寺崎町自主防災訓練

 12月1日(土)12時から寺崎町自主防災会は町内全域、永勝寺、はこぶね保育園において防災訓練を実施しました。

 寺崎町には一時集合場所が環状線を挟み西側と東側に2箇所あり両避難場所間の連絡方法の確認と、タオル掲出による安否確認、避難所スタートキット確認、炊出し訓練、初期消火訓練を行いました。

 それでは現場へご案内・・・



H3012寺崎防災訓練 (1)

 西側住民の自主防災会メンバーは西側の一時避難場所になっている永勝寺に集合しました。



H3012寺崎防災訓練 (2)

 一時集合場所である永勝寺駐車場において”一時集合場所スタートキット”の箱を開け内容物の確認を行い訓練に使用しました。



H3012寺崎防災訓練 (3)

 自主防災会は町内の各世帯を回り安否確認を行い一時集合場所へ向かいます。避難所避難をする人は一緒に一時集合場所へ向かいました。



H3012寺崎防災訓練 (4)

 家族が無事で助けの必要が無い世帯は玄関先にタオルを掲出します。タオルは玄関扉や門柱など外からよく見える箇所に掲出します。



H3012寺崎防災訓練 (5)

 こちらはもう1カ所の一時集合場所となっている”はこぶね保育園”に備えられた”一時集合場所スタートキット”の内容を確認しています。寺崎町は町内を広い環状線が縦断していますので一時集合場所が2箇所あり、両方の一時集合場所連絡用のハンドトーキーを備えています。



H3012寺崎防災訓練 (8)

 箱舟保育園一時集合場所には南消防署から消防車が1台出動して訓練を支援しました。地域の住民に装備の説明などを行いました。



H3012寺崎防災訓練 (9)

 集まった避難者はまず小型消火器による初期消火訓練を行いました。みなさん消防署員の操作説明を聞いて一生懸命訓練しています。



H3012寺崎防災訓練 (10)

 今回は始めて最近出回っているエアゾールタイプのキッチン消火スプレーを使い消火訓練を行いました。使用した人からは小型で軽く使いやすいとの評価でした。



H3012寺崎防災訓練 (6)

 訓練が終了したのでお楽しみの炊出し訓練を行いました。災害に遭った時は暖かい食料が元気のもと・・・ということでガス・電気が使用できない状況で役に立つ炭や材木を使用して鍋を温めました。写真の4脚に鍋をつるして温めましたが、なかなか良い調子で使用することが出来ました。



H3012寺崎防災訓練 (7)

 寒い冬の災害にはこれが一番と思われます。参加者は冬の災害に活躍するであろう暖かい鍋を囲んで反省会を行い、暖かい食事のありがたさを実感しました。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター