平成30年度 第1回 家庭の防災教室

 6月10日(日)午前10時から桜コミセンにおいて桜消防団は、南消防署学区担当 藤井主任を招き第1回 家庭の防災教室を開催しました。

 この教室は毎年3回開催しており、今回は地震災害について災害への対処を南消防署、災害伝言ダイヤルの使用法と在宅避難の際の簡易トイレの使用法については桜消防団が講義を行いました。

 それでは教室へご案内・・・



H3006家庭の防災教室 (3)

 今回の家庭の防災教室には、桜本町1・寺崎町・鳥栖1西・鳥栖1東・鳥栖2西・鳥栖2東の6公民会の会長、自主防災会長、民生委員・組長さん等が出席しました。



H3006家庭の防災教室 (1)

 学区森川会長は南海トラフ大地震が懸念されていますので、日頃から災害への備えをお願いします。災害時のご家族の安否確認や避難生活について居住可能な場合は、避難所は生活環境が過酷となり易いので在宅避難を考えて下さい。

 そのため今日は家族の安否確認に有効な災害伝言ダイヤルの使用法と、在宅避難に必須となる簡易トイレの使用法について学習します。



H3006家庭の防災教室 (2)

 この4月に太田団長の定年退任により新しく消防団長に就任した野嵜団長は、地域防災の要として災害時に支援すると共に、この様な防災教室を開催して皆様に防災対策を伝えて行きますと挨拶されました。



H3006家庭の防災教室 (4)

 防災教室を開始しました。まず南消防署藤井主任(写真右端)が地震災害への日頃からの対策として、家屋の耐震対策、家具の転倒防止策、非常持出し品・備蓄品の準備、避難するルートの確認、危険個所のチェックなど対策について説明しました。

 また自分が死んだり怪我をしては家族を始め地域の人を守れないので、自身を守ることを最優先に考えて下さいと述べられました。



H3006家庭の防災教室 (5)

 続いて災害伝言ダイヤル171の説明です。ここはモバイルに強い若手の女性団員の出番です。今から順に説明しますので、皆さんが持っている携帯電話やスマホで体験して下さい。



H3006家庭の防災教室 (6)

 講師の若手女性消防団員は慣れたものでスイスイとスマホを操作しましが、若手で無い参加者は行きつ戻りつ、特にスマホの方は手こずっているようです。



H3006家庭の防災教室 (8)

 お待たせしました。最後は簡易トイレの使用法講習、男性消防団の出番となりました。大きな災害の場合は下水道が破壊され水洗トイレが使用できなくなります。段ボールとビニール袋及び凝固剤を使ってデモを行いました。



H3006家庭の防災教室 (7)

 これは消防団員労作の段ボール製簡易トイレ、ビニール袋に凝固剤を入れ用を足します。凝固剤の威力を知って頂くため半分に切ったペットボトルに尿代りの水を入れると・・・アラ不思議あっという間に固まってペットボトルを逆さにしても水は出て来ません。

 今日は6公民会の参加者が災害への備えについて学習しました。消防団は今後も6公民会づつ防災教室を開催して、全18公民会全てに教室を行います。


  次回の防災教室の予定

 日時 9月2日(日)午前10時
 場所 桜コミセン2階会議室
 参加 桜台1、桜台2北、東浦通、中江1、中江2、中江2東
 内容 災害への対処、災害伝言ダイヤルの使用法、簡易トイレの使用法


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター