自主防災訓練/鳥栖1東公民会

 2月9日(日)今年初めて指先が痛くなるほど非常に寒い日となりました。午前8時45分から鳥栖1東公民会自主防災会は自町内において自主防災訓練を行いました。

 近い将来発生が危惧されています大型の地震災害に対する防災訓練として、安否確認訓練・簡易担架の組立搬送訓練・要配慮者傷病者搬送用リヤカー組立収納訓練・子供の通学路の安全点検街歩きを行いました。

 それでは現場へご案内・・・



1一時集合場所

 午前8時45分発災としました。避難所へ避難の方は町内に設定された一時集合場所へ集まります。町内自主防災会メンバーは一時集合場所に現地本部を設置するため、予め決められた機材をもって集まりました。



2若杉会長挨拶

 若杉公民会長は非常に寒くなりましたが、災害はいつ来るかわかりません。訓練を重ねて大災害(本来は来てほしくない)への備えをしていきましょうと挨拶されました。



3古市さん挨拶

 町内自主防災会長の古市さん(副公民会長)は、子供さんを含め多くの人にお集まり頂きました。(やる気が出ます)

 今回の防災訓練は1)自主防災会による安否確認(タオルにより素早く確認)、2)三角バケツによる初期消火訓練、3)簡易担架の組立及び搬送訓練、4)リヤカーの組立・収納訓練、5)子供会による通学路の安全点検街歩き(今回訓練の目玉)を行いますと挨拶されました。



4安否確認

 まず自主防災会情報班による安否確認です。二人一組で1回目は玄関・門扉に取り付けられたタオルを素早く確認し、2回目にタオル掲出のない世帯を詳しく確認する仕組みになっています。



5安否確認報告

 情報班は1回目の安否確認が済んだら現地本部へ確認結果を報告します。不在世帯などタオル掲出のない世帯は、再度確認して場合によりドアをノックして屋内の確認をして下さい。(今日の訓練はこの部分を割愛)



6通学路点検

 子供会が子供と保護者を連れ通学路の危険個所点検を行っています。町内には3ルートあるため、全てのルートについて街歩きをして安全確認を行いました。古い空き家・古く高いブロック塀・マンホール位置等をみんなで確認しました。



7消火訓練

 安否確認・通学路の安全点検が終わると一時集合場所へ帰り、町内に常備している三角バケツを使った初期消火訓練を行いました。指導者は自主防災会消火班長で前桜消防団副団長の長谷川さんが、丁寧に説明しデモを行ってから一般男性・女性と子供たちに訓練を行いました。



8担架組み立て

 次は救急救護班長の加藤さんが簡易担架の組立方と搬送法について詳しく説明しました。物干しざおと毛布を使った担架、物干しざおがない場合の作り方、毛布がない場合は上着を使った作り方について詳しく説明しました。

 写真にはありませんが非常に寒い中、毛布の代わりに上着を脱がされた誰かのご主人さんありがとうございました。<(_ _)>



9リアカー組立解体

 リヤカーの組立収納訓練では一般男性の他に女性にも作業をお願いして、誰でもリヤカーの準備が出来る様に訓練しました。!(^^)!

 今日は非常に寒くなった日にも関わらず多くの人に参加して、中身の濃い防災訓練がされたようです。この訓練は防災知識・技能の習得ばかりでなく、ご近所の人が顔を合わせ言葉を掛け合い訓練することで、顔の見える関係つくりが一層深くなり、災害時に力を発揮することになります!

 参加された皆さん非常に寒い中の訓練ご苦労様でした。訓練を計画された若杉鳥栖1東公民会長、古市自主防災会長、吉田自主防災副会長始め自主防災会班長・関係者の皆様ご苦労様でした。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター