地域避難行動計画づくり 第2回/笠寺学区防災会議

 8月17日(水)午後7時から9時まで南区役所において、区役所・南消防署が協働支援して笠寺学区防災会議「地域の力を合せよう!地域避難行動計画づくり」の第2回講習会が開催されました。

 これは名古屋市が避難行動計画策定支援事業に応募した笠寺学区の地域避難行動計画づくりを支援するもので、地域の特性を熟知している地域の方々と行政が協働して、地域に合った避難マップや防災情報を作成する活動です。

 笠寺学区と共に今年度の避難行動計画策定支援事業に応募した桜学区も今後の活動の参考にする為、講習会に参加させて頂きましたので紹介します。

 それでは講習会場へご案内・・・



H2808笠寺避難行動2 (1)

 開始時間となり笠寺学区石川委員長が、自分達の知る地域の特性と防災情報を生かした笠寺オリジナル避難マップを作りましょうと、開会の挨拶を行いました。



H2808笠寺避難行動2 (2)

 区役所防災担当中野主査が、前回のおさらいということで、笠寺学区の被害想定について解り易く説明しました。



H2808笠寺避難行動2 (3)

 笠寺学区は南区で住民数No.1を誇ります(高齢者数もNo.1!か)。グループ検討は笠寺学区24町内を、地域特性の似ている町内をまとめ6グループに分け検討を行いました。

 前回と先程の説明を聞いて各グループは、避難マップに記入するべき危険個所や防災資源を抽出しますが、ファシリテーターとして区役所や消防署職員が付き、的確な検討となる様サポートしました。



H2808笠寺避難行動2 (4)

 笠寺学区の避難行動について、地震発生直後の自分自身や家族の安否確認・火災防止から、揺れが収まった後の隣近所の安否確認等について検討しました。

 また居住する町内の近くに一時集合場所を決め、そこで行う確認事項・要領についてもグループ検討を行いました。



H2808笠寺避難行動2 (5)

 グループ検討の結果発表です。発表は全6グループが順に行い、グループ内で行った検討結果をまとめ発表しました。



H2808笠寺避難行動2 (6)

 発表内容は自身の安全確保から町内の一時集合場所・避難経路の検討・選定や被災者救助・応援、自宅避難の可否等そこで行う安否確認事項について考えを発表しました。



H2808笠寺避難行動2 (7)

 ここで中野主査が笠寺学区避難マップに”魂を入れよう”とばかりマップのスローガンを募集し、各グループから5つのスローガンが提案されました。



H2808笠寺避難行動2 (8)

 採用するスローガンは参加者の挙手により、「隣近所 日頃からふれあい 大切に」に決定し、避難マップに”魂が入った”ようです。



H2808笠寺避難行動2 (9)

 最後に笠寺学区石川委員長が締めの挨拶を行い今回の講習会が終了しました。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター