コミュニティ講習会第2部 第1回

 10月23日(火)午後2時から愛知県産業労働センター(ウィンク愛知)11階会議室において、市民経済局地域振興部地域振興課が主催してコミュニティ講習会第2部 第1回が開催されました。

 本日集まったのは学区連絡協議会や地域団体の関係者で、自学区をさらに活性化したいと考え、名古屋市各地域で活動している皆さん。

 地域活動事例の紹介として桜学区が6年前から実施している”ブログによる情報発信について”を、桜学区連絡協議会の森川会長が発表しましたので紹介します。

 事例発表後は“まち楽房”(まちらぼ)代表取締役加藤さんの司会によりワークショップを行い、グループトークにより検討と提案が行われました。

 それでは会場へご案内・・・



H3010コミュニティ講習会 (1)

 各学区連絡協議会の役員・委員さんが会場の1102会議室へ集まりました。本日の欠席は0!皆さんの熱意を感じました。



H3010コミュニティ講習会a

 桜学区連絡協議会森川会長(写真右側)は安心・安全で快適な地域づくりのために安全・防災・福祉・スポーツ・文化等様々な行事により地域の活性化を目指す学区の事業を住民の皆さんに伝え解って頂くことを目的とした。

 それには住民が行事を知り興味を持って頂くために内容が良く解る情報を発信することが重要であり、方法としてインターネットを利用する方法が紙ベースと比べ少ない手間でより多く詳しく発信でき効果的だと考えた。

 またインターネット利用に備え画像・映像・文書を電子化し記録する様にした為、紙ベースと比べ保管・整理が容易で利用範囲も拡大し事務処理量が減少した。

 情報発信ツールとしてホームページとブログを比較したが、私のレベルでは取扱いがより容易で機動性が高いブログが有利と考え選択した。

 掲示したブログは見る人に情報をより解り易く伝える為、記事に写真を多用しストーリー性を持たせた。また閲覧者離れを防ぐために、間隔を開けずに行事後3日以内で毎月20件以上の掲示を目標とした。

 ブログ記事は行事の分野や主催団体毎に分類したうえで掲載し、掲載済の記事がブログの持つ検索機能によりいつでも容易に検索出来るようした。

 ブログ記事が縁で情報交換や共有により近隣学区と交流が生まれ、学区内外の住民も自学区の外の世界を知ることができ視野が広がった。



H3010コミュニティ講習会 (4)

 以上の発表を基に“まち楽房”(まちらぼ)代表取締役加藤さんの司会によるワークショップに移りました。ワークショップでは自学区の情報発信の改善について検討し、発表者に質問する事項をグループ検討して纏めます。

 ワークショップはA~Fの6グループに分かれ検討を行いました。グループ毎に席を移動した後に加藤さんは初対面のグループ内の緊張をほぐす為、まずアイスブレークを行いました。



H3010コミュニティ講習会 (3)

 加藤さんのアイスブレークは少々意地悪なゲームで笑いを誘い、溶けてしまうほど緊張がほぐれたので、参加者の高い意識と相まって白熱した議論が展開されました。



H3010コミュニティ講習会 (5)

 ワークショップに入る前に加藤さんは対話のルールをホワイトボードに描き込み、1)傾聴する、2)手短に話す、3)批判や要求はNG、提案型でお願いしますと軽妙な言葉で参加者へ伝えました。

 各グループにはファシリテーターとしてコミュニティサポーターやスタッフを配置しグループの意見を纏めます。皆さん傾聴し発言は手短に・・・



H3010コミュニティ講習会b

 各グループではファシリテーターが活躍しています。グループ員から提案される“印象に残ったこと”、“自分の学区に活かせそうなこと”、“もう少し聞きたい事”、“是非聞きたい事”等、ジャンル別に沢山の提案をホワイトボードに描き込んでいます。



H3010コミュニティ講習会a

 提示された案について更にグループ検討を行い最終的に質問事項として2案を選択しました。グループ間で結構共通した事項があり、参加者の悩みや目指す方向の一端が見えてきました。



H3010コミュニティ講習会 (7)

 グループ代表者から発表者に対して質問が開始されました。回覧板とブログの併用はどうされていますか?ブログは何人で運営していますか?、パソコンが出来る人をどう取り込むの?、情報発信の効果はどれほどあったのか?、画像の個人情報保護は?等厳しい質問もありました。<(`^´)>

 今回の参加者の聞きたい事項の1位はブログは何人で運営しているかでした。一人ですと答えたら驚かれました。将来への継続や突発事項への対処を考えると、ある程度組織として運営することも必要かと考えさせられました。

 パソコンを扱える人材がいないことで導入を躊躇されていましたが、本当に大変なことは行事を知り取材し記事にすること、ブログの容易さが理解できればもう少しパソコンへのハードルは低くなりますよ。

 回覧板とパソコンの併用については、現在のところ行事の予告は回覧板、結果の報告はブログと住分けています。将来はブログにもう少し予告記事を載せたい。

 情報発信の効果については難しい質問です。今のところ目立った効果は見受けられませんと回答しましたが、今はタネを撒いて花が咲く時を待っている心境で、水や肥料を絶やすことなく補給している状況です。広げる方法を見つけ実施していきたい。

 個人情報保護は特に子供の親から強く要求がありました。一応ブログ掲載の了解を取っていますが、記念写真以外はなるべく子供の顔が写らない方向や遠景で判別が出来難い様に配慮していますと回答。

 本日の講習により”やってみよう”と一歩踏み出して頂ければ改善に進むことが出来ます。この機会に是非トライして頂くことを期待します。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター