津波避難訓練最終打合せ

 2月1日(土)午後2時より市営鶴田荘集会場において、2月9日に行う津波避難訓練宿泊型防災訓練のうち、午前中に行う津波避難訓練の詳細について最終打ち合わせを行いました。

 桜学区が行う津波避難訓練宿泊型防災訓練は、午前中に4町内の津波避難訓練を行い、午後から全町内による防災訓練(防災訓練及び疑似宿泊体験による避難所体験を含む)を行う予定です。

 津波避難訓練は、学区として初めて実施するため、各町が考え行った避難法や経路の詳細について実施要領を記録し今後の参考とすることを関係者と協議しました。

 それでは会場へご案内します・・・



避難訓練最終打合 (1)

 本日は訓練を実施する鶴田1丁目北、鶴田1丁目南、鶴田2丁目北、鶴田2丁目南の4町内の公民会長・防災関係者と桜消防団の団長・副団長2名及び学区委員長・副委員長が集まりました。



避難訓練最終打合 (4)

 確認内容は次のとおりです.
  1)10時30分を訓練開始(地震発生)とする。(前回までの再確認)
  2)巨大地震により予想される身動きが出来ない時間、本人・家族の安否確認に要する時間を10分間とし、
    その後に支援に向かう手順とする。
  3)要援護者は町内に住む肢体障がい者と視覚障がい者とするが、季節上要援護者の体調が不安視される
    場合は代理人でも可。その場合は、車椅子へ載せる場合に障がい者のつもりで支援行動をする。
  4)また寝たきりの方や地震による受傷者で要援護者(=車椅子が無い人)となった人を想定して、リヤカー
    による搬送訓練についても1町内で実施する。



避難訓練最終打合 (3)

  5)鶴田1南北町内の支援者は、要援護者宅へ集合し支援しながら避難所に向かう。
  6)鶴田2南北町内の支援者は、至近距離にある集会場へ集合後に要援護者宅へ向かい支援しながら
    避難所に向かう。両方法の得失については訓練後に評価検証し対策を考える。



避難訓練最終打合 (5)

  7)避難ルートは各町内が決定したルートにより行う。現案は3ルート(急な坂を最短で高台へ、勾配の
    緩い道を高台へ、その中間案)あり、このルートの得失についても訓練後に評価検証し対策を考える。



避難訓練最終打合 (2)

  8)訓練当日の消防団は、町内の避難ルートに同行するが、交通安全確認を任務とするため、町内の
    援助はしない。
  9)訓練の避難時間は、地震発生後60分(名古屋港への津波到達時間が100分前後といわれているが、
    支援者の安全確保の余裕を考慮)以内とするが、要援護者に適合した行動を優先する。
    要援護者の避難誘導状況と所要時間については訓練後に評価検証し対策を考える。

 今日の打合せは、最後に「釜石の奇跡」はいかに起きたか「釜石の防災教育」と、石巻の大川小学校の
資料による事例を参考に訓練の意義を確認して終了しました。


コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター