認知症予防カフェ「桜おたっしゃかねサロン」6月号

 6月18日(日)久し振りの曇り空。学区の高齢者支援ボランティア桜おたっしゃかねクラブは、桜コミセンにおいて認知症予防カフェ「桜おたっしゃかねサロン」を開催しました。

 今日のサロンのプログラムはビデオ鑑賞「鳥栖八剱社・神明社と氏子の活動」と、LPD@NAGOYAの加藤さん・松浦さんによる指を使った健康体操です。

 LPD@NAGOYAは認知症予防リーダー、加藤さんと松永さんは昨年からこの事業に参加して、コグニサイズを通して高齢者サロンを支援しています。

 それではサロン会場へご案内・・・



H2906おたっしゃかね (1)

 午後1時頃から来館者がやって来ました。受付には沢山の綺麗な折紙雨傘が置かれて来館者へプレゼントされました。

 また今日は靴箱から会場の和室入口まで絨毯を敷き、素足のまま和室へ行けるようにしたため、折角新調したスリッパは出番がありませんでした。(+_+)



H2906おたっしゃかね (2)

 この折紙は本日のお客さんが作って下さり、来館者へプレゼントして下さいと頂いたものです。カラフルな折紙ボールと、繊細で綺麗な折紙細工の傘となっています。傘は来館者に1本づつプレゼントしました。 (*^^)v



H2906おたっしゃかね (3)

 本日のイベント第1弾、手作りビデオ「鳥栖八剱社・神明社と氏子の活動」を上映し、地域の歴史と文化を紹介しました。

 鳥栖八剱社の平成大修理となる境内神木の撤去と石垣修復工事、鳥栖神明社のお正月門松づくりと秋の大祭準備など、皆さん普段見ることが出来ない氏子総代会の活動に感心していました。



H2906おたっしゃかね (5)

 ビデオ鑑賞の次は、笠寺福祉会館LPD@NAGOYAの加藤さん・松浦さんにより、コグニサイズ「指体操」を指導して頂きました。

 利き手ジャンケンで私に負けて下さい、ジャンケンポン!反対の手は私に勝って下さい、ジャンケンポンとだんだん複雑になり、脳みそが疲れてきそうです。



H2906おたっしゃかね (6)

 左手でチョキ、右手でグーを出し上に重ねて下さい。「♪幸せなら手を叩こ・・・」、「♪ デンデンムシ虫カタツムリ・・・」、大きな声で歌いながら手の位置を変えて下さい。・・・最後は隣の人とデンデンムシで手を繋いでください。

 コグニサイズの目的は、運動で体の健康を促すと同時に、脳の活動を活発にする機会を増やし、認知症の発症を遅延させることです。上手くこなすより一生懸命にやることです。

 講師の二人も時々出来ない事があり(笑)、「皆で一緒にコグニサイズをすることで、間違えて笑って、試行錯誤しながら楽しんで下さいと」、本音かもしれないとっておきの説明がありました。



H2906おたっしゃかね (7)

 最後は大きな声で笑って下さい。「ワッハッハ!(^O^)」、「オーッホッホ\(^o^)/」皆さん講師の声に乗せられ本当に大きな声で大笑いし、気分がすっきりしたようです。

 加藤さん・松浦さん楽しい体操を有難うございました。


 来月の桜おたっしゃかねサロンの開催日

 日時 7月16日(日)午後1時~3時。
 場所 桜コミセン1階和室。
 内容 談笑と懐かしのカラオケを行います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター