防災人材交流シンポジウム「つなぎ舎」

 10月8日(月・祝)午後0時30分~午後7時までオアシス21「銀河の広場」において、防災人材交流シンポジウム「つなぎ舎(や)」が開催され、桜学区から森川会長・石川副会長・野嵜消防団長が出席しましたので紹介します。

 本シンポジウムは防災・減災活動に従事している愛知県各地の防災関係者である地域団体・NPO・ボランティア団体・大学生・社会福祉協議会・行政職員が一堂に会し、きずなの強化や一般の方々と一緒に地域防災力の向上を図ることを目的とし開催されました。

 それでは会場へご案内・・・



H3010つなぎ舎 (1)

 ”歌うママ防災士”柳原志保さんの基調講演~いつかでなく、今やろう!~、講師は宮城県で東日本大地震に遭遇し、熊本移住後に熊本地震という2つの大地震災害を経験されそこから学ぶ教訓を伝えました。

 コンビニも無いような田舎暮らしをして便利じゃない日常を体験したので、便利じゃない災害時も役に立った。

 高齢者福祉や地域づくりの活動が防災に繋がる、・・・婚活も(えっ)。キーワードを見つけて色々な人に広めて行きたい。

 講演の途中に皆さん“クロスロード”を御存知ですか?と切り出され、講師は一方的に話をするのでなくクロスロードを通して会話がしたいのでここで問題と向き合って下さいと問題を出されました。<(`^´)>

 つなぎ舎で皆さんが一緒になり同じ目標を持って交流する場がある愛知県は素晴らしい。今日は「気づきの種」を蒔いて行きますので皆さんは防災の花を咲かせて下さい。

 最後に“歌うママ防災士”の本領を発揮して、東日本大震災の復興ソング「花は咲く」を伸びのある美しい声で歌い講演が終了しました。



H3010つなぎ舎 (2)

 レスキューストックヤード代表理事の栗田暢之さんが「最近の災害現場の現状(平成30年7月豪雨・大阪府北部地震など」について報告され、分科会全体を統括するコーディネーターを務められました。



H3010つなぎ舎 (3)

 各講師の講演中もお隣の広場では愛知県の巨大地図に県の重要施設の位置に、名古屋大学減災研究連携センター福和教授の指揮のもとLEDのマーカーが置かれていました。

 参加者は場所を名古屋栄ビルディング12階の会議室に移し午後3時~午後4時30分まで防災人材大集合~全ての人が防災の担い手になるには~について分科会が開催されました。



H3010つなぎ舎a 
 分科会はワークショップ形式で防災・減災活動に従事している地域団体・NPO・ボランティア団体・大学生・社会福祉協議会・行政職員が12のグループに分かれ、~全ての人が防災の担い手になるには~のテーマで話し合いを行いました。

 森川会長(こちらを向いている人)が参加した1班は、1)地域で元気の出る企画、2)子供へ楽しい防災啓発を行う、3)企業と協働で相互理解を含め地域貢献を行う、4)行政・社協とはパートナーとして協働し活動するを纏め提案しました。



H3010つなぎ舎 (6)

 お隣の2班に石川副会長(中央のネームプレートを掛けた人)が参加していますので覗いてみました。検討課題は1)かかわりのある人はいつも同じ。2)若い人を含め次の担い手がいない、3)地域の人口が昼・夜で大幅に変化する等の課題に対し5項ほどの解決策が検討・提示されていました。



H3010つなぎ舎 (5)

 野嵜消防団長(左側の立っている人)が参加した3班の検討結果です。1)他人ごとにしている、2)時間が拘束されるイメージ、3)防災は後回し、4)イベントに参加しにくいに対して新たな視点から解決策が提案されていました。



H3010つなぎ舎 (7)

 成果発表会場は再び銀河の広場で行いました。分科会で討論した12の班が順に発表を行いました。



H3010つなぎ舎 (8)

 最後の学生の班が発表する頃には辺りが闇に沈み、背景の銀河の広場や遠くのビルのイルミネーションが美しく輝き幻想的な発表会となりました。若者らしく1)硬いイメージ、2)情報が手に入らない、3)学生での限界について課題提起し前向きな対策案が提示されていました。



H3010つなぎ舎 (9)

 一方巨大愛知県地図が描かれた広場では福和教授のチェックが進んでいます。県下の施設の位置やプロジェクションマッピングによる地震の揺れ・津波遡上・道路の閉鎖・地盤の液状化等の場所が示されます。



H3010つなぎ舎 (10)

 星崎消防団早川団長(左側)が星崎学区の位置で福和教授と何やら密談をしているようです。津波の浸水高さや液状化の範囲についてかもしれませんが、内容については良く聞こえませんでした。

 福和先生の巨大愛知県地図によるリスクの確認は壮大なスケールで地震による製造拠点・物流経路・エネルギー拠点のダメージによるその後の復興や日常生活への影響など、ぞっとするものが多く改めて日頃の備えの大切さを学びました。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター