第4回 桜学区防災カルテ作成委員会

 11月19日(月)午後2時から桜コミセンにおいて、名古屋大学減災連携研究センター、南区役所防災部署、南区役所学区担当、南消防署、コミュニティサポーターと桜学区地区防災カルテ作成委員会が集まり、第4回 防災カルテづくり打合せを行いました。

 学区も夏から秋への行事が繁忙を極め大切な防災についてなおざりになっていましたが、行事が落ち着いた時点で再発進しました。(指導を頂く名大新井先生、石原先生に大変ご迷惑をおかけしました)

 反省を込め過去を振り返ってみました。
 第1回会議 H29年11月12日 学区の防災活動等の取組を紹介、地区防災カルテの説明を受ける、防災上の課題を抽出、今後の進め方を協議。
 第2回会議 H30年1月22日 カルテに必要とされる地域防災意識をアンケートにより調査。
 第3回会議 H30年3月2日 アンケートの調査内容・実施方法を検討。
 4月末に公民会加入全世帯にアンケート用紙を配布。
 6月定例会議にアンケートを回収し回答の疑問点を問合せ修正。
 7月からデータ入力開始・・・

 それでは会場へご案内・・・



H3011第4回防災カルテ (1)

 最初に学区が実施したカルテアンケートの集計結果について、石原先生が実施された分析結果の説明がありました。
 
 石原先生がまとめられた分析結果は世帯・家族構成・災害意識・居住環境・備蓄・避難所・近所付き合い等がグラフ化され各町内の現状が見えてきました。

 また石原先生からデータ収集・入力について問い合わせがありましたので、アンケート用紙は4月末に各公民会長(町内会長)に組長経由で配布を依頼し、6月学区定例会で回収し、当初学区役員4名でデータ入力を始めました。

 カルテ作成委員会のメンバーからこの機会に自町内の意識状況を知る良いチャンスなので入力を各町で行ってはと提案を受け、再度入力説明を行って入力可能な町内(10町内程度)はデータ入力をお願いしましたと回答しました。



H3011第4回防災カルテ (3)

 アンケートで回答された現状を基に課題の検討を行いました。分析結果を見てポストイットにより各人が考えた課題を提案しました。制限時間10分!で記入して下さい。



H3011第4回防災カルテ (4)

 始め少し戸惑いがありましたが、時間の経過と共に要領が解ってきたようで各人3~4項目の課題が提案できたようです。

 ホワイトボードのボストイットの枚数が増えてきました。ジャンル別に分類して添付し類似の提案をまとめ、更なる提案を待ちました。



H3011第4回防災カルテ (5)

 消防団長は余裕の表情で提案をしているようですが、この自信は何処から来ているのでしょう。これまでの消防団が実施してきた防災教室等の講習や防災訓練を通じて、各町の意識レベルを把握しているようにも見えます。



H3011第4回防災カルテ (6)

 全ての提案がジャンル別にまとめられホワイトボード上に並びました。これを基に地域のニーズを把握し地域に有効なカルテ作成への足掛かりとして出発します。



H3011第4回防災カルテ (7)

 最後に、今後の進め方の参考となる様に防災カルテ作成について先行する地域の事例を見せて頂きましたので、学区住民の意識改善や要望に応えるカルテとなる様に検討を進めて作成を目指します。


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター