日本三景~天橋立・知恵の文殊堂・智恩寺の旅

 9月10日(日)桜学区顧問藤沢市会議員後援会の日帰り旅行会が開催され、地域の後援者と共に元伊勢籠(この)神社へ参拝し天橋立の股のぞきと、智恩寺へも参拝して天橋立を散策してきました。

 今年の初詣は大雪、いつぞやは台風と何かと雨にたたられた雨男藤沢先生の旅行会も、最近は晴男・晴女を自認する参加の皆さんのおかげで、まあまあの天気に恵まれています。

 今回は京都北部にある天橋立へのバス旅行。参加者は圧倒的に高齢女性優位となっていますが、身だしなみを整え、化粧(女性のみ)して皆さんとお話に花が咲けば、アレの予防にもなります。

 それでは旅行へご案内・・・



H2909藤沢旅行

 天橋立の絶景スポット傘松公園の案内板です。籠(この)神社からリフト乗り場、レストラン・土産物売り場、股のぞき台や瓦投げなど沢山のポイントが説明されています。



H2909藤沢旅行 (1)

 やって来ました元伊勢籠(この)神社の立派な本殿です。ご本殿は伊勢神宮と同じ「唯一神明造り」です。

 この本殿前に鎮座する狛犬二頭は鎌倉時代の名作として重要文化財に指定されているそうです。



H2909藤沢旅行 (2)

 籠(この)神社を参拝してしばらく歩き、ケーブルカーかリフトに乗り、股のぞきで有名な傘松公園を目指しました。



H2909藤沢旅行a (2)

 これが天橋立の股のぞき、こちらからの絶景スポットは「昇龍観」と呼ばれ、まるで龍が天へ昇るかのような眺めとなります。

 中日ドラゴンズも一度ここへ来て皆で眺めていたら、チームの成績も変わったかもしれません。



H2909藤沢旅行c

 傘松公園からバスで移動し、反対側の竜の頭にあたる”三人寄れば文殊の知恵”でおなじみ智恩寺へやって来ました。威圧感のある山門には大きな提灯が吊り下げられていました。



H2909藤沢旅行 (9)

 日本三文殊のひとつで通称切戸(又は九世戸)の文殊堂として知られている文殊菩薩の霊場です。

 智恵を授かる文殊さんとして有名で、もっと早く来るべきでした。



H2909藤沢旅行 (8)

 山門を入るとやや小ぶりな多宝塔が建てられています。この多宝塔は室町時代中期に立てられ、国の重要文化財に指定されていますが、その前や本堂の前に何故か狛犬が置かれています。

 ここは神社ではなくお寺、だんだん区別がつかなくなりました。<(`^´)>



H2909藤沢旅行 (6)

 最後は文殊と天橋立を結ぶ廻旋橋(かいせんきょう)を渡り、天橋立内を散策しました。この橋は大きな船を通すために、中心部を軸に回転する可動橋です。

 今日は天候に恵まれ、日本の歴史に触れ楽しい旅行となりました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター