桜小学校土曜学習プログラム打合せ(第1回)

日時 平成29年7月11日(火)午前10時~11時30分
場所 桜コミセン 2階会議室
出席 南区役所総務課防災担当中野主査、南消防署予防課桜学区担当 藤井消防司令補
   桜小土曜学習プログラム細川コーディネーター、桜消防団藤井(団長代理)、
   学区連絡協議会森川会長

 土曜学習プログラムは名古屋市教育委員会が主催する生涯学習事業で、今年度は桜小学校が委託を受け体育館を利用して、毎回専門の講師により体験学習を行っています。

 学習プログラムは今年度も全7回計画されており、このうち11月18日(土)に行う第4回体験学習を桜学区で担当することになり、学習内容の充実を図るため支援を頂ける行政機関の担当者と準備会議を行いました。

 体験学習会の目的は「桜学区の防災体験学習」と題して学区の実施している防災訓練を基本に、次代を担う小学生が災害からの生き残り方を体験することにより、地区防災計画の継承を図ることとしました。

 今回は第1回会議として関係者へ学習プログラム全体の概要について説明し、児童が楽しく学べる体験学習案を提案して頂き、可否について検討しました。



H2907第1回打合

1.学習プログラム当日の流れについて。
 1)ブリーフミーティング(当日の参加スタッフ)。
 2)参加児童の当日受付(この場でグループ割りを行う)。
 3)各種の防災体験学習。
 4)学習終了の挨拶。
 5)参加児童はアンケートを作成。
 6)学年別に帰宅。

2.体験学習各ブースの実施内容の提案と検討について。
 火災から逃げよう。(会場に来た児童から煙道体験をして受付する)
 1)地震体験・こんな揺れが起こったらどうする。(起震車で地震体験・
   防災クイズ)
 2)ケガをしてしまったときどうする?応急手当の方法を学ぼう!
  (応急手当の方法を学びます。)
 3)ケガをしている人を見つけたら・・・どうしたらいいか対応方法を学ぼう。
  (負傷者の搬送方法を学ぶ)
 4)僕たち私たちが手伝えることとは?(身体障害の体験)
 5)避難所にはどんなものがあるの?足りない場合はどうするの?
  (新聞紙でスリッパづくり、ごみ袋でカッパづくり、チラシで食器づくりなど)
 検討の結果、上記5案について具体案の作成を進めることになりました。

3.プログラム内容は参加児童の自主性に重点を置き、以下の要領で行う。
 1)学習は1年生~6年生の6~8名程度を1グループとして行う。
 2)グループ内でリーダーを決め、リーダーの指揮で自主的に行動する。
  (行動要領は講師・支援者がアシストする)
 3)各ブースを15~20分位でローテーションして、全ブースを体験させる。

4.今後の進め方
 1)本日提案のあった各プログラムの内容を検討し具体的にまとめ、問題点の
  提起と改善を図る。
 2)障害者など福祉分野で南区社会福祉協議会や北部いきいき支援センター等
  に働きかける。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター