南警察署災害図上訓練と防災講習会

 9月1日(金)今日は防災の日、午前8時30分より南警察署において、災害図上訓練が行われ訓練と、防災講習会に出席しましたので紹介します。

 防災の日は大正12年9月1日に発生した関東大震災にちなみ、国民が災害への備えを怠らない様にと9月1日に制定されました。

 それでは会場へご案内・・・

 南警察署講堂では災害図上訓練が行われました。訓練は南海トラフ巨大地震の発生により、署現地警備本部の設置・大津波警報伝達・建物道路被害状況の確認・行方不明者の安否確認・マスコミ対応・犯罪への対応等と多岐にわたっています。

 訓練は多岐にわたる行政や団体及び地域等からの連絡に対応するため、通信系の連携を重要な目標として行ったようです。

 また地震災害は季節や昼夜を問わず突発的に発生する為、時期によっては高いハードルとなりますが、訓練を続けることにより改善を目指します。



h2909DIG訓練 (5)

 星崎学区は防災活動において名古屋市で先進的な活動を続けています。早川さんが中心となり進めた、国立防災技術研究所主催の防災コンテストの第2回において「星崎学区防災マップ」、第3回では防災ラジオドラマ「平成の伊勢湾台風」で2年連続して最優秀賞を獲得しています。

 また名古屋市初となる「地区防災計画」への提案を行い、市防災会議において、市地域防災計画として認定を受ける等、その活動は高い評価を受けています。



h2909DIG訓練 (1)

 午前11時から星崎消防団早川団長が「星崎学区自主防災組織活動事例」について講演されましたので紹介します。



h2909DIG訓練 (3)

 今日はそのエキスについて解り易くお話しいただけます。・・・支援の要は地域コミュニティ、日頃から地域の交流を通じて顔の見える関係を作ることが大切です。



h2909DIG訓練 (2)

 計画策定には地域の企業との協力関係つくり、行政・有識者・NPO等関連する幅広い団体から支援を受け、地域住民が知っている力を活用して地域特性に則した計画とすることが重要です。



h2909DIG訓練 (4)

 「災害に強いまちづくり」には自助:自分と家族を守る、近助:組単位程度の近い世帯が助け合う、共助:市民や事業者が助け合う、公助:行政が支援すると段階的に協力が必要ですが、なかでも近助がいかに繋がるかがカギとなります。

 それぞれが得意分野で協力し合い、災害に立ち向かうことが被害を減らし復興への力となります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター