜小学校の先生もチームを作り参戦しました。各町内チームも合併チームを含め19チーム、計20チームが戦う大会となりました。果して先生チームは勝つことが出来たのでしょうか。

 それでは会場へご案内・・・



H2912駅伝大会 (1)

 子供会山田会長(写真左)は、各町内の役員さんや応援の方々に協力して頂き大会が開催できました、大いに競技(・・・と豚汁)を楽しんで下さいと挨拶されました。

 桜学区連絡協議会森川会長は、駅伝は皆が力を合わせてタスキを繋ぐ競技、協力し合って上位を目指して下さいと挨拶されました。



H2912駅伝大会 (11)

 桜小学校羽根田校長先生(写真左)は、私は走りませんが先生方でチームを作り参戦します。皆さんも怪我に注意して走って下さいと挨拶しました。

 学区顧問の藤沢先生が駅伝はチームワークです。皆が一生懸命力を合わせ完走を目指して下さいと挨拶されました。



H2912駅伝大会 (15)

 学区防犯委員会今枝会長は、生活安全ノボリを掲げる公民会長さん達と、応援者の保護者へ侵入盗や特殊詐欺防止についてキャンペーンを行いました。



H2912駅伝大会 (12)

 学区体育委員会鈴木会長は、駅伝大会についての注意事項を説明し参加選手にエールを送りました。



H2912駅伝大会 (13)

 ランニング中の怪我を予防するため為、全員(観客も)でラジオ体操を行い体をほぐしました。



H2912駅伝大会 (2)

 全員がスタートラインに着き、スタート係の合図で大きな子から小さな子まで一斉にスタートしました。



H2912駅伝大会 (3)

 スタートした選手は平子橋を過ぎた地点で左へ曲るコースに沿って堤防へ上がり東へ走ります。



H2912駅伝大会 (4)

 堤防上をしばらく走ると折り返し地点が近づいて来ました。ここを折り返し河川敷へ下り中継地点を目指します。



H2912駅伝大会 (14)

 河川敷へ下り左手に川を望むコースを走り一路中継地点を目指します。今、中盤を過ぎて一番苦しいところです頑張って下さい。



H2912駅伝大会 (5)

 大勢の応援団が声援を送る中を走り中継地点へ到着しました。最後の力を振り絞って次のランナーへタスキを渡しました。



H2912駅伝大会 (6)

 応援団の歓声を受けトップを走る東浦通のアンカーがゴールへ飛び込んできました。\(^o^)/



H2912駅伝大会 (7)

 今年も途中棄権するチームは無く、全員が走り終えたチームから名物“豚汁”を貰いに本部テントへ長い行列が出来ました。



H2912駅伝大会 (8)

 暖かい日差しも手伝って堤防上の観覧席は豚汁を頬張る子供達で一杯です。本当はもう少し寒い方が豚汁は美味しく感じられるそうですが、暖かくても美味しいものは美味しいようです。♪



 H2912駅伝大会 (9)

 豚汁タイムが終り表彰式と閉会式が行われました。優勝は東浦通チーム、準優勝が鶴田2北チーム、3位の中江2東チームが山田会長から表彰状と記念品を受けました。



H2912駅伝大会 (10)

 優勝した東浦通チームの子供会会長と公民会長が選手と一緒に記念写真に収まりました。おめでとうございます。(^_^)v
 ※先生方の着順については立場(名誉?)等を忖度して非公開とさせて頂きます。<(_ _)>

 駅伝大会は怪我人や不調を訴える子供も無く無事終了しました。前日から豚汁作りに奔走した子供会役員さんや元子供会長さん、大会当日スタート係や中継係を行った桜ソフトボールの皆さんお疲れ様でした。

第1回 防災カルテつくり会議

 12月11日(月)午前10時から桜コミセンにおいて、名古屋市防災危機管理局、市民経済局地域振興課地域コミュニティ活性化支援員、南区役所防災部署、名古屋大学減災連携研究センターと桜学区地区防災カルテ作成委員会が集まり、第1回 防災カルテづくり打合せを行いました。

 防災カルテ作りは、桜学区が減災まちづくりを考えるきっかけとするため、行政の支援を受け作成しますが地域で完成させ、次の行動に繋がる提案が出来ることを目指します。

 それでは会場へご案内・・・

 最初に桜学区森川会長がカルテ作成に際し活動する石川学区副会長・宮尾学区副会長、避難訓練を実施した寺崎町藤井公民会長、桜消防団太田団長、寺田学区副会長、鳥栖1東若杉公民会長・鳥栖1東自主防災会古市会長を委員会のコアメンバーとして紹介しました。



H2912防災カルテ(1)

 南区役所防災担当中野主査が、桜学区の地区防災カルテ事業を始める主旨説明を行いました。
 まずビデオを用いて桜学区が平成25年度から行ってきた防災・福祉活動を振り返り説明しました。

 名古屋大学減災連携研究センター石原研究員は、これから学区が進める地区防災カルテの内容や活用などについて説明されました。



H2912防災カルテ (2)

 防災カルテについて説明を受けた後に、机の配置を変えアンケート対象を検討するため参加者によりグループワークを行い、参加者が現在の立場で気付いているか懸念している事項を付箋紙に記入しました。



H2912防災カルテ (5)

 書き終わった人毎に付箋紙をホワイトボードに貼付けていき全提案が見える様にしました。



H2912防災カルテ (4)

 ホワイトボードに貼付けた付箋紙はジャンル別(家屋・家具固定・地域のつながり・高齢者・地域特性・連絡方法・災害対策・住民意識等)に分類・整理して貼り直し、見易く整えたうえで協議を行いました。



H2912防災カルテ (6)

 協議の結果アンケート対象について下記の様に意見が出ましたが、実施する為の具体的な要領について更に検討することになりました。
 1)アンケート対象は、世帯単位とするか個人単位とするか。
 2)アンケート対象は、事業者、幼稚園・保育園も含めるか。
 3)アンケート対象は公民会のみでなくPTA・他団体など立場の異なる団体・
   人も含めるか。
 4)アンケート対象は公民会未加入世帯を含めるか。
 5)アンケート様式は記述様式かマークシート様式にするか。

 アンケート結果は今後の活動方針決定に重要なため対象・範囲・進め方等について慎重に検討する必要があり、本日のグループワーク結果を纏め次回会議で詰めを行うこととしました。


「要援護者の防災を考える会」研修会

 12月13日(水)午前10時から南区自立支援連絡協議会が主催して、南区役所講堂において「要援護者の防災を考える会」研修会が開催されました。

 南区自立支援連絡協議会では、知的、身体、精神の障がいのある人たちがその人らしく、地域の中でゆたかに暮らしていくことができるよう障がい福祉に関わる機関及び障害者団体等がお互いに協力し合い、障がい児・者の福祉向上を目指し、福祉の輪が拡がることを目指して運営されています。      ホームページより抜粋

 研修会は災害対応を自らの問題として考え、それぞれの災害対応の場面で臨機応変に考え対応すること、その為に災害が起こる前から考えておくことの重要性に気付くことを目的として開催されました。

 それでは研修会場へご案内・・・



H2912要援護者防災研修 (2)

 南区手をつなぐ育成会濱田会長は、地域の皆さんに障害者について理解を深め、知って頂く事が大切ですと挨拶されました。



H2912要援護者防災研修 (3)

 研修会を支援する南区役所総務課防災担当の中野主査がこれから行うクロスロードゲームについて説明しました。

 災害対応カードゲーム教材「クロスロード」は、災害時の臨機応変な対応を学習するため、グループワークによりその対応についてYES・NOカードを用いて個人の意思を示すゲームです。



H2912要援護者防災研修 (4)

 質問に対しグループの代表一人が回答の見解について発表する方式ですが、質問の状況をどこまで想定するかにより、必ずしもグループ統一見解とはなりません。

 考えを巡らせると状況によりYES・NOが逆転する場合も考えられ、また現在の立場の違いによって判断が分れるケースや、YES・NO両方の判断となるケースなど色々な発表がありました。



H2912要援護者防災研修 (6)

 このグループの発表者は区役所新人のY君、「あなたは、施設の職員です」1人で残業していた夜8時、地震が発生しました・・・家には小学生5年と1年生の子供だけ留守番・・・このまま施設に残りますか?帰りますか?の問いに・・・<(`^´)>



H2912要援護者防災研修 (7)

 南消防署総務課櫻井主査は災害対策は反対意見ばかりでなく、実施するための前向きな姿勢が大切ですと挨拶されました。



H2912要援護者防災研修 (8)

 南区役所総務課山口課長は、本日のクロスロードゲームは設問に対して判断するゲームですが、正確な判断には多くの情報・状況を考えることが必要ですと講評されました。



H2912要援護者防災研修 (9)

 自立支援センターゆめの木タウン防災担当の鈴木さんから本施設で実施している個別避難フェイスシートと12月に行った防災訓練について発表がありました。

 東日本大震災の教訓により支援に入って頂く方が要援護者の対応や声掛けをし易くする為、個人の人柄や障がいを解りやすくまとめたシートを作成したこと。
 また消防団の支援を受け初期消火と避難訓練を行った様子を発表されました。



H2912要援護者防災研修 (10)

 もう1つの発表は「リサイクルみなみ作業所」萩原所長からBCP(事業継続計画)と災害対策についてです。

 当事業所は伊勢湾台風での被害を教訓に、業務継続の為避難先を小学校より海抜の高い事業所におくこと、その為の非常食の備蓄を行っていることを発表されました。

 最後に質問の時間となり星崎消防団早川団長が、施設のウィークポイントを捜し改善する等、行政や地域の支援を早く得る為、受援力の向上を図って下さいと述べられました。

 今後は福祉施設が要援護者支援を受ける為に、日頃から行政や地域と連携しつつ災害対応マニュアルの整備や避難訓練等を行い”受援力”を高め、早く支援を受けることが出来る体制の構築が望まれます。

おはなし会/名古屋ストーリーテリングの会「まほうのおなべ」

 12月14日(水)午後2時30分より桜小学校トワイライトスクールにおいて、名古屋ストーリーテリングの会「まほうのおなべ」のメンバーにより「おはなし会」が開催されました。

 「ストーリーテリング」は、語り手が絵本や紙芝居を使わずに各国の昔話を素語し子供の想像力を伸ばす活動で、今日は5名のメンバーが来てくれました。

 桜小トワイライトスクールにとって初めてのおはなし会です。40人近くの子供がお話に耳を傾けました。果して子供達は村上先生の言うとおりにお話が聞けたのでしょうか。

 それでは会場へご案内・・・



H2912おはなし会 (1)

 専門員の村上先生から本日の講師をお願いする、名古屋ストーリーテリングの会「まほうのおなべ」のメンバーを紹介しました。

 先生からは、1)お話を聞きながら心の中で想像しよう、2)出来るだけ体を動かさないで聞こう、3)お話の途中で帰ることはできませんの3つの注意を子供達に伝えました。



H2912おはなし会 (2)

 おはなし会が始まりました。最初のお話はウクライナの昔話「てぶくろ」です。

 雪が降りしきる薄暗い森で、おじいさんが手袋を片方落としてしまいます。ネズミは雪の上に落ちていた手袋を見つけて、その中で暮らすことに。その後もカエルやウサギ、キツネなど、次々と動物がやってきて、今にもはじけそう! ・・・

 そのときお爺さんが戻ってきて、犬の声を聞いて慌てて逃げていく動物達の様子であっさりと終ります。



H2912おはなし会 (3)

 次のお話はイランの昔話「マメ子とまもの」、落穂ひろいに出た子供達がいつの間にか日はとっぷり暮れて、恐ろしい魔物に捕まってしまいました。

 マメ子は機転を効かし子供達を逃がし魔物のすきを見てやっつけてしまいました。



H2912おはなし会 (4)

 最後のお話はアメリカのお話し「エパミナンダス」、エパミナンダスという男の子は毎日のようにおばさんの家に行きました。

 エパミナンダスはおかあさんの言うとおりにしているのですが、その対象がちゃんと把握できていないので、頓珍漢な行動になってしまいました。



H2912おはなし会 (5)

 このお話しを聞いて子供達は場面を想像し、状況判断と自分で考える力を付けてもらいたいものです。

 子供達はお礼を言っておはなし会が終了しましたが、話し手の柔らかい口調に子供達は皆おとなしくお話に聞き入っていました。

 村上先生もホッとされたことと思います。今後は月1度の割合でお話を聞くことが出来ますが、2回目以降も今日の様に礼儀正しく聞いてくれることを願います。<(`^´)>
最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター