鳥栖神明社・鳥栖八剱社秋の大祭/氏子総代会

 10月8日(日)爽やかな秋晴れとなりました。氏子総代会は鳥栖神明社・鳥栖八剱社秋の大祭を執り行いました。

 両神社において秋の大祭の式典が執り行われると共に、県の無形文化財「神影流 桜棒の手」が奉納され、各町は特徴を生かした町内祭りを開催しました。

 それでは祭り会場へご案内・・・



H2910秋の大祭 (1)

 この町内ではミニ山車が出て子供達が町内を引き回します。今、山車の最終組み立てが行われています。きっと子供達が掛け声高らかに町内を引き回すことでしょう。



H2910秋の大祭 (2)

 こちらは子供神輿が練り歩いています。その後ろにはお獅子も一緒に付いています。この町内は子供が主役の神輿と獅子舞が町内全てを回ることになっています。



H2910秋の大祭 (3)

 ある町内の祭り会場です。テントの中はまるで高齢者サロン・・・いや、バー。老(若)男女が集まりお酒を飲みながら談笑しています。祭りをダシに町内の人が集まり親睦を深めています。



H2910秋の大祭 (4)

 スーパーボールすくいは金魚すくいの要領で水に浮かべたスーパーボールをすくう遊びです。町内子供会のお母さん方が準備しました。達人がいて6個もすくった子供がいました。



H2910秋の大祭 (5)

 こちらは子供ゲームコーナーが設けられています。子供専用でボーリング・輪投げ・ボール入れ等、夜店でお馴染みのゲームが子供会のお母さん方の運営により子供達に人気を集めています。



H2910秋の大祭 (6)

 11時になり鳥栖神明社では棒の手が奉納されました。棒を始め薙刀や真剣を使って迫力ある演武を披露しました。メンバーは若い人が多く活気に満ちています。



H2910秋の大祭 (7)

 これは真剣を使ったド迫力の演武、額に巻いたワラを真剣の薙刀で断ち切りました。見ている方がハラハラします。



H2910秋の大祭 (8)

 棒の手の演武が終了し、観客に挨拶を行いました。この後に各町内の祭り会場へ移動し演武を披露しながら、鳥栖八剱社で再び棒の手を奉納しました。

 鳥栖神明社・鳥栖八剱社秋の大祭は、秋晴れの天気に恵まれ無事終了しました。我々も先人達から受け継いできた良き歴史文化を大切に守り次世代へと継承し、この祭が地域の人を結ぶ礎となり続くように頑張ります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター