桜小学校作品展

 11月16日(金)午後4時~7時、17日(土)午後1時30分~4時まで桜小学校体育館において、作品展“いこう!さくらワンダーランド”が開催され、案内を頂き観賞してきましたので紹介します。

 作品展は壁面を使って学年テーマに沿った平面作品の絵画展示と、床を使った立体工作品展示が有りました。どちらもなかなかの力作が揃っていましたが、立体作品を主に紹介します。

 それでは会場へご案内・・・



H3011桜小作品展 (2)

 学校の正門には“平成30年度 作品展”の看板が立てかけられ、保護者や学区の住民が観賞に訪れるのを待っています。



H3011桜小作品展 (3)

 会場の2階体育館前のホールにはクリスマスツリーをモチーフとした“ようこそ作品展”のウェルカムアートが飾られていました。文字が立体的に作られなかなかの出来栄えです。(先生の作品かも・・・)



H3011桜小作品展a

 会場へ入ると正面に箱が崩れそうで危なっかしい“いこう!さくらワンダーランド”のモニュメントが出迎えてくれました。(これは児童の作品でしょう)



H3011桜小作品展 (4)

 会場へ入ると直ぐに1年生の立体作品が展示されていました。“はこでつくったよ”の看板が立てられ箱をくっつけ色々な動物が作られていました。箱を上手く利用して表現されています。

 壁面には平面作品“ふねにのって”のテーマにそって個人の絵画が展示されていました。



H3011桜小作品展 (5)

 2年生の立体作品のテーマは“ともだちハウス”、小石など小さな友達が喜ぶ家が作られていました。皆お家のどこにいるのか探して下さいね。

 平面作品のテーマは“ひみつのたまご”、どんなものが生まれてくると楽しいかを考えて描いてあります。



H3011桜小作品展b_

 3年生の立体作品のテーマは“ようこそ私達の未来都市へ”、暗闇に幻想的な未来のまちが広がっています。

 平面作品は“名作絵本の世界”、日本に昔から読み継がれている絵本を表現しました。



H3011桜小作品展 (7)

 4年生の立体作品のテーマは“森のげいじゅつ家”、枝や葉、木の実などを組み合わせて森の世界をつくりました。

 平面作品は”ほって・すって・みつけて”、森にすむ未来の生き物を木版画で表しました。



H3011桜小作品展 (8)

 5年生の立体作品のテーマは“くねくね糸のこパズル”、電動糸鋸切りを使ってパズルを作りました。上手く組立が出来るかな?

 平面作品は“刷り重ねて表そう”、物語を読んで心が動いた場面を一版多色版画で表現しました。



H3011桜小作品展 (1)

 6年生の作品のテーマは“12年後の私”、24歳となった私の姿を粘土細工で表現しました。こだわりのポーズをとっています。

 平面作品は“墨で表す”、共に過ごしてきた大切なものを一筆一筆、思いを込めて書きました。



特別支援級_convert_20181124145226

 すみれ・さくら組は共同作品で色々な材料を使って楽しいお祭が表現されていました。かなり細かい部分まで観察が行き届き上手く作られています。

 作品展は絵画系の平面作品と工作品の立体作品が作られていました。テーマに沿って各人の個性溢れる作品が並んでいました。特に6年生の12年後の私の人物像は良く作られ、こんなことを考えているのかとたのしくなりました。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター