平成30年 名古屋市消防出初式

 1月14日(日)風も弱く良い日になりました。午前10時から名古屋港ガーデン埠頭において名古屋市消防局が主催して、名古屋市消防出初式が挙行されました。

 今日の出初式は良い天候もあって大勢の見物人が訪れ、小さな子供を連れた家族連れも結構多く賑やかな雰囲気となっていました。

 それでは会場へご案内・・・



H3001出初式 (1)

 出初式に先立ち国歌の演奏及び国旗の掲揚が行われました。国旗は冬の青空に翻り、これから行われる式典及び訓練への雰囲気が高まりました。



H3001出初式 (2)

 河村市長、木全消防長や来賓による部隊の巡閲です。オープンカーに乗り参加の消防署員や消防団員を巡閲しました。



H3001出初式訓示

 午前10時に開式となり、木全消防長は市消防局が消火・救急の改善・火災予防の指導や巨大地震への備え等、山積する課題に対しその答えを出すのが平成30年となります。

 名古屋市消防局が70年の節目を迎えます。日々刻々と変化する時代においても先達の足跡の上に新しい視点で積極的に挑戦する消防人を育成していきます。

 我々は8500人を超える人の組織です。総力を結集して人が人を守る優しく強靭な組織を構築し、231万市民の安心・安全を守る為に更なる努力をお願いしますと訓示されました。



H3001出初式 (4)

 続いて河村市長が、消防士は世界でファイヤファイターと呼ばれ、危険な仕事についている皆さんは最も尊敬されています。人を守る仕事に誇りを持って下さいと述べられました。

 この後市議会議長、県知事など来賓の祝辞が続きました。



H3001出初式 (12)

 消防ヘリの展示飛行が行われ超低空でのデモやホバリングして救助隊員がケーブルを使って降下の訓練を行いました。



H3001出初式 (5)

 ここで名古屋市消防局広報アンバサダーに就任した名古屋拠点のローカルアイドルグループ「おとめボタン」(写真左)と、名古屋市消防団サポーター「dela」(写真右)の皆さんが消防署員と消防団の皆さんにエールを送りました。



H3001出初式 (6)

 分列行進が始まりました。南区消防団連合会が先陣を切って行進し、桜消防団の美人女性団員が連合会旗を持って颯爽と行進しました。♥ \(^o^)/



H3001出初式 (7)

 各区の消防団が行進した後に、市消防局が誇る最新鋭消防車や特殊車両が紹介されました。



H3001出初式 (8)

 消防艇も名古屋市海上保安部巡視艇1艇を含む3艇が岸壁近くを航行し、見学者に存在をアッピールしました。



H3001出初式 (9)

 消防ヘリ2機(名前は尾張の英傑“信長”と“秀吉”と命名されているようです)が低空で進入して、地上部隊との協力して救助活動を行いました。

 ・・・ここで一息



H3001出初式 (10)

 救出訓練の準備が出来るまで、ポッカレモン消防音楽隊がサイレンとカネを鳴らして消防出動をイメージした行進曲「ハローファイヤマン」他を披露しました。

 レモン色のコスチュームに身を包んだリリーエンゼルスもキレキレの軽快なダンスで雰囲気を盛り上げました。



H3001出初式 (11)

 はしご車による高層ビルからの人命救助訓練です。梯子が伸びて救助隊員をビル(・・・に見立てた枠組み足場)に隊員を送り込み、取り残された人を救助する訓練を行いました。



H3001出初式 (12)

 消防ヘリもビル火災に取り残された人をホバリングして隊員を降ろし、救助する訓練を披露しました。



H3001出初式 (13)

 消防訓練の最後は消防の華一斉放水!16区の代表消防団が一斉に放水する中、消防艇からも一斉に放水され、災害救助ヘリも消火用の水を撒いて青空に見事な水の花を咲かせました。

 今日の出初式は消防局、消防団が協働して勇壮な消防訓練を行いました。隊員・団員の士気は高く我々県民の安全・安心を守る訓練として頼もしく見学させて頂きました。

年末特別消防警戒激励/南消防署

 12月30日(土)午後8時10分から桜消防団詰所において、南消防署による今年最後の年末特別消防警戒激励が行われました。

 年末まであと1日となりました。今日は南消防署田村署長が激励者として消防団詰所を訪問されます。桜学区の心意気を見せなければ・・・

 それでは会場へご案内・・・



H2912 署長年末激励 (1)

 火災の多くなるこの時期です、消防団は火災予防啓発の為“火の用心”の真っ赤で大きな横断幕を詰所前に掲げました。良く見える様に目の高さで!



H2912 署長年末激励 (2)

 詰所には“桜消防団年末特別消防警戒本部”の物々しい看板を掲げ団員の士気を鼓舞し、学区内の火災予防活動を行っています。



H2912 署長年末激励 (3)

 消防団の年末特別消防警戒活動を応援する学区の公民会長・団体長が集まって来ました。ここで一緒に南消防署長の激励を受けます。



H2912 署長年末激励 (4)

 予定時刻になり消防団員と公民会長・団体長が、詰所の駐車場にて激励者を出迎えるため整列しました。



H2912 署長年末激励 (5)

 本日の激励者田村署長が到着されました。早速太田団長は本日の火災予防活動と出動人員の報告を行いました。

 田村署長からはまず消防団の激励に集まった学区公民会長・団体長に対し消防団への協力を感謝されました。



H2912 署長年末激励 (6)

 続いて田村署長は消防団へ南区内でも火災が発生しました。火災予防活動をしっかり行い地域の守りをお願いします。また地域防災の中核として防災活動もよろしくお願いしますと激励されました。

 あと1日、ぜひとも無災害でお正月を迎え、来年も消防団と学区公民会長・団体長は協力し合い、学区を災害から守る活動を続けて行きます。

年末特別消防警戒激励/南消防署

 12月28日(木)午後8時10分から桜消防団詰所において、南消防署による年末特別消防警戒激励が行われました。

 年末まであと3日となりました。消防団の活動を応援する桜学区連絡協議会の公民会長と団体長も、桜消防団と一緒に消防署の激励を受けました。

 それでは会場へご案内・・・



H2912消防激励a (1)

 南消防署の年末特別消防警戒激励に備え、会場準備を進める団員です。消防団を激励するために学区公民会長と団体長も消防団詰所に集合して来ました。



H2912消防激励a (2)

 広報車による火災予防広報活動を行っている消防団員を除き団員が詰所へ集合しました。



H2912消防激励a (3)

 こちらは消防団を激励しようと集まった桜学区連絡協議会の公民会長と団体長です。ここで団員と一緒に南消防署の激励を受ける為に、詰所へ集って来ました。



H2912消防激励a (4)

 予定時刻になり予防課長が到着しました。課長は市内の建物火災件数は昨年と比べ減少しましたが、皆様方のご努力にもかかわらず残念ながら火災による死者は増加しました。

 今年あと僅か消防署も予防・消火に全力を尽くしますが、地域の皆様のご協力をお願いしますと挨拶されました。



H2912消防激励a (5)

 桜消防団太田団長は激励に参加した桜学区公民会長と団体長に感謝を述べました。

 今年あと3日、ぜひとも無災害でお正月を迎えたいものです。ご苦労ですが消防団の皆さん地域の安全の為、火災予防活動をお願いします。


年末特別消防警戒激励/南消防署

 12月27日(水)朝から雪が舞う寒い日となりました。午後9時30分から桜消防団詰所において、南消防署による年末特別消防警戒激励が行われました。

 年末まであと僅かとなりました。桜学区連絡協議会の公民会長と団体長も、桜消防団が行う年末特別警戒活動に対し激励を行いました。

 それでは会場へご案内・・・




H2912消防警戒 (1)

 学区公民会長と団体長が、桜消防団の年末特別消防警戒を激励するため消防団詰所に集まりました。この後に南消防署による激励を消防団と共に受けました。



H2912消防警戒 (3)

 予定時刻より少し遅く南消防署消防第二課長が激励に訪れました。消防団は団旗を掲げ出迎え、学区連絡協議会の公民会長と団体長は整列して年末警戒への激励を受けました。



H2912消防警戒 (2)

 訪れた消防第二課長は区内の火災状況を報告され注意喚起を行い、集合した消防団員に対して年末特別警戒活動を激励され、時節柄健康に注意して活動して下さいと述べられました。



H2912消防警戒 (4)

 学区連絡協議会森川会長は地域を守る消防団による年末特別警戒活動に感謝を述べ、来年も学区の行事や防災講習・訓練に消防団の協力をお願いし、公民会長と団体長へは本日の激励参加へのお礼を述べました。

 今年もあと4日、無災害でお正月を迎えたいものです。消防団の皆さんご苦労ですが地域の安全の為、火災予防活動をお願いします。

名古屋市防災表彰式

 12月22日(金)午前10時から名古屋市本庁舎5階 正庁において、名古屋市初の名古屋市防災表彰式が執り行われました。

 これは防災活動に積極的な取り組みを通じて地域防災力の向上に貢献した団体等を表彰するもので、名古屋市全体で19の団体が表彰状、1団体が感謝状を受けました。

 防災活動の盛んな南区から、桜学区連絡協議会と最先端を走る星崎学区連絡協議会及び要援護者の防災を考える会の3団体が河村市長から表彰状を授与されましたので紹介します。

 それでは会場へご案内・・・



H2912防災表彰 (1)

 表彰式の会場となる名古屋市本庁舎5階 正庁です。重厚な造りで歴史を感じますので入るだけで緊張が高まります。



H2912防災表彰 (2)

 河村市長始め幹部職員が席に着き式典が始まりました。司会は防災危機管理局地域防災室高木主査です。

 高木主査は南区役所防災担当時代の平成25年から26年にかけ桜学区の津波避難訓練を始めとする各種の防災活動を指導され、学区の防災活動に大きな影響を与えた方で、久し振りにお会いしましたが若さは当時と変わっておられません。(-_-;)。



H2912防災表彰 (3)

 防災危機管理局横田局長の挨拶です。横田局長も南区長時代に防災行政に尽力され、各学区へ防災に係わる講習・訓練を熱心に奨励され地域防災力の向上をはかられました。

 表彰団体の紹介では各団体の活動状況がスライドと、要点を解り易くまとめた説明により紹介され、我々も他団体の活動を知ると共に、今後の活動方向・視点や活動要領に大いに参考となりました。



H2912防災表彰a

 河村市長より20団体の代表者に表彰状・感謝状が直接授与されました。表彰状の授与後は握手までして頂きました。写真は桜学区森川委員長と太田消防団長の表彰状授与の模様です。

 桜学区は平成25年度の避難誘導訓練をきっかけに、災害時要援護者に配慮した防災対策を検討。お互いに顔の見える関係を構築し「日頃の見守り、災害時の助け合い」を実施する為「おたっしゃかねプロジェクト」と名付け高齢者へのヒアリング・要援護者の把握・マップつくり・対応方法の勉強会などの取組を実施し、地域防災力の向上に寄与しました。



H2912防災表彰 (4)

 河村市長より表彰を受ける星崎学区荒川委員長(左)と早川消防団長です。市長より表彰状と握手を頂きました。

 星崎学区は東日本大震災を契機に「星崎学区から一人の犠牲者も出さない」というスローガンを掲げ防災活動を開始。平成27年度、地区防災計画推進会議を設置し、2か年に渡って検討を重ね、「星崎学区地区防災計画書」を作成。本年6月には本市防災会議において、本市内初の地区防災計画として認定されるなど、地域防災力の向上に寄与しました。



H2912防災表彰 (5)

 河村市長より表彰状を授与される要援護者の防災を考える会の濱田会長です。市長より表彰状と握手を頂きました。

 要援護者の防災を考える会は障害者団体・地域の有志・基幹相談支援センター・区役所などで平成25年度立上げ。毎月災害時要援護者への対応を話し合うほか、福祉施設職員向けや、地域と福祉施設との理解促進のための研修会の実施、南区独自のヘルプカード「みなみ防災緊急時SOSカード」の発行・配布など、地域防災力の向上に寄与しました。



H2912防災表彰 (8)

 表彰式後に南区の各表彰団体が集まり、南区防災活動の火付人である防災危機管理局横田局長と高木主査、先輩の活動をより強く継承する区役所防災担当中野主査にも入って頂いて、志を同じくする「チームみなみ」として記念写真を撮影しました。

 今後は区内の各施設や団体と連携しながら防災講習会・訓練や福祉活動で情報共有を行い、防災活動を行うなど連携しながら活動し、防災力の向上を図っていきます。

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター