南区総合防災訓練/白水学区

 9月3日(日)午前8時30分より白水小学校において、南区総合防災訓練が開催され、桜学区から柿田消防団顧問、太田消防団長、森川学区連絡協議会長が参加しましたので紹介します。

 この訓練は災害対策基本法第48条始め、大規模地震対策特別措置法・名古屋市防災条例及び名古屋市地域防災条例に基ずき、防災意識の高揚及び各種防災対策の推進を図ることを目的に実施されました。

 訓練は9月3日に名古屋市域を含む東海地方の広い範囲で大きな揺れを観測する南海トラフ巨大地震が発生し、市内全域において家屋の倒壊や多数の死傷者が発生すると共に、大津波警報が発令されたとの想定で実施されました。

 それでは訓練会場へご案内・・・



H2909南区総合防災訓練 (1)

 訓練会場となった白水小学校です。写真右側の北校舎は津波避難ビルとなって津波避難階段が設けられており、津波襲来時はこの階段を登って校舎屋上に避難します。



H2909南区総合防災訓練 (2)

 バケツリレーによる初期消火訓練の模様です。大人から子供までバケツをリレーして消火用の水を運ぶ訓練をしています。



H2909南区総合防災訓練 (3)

 こちらは消火器を使った初期消火訓練です。始めて消火器に触れる方もみえ、上手く的に当たりませんでしたが、消防団員の指導によりこの通りしっかり命中する様になりました。(^_^)v



H2909南区総合防災訓練 (4)

 この凄い煙は煙道体験現場です。地震に火事は付きもの、煙道を逃げてきた参加者は火災の恐怖を十分味わったことと思います。煙かったでしょうが万一の災害ではこの体験が生きてきますよ。



H2909南区総合防災訓練 (5)

 黄色いテントは南区社会福祉協議会、災害ボランティアセンターの設置訓練を行っていました。案内看板を設置するのに少し強くなった風に悪戯されていたようです。



H2909南区総合防災訓練 (9)

 グランドでは南土木事務所による道路敬開訓練が行われました。地震により倒壊し道路を塞いだブロック塀や、街路樹を手際よく除去しました。



H2909南区総合防災訓練 (10)

 救助救出搬送訓練の模様です。ジャッキを使用して倒壊した家屋や、転倒した家具の下敷きになった人を救出し担架で救護所へ搬送しました。



H2909南区総合防災訓練 (11)

 消防団による放水訓練です。各消防団に配備された可搬式ポンプを使用して、手際よく豪快に放水を行いました。



H2909南区総合防災訓練 (6)

 体育館外ではハイゼックスを使った炊出し訓練が行われました。大きな鍋でお湯を沸かしお米を炊いて避難者へ配布します。

 ハイゼックスは耐熱性のポリエチレン袋、無洗米と水を袋に入れ沸かしたお湯に入れお米を炊きます。お湯を汚さずおかず等を煮たりお湯の転用が可能で、水やお湯が貴重となる災害現場で威力を発揮します。



H2909南区総合防災訓練 (7)

 体育館入り口では避難者の受付訓練が実施されていました。場所が狭く大勢の避難者が殺到するとかなり混乱するかもしれません。<(`^´)>



H2909南区総合防災訓練 (12)

 体育館では木造住宅模型による耐震実演が行われていました。大工さんが筋違補強をしては、ナマズに変身して地震を起こして耐震性のクイズが行われていました。

 地震関係のクイズが出されましたが、最初の3問はどうしたことか全敗、どうなることかと心配していたら、その後の7問は全て正解!最後に底力を見せてくれました。!(^^)!



H2909南区総合防災訓練 (8)

 南保健所の保健師さんによる避難所における感染症の防止・食中毒への対策・エコノミー症候群の防止など、健康管理についての講話と、南区オリジナル介護予防「スマイル体操みなみ」を避難者全員で実施しました。

 この訓練を通して白水学区の人達の防災意識が向上し、自分の身を守ると共に的確な避難や避難所生活を送ることが出来るように願います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター