春日野学区防災訓練

 7月7日(土)は七夕さま・・・なんてロマンチックなことを言っている場合ではありません。西日本を中心に記録的な大雨となり死者も出る大災害となりました。

 南区でもいつ大雨になってもおかしくないような重い雲が空を覆う中で、南区役所・南消防署の支援を受け春日野学区「自主防災訓練・避難所運営訓練」が行われました。

 桜学区から学区会長と副会長2名、防災カルテ作成委員会メンバーが、春日野小学校へお邪魔して訓練の様子を見学させて頂きました。

 それでは現場へご案内・・・



H3007春日野防災訓練 (1)

 学区内にある公園やコミセン等で各町内自主防災会が訓練を行いました。この桜小公園にも2町内の自主防災会が集まり消防団員が防災講習を行っていました。



H3007春日野防災訓練 (2)

 こちらの自主防災会は消火器を使用して初期消火を行う訓練を行います。自主防災会長さんが消火器の取り扱い方を説明しています。



H3007春日野防災訓練 (3)

 説明を聞いて自主防災会の皆さんが消火器を操作して、火災箇所に見立てた石垣に水を噴射する消火体験を行いました。



H3007春日野防災訓練 (4)

 ここは春日野コミセン駐車場に設けられたある町内の現地本部です。安否確認を終えた避難者が指定避難所の春日野小学校へ向かい避難し始めました。



H3007春日野防災訓練 (5)

 避難所となっている春日野小学校の体育館では、避難してきた町内住民が体育館入口に設けられた避難者受付で避難者名簿に記入をしています。



H3007春日野防災訓練 (6)

 春日野学区成田委員長は、今回の訓練は1)自分や家族を守る自助、2)自主防災活動で隣近所や地域を守る「共助」・「近所」、3)行政と協力して学区全体を守り避難所の運営など「公助」と地震災害に対する1連の流れを体験して頂きました。



H3007春日野防災訓練 (8)

 訓練を支援した春日野消防団と南区役所春日野学区担当職員、防災担当職員、避難所担当職員です。



H3007春日野防災訓練 (9)

 南消防署清水署長は、災害が発生したらまず自分や家族の命を守って下さい。自分の命が守れれば隣近所へ声掛けを行い助けることが出来ます。この様な体験を次に生かしていくためにも毎年訓練を行う等、継続することが大切です。



H3007春日野防災訓練 (10)

 南区役所学区担当職員畑谷課長は、自転車で全学区内を回るつもりでいましたが雨を心配して徒歩で来た為、近くしか回れませんでした。多くの町内が初期消火訓練や応急手当訓練を実施していましたが、全体の把握が出来なかったことを悔やんでいます。<(_ _)>



H3007春日野防災訓練 (7)

 最後に成田委員長は参加者へ謝辞を述べた後に、こうした訓練を続けて心配される南海トラフ大地震に備え、地域の防災力を上げて行きたいと挨拶されました。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター