南区防災セミナー

 7月23日(日)午前9時30分より南区役所2階講堂において、南区防災セミナーが開催されました。

 ”地震発生後の生活はどうなるの?”

 過去の災害から学ぶ避難生活の現状について、熊本地震を体験された熊本市中央区白川校区第9町内自治会副会長の森永健太郎氏が「熊本地震での避難の現状」と題して講演がありました。

 また東日本大震災被災地の東松島市へ派遣された南保健所藤本美保氏、熊本地震で現地へ派遣された南区役所民生子ども課石川巧氏からの報告がありました。

 それでは会場へご案内・・・



H2907南区防災セミナー (1)

 浅井南区長は南区が行っている防災体制や講習などの取組について説明され、本日のセミナーを各地域の防災活動に役立てて頂きたいと挨拶されました。



H2907南区防災セミナー (2)

 最初に東日本大震災被災地の東松島市へ派遣された南保健所藤本美保氏が、“東日本大震災の被災地支援に行って伝えたいこと”と題して現地での体験報告を行いました。



H2907南区防災セミナー (3)

 藤本氏は現地へ派遣され体験した諸活動から、我々が災害に備えて日頃から訓練等、行っておくべき事項について説明されました。



H2907南区防災セミナー (4)

 南区役所民生子ども課石川巧氏は、派遣先の”避難所の運営支援”について現地の活動報告をされました。



H2907南区防災セミナー (5)

 避難所運営体制について、地元高校生など若い世代が積極的に支援活動を行っていたこと、昼夜で避難者数が大きく変化する避難所の運営や避難者名簿が不備の為、避難者状況の把握が困難があったことなどが報告されました。



H2907南区防災セミナー (6)

 最後に「熊本地震での避難の現状」と題して熊本市中央区白川校区第9町内自治会副会長の森永健太郎氏による講演が行われました。

 森永氏の立場が我々自治会の立場に近かったため、実災害を体験し様々な問題を克服した講演内容に、非常に大きな関心を持ちました。



H2907南区防災セミナー (7)

 森永氏は日常から住民の防災意識の向上を図るため関心の高い行事に合わせ訓練を実施するなど、現在桜学区が進めている施策と相通じることもあり、我々が進めている方向に相違がないことが確認でき納得しました。



H2907防災セミナー

 本日の講演は避難所における自治会の役割の重要性について大いに参考となりました。特に被災後の自治体・学校・PTA・自治会が力を合わせ「作る・調達・守る」は、避難所における早期の運営ルール作り、支援物資の調達、避難者の生活安全・要援護者支援等について説明されましたが、どれも実体験の苦労が感じられ納得し心に響きました。

 避難所運営末期に必ず起こるであろう閉鎖時期の決定について、関連する数々の問題、行政支援を受ける為の仕組みが解らない人への対処について等、経験のない我々が一番知りたかった事項(関心が及ばなかったこと)について貴重な体験を聴くことが出来ました。 

 「解く」、特に避難所閉鎖時期に関する諸問題について、行政諸機関や避難者とよく話し合い周囲の状況を把握したうえで、民間団体である自治会として発言することが大切ですと非常に重い言葉を頂きました。



H2907南区防災セミナー (9)

 また地域への関心が低いといわれる比較的若い世代への対策として、SNSを活用したネットワーク作りなど、今迄に無い視点から取組をされている事例にも非常に関心を持ちました。



H2907南区防災セミナー (10)

 最後に講演3氏による質疑応答がありました。森永健太郎氏による講演は、日頃の防災活動のあり方から避難所開設~閉鎖までの活動が大いに参考となりました。中でもインパクトのあったのは、被災後復興の手始めとなる避難所を閉じる際の手続きについての講座です。

 正直現在の我々は避難所開設~初期運営に活動の視点が行っており、避難所閉鎖の手続き等終末期の問題点の克服など、地震発生後の生活の一旦について初めて体験談を聞くことが出来ました。

 本日のセミナーは地域の防災活動を主導する立場の我々にとって大変参考となりました。本日の内容を是非地域の防災計画に生かし、現在進めている防災活動をより高めて行きたいと考えます。 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター