平成30年度 第1回 桜学区地域支えあい事業活動連絡会議

 5月30日(水)午後3時から南区社会福祉協議会と桜学区地域福祉推進協議会は、平成30年度第1回桜学区地域支えあい事業活動連絡会議を行いました。

 今日の活動連絡会議は今年度第1回目として南区社協、社会福祉法人ニコニコハウス、南区北部いきいき支援センターと、桜学区地域福祉推進協議会が出席しました。

 南区社会福祉協議会から昨年度の活動報告と、桜学区地域福祉推進協議会から今年度の活動計画を説明しました。

 それでは会場へご案内・・・



H3005支えあい (3)

 会議に先立ち森川会長より出席者に、桜学区地域福祉推進協議会が今年度に始めた新事業“桜シニアげんきサロン”の活動について動画を使って説明しました。

 桜シニアげんきサロンは、南保健センターの支援を受けて地域の高齢者が100歳体操を行い体の機能を維持して、家族の介護負担軽減や期間を短くし、いきいきと住み慣れたこの地域で暮らして頂くことを目的としています。



H3005支えあい (1)

 開会の挨拶は今年度異動され桜学区初登場となる南区社会福祉協議会内山事務局長。連絡会議は中島主事の司会により議題の審議が行われました。



H3005支えあい (2)

議題1.平成29年度の事業報告について
 1)各認定事業のポイント還元状況はポイント合計2517点でした。
   多くの町内で高齢者への資源回収支援が行われており、活動の
   組織化について定例会などで説明し参加を促していきたい。
   認定事業として活動している”寺崎レスキュー隊”のチラシを参考
   資料として配布しました。
 2)窓口相談件数4件、個別支援利用者数6人ということで、まだ
   広く認知されていないため、潜在的な利用希望者を見つけ支援
   する方法を検討し推進する。

議題2.平成30年度事業計画について
 1)活動連絡会議構成員については昨年と比べ民生委員2名が
   卒業されました。
 2)地域支えあい認定事業については昨年度実施の7事業に加え
   新たに桜シニアげんきサロン(100歳体操)を実施します。
 3)区政・民生向けの講座については高齢認知症サポート講習会を
   開催したい。
 4)桜シニア元気サロンの今後については参加者による自主運営を
   目指した仕組み作りを行う。
 

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター