防災人材交流シンポジウム「つなぎ舎」

 10月8日(月・祝)午後0時30分~午後7時までオアシス21「銀河の広場」において、防災人材交流シンポジウム「つなぎ舎(や)」が開催され、桜学区から森川会長・石川副会長・野嵜消防団長が出席しましたので紹介します。

 本シンポジウムは防災・減災活動に従事している愛知県各地の防災関係者である地域団体・NPO・ボランティア団体・大学生・社会福祉協議会・行政職員が一堂に会し、きずなの強化や一般の方々と一緒に地域防災力の向上を図ることを目的とし開催されました。

 それでは会場へご案内・・・



H3010つなぎ舎 (1)

 ”歌うママ防災士”柳原志保さんの基調講演~いつかでなく、今やろう!~、講師は宮城県で東日本大地震に遭遇し、熊本移住後に熊本地震という2つの大地震災害を経験されそこから学ぶ教訓を伝えました。

 コンビニも無いような田舎暮らしをして便利じゃない日常を体験したので、便利じゃない災害時も役に立った。

 高齢者福祉や地域づくりの活動が防災に繋がる、・・・婚活も(えっ)。キーワードを見つけて色々な人に広めて行きたい。

 講演の途中に皆さん“クロスロード”を御存知ですか?と切り出され、講師は一方的に話をするのでなくクロスロードを通して会話がしたいのでここで問題と向き合って下さいと問題を出されました。<(`^´)>

 つなぎ舎で皆さんが一緒になり同じ目標を持って交流する場がある愛知県は素晴らしい。今日は「気づきの種」を蒔いて行きますので皆さんは防災の花を咲かせて下さい。

 最後に“歌うママ防災士”の本領を発揮して、東日本大震災の復興ソング「花は咲く」を伸びのある美しい声で歌い講演が終了しました。



H3010つなぎ舎 (2)

 レスキューストックヤード代表理事の栗田暢之さんが「最近の災害現場の現状(平成30年7月豪雨・大阪府北部地震など」について報告され、分科会全体を統括するコーディネーターを務められました。



H3010つなぎ舎 (3)

 各講師の講演中もお隣の広場では愛知県の巨大地図に県の重要施設の位置に、名古屋大学減災研究連携センター福和教授の指揮のもとLEDのマーカーが置かれていました。

 参加者は場所を名古屋栄ビルディング12階の会議室に移し午後3時~午後4時30分まで防災人材大集合~全ての人が防災の担い手になるには~について分科会が開催されました。



H3010つなぎ舎a 
 分科会はワークショップ形式で防災・減災活動に従事している地域団体・NPO・ボランティア団体・大学生・社会福祉協議会・行政職員が12のグループに分かれ、~全ての人が防災の担い手になるには~のテーマで話し合いを行いました。

 森川会長(こちらを向いている人)が参加した1班は、1)地域で元気の出る企画、2)子供へ楽しい防災啓発を行う、3)企業と協働で相互理解を含め地域貢献を行う、4)行政・社協とはパートナーとして協働し活動するを纏め提案しました。



H3010つなぎ舎 (6)

 お隣の2班に石川副会長(中央のネームプレートを掛けた人)が参加していますので覗いてみました。検討課題は1)かかわりのある人はいつも同じ。2)若い人を含め次の担い手がいない、3)地域の人口が昼・夜で大幅に変化する等の課題に対し5項ほどの解決策が検討・提示されていました。



H3010つなぎ舎 (5)

 野嵜消防団長(左側の立っている人)が参加した3班の検討結果です。1)他人ごとにしている、2)時間が拘束されるイメージ、3)防災は後回し、4)イベントに参加しにくいに対して新たな視点から解決策が提案されていました。



H3010つなぎ舎 (7)

 成果発表会場は再び銀河の広場で行いました。分科会で討論した12の班が順に発表を行いました。



H3010つなぎ舎 (8)

 最後の学生の班が発表する頃には辺りが闇に沈み、背景の銀河の広場や遠くのビルのイルミネーションが美しく輝き幻想的な発表会となりました。若者らしく1)硬いイメージ、2)情報が手に入らない、3)学生での限界について課題提起し前向きな対策案が提示されていました。



H3010つなぎ舎 (9)

 一方巨大愛知県地図が描かれた広場では福和教授のチェックが進んでいます。県下の施設の位置やプロジェクションマッピングによる地震の揺れ・津波遡上・道路の閉鎖・地盤の液状化等の場所が示されます。



H3010つなぎ舎 (10)

 星崎消防団早川団長(左側)が星崎学区の位置で福和教授と何やら密談をしているようです。津波の浸水高さや液状化の範囲についてかもしれませんが、内容については良く聞こえませんでした。

 福和先生の巨大愛知県地図によるリスクの確認は壮大なスケールで地震による製造拠点・物流経路・エネルギー拠点のダメージによるその後の復興や日常生活への影響など、ぞっとするものが多く改めて日頃の備えの大切さを学びました。

鳥栖八剱社・神明社秋祭り

 10月7日(日)今日は良く晴れて楽しい祭り日和となりました。昨日(6日)の提灯行列は雨が降ったり止んだりで開催に難しい判断を要しましたので、氏子さんの苦労も吹き飛んだようです。

 秋祭りは鳥栖神明社で神事が行われ愛知県無形文化財の“桜棒の手”が奉納され、その後に町内の祭り会場を回り、最後は鳥栖八剱社で披露されました。

 それでは現場へご案内・・・



H3010お祭 (1)

 このお獅子は昨日(6日)に撮影した桜台1丁目のもの、雨の合間に濡れた道路を小さな子供が拍子木を打ち鳴らし町内を回っていました。



H3010お祭 (2)

 この会場も昨日(6日)に撮影しました。寺崎町も6日・7日の両日お祭りを開催しています。写真左側に今は休んでいる満艦飾の子供山車が町内中を巡り祭りを盛り上げます。

 祭り会場には万国旗が飾られ、祭り期間限定の高齢者カフェの開業や子供山車が回るユニークな企画も満載です。



H3010お祭 (4)

 7日の鳥栖神明社では11時から神職に来て頂き秋の祭礼神事が執り行われました。氏子さん達も揃い地域の安全を祈願しました。



H3010お祭 (8)

 氏子さんに続き厳かな雰囲気の中、地域の代表者も玉串の奉奠を行い参拝しました。



H3010お祭 (6)

 神事が済むと“桜棒の手”が奉納されました。近所の人が見守る中様々な武術が披露されました。手前は平成26年に復活させた江戸時代の“馬の塔”と、この地域に伝わり今年復活させた“猩々”が祭りに花を添えました。



H3010お祭 (5)

 鳥栖八剱社の森をバックに練り歩くのは鳥栖1東公民会のお神輿とお獅子です。そろいの法被で声を揃え「ワッショイ」の掛け声をかけ町内を回りました。



H3010お祭a

 鳥栖1東公民会の祭り会場に“桜の棒の手”が来場し、見事な技を披露しました。棒・刀・薙刀・鎖がまを使用した迫真の演武に会場から声援が飛びました。



H3010お祭 (3)

 桜学区顧問の藤沢市会議員がひょっこり会場へ寄られ、町内の人(主に高齢者)と歓談しました。先生は焼きそば始め焼き鳥・ウィンナー等を勧められリバウンドが心配です。



H3010お祭 (10)

 祭り会場ではいつものボーリング・玉投げの他に今年は電子ビンゴ!が行われ、沢山の子供が参加しましたが、なかなか「ビンゴ!」の声が上がりません。



H3010お祭 (9)

 今年の子供ゲームの目玉“ごみ資源分別ゲーム”!捨てられているゴミや資源を正しく分別してゴミ箱へ入れる、子供会お母さん方が考えた会心のゲームです。

 祭り会場を回っていた学区の保健環境委員会加藤会長は、「月曜回収」「可燃」「不燃」「プラゴミ」「子供会回収」とラベルが貼られたゴミ箱を見て説明を受けこのアイデアに感心しておられました。

提灯行列/鳥栖八剱社・神明社秋祭り

 10月6日(土)朝から雨が降ったり止んだり、台風25号の影響か風も少し吹いて迷いましたが、午後6時30分より鳥栖八剱社・神明社氏子総代会は宵祭である提灯行列を開催しました。

 提灯行列は桜学区と菊住学区の親子が鳥栖神明社に集まり参拝後に、提灯を掲げて鳥栖八剱社まで歩き参拝し親子の絆の確認や友達と交流を図ります。

 今日の天気は開始時間の直前まで雨のプレゼントがあり、氏子さんや子供達を送り出す公民会長さん・子供会長さんは頭を痛めたことと思います。

 それでは現場へご案内・・・



H3010提灯行列a (3)

 鳥栖神明社の本殿は古墳の頂上にあります。1の鳥居をくぐり参拝の皆さんは階段を上って本殿を目指します。



H3010提灯行列a (2)

 みんな提灯を下げて本殿前の広場に到着しました。夜の神社は神々しい雰囲気がありますが、今日は祭の賑わいで繁華街の様に変身しました。子供達も楽しそうにしていまが、・・・本当は怖いよ。



H3010提灯行列a (1)

 拝殿から本殿に向かいお参りします。2礼・2拍手・1礼の作法にのっとり丁寧にお参りします。お願い事があればここでして下さい。叶うかは心掛け次第ですよ。



H3010提灯行列 (3)

 参拝が済むと神社西側に集合してお囃子車を先頭に提灯を掲げて行列を作り鳥栖八剱社まで歩きます。間もなく出発する様です。



H3010提灯行列 (5)

 氏子総代会大口会長を先頭に提灯行列が始まりました。後にお囃子を鳴らしながら大勢の行列が続きます。



H3010提灯行列 (6)

 町内の大提灯を掲げ歩く行列の様子です。子供達は行列を組んで歩き今から何が始まるのか期待に胸躍らせていますが、夜の暗闇がちょっぴり怖い子もいるようです。



H3010提灯行列 (7)

 10分ほどで目的地の鳥栖八剱社へ到着しました。道路の途中や神社前には桜消防団と菊住消防団が出て提灯行列の警備を行い安全を確保していました。



H3010提灯行列 (8)

 鳥栖八剱社へ到着したらもうひと頑張り、ここも古墳の頂上に本殿がありますので階段を上って参拝します。先程の神明社より一回り大きな古墳なので頑張りましょう。何かサプライズがあるかも。



H3010提灯行列 (10)

 出たっ!本殿前の広場には“猩々”が待っていました。本当は怖いはずですが、今年復活したばかりでまだ慣れないうえに多くの人に囲まれ何だか凹んでしまったように見えてしまいました。<(`^´)>



H3010提灯行列 (9)

 参拝者はここでも本殿へお参りし願い事をしたようですが、あまり沢山の願い事をすると効き目も薄くなるかもしれません。

 参拝を終えるとご褒美が待っていました。氏子さんが子供にはジュース、大人にはお神酒を用意して振舞いました。

 今宵、参加した親子は地域の伝統文化に触れ非日常を体験しました。地域の人を繋ぐこの祭りを継承して、住む人達がずっと仲良く暮らしていくことを願います。

 この後は各町内のお祭会場へ帰り、明日の本祭の要領を聞いて解散となります。お天気も良くなるようですので、町内の皆さんと仲良く祭りを楽しんで下さい。

小さな訪問者/桜コミセン

 10月5日(金)今にも雨が降りそうな天気です。午前10時と10時35分に桜コミセンに2組の小さな見学者がやって来ました。

 桜小学校2年生の生活科「町たんけん」授業で、子どもたちが店や施設の様子を見学させて頂きながら、地域の方々や様々な場所とふれあい、地域のよさを知ってくれることを願い実施されました。

 それでは現場へご案内・・・



H3010コミセン探検隊 (1)

 5人のチビッ子がコミセンにやって来て、対応に出たコミセンの細川管理人さんに元気よく挨拶しました。「コミセンは、何をするところですか?」と、早速質問が飛んできました。

 細川さんはコミセンの見学用パンフレットを配り、ここは学区の会議で様々な行事を計画したり、講習会やサロン・教室を開催して地域の人が趣味を楽しんだり福祉活動や交流を進めていますと、子供達に解り易く役割を説明しました。



H3010コミセン探検隊 (2)

 子供達は管理人室を見学した後に1階和室へ移動しました。畳の枚数を数えたり床の間と掛け軸をめずらしそうに見たり、今では少なくなった日本間を観察しました。



H3010コミセン探検隊 (3)

 日本間の畳に不思議なものを発見しました。何故か小さな畳が付いています。これは何だろうと質問が来ましたので、細川さんが畳を取り外すことになりました。



H3010コミセン探検隊 (4)

 次に2階会議室へ移動しました。丁度「3B体操教室」を開催していましたので、体操教室を見学させて頂くことになりました。お母さん方が(容姿を維持する為?)蔭で努力している姿を見てしまいました。



H3010コミセン探検隊 (5)

 コミセン駐車場下にある防火水槽の説明を受けた後にコミセンの玄関前で記念撮影を行いました。学校のすぐ近くにあるコミセンですが詳しく知らない子供がほとんどで、今日は大発見があったかもしれません。



H3010コミセン探検隊 (6)

 前の組が去って暫くすると2組目の訪問がありました。こちらも5人の子供が保護者に連れられ訪問してきました。



H3010コミセン探検隊 (7)

 コミセンの管理人室に入ってコピー等の事務機器やAED、コミセン予約ボードを眺め沢山の行事予定に驚いていました。「今日は特別に入室しましたが普段は入れませんよ」。



H3010コミセン探検隊 (8)

 まずは1階の和室を見学しました。先程のグループと同じく小さな畳が気になったようですので、細川管理人さんは茶釜をお借りしてここでお湯を沸かし日本茶教室を開催していると説明しました。



H3010コミセン探検隊 (9)

 2階会議室を見学した後、コミセンに隣接した駐車場へ移動しました。細川さんはこの駐車場の下は大きな防火水槽が埋められていて、火事の場合はここから消火用の水を出します。

 大きな災害が有った場合は防災倉庫と書かれた倉庫の中にリヤカーや仮設トイレ等がありますので、この機材を使用して地域の人を助けますと説明していました。



H3010コミセン探検隊 (10)

 最後に玄関前で記念撮影。色々な行事やキャンペーンなどのポスターが貼られている大きな掲示板の前で記念写真を撮りました。

 子供達が学区内の施設やお店を回って担当の人と話すことは貴重な体験です。これを機会に色々な施設・店とつながり、自分の育った地域を良く知って誇りに思って頂きたいですね。

「桜おたっしゃかねサロン」のリニューアルオープン


 毎月の第3日曜日午後1時から開催している認知症予防サロン「桜おたっしゃかねサロン」は、11月から毎月第1土曜日の午前10時に変更させて頂きます。
 初日の11月3日(土)は祝日ですがサロンは開店いたします。

 店内のバックグラウンドミュージックに想い出のタイトル(あの頃の歌謡曲)を流し、皆様にリラックスして頂ける雰囲気つくり等リニューアルを図ります。



H3010おたっしゃかねサロン

 10月21日(日)までは現日時(第3日曜日午後1時開店)で営業します。

 今後も桜学区地域支えあい事業の下記高齢者福祉サロンへ足を運んでください。
1)認知症予防カフェ「桜おたっしゃかねサロン」。
  日時:毎月第1土曜日 午前10時~12時。
  場所:コミセン1階。
  飲料:コーヒー・ジュース類全て100円。
  参加:高齢者はどなたでも
2)共生サロン「さくらカフェ」。
  日時:毎月第3火曜日 午前9時~11時30分」。
  場所:鳥栖神明社社務所。
  飲料:コーヒー・抹茶全て100円。
  参加:子育て世代から高齢者まで全ての世代。
3)100歳体操「さくらシニアげんきサロン」
  日時:毎週木曜日 午前10時~11時30分。
  場所:コミセン2階。
  内容:100歳体操、参加費無料。

最新記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
プロフィール

桜学区連絡協議会

Author:桜学区連絡協議会
事務局:名古屋市南区桜台2-15-4
桜コミュニティーセンター内
TEL 052-822-4339

カテゴリ
リンク
カウンター