「要援護者の防災を考える会」研修会

 7月13日(木)昨日夜の豪雨と激しい雷により寝不足気味となりました。酷暑となった今日午前10時から、名古屋市南区障害者自立支援連絡協議会が主催して、南区役所講堂において「要援護者の防災を考える会」研修会が開催されました。

 南区自立支援連絡協議会は、知的、身体、精神の障がいのある人達がその人らしく、地域の中でゆたかに暮らしていくことができるよう障がい福祉に関わる機関及び障害者団体等がお互いに協力し合い、障がい児者福祉の向上を目指し、福祉の輪が拡がることを目指して運営されています。 南区障害者自立支援連絡協議会ホームページより抜粋

 今日は地域住民、福祉関係事業所、福祉関係者、高齢者福祉関係者が一堂に会して、南区役所総務課防災担当が支援し開催しました。

 研修会はクロスロードゲームを通じてそれぞれの災害対応の場面で臨機応変に考え対応すること、災害が起こる前から考えておくことの重要性に気付くことを学習しました。

それでは研修会場へご案内・・・



H2907クロスロードゲーム (1)

 南区手をつなぐ育成会濱田会長は、今回は多くの学区委員長さんにも参加頂き、より広く地域の皆さんが障害者について理解を深め、知って頂く事が出来ますと挨拶されました。



H2907クロスロードゲーム (2)

 研修会を支援する南区役所総務課防災担当の中野主査がこれから行うクロスロードゲームについて説明しました。
 ゲームは地域の人、福祉関係事業所、福祉関係者、高齢者福祉関係者等立場の異なる人が6名位のグループを組み実施しました。



無題

 クロスロードゲームは質問に対し、YESかNOのカードで意思表示して、グループ内で選択した理由を一人ずつ発表する方式ですが、質問は非常にシビアな所を突いており、皆さん非常に悩みながら回答を迫られました。出題者の性格・・・いや、思惑が十分発揮された素晴らしい設問となったようです。<(`^´)>



H2907クロスロードゲーム (3)

 皆さん頭を悩ませながら決断を迫られています。立場等により男性・女性で綺麗に回答が分れるケースや、全員同じ判断となるケースなど色々な回答がありましたが、後で回答理由を聞いて皆さん偶然ではなく考え抜いた結果と納得しました。



H2907クロスロードゲーム (5)

 このゲームに正解は無く、各人の考えにより回答が異なります。質問にある立場や災害状況の変化の想定により回答が異なって来ます。それぞれの人の場面に応じた考えや対処法の違いが判り、実際の災害時判断に参考となります。



H2907クロスロードゲーム (6)

 決定理由をより広く聞くために各グループの代表が回答とその理由の発表を行いましたが、多様な考え方を聞くことが出来、勉強になりました。

 また素晴らしい設問のため、ぎりぎりの決断を迫られアレの予防にもなりました。また遭遇した場面での判断力や決断力また客観的な見方等について非常に参考になり、学区避難所開設運営訓練の事前講習として、是非実施したいと考えました。 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター