鳥栖八剱社の清掃

 12月23日(日)朝から細かい雨が降り続いています。午前8時から氏子さんと神社周辺の町内の皆さんが大勢出て、神社の清掃奉仕をしました。

 鳥栖八剱社は古墳の頂上に祀られており、境内は急な斜面になっており高齢化した氏子さんのみでは神社境内の清掃が大変になっていましたが、昨年あたりから近隣の町内会長始め役員の方や町内の人達が清掃奉仕を応援し美しく保たれています。

 それでは現場へご案内・・・



H3012八剱社清掃 (7)

 神社正面の南側斜面には沢山の落ち葉が落ちています。草に阻まれ清掃が大変ですがご近所の若い人が凄い馬力で落葉を集めています。



H3012八剱社清掃 (6)

 一の鳥居から本殿へ続く階段です。多くの落ち葉が参拝路の濡れた路面に落ち、取られるのは嫌だとばかり必死にへばりついており、清掃に手を焼いているようです。



H3012八剱社清掃 (3)

 拝殿横の広場を清掃しています。ここは砂と細かい砂利となっており、竹ぼうきで軽く掃き取っていきます。




 H3012八剱社清掃 (2)

「僕にも手伝わせて」・・・と、ご近所の可愛い小さな応援者がお母さんと一緒に神社北側から駐車場へ向かう通路の清掃をしています。



H3012八剱社清掃 (5)

 その先の駐車場ではご近所の御年90歳を越えたご長老(写真右側)と氏子さんのご長老が清掃を行っています。このシーンは合計180歳近くの元気高齢者が活躍しています。



H3012八剱社清掃 (4)

 この11月に完成した作務所の前あたりを清掃するご近所の皆さん。ご近所の皆さんのご理解を頂いてこの作務所が出来たので、作業の休憩や手洗いなどがこの場で出来る様になり、清掃作業がやり易くなりました。



H3012八剱社清掃 (1)

 一番奥の砂利敷きとなっている本殿前や本殿内にも多くの落ち葉が散っており、氏子さんとご近所の皆さんが協力して掃き取り集めています。

 氏子さんやご近所の皆さんのご協力で鳥栖八剱社の境内も随分きれいになりました。落葉する木々に残る葉っぱもあと僅かとなりましたので、さっぱりとした気分でお正月を迎えられそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター