令和元年度 第2回 4次南区地域福祉活動計画全体会

 2月17日(月)少し寒くなりました。午後2時から南区在宅サービスセンター研修室において令和元年度 第2回4次南区地域福祉活動計画全体会が開催されました。

 これは活動計画を推進するA~Cの3グループが一堂に会して各グループの進捗状況について確認することと、グループ間の協力関係について検討を行いました。

 それでは会場へご案内・・・



2事務局長挨拶

 全体会の開催に当たり南区社会福祉協議会の内山事務局長は、今回の全体会が各グループの活動計画の進捗状況の確認と情報の交換、グループ間で協力してやれそうなことを検討する話し合いをお願いしますと挨拶されました。



3Aグループまとめ

 Aグループの実施目標は「地域に関心のない人も巻き込み 地域住民みんなをつなげる」で検討結果の発表は、南区社協馬場次長と山口さんが行いました。今後の活動の要となる世代にいかに関心を持ってもらうか、インタビューやアンケートにより調査した結果について発表しました。



4Bまとめ

 Bグープの実施目標は「支えあう心をはぐくむ 人をつなぐ・地域を作る」で検討結果については南区社協鵜飼さんがココバリスポットネットワークについて、ココバリ部会の設置と「さわやかウォーク」へブース出展によるPRを行ったことを発表しました。また子供に対する広報については、子供の視点を考慮したものにしたいと発表しました。



5Cまとめ

 Cグループの実施目標は「つながりたいと思っている人を発掘する 情報が届かない人へあきらめず働きかける」で、検討結果については南区社協伊藤さんが、4階の情報コーナーをリニューアルしました。学区情報も交流できるコーナーも作りたい。R2年度から情報の発信方法を検証したいと発表されました。



6A発表

 ここから各グループの発表事項について他のグループが内容への質問や改善提案などをポストイットに記入し、各グループのホワイトボードに貼り質疑応答を行いました。Aグループについては馬場次長が今までの活動成果や疑問点を回答しました。

 ボランティアをお願いする人とのマッチングを容易にするため、人材バンクのような登録を考える。ここバリスポットを活性化するため、ポイントを使い社協グッズの活用サービスを考えるなどの意見が出ました。



7B発表

 Bグループについては南区社協西村さんが「ちょボラ」意識啓発法の検討や、"行ってみましょうプロジェクト"を推進してサロンの現場を見学して運営者と意見交換を行った、ボッチャ等の新しいサロン活動への参加等、ちょボラ機会の拡大についても発表しました。



8C発表

 Cグループは必要な情報・伝えたい情報をネット利用するため、紙媒体のみでなく電子媒体も考えたい。インターネットを利用する場合は社協ホームページを活用するようにしたい。桜学区のブログも参考になりますと発表しました。
 
 各グループが計画し実現に向けての活動が進んできました。今後はボラカフェ交流会や小学生に向けた福祉学習など目標の実現に向けて改善や課題を解決し活動をさらに進めていきます。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター